スポンサーリンク

カプサイシンサプリメント、唐辛子抽出物

カプサイシンは唐辛子の化合物で、辛味の成分です。

 

何年以上も前から、カプサイシンについては多くの人に知られていたようです。

 

ある研究チームがカプサイシンの減量効果を検証してみたとのことです。

 

それには、今まではっきり知られていなかった結果もあったようです。

 

カプサイシンの検証で今日のカプサイシンの脂肪代謝を促進する減量、
ダイエットサポートについて知っておいたほうが良いです。

 

カプサイシンは、辛味の強い唐辛子に見出される化合物です。

 

それは辛味の強い唐辛子に独特のスパイスを与えています。

 

辛味の強い唐辛子はカプサイシン属に属していて、カプサイシンの名前が付けられています。

 

カプサイシンは大部分の哺乳動物にとって刺激剤であり、人類も例外ではありません。

 

刺激剤として、カプサイシンはどのような組織にも接触すると灼熱感が感じられます。

 

カプサイシンはすべての唐辛子に含まれています。

 

しかし、純粋なカプサイシンそれ自体は完全に無臭で無色の揮発性化合物です。

 

サプリメントなどでは唐辛子そのものが入っているような胃に負担がかかるものもありますが、
カプサイシンの成分を抽出したサプリメントがありますのでそちらを選びましょう。

 

化学的に言えば、カプサイシンは6種の天然のカプサイシノイドの1つです。

 

それは、ジヒドロカプサイシン、ノルジヒドロカプサイシン、
ホモジヒドロカプサイシン、ホモカプサイシン、およびノニバミドに続く、
唐辛子の中で最も活発なカプサイシノイドです。

 

体重減少とカプサイシンに関する画期的な研究成果を発表した大学では、
カプサイシンとその脂肪減少の利点について
多くの人が聞いてみたかったのは当然でしょう。

 

この研究結果が発表されたのが2015年とのことですので、
最近も研究は続いているようです。

 

はっきりとしたダイエット効果を確認した人はそれまでいなかったとも言われています。

 

これだけ、カプサイシンを使ったダイエットサプリメントが
ある中ではっきりとした研究が行われていなかったのはちょっとビックリです。

 

皆さんが普段から、うどん、そば等に唐辛子をかけて食べているように、
カプサイシンは普段から少量ずつかもしれませんが摂取しているでしょう。

 

今日、多くのサルサソース、チリソース、および飲料にカプサイシン添加物があります。

 

カプサイシンは、特定の医学的状況において、
局所軟膏としても使用されているようです。

 

低濃度では、痛みを和らげるために使用されています。

 

関節炎および他の関節または神経の悪状況がある人は、
カプサイシンの使用が度々その恩恵を受けているとのことです。

 

いくつかの事例では、がん、マラリア、黄熱病、心臓病、脳卒中、
食欲不振、中毒、性機能障害を治療するためにも
カプサイシンの使用によってサポートしていますが、
これらの利点は実際には科学的な研究では
未だに証明されていないようです。

 

カプサイシンは、目や鼻に近ずけた場合、
重度の呼吸が苦しくなったり、発赤、痛みを引き起こすことがあります。

 

カプサイシンはすべての哺乳動物に影響を及ぼします。

 

これはしばしば哺乳類に付く害虫の抑制にも使用されるからです。

 

様々な国の農家の人は、例えば、カプサイシン忌避剤を用いて、ウサギ、
シカ、リスからの害を抑止することができると考えられています。

 

しかし、鳥類はカプサイシンの炎症作用に対して免疫がありません。

 

多くの農家は、鳥に安全な餌を与えながら
害虫を阻止するために鳥の羽にカプサイシンをかけることによって、
この事実を活用しているとのことです。

 

より最近では、カプサイシンは、その脂肪減少、
ダイエットへの利点について研究されているとのことです。

 

カプサイシンを摂取する人は、
化合物が熱発生(脂肪燃焼)を促し、
食欲を低下させることができると主張しています。

 

カプサイシンは、ワイオミング大学からの最近の研究結果報告のために
数週間、メディアの注目を集めたとのことです。

 

研究者のグループは、エネルギー代謝を刺激するために
カプサイシンを使用する方法を開発し、
「カロリー摂取を制限する必要なしに」体重減少に導くことに
成功したという事実を確認したそうです。

 

カプサイシンが体重減少とどのように関連しているのかは以下のとおりです。

 

・一般的に経口摂取されるカプサイシンは、受容体を活性化することによって
熱産生およびエネルギー燃焼を刺激する。

 

これらの受容体には、白色および褐色の脂肪細胞が含まれる。

 

・これらの受容体を標的とすることにより、カプサイシンは、2型糖尿病、高血圧、肥満、
および心臓血管疾患の治療剤として使用することが出来る。

 

・ワイオミング大学の研究者らは、マウスのグループに
高脂肪食を与えることによってカプサイシンの減量効果を研究した。

 

・1つの群のマウスは0.01%のカプサイシンを含む高脂肪食を有し、
別の群はカプサイシンを含まなかった。

 

・カプサイシンを摂取したマウス群は、「高脂肪食誘導性の体重増加」を回避したことが観察された。

 

言い換えれば、彼らは体重を増やさずに高脂肪食を食べることができたとのことです。

 

結局のところ、この研究では、カプサイシンが直接的に
体重減少につながることは示されてはいないようです。

 

しかし、カプサイシンは高脂肪食を食べても脂肪が身体に付く
危険性を減らすことができるという結果は出たようです。

 

次のカプサイシンの研究は人体での臨床試験になるでしょう。

 

カプサイシンは人間に効果を与えるかどうかは微妙なようではあります。

 

少量のカプサイシンと健康な食事と運動を組み合わせるとどうなるのでしょうか。

 

世界保健機関(WHO)によると、世界の人口の3分の1は、現在、体重超過または肥満です。

 

その情報を考慮すると、カプサイシンは、代謝を促進し、
自然な体重減少を促進する低コストで
使いやすい方法を提供することができるかもしれない
優れモノの可能性は秘めているかもしれないという程度に
考えておいたほうがいいのかもしれません。

 

肥満予防が出来るという程度のものであって、
脂肪の減少に本当に効果があるかというと微妙なのが、
カプサイシンというものらしいです。

 

カプサイシンを含んだサプリメントが沢山あることには
ちょっと不満を感じざるを得ませんでした。

 

私が望むのは脂肪を貯蔵されないようにしてくれるサプリメントではなく
本当に脂肪を燃焼してくれるサプリメントです。

 

最近は、韓国の食材なども輸入されるようになったので、
キムチの唐辛子で聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

 

別に、韓国で作られた唐辛子だけに
含まれていると言う訳では、勿論ありません。

 

唐辛子、全般に含まれている成分です。

 

これも、ダイエット効果が高いサプリメントとして売られています。

 

ハバネロや、しし唐辛子は分からないです。

 

実際私も使ってはみたのですが、私には無理でした。

 

効果を感じる前に胃が痛くなって、どうしようもありませんでした。

 

あまり、質が良いものでは無かったのかもしれません。

 

本当に、唐辛子がそのまま入ってるんじゃないかと思うくらいの、胃の痛みでした。

 

ちゃんと、カプサイシンの成分のみを抽出したサプリメントなら、
こんな事は無いのかもしれませんが、私は、こりごりですね。

 

興味のある方で胃が弱く無い人には良いのかもしれません。

 

しかし有効成分を抽出した、別なサプリで試したら
胃が痛くなるようなことはありませんでした。

 

トップページで紹介しているファイナルバーンです。

 

私が以前使っていたものは唐辛子そのまま入っていたんでしょう。

 

ちゃんとカプサイシン抽出サプリメントなら大丈夫です。

 

ハバネロから抽出したカプサイシンが入っているサプリメントもありました。

 

カプサイシンは他の脂肪燃焼系サプリメントと組み合わせて
売られていることが非常に多いので、単体での効果は分かりませんが
様々な脂肪燃焼系サプリメントに含まれているのですが
本当に脂肪燃焼に役立つかどうかは
前述したように微妙なようです。

 

 

 


スポンサーリンク