スポンサーリンク

アグマチン

始めに言いますが私は今のところ
アグマチンというアミノ酸は使ったことはありません。

 

でも、試してみたいサプリメントの一つです。

 

シトルリンやアルギニンと同様に血流のアップ、血管拡張パンプアップ、
更に脳へもいい影響を与えると考えられています。

 

アグマチンがどんなサプリメントか、それがどのように機能するのか、
それがどのように潜在的に人体に利益をもたらすのかを知っている人もいるかもしれません。

 

これは、最近になって注目されだしたアミノ酸の一種です。

 

色々なボディービルディングサプリメントが登場しては、
業界から消えていくことがよくありますが
アグマチンは注目に値するものだという説もあります。

 

アグマチンは、酸化窒素のブースターとしてボディービルの世界で評判が良いです。

 

使い始めた人は非常に多いようです。

 

しかし、研究レベルのことで言えばまだまだ不十分なようです。

 

アグマチンを販売する企業によると、
パンプアップと筋力増強には最適だと宣伝されているようです。

 

この記事では、アグマチンについて知っておくべきすべてを説明します。

 

アグマチンは、4-(アミノブチル)グアニジンとしても知られていて、
アミノ酸アルギニンの代謝物です。

 

アルギニンの効果はそれなりに知っている人が多いと思います。

 

アグマチンは、アルギニンがアルギニンからカルボン酸基が除去される
脱炭酸として知られているプロセスを経るときに生成されるものです。

 

バクテリアは天然に存在するアルギニンをアグマチンに変換するので、
アグマチンを含む発酵飲料には

 

 

ビール
ワイン
コーヒー

 

 

などがあります。

 

しかし、これらの食品中に存在する
天然のアグマチンの量はそれほど多くはありません。

 

これは、アグマチンのサプリメントによる補充が目的によっては
サプリメントとして必要な場合があると考える人もいます。

 

食べ物からアグマチンを十分に得ることができないものだということです。

 

もちろん、凄くアルコールやカフェイン中毒気味の人は
十分に摂取出来ているかもしれませんが
勿論不健康な摂取方法であるのは簡単に理解できると思います。

 

多くの人々がアグマチンをパンプアップサプリメントと考えていますが、
それは主にアルギニン由来という事実のため、
実際には神経伝達物質として機能する脳で最も活発に働くと言われています。

 

アグマチンは部分的に脳細胞に保存され、イミダゾリン、
アドレナリン作動性およびNDMA受容体と相互作用することができるものです。

 

アグマチンは単なるトレーニングサプリメント以上の効果が期待できる
可能性があるものです。

 

なぜ人々はアグマチンサプリメントを使用しているかというと、
非常に多用途の化合物であり、潜在的利益を絶えず拡大するものを有するものです。

 

主に、サプリメントの形でそれを使用します。

 

 

運動中のより良いポンプを得る
運動能力を高める
脳機能を改善する
痛みを軽減する

 

 

等を期待して使用しています。

 

しかし、これらの利点のすべてが科学的に証明されているわけではないことを
知っておくことは重要でしょう。

 

アグマチンのサプリメントの人気は高まっているかもしれませんが、
研究はまだ追いついていません。

 

真実は、アグマチンの可能性についてサプリメント会社が
主張している多くが正しいということでは無いようです。

 

アグマチンがどのように運動に特に影響を与えるかに関しては、
研究は特にありません。

 

アグマチンの補充は、アグマチンサプリメントを販売する
サプリメント会社によって誇張されていますが、
化学的な事実はまだないようです。

 

アグマチンの補給に起因するより一般的な利益のいくつかに注目し、
どのものが実際のものであるかを調べてみました。

 

アルギニンと同様に、アグマチンは、一般的にパンプアップとしても知られている
血流を高めるという作用があると言われています。

 

研究では、内皮細胞における酸化窒素を増加させることが示されているそうです。

 

これは酵素内皮一酸化窒素合成酵素(eNOS)を活性化することによって
これを行う可能性があると考えられているそうです。

 

一般的な考え方とは対照的に、アグマチンはアルギニンのような
酸化窒素に変換されないという説もあります。

 

酸化窒素生産を増加させることは出来ますが、
異なる方法で効果を発揮すると言われています。

 

アグマチンは酸化窒素の生産を増加させるかもしれませんが、
人間での実験は全くありません。

 

現在は、げっ歯類の研究しかなく有望には考えられるものの、
実際の人間での研究を確認する必要があります。

 

マウスでうまくいくとはいってもは人間では必ずしも機能しないことも多いです。

 

いくつかのげっ歯類の研究では有用であるかもしれないことが示されてはいますが、
数多くのサプリメント製造メーカーが誇大広告をして販売していることを感じます。

 

良く知られているL-アルギニンでさえその代表例なのです。

 

それはNO(一酸化窒素)レベルを上げ、
理論上の性能を向上させるはずですが、
研究ではそれを実証することには成功していないそうです。

 

結果として、アルギニンの前駆体であるシトルリンは、
実際にはるかに効果的だと言われているようです。

 

だからアグマチンをNO(一酸化窒素)ブースターと呼ぶのは
時期尚早だと考える人も多いようです。

 

アグマチンに関する予備的研究は、運動中にパンプを
潜在的に高めることができる一酸化窒素を発生できることを示唆してはいます。

 

しかし、いくつかの人間での研究を確認するまでは、
このサプリメントを使用するのは待ったほうが
良いという意見もあります。

 

今のところ、アグマチンは有効である可能性があるかもしれないという段階のようです。

 

アグマチンは、エクササイズのパフォーマンスを向上させると広く考えられているため、
プレワークアウトサプリメントと言われる筋トレ前のサプリメントによく使用されています。

 

アグマチンサプリメントが筋力、持久力、または
他の身体活動の指標に及ぼす影響を測定しようとする
研究はまったく無いとのことです。

 

アグマチンには、運動能力を潜在的に改善できると考えられる、
いくつかのメカニズムがあると言われています。

 

パンプアップ、一酸化窒素レベルを上げることです。

 

ベーターエンドルフィンの分泌を誘発するとも言われています。

 

ベータ-エンドルフィンは、運動などの特定のストレスに応答して
脳から放出される化学物質です。

 

ベータ-エンドルフィンは、痛みの認知を鈍らせ、気分を改善し、
ジムでのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

 

アグマチンは、一酸化窒素、ベータエンドルフィンの放出によって
目的が達成されるかもしれません。

 

アグマチンに関する研究のいくつかは、
特に痛みの緩和を期待して行われています。

 

マウスでは、アグマチンは炎症性および
神経性の痛みを軽減することが示されているそうです。

 

このタイプの痛みが可塑性を減らすことによって作用すると考えられています。

 

アグマチンはまた、オポイド受容体と相互作用することが示されており、
これは同時にオポジオで見られる痛みの軽減を促進し、
同時に寛容性を低下させると考えられています。

 

1件の人間の研究では、一日当たり3g程度のアグマチンの補充が、
ラジカル症に伴う疼痛を軽減することが分かったとのことです。

 

しかし、この研究は肯定的な結果から
恩恵を受ける立場に立っている組織によって資金提供され、
実施されたことに言及しなければならないものです。

 

あくまでもメーカー、販売者側の費用で行われたもので
信憑性には欠けるといわざるをえないようです。

 

アグマチンは、少なくとも炎症性または神経性の痛みに関しては、
痛みの軽減のためのいくらかの能力を有するようであると考えられています。

 

すべての痛みを軽減することはできません。

 

アグマチンはアドレナリン受容体と相互作用するため、
パンプアップ以外の分野でいくつかの研究が行われています。

 

アドレナリン受容体は中毒において役割を果たすものです。

 

これらの受容体のアップレギュレーションを防止することにより、
アグマチンは中毒症状を抑えるのに役立つかもしれないという期待もあるようです。

 

マウスでアルコール中毒からの離脱の症状を軽減することが示されているようですが、
人間での研究は存在しません。

 

研究では、コカイン中毒にどのように影響するかについても調べられていますが、
マウスでのみ実験されています。

 

これらの研究では特に有望な結果は得られていませんが、
コカインの中毒性に関してはマウスとヒトの間にも違いがあります。

 

すべての研究は、人間ではなく、ラットで行われているものです。

 

人間はげっ歯類と共通している部分もあるかもしれませんが、
中毒症状は人間のほうが起きやすいです。

 

人間の研究がなければ、それが中毒にどのような影響を与えるかは
言うまでもないことです。

 

中毒に関するマウスの研究は、我々の脳が中毒を
形成する方法の大きな違いのために、
実際にはヒトに適用することはできません。

 

人間の研究がなければ、アグマチンがどのように中毒性または
中毒性の行動に影響を与えるかを言うのは難しいです。

 

アグマチンに一般的に起因する別の利点は、認知の向上です。

 

これは、神経伝達物質として作用し、最終的に思考や感じ方を変えることができる
複数の種類の受容体に影響を与えるという事実に由来しています。

 

脳において、アグマチンレベルは、ニューロンが活性化されると自然に増加し、
一般にアグマチンと認知機能との間にある種の関係を示しているそうです。

 

マウスでは、記憶と学習能力を向上させ、記憶喪失と戦うことが示されているので、
人間の認知機能を高める可能性があると考えられる理由はたくさんあります。

 

しかし残念ながら、この概念を支持する人間での実験結果は全くありません。

 

多くのサプリメントがマウスの認知機能を改善することが示されているようですが、
それらのほとんどは人々の中ではうまく働かないとも考えられてもいるようです。

 

今のところ、私たちはアグマチンサプリメントがどのように
認知機能に影響を与えるかについて全く分からない状態です。

 

アグマチンは脳のさまざまな神経伝達物質系と相互作用するため、
うつ病の治療薬としても注目されています。

 

マウスでは、アグマチンは抗うつ効果を発揮することができ、
イミプラミンのような一般的に処方された抗うつ薬のいくつかのものに匹敵します。

 

残念ながら、ヒトではあまり研究されていませんが、アグマチンを補給した
被験者はうつ状態が緩和されたと報告されています。

 

アグマチンを他の抗うつ薬とともに併用するのは意味があるかもしれませんが、
それは使用する前に医師に相談するべきもののようです。

 

アグマチンをうつ病の有効な治療薬と呼ぶのはまだ早すぎますが、
確かに有望ではあるようです。

 

アグマチンは、ストレスや不安にも関わっていると考えられています。

 

実験は、ストレス時にアグマチンレベルが上昇することを示しており、
ストレス状況下において保護作用効果があることが示されているようです。

 

アルコールの不安軽減効果は、部分的には脳における
アグマチンレベルの上昇の結果である可能性があるとも言われています。

 

マウスでの研究は、アグマチンが不安を軽減することを示しているが、
この目的のためにヒトでは未だ研究されていません。

 

アグマチンは明らかにいくつかの抗不安特性を有するようではありますが、
ヒトの研究不足は、それがどれほど有効であるか、
どのような用量が必要とされるかを決定することが出来ていません。

 

アグマチンの最も説得力のある根拠は、
それが酸化窒素生産を増強するのに有用であり、
痛みの知覚をある程度鈍らせる可能性があることを示しています。

 

これらの効果は両方とも運動パフォーマンスに有益です。

 

アグマチンはトレーニング中のパフォーマンスを向上させることは間違いありません。

 

その理由から、どのように役立つかを自分で試して見るしかないでしょう。

 

アグマチンが安全でないと疑う余地はないとのことです。

 

副作用は報告されていません。

 

アグマチンは1日1?3gの標準的な補助用量で安全だと考えられているようです。

 

それは脳内の特定の受容体と相互作用するため、
潜在的に特定の薬物と相反する可能性はあるようです。

 

アグマチンはいくつかの食品や特にビールやワインのような
アルコール飲料には少量しか存在しないため、
ライバルと差をつけるためにはそれをサプリメントとして補う必要があります。

 

アグマチンサプリメントを選ぶことになるとどんな形態のものであるかではなく、
購入するメーカーが重要になります。

 

すべてのアグマチンサプリメント製造メーカーが信頼できるとは限りませんし、
アグマチンは高価なサプリメントです。

 

間違いなく安いものには手を出さずに信頼できるブランドから購入するべきです。

 

アグマチンサプリメントを摂取するぐらいならシトルリンを選んだほうが良いという人もいます。

 

L-シトルリンはアミノ酸アルギニンの前駆体であり、
アグマチンとは異なり、実際に証明されているものです。

 

 

一酸化窒素レベルを高め、
筋肉の持久力を高め、
筋肉の痛みを軽減します。

 

 

トレーニングを強化する目的でアグマチンを使用している場合は、
シトルリンを摂取するべきだという主張もあります。

 

それはアグマチンに期待される、酸化窒素を増強し、
運動を改善することになることすべてを可能にしてくれるものだと言われています。

 

アグマチンを知らない人でもシトルリンを知っている人は多いと思います。

 

日本でも、血管拡張作用や精力増強サプリメントなどにも
使用され広く販売されています。

 

L-シトルリンとL-シトルリンマレートの
両者は効果があるとみなされています。

 

L-シトルリンマレートは、運動前に6?8g摂取する必要があります。

 

L-シトルリンに効果をあまり感じていない人は、
摂取容量が少ないのではないかと思います。

 

実際に私もシトルリンの摂取はしてはいます。

 

アグマチンを否定はしません。

 

試して見る価値はあるかもと思います。

 

アグマチンは新しいサプリメントですが体感があり
薦めている人が非常に多いことも事実です。

 

アグマチンの使用者は確実に増加していて、
有望に感じられる多くの予備研究がある一方で、
これは科学がまだ誇大広告に追いついていない状況です。

 

アグマチンは効果的かもしれませんが、
アグマチンに関する運動関連の主張は推測に基づいています。

 

しかし、痛み、うつ病、中毒の治療として、実際には非常に有用かもしれません。

 

私も、一度ぐらいは購入して試してみたいと思うサプリメントですがシトルリンの
推奨容量を十分に摂取しての体感も確認しなければいけないと感じています。

 

アグマチンは現在様々なサプリメントメーカーから販売されていますが
推奨摂取量は一回500mg〜1000mg程度です。

 

1ボトルの容量も多いものは少ないです。

 

まとめると、アグマチンは、パンプアップ、血管拡張作用、
精神面の強化に役立つものだというサプリメントです。

 

運動前に摂取するプレワークアウトサプリメントなどには
アグマチンとシトルリンが両方含まれているものもあります。

 


GAT アグマチン(スーパーアルギニン)100食分(無香料・パウダー75g)[海外直送品]

 

 

 

 

 

スポンサーリンク