スポンサーリンク

糖質制限、低炭水化物ダイエット食

 

サラリーマンなどが日本の人口の大半を占めていると思いますが、
ダイエット中でもお酒を飲まざるをえなかったり
昼食を外食にせざるを得ないこともあると思います。

 

しかし、ダイエット中であればやはり炭水化物の摂取は控えるべきです。

 

実際のところ私は基本的にダイエット中でなくても
炭水化物の摂取は控えるべきだと常に考えています。

 

炭水化物など口にしなくても人間は生きていけるように出来ています。

 

ケトジェニックダイエットがいい例です。

 

日本人は農耕民族の歴史が長いように感じますが
元々は狩猟民族として生きてきました。

 

肉食の獣に例えて考えればわかると思います。

 

肉食獣に限らず人間も哺乳類であることには変わりありません。

 

なぜ、人間に炭水化物が必要だと考えられてきたかというと
人間の脳を働かせることが出来るのが炭水化物だけだと
いう意見があったからです。

 

確かに頭を使った後はチョコレートが食べたくなるという人もいます。

 

でも、私も日ごろから頭を使う仕事をしていますが
特にチョコレートも食べませんし
炭水化物も好き好んで食べたりはしません。

 

肉食獣はものすごく頭が良いはずです。

 

でなければあんな厳しい自然界で
生き延びることなど出来ないはずです。

 

足の速い草食動物をいかにして狩るか
常に考えていなければ生き延びることは出来ません。

 

そして、狩った獲物をストックしておくことがある
習慣がある肉食獣も少ないと思います。

 

狩猟に成功したとしてもハイエナの群れに
全部持っていかれてしまうことすらあります。

 

それでも、食料をしばらく口にできなくても
脳の働きが悪くもなっていないでしょうし、
簡単には死に至ることもありません。

 

人間はそれなりに頭が良いため食料を
常にストックしておきたいと考えたから
農耕民族に変化していきました。

 

勿論、肉食獣とは違って穀物に限らず魚を干物にしたり
動物の肉を干したり燻製を作ったりして食料をストックするということも
実現しました。

 

人間も、狩猟民族だった頃には肥満などいなかったようです。

 

人間の生命の維持活動に必要なのは
脂質とタンパク質で炭水化物は必要不可欠ではありません。

 

わたしも、基本的にダイエットは低炭水化物で行ってきましたが
身体が動かないとか頭が働かないなどと感じたことは
一度もないです。

 

確かに、低炭水化物ダイエットの時は鶏肉は
ささ身を食べることを徹底していました。

 

今はささ身以外も食べていますが
鳥皮はどっちみち身体が拒否する感じです。

 

普通に語られているように、
摂取カロリー<消費カロリー
というのは確かにある程度意識はしていますが、
それ程脂質の摂取に関しては最近は重視していません。

 

脂質にも色々あって身体に良い脂肪と
良くない脂肪があるので、
身体によいと言われる脂肪は普通に摂取しています。

 

販売されているサプリメントでいうと
MCTオイルやココナッツオイル、
EPA、DHA、CLAなどは身体にいい油です

 

EPA、DHAは知っている人も多いと思いますが
認知症に良いと言われているぐらいですから
脳の働きに十分に貢献してくれるということは
今更いうまでもないでしょう。

 

脂質とタンパク質を摂取していれば身体は十分に機能します。

 

実際私は低炭水化物ダイエットの時運動も勿論していました。

 

でも、炭水化物を摂取していなかったからと
言ってパワー不足や持久力の低下、
脳が十分に働かないなどと感じたことは一度も
ありません。

 

当時は毎日のように軽めの運動をしていましたがいつも体調は良好でした。

 

サラリーマンなどは付き合いでランチや飲み会など断りずらいこともあるかと思いますが、
炭水化物を多く含んだ食事は避けましょう。

 

ランチにありがちな丼物、ラーメン、パスタなどは良くないですね。

 

すしなども刺身だけ食べるのとは違って
白米を大量に摂取してしまうこととなるので避けましょう。

 

私は、ステーキなども食べますがライスは頼まずにサラダバーで
野菜をたくさん食べます。

 

葉物野菜中心で根菜はまず食べません。

 

ポテトサラダなど私にとってはサラダではありません。

 

ご飯と一緒です。デンプン食べてることですので注意してください。

 

葉野菜にも炭水化物は含まれてはいますが少量ですし
穀類や根菜を食べると考えれば可愛いものです。

 

低炭水化物ダイエットの時の一日に摂取していい
炭水化物の量は究極だと40g程度がベストと言われているようです。

 

アルコールもビールはいけません。

 

ジン、ウオッカ、ウイスキーがまだ、ましです。

 

飲まないに越したことはありません。

 

会社で働いていれば付き合いも大事というには一般的かもしれませんが、
私は上司の誘いでも断ったこともあります。

 

要は人間関係をいかに構築できるかです。

 

ダイエット中などは周りの人にも理解してもらえるといいですね。

 

体力、体形を維持できるような人間に人は
ついていくものだと思います。

 

あとは意志の強さです。

 

仕事帰りに飲みに行くのではなく
仲間内でスポーツジムにでも行ったほうがよっぽどイイですね。

 

会社でもいい話題になるかもしれません。

 

10時や15時のおやつはプロテインバーやプロテインドリンク。

 

付き合いばかりが良い人間関係とは言えません。

 

ダイエットはある程度孤独との戦いの時も
あるかもしれませんが負けずに努力したほうがいいです。

 

今は体重はなかなか落ちにくくはなってはいますが、
ダイエットの努力は続行中です。

 

何歳になっても自分の体形はある程度維持したいと思っていますし、
別に長生きしたいともそれ程思っていませんが
何があるか分からないので生きているうちは
体力もなるべく落としたくはありません。

 

同窓会などがあっても私は行かないかもしれない派ですが、
どこで同級生にあっても恥ずかしい身体ではいたくないですね。

 

自分のテンション、精神力を保つためにも
運動を兼ねたダイエットを続けることは良いことだと思います。

 

良い体形でいれば自分に自信が持てるはずです。

 

大分話がそれましたが、外食にも和食、フレンチ、イタリアン、洋食、コンビニ、
居酒屋、焼き鳥屋などあげればきりがないですが
私の記事を読んでいただければ大体、皆さん分かっているはずです。

 

甘味料やでんぷん質(根菜、白米、麺類など)を含んだものはアウトです。

 

カロリーや摂取する脂質も重要ではありますが、
炭水化物はとにかく控えてください。

 

低炭水化物ダイエットが満腹になれないと
考えてしまうから嫌なイメージを抱いてしまうのだと思います。

 

いつも、満腹食べている人は確かに初めはつらいのかもしれません。

 

でも、慣れていくはずです。

 

普通の人は一日三食ですが私はプロテインを飲むので
それを含めれば五食は摂取しています。

 

プロテインを飲むことを食事と言っていいのかどうか分かりませんが、
夕食前でもそれ程空腹ではないです。

 

プロテインダイエットなどという
一食置き換えダイエットなども
今でも日本ではいろんな会社が細かく成分や栄養素を
変えて販売していますが、置き換えダイエットなんてしなくていいと思います。

 

確かに体重は落ちるのかもしれません。

 

でも、リバウンドしている人が殆どだと思います。

 

やめてしまえばそれまでなのではないでしょうか。

 

大体金額が高すぎます。

 

一生続けるのは無理です。

 

一日三食も十分タンパク質を摂取して更にプロテインパウダーや
プロテインバーを追加することで一日に必要なたんぱく質を
十分摂取すべきだと思います。

 

置き換えダイエットは脂肪も落ちるかもしれませんが、
筋肉も落ちるはずです。

 

私は筋肉を落とすのだけは避けたいです。

 

置き換えダイエットと断食だけは私は決してやろうと思いません。

 

低炭水化物ダイエットでもカロリー制限だけが基本ではないと
思いますのでその点は注意したほうが良いと思います。

 

十分な食事をして栄養が偏っていると感じたら
マルチビタミンミネラルのサプリメントなどを使ってダイエットを成功
させましょう。

 

そういった運動や食事の習慣を続けていれば身体がそれに対応してくれていきます。


nosh-ナッシュヘルシー、低糖質、低炭水化物食宅配

 

ダイエットするうえでは自炊するのが一番だと思います。

 

ライザップなどでもダイエットのための食事を紹介した
書籍もありますね。

 


自宅でできるライザップ レシピ編 [ RIZAP ]

 


自宅でできるライザップ レシピ編

 

そういうのを試してみるのもいいでしょう。

 

でも、多忙な方は難しいかもしれません。

 

私自身今は自炊は全く出来ない状況です。

 

nosh-ナッシュヘルシーという会社がありました。

 

低炭水化物食を定期購入できるという会社です。

 

皆さんカロリーに目が行きがちかも知れませんが、
大切なのは低炭水化物食、低糖質の食事です。

 

nosh-ナッシュヘルシーというサイトのメニューをみると
確かに低糖質の食事を提供してくれるようです。

 

とてもいいメニューだと思います。

 

こういうのも利用価値があると思います。

 

ただし、これをおかずに白米を食べてしまっては
意味がありません。

 

白米なしでは御腹は満たされないかもしれませんね。

 

苦痛な人もいるかもしれません。

 

空腹を満たすために、これに白米代わりに
ボリュームのあるものを食べていいと私は考えています。

 

私が白米の代わりに摂取しているのがプロテインと
サバの水煮、サラダチキンです。

 

他でも書いているようにnosh-ナッシュヘルシーなどの
食事に加えて豆腐一丁、鳥のささ身、ブロッコリー
などを食べてもいいでしょう。

 

サラダチキンの低炭水化物っぷりは驚異的ですね。

 

私が買っているのは三パックセットのもので
一食につき二枚ぐらいは食べます。

 

三パックで250円ぐらいです。

 

たんぱく質もそれなりに摂取でき
空腹も満たしてくれる優れものです。

 

是非活用するといいでしょう。

 

糖質制限、低炭水化物ダイエット

 

糖質制限、低炭水化物ダイエット

 

最近はメディアなどでも取り上げられているようで
当然、サバの水煮を食べている人も多いでしょう。

 

こちらも侮りがたい低炭水化物っぷりです。

 

一缶110円程度です。

 

内容量が190gですので、そのボリューム感は
分かって頂けるでしょう。

 

私が購入しているスーパーでは売り切れの時もあるぐらいです。

 

EPA、DHAの宝庫でもありますし、たんぱく質も多いです。

 

糖質制限、低炭水化物ダイエット

 

糖質制限、低炭水化物ダイエット

 

どちらもそれなりにカロリーは高いと感じるかもしれませんが
問題ないレベルだと思います。

 

私は勿論運動はしていますがサバの水煮缶や
サラダチキンで体脂肪が増えたということはありません。

 

プロテインスプーン一杯でも100kcal程度のカロリーは
あるのですがそれでも体脂肪率が上がったりはしていません。

 

普通ダイエットするなら寝る前の食事は控えたほうが
いいというのが定説でしょうけど、
私は寝る前にもプロテインを二杯飲んでいます。

 

それでも太ったりしてません。

 

生きているだけでもカロリーを消費するので
寝る前に食事をするのも消化するために
エネルギーを消費するのでそれ程
悪くないのかもしれません。

 

有酸素運動や無酸素運動以上にエネルギーを使うのは
生活代謝だと言われています。

 

心臓が動いているだけでも大変な
カロリーを必要とするでしょう。

 

nosh-ナッシュヘルシーの食事メニューはいいと思います。

 

ダイエット中であっても色んなものを食べられるというのは
いいことなのでしょう。

 

 

更にMCTオイルを使うといいですね。

 

MCTオイルを使ったケトジェニックダイエットも
低炭水化物ダイエットの一つですので、
低炭水化物の食事とMCTオイルの
利用は効率的だと考えています。

低炭水化物、低糖質パン、低糖質スイーツ

ダイエットに便利な低糖質の食品って
最近は多いようですね。

 

置き換えダイエットなどしなくても
十分に満腹感を得られそうな
パンやスイーツが沢山あるのですね。

 

美味しいものなのかどうかは
利用したことがないので分かりませんが
ダイエットしたくてもスイーツを我慢できない人などには
いいのかもしれません。

 

普通のケーキ食べ放題などは
いうまでもなく厳禁ですね。

 

私も知らなかったのですが
「ふすまパン」というものはそれなりに
メジャーなのでしょうか。

 

こういうものをダイエット中の朝食などに使うのも
いいかもしれません。

 

パンなら持ち運びもしやすいので
弁当なども簡単で手軽に会社に持っていくのもいいですね。

 

スイーツ、ピザ等も低糖質のようです。

 

食べ過ぎは勿論厳禁ですが
ダイエット食品は大分進化していると感じます。

 

私が一番最初にダイエットした時と比べたら
今は本当に恵まれていますね。

 

プロテインダイエットなどするより、
よっぽど楽で空腹との戦いにも勝てそうです。

 

 

私も使ってみたいと思える商品です。

 

低糖質にこだわることは低カロリー以上に大切です。

 

肝に銘じてください。

 

 

本当にいい食品が沢山そろっています。

 

コンビニ弁当、定食屋などやめて、こういうパンなどを
積極的に朝食、昼食などに利用するべきでしょう。

 

意志が弱くても助けになってくれる食品だと感じます。

 

でも、運動はしたほうが良いでしょうね。

 

私は食事制限を全くしなくても
軽めの肉体労働と運動、BCAAの摂取だけでも
ダイエット出来たということすらあります。

 

炭水化物は糖質と食物繊維の総称です。

 

食物繊維はそれなりに必要でしょうけど
糖質はケトジェニックダイエットの理論から言えば
MCTオイルを飲んでいれば必要のないものです。

 

体力も落ちませんし脳も正常に働いてくれるはずです。

 

食事の変更と運動はしたほうが結果は
早く見えてくると私は考えています。


ケトン体質

このサイトでもケトジェニックダイエットについて
書いていますがMCTオイルやココナッツオイル、
BHB塩などを使います。

 

私はMCTオイルとBCAAを別々に購入して
使用していますが既にミックスされている
商品もありました。

 

 

ちょっと高価な感じはしますが
便利ではあると思います。

 

皆さんの使いやすさで判断してみてください。

 

 

スポンサーリンク