スポンサーリンク

ケトジェニックダイエット、BHB塩(ベータ-ヒドロキシブチレート)断食ダイエット、ケトン体

ケトジェニックダイエット、BHB塩

 

BHB(ベータ-ヒドロキシブチレート)は人体のための最もクリーンな燃料です。

 

MCTオイルやココナッツオイル以上に迅速に人体を
ケトン体質に切り替えます。

 

BHB塩のプレワークアウトサプリメントがあるぐらいです。

 

人体はグルコース(炭水化物由来)とケトン体(脂肪由来)の
2つの異なる燃料からエネルギーを得ることが出来ます。

 

BHBと呼ばれる1つのケトン体は、
人体がエネルギーとして使うことができる
素晴らしくクリーンで効果的な燃料です。

 

ベータヒドロキシブチレート(BHB)は、
炭水化物の代わりに脂肪をエネルギーとして活動しているときに、
人体が作る3つのケトン体(エネルギー分子)の1つです。

 

人体が脂肪酸から作る3つの主なケトンは次のとおりです

 

 

・ベータヒドロキシブチレート(BHB)。最も豊富で、血液中の総ケトンの78%を占めるものです。
・アセトアセテート(AcAc)。それは血液中のケトンの約20%を占めるものです。
・アセトン。血液中に約2%のケトンを作ります。それはエネルギーのために使われていません。

 

 

BHBとアセトンの両方がアセトアセテート(AcAc)に由来していますが、
BHBは非常に安定的で豊富なエネルギーのために使用される主なケトンです。

 

アセトンは呼吸と汗によって失われます。

 

人間の体は2種類のBHBを作ります。

 

 

・D-BHB:人体の細胞が効率的なエネルギーのために使用するものであり、大量に生産されます。
それは、全BHBの老化防止効果の作用です。
・L-BHB:これは少量生産され、D-BHBほど効率的にエネルギーに使用することはできません。

 

 

 

これは、脂肪酸の合成に役立ちます。

 

ケトーシスは、グルコースの代わりにエネルギーのための
ケトン(BHBおよびAcAcの両方)を使用する代謝状態です。

 

燃料を切り替える必要があるかという答えはBHBがとてもうまく働くからです。

 

それは不自然でないことですし勿論、有害でもありません。

 

BHBには、効率的なエネルギー生産を超えた多くの利点があります。

 

それは人体の代謝をグルコースが不可能な方法で多く発生させることが出来ます。

 

◆遺伝子発現を高める
BHBの多くの利点は、遺伝子の発現を最適化する能力、
細胞がDNA指示を最適化する方法に由来しています。

 

DNAは、生物がどのように成長し、機能し、
再現するかを規定する生物学的コードであり、
めったに変化しないものです。

 

DNA発現は、このコードが細胞にどのくらいうまく伝わるかということで、
いくつかの要因によって変わる可能性があります。

 

DNA発現が損なわれている場合、
細胞は生き残るために必要なタンパク質を作り出すことができません。

 

DNA発現は2つの段階を含んでいます。

 

転写・特定のタンパク質を作るためのDNA指示は、
mRNAと呼ばれるメッセンジャー分子にコピーされます。

 

そして、mRNAを読み取り、タンパク質を形成する正しいアミノ酸を集めるために使用します。

 

BHBは、重要なタンパク質を働かせない分子を阻害することによって
遺伝子発現を改善します。

 

それは、FOXOおよびMTL1を含む、
有用な遺伝子を発現することに利用できるようにするものです。

 

FOXO遺伝子は、酸化ストレス耐性、代謝、細胞周期、
およびアポトーシスを制御し、寿命に影響を及ぼすものです。

 

MLT1は毒性を軽減するのに役立ちます。

 

BHBは、寿命と抗酸化物質の保護を高める
重要なタンパク質を解明することにより、遺伝子発現を改善します。

 

◆認知機能の向上

 

ケトンは、血液脳関門を容易に通過し、
エネルギーの70%以上を脳に供給することができます。
これは、周囲に十分なグルコースがないときに
脳がケトン体を非常に多く受け取れるようにすることが可能となります。
実際、神経細胞は、0.032mmol / kg /分の速度で多くのBHBを消費します。
この迅速な吸収は、以下を含む多くの点で脳機能を改善するものです。

 

 

・神経細胞やシナプスの保存、記憶力、集中力、注意力、学習能力を改善します。
・より少ない活性酸素
・下部神経炎症
・認知症のリスクを低下させる
・うつ病や気分障害のリスクを軽減させる
・アルツハイマー病やパーキンソン病の患者を含む認知症患者の認知度の向上

 

 

ある研究では、MCTオイルを摂取してから
90分後に脳内のBHBが増加すると、
記憶障害を有する成人の記憶力が改善されたと報告されているようです。

 

予備試験では、ケトンが若年者と高齢者の両方で
作業記憶を改善できることも示されています。

 

BHBが脳の器官における神経炎症を予防するため、
抗うつ薬と抗不安様作用を有することを発見しました。

 

BHBが、ハンチントン病
(遺伝性に発病し、運動機能や認知機能に影響を及ぼす進行性の神経変性疾患です)
を含む神経変性疾患の予防に有益であり得ることを示唆しています。

 

◆炎症を殺す
BHBは、NLRP3インフラマソームと呼ばれる
炎症の原因となるプラットフォームをブロックすることが可能です。
NLRP3は、神経炎症、癌、インスリン抵抗性、
骨疾患、アルツハイマー病、皮膚疾患、メタボリックシンドローム、
2型糖尿病、および痛風を引き起こす炎症分子から人体を解放します。

 

BHBはこれらの炎症性分子を破壊することができます。

 

研究では、BHB投与は、
脳の器官の炎症分子IL-1βおよびTNF-αを減少させたそうです。

 

別の研究は、BHBが人間の白血球中の
インターロイキンIL-1βおよびIL-18の炎症を減少させることを示しました。

 

この抗炎症力は、BHBを炎症によって誘発されるか
または悪化させる疾患を予防するのに有用にするものです。

 

それは、にきび、乾癬、静脈瘤潰瘍、
アレルギー反応、および皮膚光感受性のような
炎症性皮膚疾患を治療するのに役立つ可能性があると言われています。

 

BHBは体内の主要な炎症の原因となる複雑な
NLRP3インフラマソーム(炎症などに関与するタンパク質の複合体)
の活性をブロックします。

 

◆抗酸化作用
BHBをエネルギーに変換すると、NAD + / NADH比を増加させ
抗酸化遺伝子を解明することによって抗酸化物質の保護力が向上します。
これらの保護効果は広範囲に及んでいるものです。
解明されている事実としては、BHBは脳(ニューロン、脳の器官、新皮質)および血液中の
酸化的損傷を予防および逆転できるものです。

 

ある研究は、BHBが神経細胞死を予防することを確認できたそうです。
脳の器官では、感情、長期記憶、空間ナビゲーションを調節する脳の部分です。
BHBは、神経細胞のシナプスの酸化損傷に対する完全性を保護します。

 

新皮質では、認知、空間的推論、言語、知覚などの
高次機能を担う脳領域であり、BHBはニューロンの酸化を防ぎます。

 

内皮細胞(血管の内側にある細胞)では、
ケトンは抗酸化防御を活性化し、心臓血管系を保護します。

 

アスリートについて行われた研究では、ケトン体が運動によって引き起こされる
酸化的ストレスを減少させることが分かったとのことです。
BHBを製造することによる抗酸化効果は、多くは脳の酸化的損傷から細胞を保護します。

 

◆寿命を延ばす
BHBは人間が寿命を延ばし、より健康的な生活を送るのを助けることができます。
遺伝子発現に対するその陽性効果、その抗炎症力がBHBにはあります。

 

基本的に、BHBは、酸化ストレスと戦い、新陳代謝を向上させ、
寿命を延ばすために同時に働く有益な遺伝子のロックを解除します。
これは、BHBがアンチエイジング遺伝子を活用する方法の一つと考えられています。

 

インスリン様増殖因子(IGF-1)受容体遺伝子をブロックします。
この遺伝子の役割は細胞の増殖を促進しますが、
過剰な増殖は疾患や早期死に関連しています。
IGF-1の活性が低いほど老化が遅くなり、寿命が延びると言われています。
FOXO遺伝子を活性化することで特に遺伝子の一つであるFOXO3aは、
抗酸化物質の生成を促進するため、人間の寿命を延ばすことと結びついています。
BHBはまた炎症を抑制するので、関節炎および骨量減少を含む機能低下および
早期死を引き起こす加齢性炎症性疾患を予防することが出来ると言われています。

 

BHBは、抗老化遺伝子を活性化し、炎症を軽減することにより、寿命を延ばすことができます。

 

◆癌の撲滅と予防に役立ちます

 

BHBは、癌細胞が増殖して広がるのに十分なケトンを使用することができないため、
腫瘍の増殖を遅らせることができると言われています。

 

この現象は、癌細胞と腫瘍が、グルコースまたは
ケトンのいずれかを用いることができる健康な細胞とは対照的に、
グルコースの分解に依存して増殖するという
ウォーブルグの影響によって説明されることだそうです。

 

科学者らは、グルコースを取り除き、ガン細胞をケトンに依存させることでこの弱点を利用し、
脳、膵臓、結腸などの多くの臓器の腫瘍を縮小させました。

 

さまざまな研究で見つかったことは以下のとおりです。
ケトンは、血糖値とIGF-1(腫瘍の進行を助長する2つの要因)を
低下させることによって脳腫瘍の成長を遅くしました
(ケトンを燃料とする状態にグルコースから置換すると、脳腫瘍が縮小しました)。

 

ケトンは、インビボおよびインビトロ
の両方において、転移性癌細胞の拡散を止めることが出来ました。
ケトン体は膵臓癌細胞を死滅させ、悪液質を減少させました。
悪液質は進行癌患者の80%までが持っているシンドロームであり、
極度の体重減少、疲労、および筋肉萎縮からなるものです。
ケトンはまた、神経組織に形成される癌細胞である
成長神経芽細胞腫を遅らせることが出来ます。
BHBを摂取すると、腫瘍の増殖を阻害することが出来ます。

 

◆インスリン感受性を高める
ケトンは、インスリンレベルならびに血糖値を低下させ、
インスリンの効果を模倣することによって、
インスリン感受性を改善することが可能で
、インスリン抵抗性を逆転させる可能性があります。

 

インスリンに敏感な方は、2型糖尿病、非アルコール性脂肪肝疾患、
肥満などの代謝性疾患のリスクが低くなります。
BHBは、グルコースとインスリンのレベルを低く抑えることによって、
インスリン感受性を改善し、
インスリン抵抗性を逆転させることができます。

 

◆心臓の機能を最適化する
心臓のエネルギー源は長鎖脂肪酸です。
正常な大人の心臓では、脂肪酸はATPの70%までを提供し、
グルコース、乳酸、アミノ酸、およびケトンは残りを供給します。
脂肪の使用とケトンの使用は同じではありません。
心臓は最初にBHBに変換することなく脂肪を直接代謝させます。
しかし、脳と同じように、必要に応じて心臓は
ケトンに非常によく適応することが出来るものです。
それは、心臓細胞の顕著な代謝柔軟性のおかげで、
ケトンの分解を自動的に制御することを学習します。
BHBを燃やすことは、脂肪酸を使用するよりも
心臓にとってエネルギー的に効率的なことです。
BHBは、心臓の機械的効率および血流を改善することが出来ます。
燃焼する脂肪酸はフリーラジカルを増加させますが、
BHBはフリーラジカルを破壊します。

 

研究によると、ケトンを使用した場合、
心臓の機械的効率は30%増加し、血流は75%増加しました。
BHBは心臓にとってより良い燃料です。
酸化的損傷から保護し、機械的効率を高め、血流を改善することが出来ます。

 

◆脂肪の減少と運動能力を高める
人間の骨格筋は、特に運動時にもBHBからも利益を得ます。
運動はケトンの吸収を劇的に増加させ、
ケトンは性能と回復を改善することが可能でそれは身体にとって、
とてもいいサイクルとなるものです。

 

要するにケトンは、

 

 

・持久力が必要な運動のパフォーマンスを向上させることが出来ます。
・ウエイトトレーニング時に筋肉量を減らさずに脂肪の減少を促進させることが可能です。
・脂肪燃焼を増加させることもできます。
・グリコーゲン貯蔵を補充し、回復を促進します。
・持久力向上のためのトレーニングは特にBHBの吸収を向上することとなります。

 

 

30分間のサイクリングの練習中にケトン消費量が3倍から5倍に増加することが判明しました。
ケトンは30分間の運動で85-125kJのエネルギーを供給しましたが、
30分間の休息中はわずか27kJでした。

 

この増加した吸収は、より多くの脂肪燃焼を誘発したものです。
筋グリコーゲンが利用可能であったとしても、
ケトーシスの運動中に筋肉内脂肪の燃焼が
20倍に上昇したという研究もあるようです。

 

これは、細胞が普通に好まれるグルコース予備を無視し、
代わりに脂肪を燃やしたことを意味するといえます。

 

これは、脂肪の減少を加速させることが可能だということです。

 

ケトーシスに対する耐性訓練を行う人々は、
筋肉を失うことなく、より速く脂肪量を減少させます。

 

体脂肪に焦点を当てることで、
身体は運動後にグリコーゲンをすばやく補充することができ、
回復が著しく改善されます。

 

BHBレベルが上昇すると、運動後にグリコーゲンおよび
グルコース取り込み速度も増加することが分かっています。

 

人間の筋肉は回復のためにグリコーゲンしか使用できないので、これはとてもいいことです。

 

ケトンは運動時に疲労を軽減し、認知機能を改善することができます。

 

運動、スポーツはBHBの吸収を加速し、
BHBは脂肪の燃焼、回復、エネルギーを高めることが可能です。

 

◆骨の劣化を防ぐ
BHBは優れた骨保存能力を持っています。
骨粗しょう症の被験者に破骨細胞と呼ばれる細胞の産生を止めることによって、
骨の分解を防ぐことができることが分かりました。

 

考えられる理由としては、骨形成のためのマトリックスを作り出す
細胞である骨芽細胞が関与していると考えられています。
骨を形成します。

 

破骨細胞は正反対です。
破骨細胞の働きは、健康な人の骨に役立つ骨組織を分解することですが、
骨粗しょう症やその他の骨疾患の人には恐ろしいものです。
破骨細胞を止めることによって、
BHBは骨の破壊を逆転させ、
予防することが出来ると考えられています。

 

また、人間の骨を強化することもできます。

 

 

・骨密度の低下が予防された
・骨の変形に対する抵抗力の増加
・大腿骨の強度を高めた

 

 

BHBは骨の内部組織(海綿状または海綿状の骨と呼ばれる)の体積を改善し、
骨組織を破壊し、骨の強度と抵抗を減少させる細胞の増殖を防ぐことが可能です。

 

BHBレベルを最適化する方法としては、
BHBのグルコースを変換することは非常に有益なことですが、
私たちの食事の環境はそれを困難にしています。

 

これらの4つのことは、ケトンの一貫したレベルを維持するのに役立ちます。

 

皆さんがケトン体質になることを考えるのであれば、
まずケトン生成食に食事を変更する必要があります。
ケトン生成食は、他の低炭水化物ダイエットと似てはいます。

 

しかし、脂肪を多く摂取する必要があり炭水化物の摂取はなるべく控えなくてはいけません。
一日の食事の割合は、70-80%の脂肪、20-25%のタンパク質、5-10%の炭水化物とします。

 

炭水化物は40g程度に留めなければいけないと言われています。

 

人体がより多くのBHBとAcAcを産生するように設計されているので、
栄養ケトーシスに入ったり、血液中ケトンは、0.6?3.0 mmol / Lの間にとどまると期待できます。

 

◆ケトン生成食で食べることが出来る食品は以下のとおりです。◆

 

・健康で有益な脂質:アボカド、ココナッツオイル、MCTオイル、クルミオイル、オリーブオイル。
・乳製品:クリームチーズ、チーズ、サワークリーム、バター、ギーなど。
・ニワトリの卵:放し飼いにされているニワトリ。
・赤身肉:放牧牛の肉、内臓、ラム肉、豚肉など。
・白身肉:鶏肉、七面鳥、アヒルなど。
・魚や魚介類:特にサバ、イワシ、サーモンのような脂肪質の魚。
・ナッツと種子:ナッツバター、マカダミアナッツ、カシューナッツ、クルミ、アーモンド、亜麻仁。
・低デンプンの野菜(主に葉野菜、根菜はNG):ホウレンソウ、ケール、レタス、ズッキーニ、トマト。
・低血糖フルーツ:ブルーベリー、イチゴ、チェリー(少量に限ります)。
・ケトフレンドリーなスナック:低炭水化物のクッキー、無味のパンケーキ、ケトフラップ。

 

 

 

ケトン生成食は難しくありません。

 

BHBを使ったダイエットでは断食も有効だと言われています。
通常の断食(数日間は食べない)とは異なり、間欠的な断食、
例えばその日の昼食だけBHBに変更するだけでも
認知力と長寿の利益を得ることが出来ると言われています。

 

BHBの燃焼モードにすばやく移行することができます。
昼食だけBHBに置き換えて朝晩の食事を低炭水化物の食事に変更します。

 

BHBとケトジェニックダイエットを組み合わせると、
より簡単にケトンで行動することができます。

 

ランチのメニュー(丼もの、ラーメン、パスタ)などは
炭水化物が非常に多いため避けなければいけません。

 

炭水化物は、 色々な食物に含まれてしまっています。
炭水化物を多く摂取してしまうと、
人体はBHBではなくグルコースを燃料とすることに戻ってしまい、
ケトンの代謝および認知のすべての利点を失うことになってしまいます。

 

なるべく外食を避けて自炊をし確実に低炭水化物の食事を摂取するようにしてください。
今はそれ程、低炭水化物食にこだわらなくてもいいというBHB商品も売られてはいます。

 

BHB塩の形で外生ケトンを取り込むことで、
多くの作業を省くことができ、BHBレベルを楽に高めることができます。

 

BHB塩は迅速にBHBレベルを上げることが可能です。

 

BHBレベルをゼロから引き上げるために体が必要とする時間を大幅に短縮出来ます。

 

人体がケトーシスの完全な利益を享受したいとするならば、
BHB塩は完全に安全だと考えられます。

 

ケトン生成食、断続的な断食、およびBHB塩を組み合わせると、
BHBからエネルギーを使えるようになることは非常に簡単です。

 

 

人間が狩猟民族だった遠い昔のことを考えてみると、
人体は利用できる栄養素に応じて
エネルギーを異なる燃料で使用する能力を身につけていました。
この適応は、食物の出所、量、頻度が不明確な時には不可欠でした。
ほとんどの場合、人々は断続的に断食しなければならなかったため、
体はグルコースではなくケトンをエネルギーとしていました。

 

今日、大部分の大人は、高炭水化物食品が豊富なおかげで、
エネルギーを一般的にグルコースに頼っていますが、
私たちは全員ケトンを必要とし、使用して生まれています。

 

生後早期にケトン(BHBおよびAcAc)が脳成長
および肺機能のためにグルコースより優れているため、
小児は成人よりも効率的にBHBを製造および使用することができているようです。

 

赤ん坊、肉食動物、糖尿病でない限り、人体はグルコースを使います。

 

ケトンを燃料として再び使用し始めるのは簡単だということです。

 

通常、脳や筋肉はグルコースに大きく依存し、心臓は長鎖脂肪酸を燃やしますが、
BHBに切り替えるとその機能が強化され、病気に対する特別な保護がもたらされます。
体はBHBを2つの形を使用することができます。
前述したように、内生BHBと外生BHBです。

 

内因性BHBは人体がそれ自身で作るものです。
外因性ケトンは、ケトスタートケトーシスを迅速に、通常はBHB塩または
エステルの形で補給することができる外部BHB分子です。

 

 

 

脂肪をBHBに、そしてBHBをエネルギーに変換するサイクルは、2つのプロセスを伴うものです。

 

・ケトジェネシス:肝臓におけるBHBの産生。これは、ケトン(ケト)生成(発生)を意味します。

 

・ケト分解:BHBをATP(細胞のエネルギー)に変換するプロセス。それはケトン(ケト)分解(崩壊)を意味します。

 

両方のメカニズムには複雑な化学プロセスが関与しており、それらは以下のことです。

 

・遊離脂肪酸の製造(脂質分解)

 

BHBの製造が始まる前に、貯蔵脂肪を遊離脂肪酸に変換する必要があります。

 

脂肪分解は、脂肪組織に貯蔵されているトリグリセリドを

 

グリセロールと遊離脂肪酸(FFA)に変えて血液に流し、
肝臓に移動してBHBになるプロセスです。

 

 

 

BHB産生は、肝臓細胞のミトコンドリアで起こり

 

・脂肪酸活性化(アシル-CoA):ミトコンドリア障壁を越えることができる前に、
ミトコンドリアは短鎖脂肪のみを受容するため、
長鎖脂肪酸を「活性化」する必要がある。
コエンザイムA(CoA)と呼ばれる分子は、脂肪酸の末端に結合しており、
このコンボはアシル-CoAと呼ばれています。

 

・脂肪酸酸化(アセチル-CoA):ミトコンドリア内部に入ると、アシル-CoAはアセチル-CoAに分解される。

 

これはクレブスサイクルに入ることができる唯一のものであるため、これは重要な分子です。

 

・クレブスサイクル:クエン酸サイクル(CAC)またはトリカルボン酸(TCA)サイクルとしても知られています。

 

これはアセチル-CoAを分解することによってケトンおよびアミノ酸の前駆体を生成するプロセスです。

 

それは、すべての分子を二酸化炭素(CO2)に完全に酸化することによって働きます。

 

BHBを作成するプロセスは次のようになります。

 

◆アセチル-CoA

 

・アセトアセチル-CoA:アセチル-CoAはアセトアセチル-CoAに分解する。
・HMG-CoA:アセトアセチル-CoAはHMG-CoAに分解する。
・アセトアセテート(AcAc):HMG-CoAは、第1のケトン、AcAcとなる。
・BHB:AcAcがBHBに還元され、アセトンが副生成物として生成される。

 

◆ケト分解

 

 

・場所:肝臓を除く他の器官の細胞のミトコンドリア
・結果:ATP
BHBが放出されると(ケトン生成)、あなたの心臓、脳、
および他の器官は吸収してATPに変換します。
それはエネルギーの元です。

 

 

BHBが血流にあるとき、肝臓を除く器官は、エネルギーのためにそれを吸収します。

 

肝臓はケトンを利用する能力がありません。

 

BHBはクレブスサイクルを通過できる唯一の分子であるため、
アセチルCoAに戻る必要があります。

 

BHBが他の臓器に入ると、BHBは肝臓で最初に取った措置を取り戻します。
BHBは最初のケトンに戻ります。
・アセトアセチル-CoA:アセトアセテート(AcAc)がこの分子に戻る。

 

・アセチル-CoA:アセトアセチル-CoAはアセチル-CoAに戻り、
これはクレブス回路に入ることができる。

 

・クレブスサイクル:アセチル-CoAはサイクルで完全に酸化され、

 

この酸化は電子を2つのキャリア分子:NADHまたはFADH2に放出します。
・ATP生成:NADHまたはFADH2からの電子は、ATPを生成するO2に向かって移動する。

 

これは、ミトコンドリアの呼吸鎖とも呼ばれます。

 

上記のとおり、BHBをエネルギーに使用することは複雑なプロセスです。

 

基本的に、アセチルCoAはBHB(肝臓)に変わり、BHBはアセチルCoAに戻り、
使用可能なエネルギー(臓器内のATP)を作り出す必要があります。

 

要約すると、BHBは脂肪を酸化することによって肝臓で生成されます(ケトン生成)。

 

その後、BHBは臓器中の酸化を介してATP(エネルギー)に変わります(ケト分解)。

 

BHBを実行すると、グルコースよりも代謝上の利点が得られます。
BHB対グルコースを燃料として
BHBがエネルギーの面でグルコースとどのように比肩しているかを知りたいのであれば、

 

ここではそれらの内訳は以下のことです。
・エネルギー効率
・エネルギー収量
・エネルギー効率
エネルギーを創出すると、フリーラジカルや酸化剤と呼ばれる有害な副生成物が生成されます。

 

 

これらの分子は細胞やDNAに損傷を与え、不可避なものです。

 

ATPの生成中に、酸化剤O2・H2O2が漏出してしまいます。

 

これらは抗酸化物質で容易に対抗することができる活性酸素です。

 

しかし、正しくない状況下では、ほとんどの酸化的損傷の原因となる
反応性窒素種(RNS)やヒドロキシルラジカル(OH)など、
最も有害な活性酸素になる可能性があります。

 

したがって、エネルギー生産中に活性酸素を最小限に抑え、
酸化防止剤を最適化する必要があります。

 

体が使用する燃料とATPを作り出すために使用する燃料は、

 

いくつのフリーラジカルが生成され、抑制されるかに影響します。

 

燃料が生成するフリーラジカルが少ないほど効率が良いです。

 

BHBは効率的です。

 

BHBは解糖をスキップします。

 

グルコースとして半分の燃料を消費するプロセスである
クレブスサイクルに入る前に、AcAcに変換してから
アセチルCoAに変換するだけです。

 

エネルギー生産時に発生する酸化ストレスや酸化剤から保護してくれます。

 

ミトコンドリア機能と生体発生をサポートします。

 

アンチエイジングと長寿の効果を提供してくれます。

 

BHBはまた、人体がケトンで動くときにのみ活性化する
保護タンパク質を介してフリーラジカルを減少させます。

 

・UCP:脂肪はUCPタンパク質の活性を促進する。

 

UCPは、エネルギーの生成中に漏出するフリーラジカルを死滅させ、
ミトコンドリアの酸化的損傷を防ぐものです。

 

・SIRT3:体がグルコースから脂肪に切り替わると、
Sirtuin 3(SIRT3)というタンパク質が増加します。

 

それは、エネルギー生成中に酸化剤を低く保つために、
MnSODおよび他のミトコンドリア酸化防止システムと呼ばれる
強力な酸化防止剤を活性化します。

 

それは更に、酸化から保護するFOXO遺伝子を安定化させます。

 

グルコースを使用するよりもBHBを使用するほうが酸化的損傷を防ぎ、
寿命を延ばすことができます。

 

それはまた、グルコースがしない強力な抗酸化物質を活性化することによって
不可避のフリーラジカルのダメージと戦うものです。

 

エネルギー収量は次の2つによって測定されます。

 

・BHBまたはグルコース1分子当たりに生成されるATP分子の数
・各ATP分子からの使用可能なエネルギー

 

グルコースとBHBの各分子は、細胞に使用可能なエネルギーを運ぶ、
異なる量のATPを作り出します。
ATPが細胞内でこのエネルギーを放出するとき、
それはATP加水分解と呼ばれます。

 

 

グルコースはより多くのATP分子を産生しますが、各ATPによって放出される総エネルギーはBHBよりも低いです。
BHBは、少ないATP分子を生成しますが、よりクリーンであり、ATP分子当たりの総エネルギーをより多く放出します。
BHBは、よりクリーンな方法で、グルコースと同じくらい多く、あるいはそれ以上のエネルギーを作り出すことができます。

 

 

サプリメント市場で外因性のケトンを購入するには、
BHB塩およびケトンエステルを得る2つの方法があります。

 

ケトンエステルは、BHBの生の形態であり、他には何も加えられていないものです。

 

しかし、このサプリメントは高価で、味がひどく、
消化器系に影響を与える可能性があります。

 

BHB塩は、人々がケトーシスに入り、持続するのを助けるために、
実験室で作られた新しい効果的なサプリメントです。

 

これらはカリウム、カルシウム、ナトリウム、またはマグネシウムなどの無機塩、
またはリジンおよびクレアチンなどのアミノ酸などを混ぜ合わせています。

 

外因性BHBに添加された無機塩は、遊離脂肪酸の強さを緩衝する、
味を改善する、胃の問題の発生率を低下させる、
食べ物や飲み物と混合できるようにするなどの工夫がされています。

 

BHB塩を取ると消化中に分解され、遊離BHBが血流に放出されます。

 

その後、BHBは人体の臓器に向かって移動し、
そこでケト分解を開始してエネルギーを作り出します。

 

基本的に、ケトンレベルを上げるためにほぼ待つことなく、
すぐにBHBの体感を感じることが出来ます。

 

過剰なナトリウムは有害ですが、
ケトン生成中の人はケトンが人間の尿中でより多くの電解質を失うため、
より多くの無機塩を消費することから恩恵を受けることができます。

 

ケトールは、ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの
食品に多くの電解質を加えることが推奨されています。

 

BHB塩はその補給を助けることができるものです。

 

人間がBHB塩を摂取するメリットは
2時間以内にBHB濃度を1mmol / L以上に上昇させます。

 

これは通常の12時間以上で少なくとも85%速く、
体内でケトンレベルを上昇させることになります。

 

さらに、BHBレベルのピークはほぼ2時間続きます。

 

血糖値を正常化させることもできます。

 

BHB塩は、摂取から30分以内に血糖値を下げることができ、
数時間にわたってその低下を維持することができます。

 

血糖値の低い人はインスリン感受性が高く、

 

インスリン抵抗性やそれに由来する
代謝性疾患(肥満、I型糖尿病、メタボリックシンドローム)を予防します。

 

脂肪燃焼を増加させる働きもあります。

 

BHB塩を取ると、腹部脂肪が減少し、運動中の脂肪の損失率が加速することがあります。

 

ある研究は、腹部脂肪細胞がBHB塩の補充後に30%減少したことを見出したとのことです。

 

 

週に少なくとも3回は運動したようですが、アスリートではない健康な男性で行われた研究では、

 

有酸素運動を行う前にBHB塩を補給すると脂肪燃焼が23%増加したことが分かったそうです。

 

この脂肪の減少は、内因性のBHBが人体が燃料のためにより
多くの脂肪を燃やすように押し上げることを考慮すると普通のことです。

 

不安を軽減するのにも役立ちます。

 

BHB塩を補給するとラットの不安関連行動が減少することがわかりました。

 

BHB塩はまた、行動のパフォーマンスを悪化させる
ストレス要因に対して脳をより強くすることができるものです。

 

外因性のBHBは数年前にできなかった、
人体の代謝を微調整することを可能にすることは間違いありません。

 

 

BHB塩をより効果的にするためにできるもう一つのことはMCTオイルを加えることです。

 

サプリメント市場では、BHB塩とMCTオイルがミックスされた、
BHBサプリメントの生産が急増しています。

 

MCTと共にBHB塩を摂取すると、
塩またはMCT単独よりも血液BHBが高くなるそうです。

 

 

研究では、BHB塩+MCTは、実験全体を通して
血糖値をBHB無機塩よりも一貫して低く保っていることが示されました。

 

皆さんがBHBで活動したいのであれば、外生ケトンにMCTオイルを加えることで、

 

より簡単にそのスイッチを切り替えることが出来ます。

 

BHB塩+ MCTオイルの1回投与を組み合わせると、
60分後に血液BHBレベルが2.77mmol / Lのピークに上昇することがわかりました。

 

ケトーシスに入るのが早ければ、BHBの塩はあなたに十分な後押しをしてくれます。

 

長寿や減量のためだけを考えれば、BHB塩は無害です。

 

外来ケトン塩は新規サプリメントであるため、品質と組成はブランドによって大きく異なります。

 

そのため、高品質のBHBを見つけ出すことが重要です。

 

どのように最高のBHB塩を選択するかというと、

 

BHB塩の品質は以下の三点に注意します。

 

外因性ケトンに対する塩の比
・ミネラル塩の分布
・サプリメントをより美味しくするための追加成分

 

あなたが外因性BHBを買い物しているときに、これらのことを評価する方法は次のとおりです。
・より多くのBHB、より少ない塩のもの

 

高品質のサプリメントは、外因性のBHBを最大にし、
絶対に必要なミネラル塩の量だけを加えます。

 

市場で使用されている最も一般的なミネラル塩は、
ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムです。

 

ほとんどのサプリメントは3種類を使用していますが、
まだ2種類しか使用していないものもあります。

 

ラベルを確認し、各ミネラル塩の量が1g未満であることを確認します。

 

BHBの塩ブレンドは効果的であるためにミネラルあたり1g以上を
必要とすることはめったにありません。

 

製品に1gを超える塩が含まれている場合は、
通常、ブレンドが不均衡であることを意味します。

 

ミネラル塩の比例バランスに注意します。

 

例えば、製品が0.3gのマグネシウム、0.5gのカルシウム、および0.6gのナトリウムを有する場合、
その塩はバランスよく配合されていると考えられます。

 

製品に0.95gのナトリウムと0.2gのマグネシウムが含まれていると、
バランスがとれておらず、最良の選択ではありません。

 

純粋なBHB塩を得るには、単に「他の成分」と言われる
栄養表示の部分を探し、最短のリストで製品を入手します。

 

味付けされたBHB塩はケトン摂取量を増やすいい方法です。

 

メーカーは高炭水化物甘味料と人工フレーバーを加えて
コーナーをカットすることができます。

 

人工フレーバーを避けてください。

 

ステビアやフルーツのような天然ゼロ炭水化物甘味料で甘くしたものを探してください。

 

最高の外因性ケトンには、チョコレート、桃、クリーム、コーヒー、バニラなどの味があり、
いずれも人工フレーバーまたは高炭水化物甘味料を含まないものです。

 

BHB塩のいいところは、BHB塩をスナックや飲み物に加えることができることです。

 

多くのBHBブーストのためにMCTオイルと一緒に摂取します。

 

BHBはグルコースよりはるかに効率的です。

 

より多くのエネルギーを提供するだけでなく、それは酸化損傷と戦って、
炎症を低下させ、臓器の機能を改善します。

 

より多くの脂肪を燃やし、認知機能を高め、
寿命を延ばしたい場合は、BHBで活動することが大切です。

 

ケトン生成食を摂取し、炭水化物を避け、外因性ケトンとMCTオイルを摂取することで、
BHBの生産を最適化することができます。

 

BHB塩の形の外因性ケトンは、わずか1時間で血液BHBを高めるので、
体が燃料を完全に切り替えるのに12時間以上かかることはありません。

 

過度の飲酒は厳禁です。

 

ケトン生成食は女性のホルモンのバランスを失わせないので、
外因性のBHBが悪影響である可能性は低いです。

 

しかし、甲状腺機能亢進症やPCOSのようなホルモンの不均衡がある場合は、
ケトジェニックダイエットを始める前に医師に相談したり、
BHBサプリメントを服用して症状が悪化しないようにしてください。

 

妊娠中の女性にとって、ケトン生成食は危険ではなく、
ケトーシスはしばしば自然発生するものです。

 

しかし、妊娠中に外因性ケトン(BHBサプリメント)を摂取する安全性については
まだ十分ではないということです。

 

妊娠中に新しいサプリメントを服用する前に、必ず医師に相談してください。

 

子供はまた、ケトン生成食から恩恵を受けることができます。

 

自分の子供が肥満であった場合には食事をケトン生成食に近ずけると良いです。

 

RSP Nutrition, ケトBHBが価格的には安いですがMCTオイルは含まれていません。

 

MCTオイルを別に購入しなければいけないので割高になるかもしれません。

 

しかし私は、RSP Nutritionは非常にお気に入りのメーカーです。

 

BHB自体あまり販売しているメーカーが多いわけではないので選択肢は少ないです。

 

成分を見た限りどのメーカーも悪くないと思います。

 

MCTオイルが含まれているものがいいかもしれません。

 

私は画像のBHBを購入してみました。

 

食事の割合をあまり意識せず、たんぱく質を多く摂取していたせいも
あるとは思いますが、ものすごく体脂肪が減ったということはありませんが、
今考えられるダイエットサプリメントでは最も期待できると思います。

 

とにかく、一般的にBHBを使ったダイエットでの
一日の食事の割合は、70-80%の脂肪、
20-25%のタンパク質、5-10%の炭水化物としなければ意味がないといわれています。

 

炭水化物は30g程度に留めなければいけないと言われています。

 

仮に単純に炭水化物1、たんぱく質2、脂質7の割合とします。

 

大体の目安と考えてください。

 

炭水化物は1gあたり4kcalですから炭水化物から摂取していい量は30gでカロリーは120kcal程度です。

 

たんぱく質は1gあたり4kcalですから、たんぱく質から摂取していい量は60gでカロリーは240kcal程度です。

 

脂質が1gあたり9kcalですから脂質から摂取していい量210gでカロリーは1890kcal程度です。

 

このぐらいが研究結果ではいい割合だとは言われています。

 

流石に、この総カロリーは高いとは感じます。

 

私が使っているMCTオイルは1ソフトジェル1gですので210ソフトジェル飲まなければならず

 

現実的ではないような気はしてしまいます。

 

やはりギー、無塩バターなどの使用も考えざるを得ません。

 

CLAやオメガ3脂肪酸なども勿論いいでしょう。

 

しかしこれらも1ソフトジェル1g程度のものが普通です。

 

大体、海外のダイエットサプリメントは2000kcalの摂取カロリーを基準に考えられています。

 

とにかく炭水化物の摂取を極限まで減らすことで結果が付いてくるもののようです。

 

たんぱく質もそれ程摂取していいものではなくなってしまいます。

 

プロテインパウダーサプリメントで考えると2杯も飲めません。

 

とにかくダイエットはカロリーばかりを気にするものではありません。

 

いかに低炭水化物(低糖質)で血糖値を上げないかが重要です。

 

いくら低カロリーの食事をしていても炭水化物が多ければ意味がありません。

 

低カロリーを売りにした弁当なども売っていますが、
炭水化物の量が多いものがほとんどです。

 

結局血糖値は上昇してしまいます。

 

難しいところではありますが、大体BHBのメーカーでは
朝食にBHB、昼食と夕食に低炭水化物食を薦めています。

 

断食に近いダイエット方法かもしれませんが、
空腹を満たすために食べていいものというのも
沢山あるので実践してみてもいいと思います。

 

単純な断食よりは確実に健康的なダイエットだといわれています。

 

食事にも結構御金がかかってしまうダイエット方法ですが、
アボカド、チーズ、サラダ(根菜はNG)、肉、魚など
結構食べてもいいというものもあるので、
単純なプロテインダイエットなどよりは結構食べれると思っていいはずです。

 

体脂肪を燃料として脳や筋肉を動かせるという画期的な方法です。

 

運動は嫌いだけど、ある程度断食できるならやる価値はあるでしょう。

 

OLなど昼飯サラダだけとかの人さえいるのですから、そこまでキツイ
方法でもない気はします。

 

サラダオンリーより体や脳の働きはずっといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク