スポンサーリンク

βベーターアラニンとは カルノシン

ベータアラニンは、アミノ酸アラニンの改変型です。

 

ベータアラニンは筋肉の持久力を強化することが示されています。

 

ベータアラニンの摂取は、ボート競技やスプリントなどの
中程度?高強度の心血管運動のパフォーマンスを改善することもできます。

 

ベータアラニンを摂取すると、体内の酸緩衝液として働く分子カルノシンに変わります。

 

カルノシンは細胞内に貯蔵され、pHの低下に応答して放出されるものです。

 

ベータアラニンの大量摂取は、感覚異常(βーアラニンフラッシュ)と呼ばれるうずき感、
ピリピリ感を引き起こすことがあります。

 

無害な副作用ですので心配しないでください。

 

標準的な一日の摂取量は一日2〜5g程度が一般的です。

 

ベータアラニンはプレワークアウトサプリメントにおいて一般的に含まれている成分です。

 

βーアラニンフラッシュは、βーアラニン徐放性サプリメントを使用するか、
より少ない用量0.8?1gを1日に複数回に分けて服用することによって
回避することができます。

 

β-アラニンの活性代謝物であるカルノシンは、
骨格筋において最も豊富なものです。

 

カルノシンの筋肉レベルは、動物が受ける代謝性アシドーシスに依存しています。

 

特に、深海に生存する魚は深海で低酸素レベルによって誘発される
代謝性アシドーシスの状態に対抗するために高いカルノシンレベルを
維持していると考えられています。

 

最も高いカルノシンレベルを持っている生物は、競馬馬、
甲虫類、クジラなどです。

 

飼育されている動物は、野生動物よりも低レベルのカルノシンのレベルだといわれています。

 

カルノシンおよびベータアラニンは、骨格筋において最も豊富なものであり、
肉製品において最も豊富なものです。

 

肉は、カルノシンおよびベータアラニンの主な補給源です。

 

カルノシンおよびベータアラニンのレベルは、動物がその生涯を通じて受けた代謝活動の量と相関し、
陸上動物では家畜よりも高いです。

 

カルノシンは骨格筋に豊富に存在していますが、
脳および心筋にも存在しています。

 

その基本的な役割は、酸塩基平衡(H +イオンの緩衝)を維持することですが、
収縮筋肉をカルシウムに感作させ、自閉症の潜在的治療法、
抗老化、酸化物質および糖化に対する保護などです。

 

カルノシンは、骨格筋および脳において局所的に発現される
酵素を媒介してβ-アラニンから合成されます。

 

ベータアラニンは肝臓で合成され、カルノシンが合成される筋細胞に輸送されます。

 

ATPGD1酵素は骨格筋において多く見出すことが出来、
β-アラニンの利用可能性はカルノシン合成における制限因子であるため、
β-アラニンの補充は筋肉中カルノシンの貯蔵を高める上で非常に有効です。

 

ベータアラニンは、カルノシンの同じ経口投与量よりも
大きく筋カルノシン貯蔵を増加させることとなります。

 

食事中のヒスチジン欠乏症は、β-アラニンとカルノシンの両方の
血清および筋肉レベルを低下させることとなります。

 

ヒスチジンが補充されるとレベルが回復することが分かっています。

 

ベータアラニンとカルノシンは擬似ビタミンを持っていません。

 

いずれかに関連する欠乏状態は、必須アミノ酸ヒスチジンに関連する
一般的な「タンパク質欠損」とも呼ばれます。

 

これは、より多くのタンパク質を摂取することによって回避することができます。

 

カルノシンレベルは、雑食動物と比較して菜食主義者の方が低く、
年齢とともに減少するといわれています。

 

カルノシンが豊富な食事の摂取は、老化とそれに関連する
病状の緩和に役立つとの仮説が立てられています。

 

ベータアラニンやカルノシンサプリメントの摂取は、
菜食主義者やビーガンにとっては良い考えです。

 

カルノシン(β-アラニル-L-ヒスチジン)は、
β-アラニンとヒスチジン(L-ヒスチジン)のジペプチドです。

 

関連分子は、ホモカルノシンおよびアンセリンです。

 

ホモカノシン(γ-アミノブトリル-L-ヒスチジン)はβ-アラニンとGABA
のジペプチドであり、 それは脳の組織で見出すことができます。

 

アンセリン(β-アラニル-3-メチル-L-ヒスチジン)は、
追加のメチル基を有するカルノシンであり、
それはカルノシンもまた存在する(特に骨格筋に)ことが見出されています。

 

カルノシン、ホモカルノシンおよびアンセリンは、「ヒスチジン含有ジペプチド」と呼ばれ、
類似の抗酸化特性を共有するものです。

 

細胞内カルノシンレベルは、
主に細胞外ベータアラニンの利用可能性によって決定されることとなります。

 

これは、完全なヒスチジン欠乏によってのみ無効になるため、ヒスチジンは、
細胞内カルノシンの貯蔵を増強するためにほとんど使用されていません。

 

実際のヒスチジン欠乏の場合にのみ、ヒスチジンを補充して
カルノシン貯蔵を増加させることが出来ます。

 

肝臓では、カルノシナーゼ酵素は摂取されたカルノシンを
ヒスチジンおよびベータアラニンに代謝することができます。

 

このようにして、カルノシンサプリメントの摂取は、
筋肉組織におけるカルノシン合成の速度限界を克服するために、
β-アラニンを提供することができます。

 

さらに、カルノシンそれ自体が吸収されることができるようです。

 

結果的に、β-アラニンを補充することは、
カルノシンを補充するよりも好ましいと思われます。

 

補助的なβ-アラニンは、増加する筋カルノシンで
補足的なカルノシンよりも効果的だといわれています。

 

補助的なベータアラニンは、食物とともに摂取すると、
筋肉カルノシンをより大きく増加させると言われています。

 

β-アラニンが+イオンを緩衝するために生成する生成物であるカルノシンは、
基本的な抗老化特性を発揮するともいわれています。

 

現在、カルノシンの最も知られた役割はタンパク質代謝に関連しているものです。

 

老化促進マウスの老化過程において、筋肉カルノシンの最大45%の減少が認められています。

 

カルノシンの枯渇は、加齢に関連していると言われています。

 

カルノシンの体内貯蔵量の増加は、老化プロセスを遅らせる可能性があるとも言われています。

 

カルノシンは、培養線維芽細胞における細胞老化の速度を低下させることができるものです。

 

このアンチエイジングに期待できる効果は、
テロメア短縮率を低下させるカルノシンの能力に起因する可能性があります。

 

老化過程における毒性タンパク質の原因となるものは、
低下した加齢速度とタンパク質合成の減少とを結びつける
研究によってより強く理解が進みました。

 

タンパク質合成の減少は、タンパク質カルボニルなどの
代謝副生成物の減少を意味するものです。

 

減少した老化速度と減少したタンパク質合成との間の関連性は、
メチオニン欠損マウスにおいても観察されているものです。

 

タンパク質変化を減少させるカルノシンの能力は、それが抗酸化剤、
有毒金属イオンのキレーター、抗糖化剤、および
アルデヒド/カルボニル結合剤であることに由来し得るものです。

 

カルノシンは、細胞内の様々なタンパク質に対して一般的な防御(抗酸化)作用を
有するようであるとある程度推測することが出来るものです。

 

これにより、体内の有毒な(酸化された)タンパク質の蓄積を防ぐことができると考えられています。

 

カルノシンは毒性タンパク質から細胞を保護するだけでなく、タンパク質分解を
刺激することによってこれらのタンパク質の形成も減少させることができるものです。

 

カルノシンは、ショウジョウバエおよび老化促進マウスにおいて
抗老化作用を示してことが確認されています。

 

マウスの研究では、カルノシンを投与したマウスにおいて、
50%だった生存率が20%増加したことが示されたそうです。

 

カルノシンは、ベータアラニンとヒスチジンの組み合わせよりも、
老化防止剤として有効であるようであると言われています。

 

更に、クレアチン補給は、筋肉カルノシンを増加させることができるとも言われています。

 

間接的に寿命を延長させる可能性があると言われています。

 

カルノシンは、老化防止剤としてβ-アラニンより有効である可能性があります。

 

ハエでは、寿命を延ばすことが示されています。

 

ベータアラニンは、タウリンの競合阻害(ベータアラニンとタウリンは同じ輸送体が脳内に入ることを競合する)
によって多くの神経学的作用を緩和します。

 

β-アラニンは、阻害性神経伝達物質グリシンおよびGABAと同様の効果を有するものですが、
同時にこれらの分子と競合する可能性があります。

 

現時点での全体的な結果は不明です。

 

カルノシンの基本的な抗酸化特性は、
L-カルニチンがSODを安定化してその作用を増強する方法と同様に、
SOD自身の抗酸化活性を支持するであろうことです。

 

カルノシンはまた、脂質およびタンパク質に対する酸化的損傷を減少させることにも関与しています。

 

したがって、カルノシンは、神経組織における
酸化されたタンパク質の凝集を減少させることができるものです。

 

気分、メンタルの影響に関する研究は十分ではありませんが、
β-アラニンは不安解消、不安軽減特性を有する可能性もあります。

 

ベータアラニンは慢性疲労において役割を果たすかもしれないと示唆されていますが、
現時点でははっきりした結論には至っていません。

 

カルノシンは、システイン・バッファリング(タンパク質およびアミノ酸、重炭酸塩、およびリン酸塩を含む)
の複数の機構のうち、そのヒスチジン残基のイミダゾール構造に起因する
細胞内の緩衝に寄与するものです。

 

大量のヒスチジンジペプチドは、明らかな有害作用を伴わずに細胞に保存することができます。

 

ベータアラニンの利点は、収縮前に筋細胞にどの程度のベータアラニンとカルノシン
(2つの緩衝剤)が存在するかと非常に関連しています。

 

この緩衝作用により、ベータアラニンは酸素摂取に影響を与えずに
アシドーシスを軽減することができるものです。

 

乳酸は筋肉収縮そのものを阻害しないように考えられていることもありがちですが、
それは相関関係にあります。

 

短期高強度運動、無酸素運動のパフォーマンスの向上につながることが、
多くの研究によって指摘されています。

 

ベータアラニンは、高齢女性(55-92歳)、
アメリカンフットボール選手の高齢者の疲労感を軽減し、
意欲的に疲労を遅らせるようであると確認されました。

 

ベータアラニンとクレアチンは、疲労の軽減に関して相乗効果を有すると考えられています。

 

ベータアラニンは、運動中の疲労感を軽減する可能性があり、
高齢者に関する少なくとも1つの研究では、
神経機能の改善と転倒のリスクが低くなることが示唆されています。

 

ベータアラニンの補給に関して、一日に4.8g、30日間の試験では、
耐性訓練を受けた男性の力の増加が指摘されました。

 

最大の収縮を繰り返す間にスプリントの筋力を改善し、
400mのスプリント試験ではパワーを改善しなかったことが分かっています。

 

ピークパワー出力を改善する際のクレアチンの有効性は、
ベータアラニンによってわずかに増強される可能性があると言われています。

 

急性動力出力の改善は注目されていますが、
長期間の運動に対する効果よりもはるかに信頼性が低いです。

 

ベータアラニンはプレワークアウトサプリメントに多く含まれていて
長時間の運動に有益であるということのようです。

 

一般的なスポーツをする前にも摂取するのが良いのかもしれません。

 

ある研究では、大学生のレスリング選手とサッカー選手に
ベータアラニン一日4gを摂取させてみました。

 

サッカー選手においては総体重の有意な増加はなかったようですが
減量には優位な結果が出たようです。

 

運動する女性の6週間の研究では、
ベータアラニン群(ベータアラニン6gおよびグルコース60g /日)は、
除脂肪体重の増加を示したが、対照群(1日あたりグルコース66g)は、
脂肪質量は変化しなかったそうです。

 

この研究では、高強度間隔訓練(HIIT)を使用し、
食欲抑制では食事に有意差はないことが示唆されたとのことです。

 

ベータアラニンは、現在よく分かっていないメカニズムを介して、
徐脂肪体重の増加に寄与しているようです。

 

運動が必要だということは間違いありません。

 

一日4.8gの摂取で30日間のベータアラニン補給は、
運動能力を高めることができ、健康な男性の運動に対する
テストステロン反応に影響を与えずにいい結果が見られました。

 

この効果の欠如は、予め形成されたカルノシンでも観察されているとのことです。

 

コルチゾールや成長ホルモンの分泌にも影響はありませんでした。

 

タウリンとベータアラニンの両方がベータ位にアミンを有する酸性のアミノ酸です。

 

その点で、それらは神経伝達物質GABAと同様の構造を共有しています。

 

タウリンとベータアラニンは同じトランスポーターを共有しているため、
競合が起こる可能性があります。

 

実験的な条件では、ベータアラニンは一時的なタウリン欠乏を誘発してしまいます。

 

しかし、補助的ベータアラニンを使用する人体の研究のいずれも、
タウリン欠乏症を示唆する副作用(筋肉痙攣の増加など)は述べられてはいません。

 

タウリンとベータアラニンは拮抗的ではありますが、
現時点ではそれらの相互作用の実際的な関連性は確認されていません。

 

クレアチンとベータアラニンは両方とも、十分訓練された選手の
有効性に関する広範な証拠が認められています。

 

その理由から、それらはしばしば姉妹サプリメントと見なされ、
いくつかの試験がそれらの組み合わせで行われてきました。

 

サッカー選手の10週間の研究では、クレアチン単独と比較して、
クレアチンとベータアラニンの組み合わせが、
より多くの除脂肪量増加と脂肪量減少につながるとの見解が報告されました。

 

クレアチンとベータアラニンの相性はとてもいいですがHMBも追加すると更に効果的だといわれています。

 

β-アラニンはトップページで紹介しているザリッパー
にも含まれています。

 

脂肪の燃焼に期待したい人はザリッパーも視野に入れてください。

 

私は、ザリッパー、HMB、クレアチンモノハイドレートを摂取しているのでそれなりの体感は感じています。

 

万人にβ-アラニン摂取での体感が良いのか分かりませんので私のように
最初はカプセルのものなどを試してみて、気に入ったら大容量のものを
購入すれば良いと思います。

 

また、ベーターアラニンはトレーニング前に摂取する
プレワークアウトサプリメントには殆ど含まれていますので
そちらを検討するのもいいと思います。

 


NOW BETA ALANINE 750mg 120 CAPS ナウ ベータアラニン

 


[海外直送品] ナウフーズ  - ベータアラニン 750 mg。120カプセル

 

ベータアラニンはマイプロテインでも買えます。

 

 

 

 


スポンサーリンク