スポンサーリンク

アシュワガンダに期待できる効能、副作用

アシュワガンダはインド人参としても知られていますが、
がんや糖尿病への抵抗、炎症の軽減、関節炎、喘息、高血圧、
ストレス、リウマチなどの予防に効果があります。

 

さらに、抗酸化物質の供給を増強し、免疫系を調節します。

 

それはまた、抗菌性および抗けいれん性を有するものです。

 

また、アシュワガンダは不妊症や勃起不全の治療薬として男性にも有用なものです。

 

アシュワガンダは、東洋医学校、特に古代インドの医学系であるアーユルヴェーダで、
何世紀にもわたって大きな意義を持ちました。

 

いくつかの種類の感染症を守るために、
ネイティブアメリカンやアフリカ人にも使用されていました。

 

アシュワガンダを記述した広範な経典とその薬学的性質が
伝統的な中国薬とアーユルヴェーダの両方で言及されているので、
このハーブはとても人気があることを知って驚くでしょう。

 

それは信じられないほどのものです。

 

このハーブはとても人気があり、誰もがそれについて語っているのでメリットを説明します。

 

アシュワガンダの通常の摂取は、さまざまな健康上の利益をもたらします。

 

そのうちのいくつかを以下に示します。

 

コレステロールレベルをコントロールします。

 

アシュワガンダは、抗炎症および抗酸化特性を有し、
心臓血管の健康上の問題に適しています。

 

心臓の筋肉を強化し、コレステロールをコントロールすることもできます。

 

研究によると、血中コレステロール値を低下させるのに役立つ
低脂質血症性の特性があることが示されています。

 

勃起不全に苦しんでいる人にも有効だと言われています。

 

アシュワガンダは勃起不全の助けになります。

 

このハーブは男性の性欲を増強するのに適しており、
勃起障害(ED)の薬としても推奨されています。

 

しかし、それは専門医の推薦の下でのみEDのために使用すべきです。

 

性欲を増やすことに加えて、アシュワガンダは精液の質を高めるのにも役立ちます。

 

研究によると、アシュワガンダは精神分裂病として
重要な役割を果たしているだけでなく、
精子の数と精子の動きを増やすことによって
精液の質を改善する方法を示しています。

 

これは、何世紀にもわたって、人々がベッドで
パートナーを満足させるものとして使用してきた理由です。

 

アシュワガンダは不安を軽減するのに役立ちます。

 

インドでは、アシュワガンダは伝統的にアーユルヴェーダで
肉体的および精神的健康を改善するために使用されてきました。

 

この薬剤の効果、特にうつ病に対する影響は、
インドの医学研究所で研究されました。

 

この研究は、アシュワガンダが不安とうつ病に関連して得た利益を裏付けました。

 

私たちの現代的なライフスタイルは、私たちのほとんどが解決することが出来ない
ストレスの増加をもたらしてしまっています。

 

アシュワガンダは、抗ストレス特性を有すると考えられています。

 

伝統的に、それは人に和やかで落ち着きのある効果をもたらすために投与されてきました。

 

この活性の原因となる活性成分ははっきりとは分かっていませんが、
実験では様々な抗ストレス特性が観察されているという事実があるようです。

 

アシュワガンダはアーユルヴェーダ薬の糖尿病治療薬として長い間使われてきました。

 

糖尿病の治療におけるアシュワガンダの使用に関する研究は、
肯定的な結果を示したとのことです。

 

実験では、アシュワガンダを4週間にわたって投与したときに、
空腹時および昼食後の期間の血糖値が有意に低下することが示されたとのことです。

 

また、ある研究調査では、アシュワガンダは、放射線療法および化学療法と関連して、
癌殺滅特性のために、腫瘍学の分野において新しく斬新な選択肢と呼ばれています。

 

それは、腫瘍細胞死滅活性を妨害することなく
化学療法の副作用を低減することが知られているので
それは興味深いものとなっているようです。

 

甲状腺機能低下症の場合、アシュワガンダは甲状腺を刺激するために使用できます。

 

アシュワガンダの甲状腺への影響に関する研究では、
アシュワガンダの根の抽出物を毎日投与すると、
甲状腺ホルモン分泌が増加することが明らかになりました。

 

研究の結果、アシュワガンダを摂取すると、免疫系の反応性が著しく調節され、
免疫抑制薬によって誘発されたマウスの骨髄抑制が妨げられることが示されています。

 

アシュワガンダは赤血球、白血球、および血小板数を増加させることも観察されたそうです。

 

造血は新しい血液を産生する過程です。

 

研究によると、アシュワガンダは造血性を持っています。

 

この研究では、アシュワガンダ投与ラットで赤血球および白血球数が
有意に増加したことが示されたとのことです。

 

これはまた、ヒトの赤血球にもプラスの効果をもたらし、
それによって貧血のような状態を防ぐのに役立つ可能性があるものです。

 

アシュワガンダは、アーユルヴェーダ薬の発作
および痙攣のため??に広く使用されている治療法です。

 

また別の研究では、この素晴らしい植物に抗けいれん性の存在が示されました。

 

アシュワガンダは、下肢の筋力および衰弱を改善するのに
有用であることが判明しています。

 

それはまた、神経、筋肉の協調に肯定的な影響を与えるものです。

 

アシュワガンダの抗酸化物質および細胞保護特性が
白内障の治療に理想的であることも示しています。

 

アシュワガンダは様々なリウマチに対処するのに有効であることが判明しています。

 

このハーブは、炎症および痛みを減少させる
シクロオキシゲナーゼ阻害剤として作用することが知られているものです。

 

研究によると、アシュワガンダはアルカロイド、サポニン、
およびステロイド性ラクトンに由来する抗炎症性を有することが示唆されています。

 

アーユルヴェーダ医学の教科書によると、
アシュワガンダは人間の細菌感染を抑制するのに効果的です。

 

インドの大学のバイオテクノロジーセンターで実施された研究によると、
アシュワガンダは抗菌性を持つことが示されました。

 

また、アシュワガンダは経口摂取時に尿生殖器、
胃腸管および気道感染症に有効であると結論付けました。

 

妊娠中の女性は、アシュワガンダの摂取を避けるよう勧められています。

 

医師は、定期的な薬物療法、特に糖尿病、高血圧、不安、うつ病、
不眠などの病気に苦しんでいる人々のために、
注意深くアシュワガンダを使用します。

 

アシュワガンダを多量に摂取しないでください。

 

下痢、腹痛、吐き気などの副作用があります。

 

アシュワガンダの根は、粉末形態、乾燥形態または
新鮮な根形態のいずれかで市場で入手可能なものです。

 

あなたが一般的な健康のためにそれを摂取するときは、
5-6グラムの粉末が推奨されます。

 

あなたが特定の病気の治療のためにハーブを服用するときは、
投薬のためにアーユルヴェーダ医師のような医療専門家に相談するべきです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク