スポンサーリンク

L-アルギニンとは

 

私は、最近はL−アルギニンを使い続けています。

 

L-アルギニンの利点としては心臓の健康と
運動のパフォーマンスの向上があります。

 

L-アルギニンはアミノ酸の一種であり、
私たちが知っているように、アミノ酸はタンパク質の構成要素です。

 

私たちの食生活、特に牛肉や他の種類の
赤身肉、魚、卵、乳製品などのタンパク質食品の動物性食品から、
L-アルギニンを身体に取り込むことが可能です。

 

私たちが必要とするすべての必須アミノ酸を供給する
完全タンパク質に自然に存在することに加えて、
L-アルギニンは人口でも作成可能であるため、
心臓の健康、運動能力、精神的能力などに
役立つサプリメントを作ることが可能です。

 

L-アルギニンは、身体がそれ自身で作ることができないため、
外部から摂取しなければならないアミノ酸を意味する
必須アミノ酸ではありませんが、通常存在する多くの機能にとって
非常に有用であるため、 年齢を重ねるにつれて必要になってきます。

 

L-アルギニンの最大の利点の1つは、
血流および循環を改善する能力が挙げられます。

 

体内でL-アルギニンは酸化窒素に変換され、これにより血管が拡張されます。

 

これには、免疫機能、妊孕性、解毒、脳力の改善など、複数の利点があります。

 

L-アルギニンのもう一つの重要な側面は、特定のホルモン、
特に有益な成長ホルモンおよび成長およびエネルギー出力に使用される細胞への
グルコースの誘導を助けるインスリンの産生を刺激することも挙げられます。

 

その他のL-アルギニンの利点は以下のとおりです。

 

 

・炎症と戦う
・動脈硬化および心臓発作のリスクを低下させる
・血管の修復
・鬱血性心不全(CHF)および冠動脈疾患と戦う
・高血圧を助ける
・運動能力の向上
・免疫機能の増加
・筋肉の痛みを軽減する
・腎機能の改善
・精神的能力を向上させる
・認知症と戦う
・インポテンツ、勃起不全(ED)および男性不妊症の改善
・風邪を防ぐ

 

 

などです。

 

L-アルギニンの能力を少しでも掘り下げるには、
体内でNO(一酸化窒素)がどのように働くかを理解することが役立ちます。

 

一酸化窒素は、植物と動物の両方が生成する自然反応性ガスの一種です。

 

それは遊離アミノ酸、L-アルギニンを用いて作られ、
実際には多くの異なる化学反応から形成される副産物の一種です。

 

L-アルギニンは、内皮細胞に内在するもの血液を多く自由に流すために
十分な一酸化窒素を形成するために、血管を通過します。

 

一酸化窒素は、血管に働きかけることによって血液循環を改善するので、
人々が動脈に十分な血液量を持たないとき、心臓病のリスクが高くなります。

 

一酸化窒素NOは、血管筋肉をリラックスして拡張させ、血液を通過させ、
血餅やプラークを形成させないようにすることによって、
血圧レベルを正常範囲内に保ちます。

 

年齢が上がるにつれて、動脈で十分なNOを産生する能力は低下しますが、
幸いなことにL-アルギニンをより多く得ることは、
一酸化窒素の能力を高め、内皮機能の障害を矯正することができるものです。

 

しかし、L-アルギニンの利点は、循環を助けるためにNOを産生すること以外にもたくさんあります。

 

L-アルギニンは、神経シグナル伝達、細胞複製、
および酸化ストレスとの抵抗において重要な役割を果たし、
結果的に疾患および老化の徴候が減ります。

 

アルギニンは炎症を軽減し、血管および心臓血管系の
健康を改善するのに有益であることが示されていて、
心臓病学者によって推奨される最も人気のあるサプリメントの1つです。

 

冠状動脈性心疾患のリスク因子が高い人にとって、L-アルギニンの補充は、
心臓発作または脳卒中を予防するための有効な手段となり得るものです。

 

L-アルギニンが心臓血管の健康を改善する方法のいくつかは、
高血圧を予防し、高コレステロールの低下、うっ血性心不全の緩和、
スタミナの改善、および心臓から四肢への血流遮断に伴う
症状の軽減が含まれています。

 

これはまた、血液供給を遮断する血栓を防止する酸化窒素の効果のために、
狭心症の治療にも一般に使用されています。

 

L-アルギニン補充の1日2?3グラムは、いくつかの研究によれば、
ほとんどの狭心症患者の硝酸塩不耐性を解決することが示されているそうです。

 

L-アルギニンは、体力の低下、循環障害、心臓病の病歴を持つ人々の
運動能力を安全に改善することができます。

 

心臓の健康に加えて、L-アルギニンの主な利点の1つは、
疾患を引き起こす炎症と戦い、免疫機能を高めることです。

 

L-アルギニンは、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)と呼ばれる
酵素に対する作用、および他の抗酸化メカニズムのために、
実質的なフリーラジカル捕捉能力を有することが見出されています。

 

ビタミンCやオメガ3魚油サプリメントなどの抗酸化物質と組み合わせて使用することにより、
老化の進行を遅らせ、多くの慢性疾患を予防します。

 

L-アルギニンはまた、脳内でNOが神経伝達物質および
外的脅威に対する保護剤として作用するので、
中枢神経系および免疫系機能の両方にプラスの影響を及ぼすものです。

 

体内の解毒に役立つL-アルギニンは、
血液中のアンモニアの量を低下させることができます。

 

そのため、代謝の問題を抱える人々を治療するために使用されることがあります。

 

アンモニアが体内から排泄される尿道の損傷も重大な問題ですが、
アンモニアはタンパク質を分解する体の産物であり、
細胞破壊および炎症につながる組織の壊死の原因の1つです。

 

運動パフォーマンスも向上させることが確認されています。

 

L-アルギニンは血流を効果的に改善することが知られており、
筋肉や関節組織に栄養素や酸素を運ぶのに役立ちます。

 

これは、L-アルギニンの助けを借りれば、
運動の多くの利点をもっと楽しむことができますし、
痛みを少なくできることを意味しています。

 

特に血流不足、関節炎、糖尿病などの他の
健康状態からの合併症のある人では、
損傷した関節や冷え性の手足の熱や
循環を増加させるために使用されることさえあります。

 

例えば、痛みを伴う脂肪沈着による脚と足の血管の狭窄に苦しむ人々では、
L-アルギニンの摂取は歩行距離を改善し、筋肉の痛みを軽減することが示されています。

 

インスリンに対する感受性を向上させ、同様に運動が行う方法と同様に、
より多くのグルコースが細胞に入ることを可能にするものです。

 

L-アルギニンの代謝健康における役割は、
強力な筋肉組織の構築、骨および関節痛を引き起こす炎症との戦い、
傷害の修復、および一般的な神経系機能にとって重要なものです。

 

いくつかの研究では、成長ホルモンレベルはL-アルギニンの補充により、
1日当たり5?9グラムの用量で有意に増加し得ることが分かったそうです。

 

ほとんどの場合、L-アルギニンは安静時成長ホルモン値を少なくとも100%増加させるそうです。

 

より強力なのは、L-アルギニンと運動の組み合わせです。

 

L-アルギニンの補給が血漿インスリンを増加させ、
体の毛細血管への作用のために安静にしているときでさえ
強い筋肉を構築するのに役立つという証明もあります。

 

これらのホルモンの変化は、骨格筋系の若々しい基盤の修復、
構築、維持を助けることによって、皆さんの代謝にプラスの影響を与えます。

 

低循環性L-アルギニンは、病気、外傷および癌に罹患している
患者の一部に見出されていることです。

 

L-アルギニンは、オメガ3魚油やその他のサプリメントとともに
感染症のリスクを軽減するために使用されます。

 

創傷治癒を改善し癌、病気または
手術後の回復時間を短縮する能力も併せ持っています。

 

それは時にはいくつかの理由で傷を治療するために使用される局所軟膏にも追加されています。

 

血流をより良く保ち、痛みや腫れと戦うことができ、
皮膚のコラーゲン合成に重要なL-プロリンを形成し、抗酸化作用を増強します。

 

また、火傷を治すのに役立つタンパク質の機能を改善するために使用され、
虫歯や歯の腐敗との戦いにも役立ちます。多くの研究が

 

L-アルギニンは免疫増強効果があるため、化学療法や外科手術、
ウイルスおよび感染(HIVを含む)による治癒を受けている人々に一般に与えられています。

 

勃起不全および不妊治療に役立ちます。

 

L-アルギニンは血液循環を促進することに加えて
適切な細胞複製のプロセスに関与していることが示されているので、
精子の産生および運動性の改善に役立つ可能性があるものです。

 

勃起には一酸化窒素によって引き起こされる平滑筋の弛緩が必要であるため、
血液中のNOのレベルが低いことに関連する心血管障害に対処する男性は、
勃起不全および妊娠の問題に悩まされやすいです。

 

すべての男性に効果的ではありませんが、男性の不妊症のケースのかなりの割合は、
他の血管拡張剤、抗酸化剤または抗炎症剤と組み合わせた
L-アルギニンサプリメントで治療することができるとのことです。

 

高いストレスレベルが精子産生経路における
L-アルギニンの存在を低下させてしまうことを示唆しているので、
過度にストレスを与えられた男性は特に
L-アルギニンの補充の恩恵を受けることができます。

 

EDを治療するために、L-アルギニン、L-グルタミン酸塩および
塩酸ヨヒンビンの組合せが一般的に使用される
L-アルギニン単独の使用よりも優れているようです。

 

事実、EDのために最も一般的に処方されている薬剤の多くは、
一酸化窒素産生を増加させることによって
L-アルギニンと同様に作用するものです。

 

女性でさえ、L-アルギニンのより良い生殖補助を経験することができます。

 

医師は性的な問題を癒すのを助けるためにこの
アミノ酸を含む局所的なクリームを処方し、
生殖器組織への循環を改善するので、
N-アセチルシステイン(NAC)とL-アルギニンを併用すると、
多嚢胞性卵巣症候群やエストロゲン不均衡の
女性で自然にホルモンのバランスをとり、
正常な性機能を回復することができるとの報告があります。

 

チェリーベリー、緑茶エキス、抗酸化サプリメントなどのハーブで
使用されるL-アルギニンが改善していることが示唆されています。

 

誰もが体内でL-アルギニンを産生することが出来ますが、
年齢、炎症レベル、心臓と動脈の状態、性別、食事の質、
遺伝などの要因によってそのレベルは違ってきます。

 

ある人がL-アルギニンを最適レベルで産生しない理由としては、
完全なタンパク質源が少なく、消化器系の健康が悪く、
タンパク質の代謝を困難にし、
フリーラジカルによる高レベルの酸化ストレスを抱えているからです。

 

自然にあなたの体がより多くのL-アルギニンと一酸化窒素を作り、
使用するのを助けるために、全身の本当の食物、
特にアミノ酸の完全な範囲を提供するタンパク質のより良い供給源に
基づいた食事を食べることに注意する必要があります。

 

完全なタンパク質は、L-アルギニンを供給するだけでなく、
筋組織の成長および適切な神経伝達物質の機能を
助けるために必要な他の酸もすべて提供するため、最も有益です。

 

栄養価の高いサーモンのような野生の魚は、
L-アルギニンに加えて心臓血管の健康維持に役立つ抗炎症性の
オメガ3脂肪酸を供給するため、特に優れた選択肢です。

 

植物をベースにした食べ物や乳糖不耐症の症状に苦しんでいる場合、
動物のタンパク質を除いてより多くのL-アルギニンを得る他の方法には、
ナッツ、種子、ココナッツ製品、海菜、適度に豆類の摂取などが望ましいです。

 

本質的に、タンパク質が多い食品はL-アルギニンを含んでいますが、
密度の高いタンパク質源が最適です。

 

L-アルギニンの最良の天然源には以下のものがあります。

 

放し飼いの鶏卵、ヨーグルト、ケフィア、生チーズなどの乳製品、
牧草で飼育した牛肉やその他の肉、牧草飼育家禽(七面鳥や鶏を含む)、
肝臓および臓器の肉(鶏の肝臓のようなもの)、野生の捕獲された魚、
ゴマ、かぼちゃの種、ヒマワリの種、海藻と海の野菜、スピルリナ、
ブラジルナッツ、クルミ、アーモンド、ココナツの果肉等です。

 

L-アルギニンは、可能な限り自然の食物源から栄養素を得ることが常に最良ですが、
サプリメントを使うことが一般的です。

 

医者は多量のL-アルギニンを心臓病、片頭痛、
感染症などのさまざまな状態の他のサプリメントと一緒に処方したり、
糖尿病、HIVまたは癌の副作用を治療することさえもしています。

 

L-アルギニンの投与量は、治療に使用されている状態によって大きく変化します。

 

例えば、心臓病や勃起不全の治療に役立てる場合、
1日3?6グラム(2回に分けて)が投与されることがありますが、
運動能力を高めるためには1日9グラムまで摂取することも珍しくはありません。

 

炎症を予防し、より良い血液循環を得ることを目指している
一般的に健康な成人の場合、通常約1グラムが推奨用量です。

 

L-アルギニンは、それが天然のアミノ酸であることを考慮すると
一般に安全ですが、いくつかの潜在的な副作用が留意しています。

 

心臓病、低血圧、糖尿病、腎臓疾患またはヘルペスや
帯状疱疹のような活動性ウイルスの病歴がある場合は、
先ず医者と話すまでL-アルギニンを補充することは推奨されません。

 

私は特に気にせず摂取していますが。

 

自然食品源からの消費は有害ではありませんが、
高用量は皆さんの健康状態に影響を与えるのかもしれません。

 

他の薬やサプリメントを服用した場合は特にそうです。

 

どの線量があなたに最も有益であろうと、あなたの現在の状況に基づいて
有害反応を心配すべきかどうかについて、医師に相談してください。

 

一般的に健康で、毎日1グラム程度の服用をしている場合、
腹痛、鼓脹、下痢、痛風、アレルギーや喘息の悪化、
低血圧などの短期間の副作用を経験することは稀です。

 

L-アルギニンは肺や気道にアレルギー反応や腫脹を引き起こす可能性があるため、
アレルギーや喘息のある人は注意してL-アルギニンを使用するべきです。

 

最後に、L-アルギニンは、妊娠中の女性および子供にとっても安全であるように思われますが、
これらでの影響についてはあまり研究されていませんので、
低用量にしたほうが良いと言われています。

 

日本でよく言われているのはやはり、ED系が多いと思います。

 

シトルリンなども店頭で売られていて同様の作用があります。

 

シトルリンとL-アルギニンを同時に摂取したほうがより効果的だと言われてもいて
シトリックアルギニンなどという商品もあります。

 

ペニス増大効果が謳われている商品もありますが、
そんな効果は無いですので騙されないでください。

 

スポーツをする上ではとても役立つサプリメントですので
自分の年齢などを考慮して摂取してみること
を検討してみるのもいいと思います。

 

私は、常用しています。

 

脂肪燃焼に特に必要なサプリメントという位置付けではないですが
筋トレのパフォーマンスは向上していると感じます。

 


[海外直送品] ナウフーズ  Arginine & Citrulline 120caps 500 mg /250 mg(Pack of 3)

 

 

 

 

 


スポンサーリンク