スポンサーリンク

カゼインプロテインおすすめ

カゼインプロテインは牛乳の2種類のタンパク質の1つです。

 

ホエイプロテインと同じアミノ酸プロファイルを持ちますが、
異なった速度で吸収されます。

 

これは、筋肉がタンパク質の分解よりむしろ
タンパク質の合成を達成するのに役立つ
アミノ酸の完全な配列を提供することを意味します。

 

カゼインプロテインは乳糖と脂肪を減らすために
新鮮な脱脂粉乳から作られますから、
徐放性タンパク質(タイムリリースプロテイン)の
完全なプロフィールを提供します。

 

カゼインはミルク中で最も豊富なタンパク質です。

 

ミルクの処理中に形成される方法の結果として、
カゼインプロテインはゼラチン状物質である傾向があるものです。

 

一度タンパク質粉末に形成されると、より遅い作用形態のタンパク質となり、
ホエイプロテインと比較して異なる速度で身体に吸収されます。

 

カゼインプロテインは、タンパク質分解を防ぐのに役立つ、
分枝鎖アミノ酸であるロイシン、イソロイシンおよびバリンを含む、
血中アミノ酸の長期的な供給をもたらしてくれます。

 

ホエイプロテインが迅速に血液アミノ酸を増加させ、
迅速にタンパク質合成を助けるのに対して、
カゼインタンパク質はゆっくりとより長く血中アミノ酸濃度を高めます。

 

しかし、ホエイプロテインが血中アミノ酸のピークレベルをより高くする一方で、
カゼインプロテインの血中アミノ酸ピークは低いのが現状です。

 

カゼインプロテインが優れているところは、
タンパク質の分解を遅らせることです。

 

つまり身体の自然な筋肉構築プロセスを助ける
重要な要素の1つだといえます。

 

タンパク質消化率は、体がどのようにタンパク質レベルを調節するかという点で重要です。

 

遅い徐放性カゼインプロテインは、より長い間、
タンパク質合成と同化の陽性状態を行います。

 

しかし、カゼインプロテインは単独で摂取すべきではありません。

 

ホエイプロテインがもたらすメリットは、
ホエイプロテインと就寝前の理想的なサプリメントと就寝前の
カゼインプロテインの両方を使用するのが最も良いということです。

 

つまり、筋肉の成長を促進するために、
身体はタンパク質の分解を防ぎ、タンパク質合成を行う必要があります。

 

就寝前に摂取したカゼインプロテインパウダーは、
タンパク質の分解を防ぎ、筋肉の同化を促進します。

 

カゼインプロテインとホエイプロテインを組み合わせたプロテイン摂取を
私は、お勧めします。

 

一般的には運動後にホエイプロテインサプリメントをとるべきです。

 

カゼインプロテインパウダーシェイクは、睡眠前に摂取するのが良いようです。

 

タイムリリースプロテインの一つで、長時間食事を摂れないときなどの間食にもとても役立ちます。

 

長時間食事を摂れないときは、BCAA等のアミノ酸を
少しずつ摂取し続けるという方法もありますが、
カゼインの摂取のほうがコストは安いです。

 

就寝の前にはカゼインプロテインだけの摂取で、
他のプロテインを摂取しなくてもよいというメーカーもあるようです。

 

ホエイプロテインよりも、たくさん牛乳に含まれているので価格が安いのが普通です。

 

消化、吸収に時間「6〜7時間位」がかかるため
トレーニングの直後に摂取しても完全に無駄とは言いませんが
あまり意味がありません。

 

今から何時間後かにトレーニングしようと思っているときなどに
消化時間に合わせて摂取するという手もあると思います。

 

とにかく、ダイエットしているときには
炭水化物や脂肪の多い食事での間食は絶対やめるべきです。

 

間食するなら、カゼインプロテインがいいです。

 

満腹感が得られるというものではありませんが、
ある程度空腹に耐えられる気はします。

 

ダイエットしているときに空腹は敵ですが、
カゼインプロテインやBCAAを飲むことによって筋肉量を減らすのを防ぎ、
基礎代謝を下げないと考えられます。

 

やはり、牛乳にアレルギーのある人には無理です。

 

カゼインプロテインとホエイプロテインが一緒に含まれているプロテインもありますが、
用途に合わせて別々に購入したほうが私は良いと思います。

 

私は、ホエイ:カゼイン の比率が1:1というプロテインを買ってちょっと後悔したこともあります。

 

やっぱり、このプロテインもバルクスポーツがお勧めです。

 

私は、2kgを2パック買っています。

 

利用価値が非常に高いと感じているのでホエイプロテイン以上に使うことが多いです。

 

バルクスポーツのカゼインプロテインにはフレーバーなしとフレーバーありがあります。

 

私は、安価なフレーバーなしを買っていますが
無理な人はちょっと高額でもフレーバーありを選択すると良いです。

 

フレーバーなしはちょっとまずい牛乳を一気飲みするという感じです。

 

私は気にならないというか安いので、気にしないようにしています。

 

私はバルクスポーツのカゼインプロテインで満足していますが
バルクスポーツが気に入らない場合は海外のカゼインプロテインもありますので
アイハーブ(iherb)で検討してみてください。

 

どこも名の知れた一流メーカーです。

 


ビッグカゼイン 1kg(フレーバー付き)

 


バルクスポーツ ビッグカゼイン 1s チョコレート

 

 

 

 


スポンサーリンク