スポンサーリンク

クロミウムピコリネート

クロムは特定の食品に含まれるミネラルです。

 

体は微量のクロムしか必要とせず、人間のこのミネラルの欠乏はまれです。

 

クロミウムピコリネートは、膵臓によって産生されたインスリンと一緒に働き、
炭水化物を代謝するのに必要です。

 

クロミウムピコリネートは、クロム不足を治療する代替医療の方法で、
糖尿病または前糖尿病患者の血糖コントロール、コレステロール低下、
およびダイエットサプリメントとして使用されてきました。

 

クロミウムピコリネートの用途はすべてFDAの承認を得ているわけではありません。

 

クロミウムピコリネートは、多くの場合、ハーブサプリメントとして販売されています。

 

多くのハーブ化合物の規制された製造基準は存在せず、
一部の市販のサプリメントは有毒金属や
その他の薬物で汚染されていることがあるかもしれないとのことです。

 

信用のおけるサプリメントメーカーからの購入が望ましいです。

 

特定の病状がある場合、クロミウムピコリネートを使用できないことがあります。

 

肝疾患
腎臓病
糖尿病(特にインスリンを使用している場合)
皮革製品に対するアレルギー
精神疾患、
甲状腺障害または
ステロイド薬(フルチカゾン、ベクロメタゾン、プレドニゾンなど)を使用している場合

 

などです。

 

クロミウムピコリネートが胎児に害を与えるかどうかは分かっていません。

 

妊娠している場合は、医師の助言なしにこの製品を使用しないほうが良いようです。

 

これは、クロミウムピコリネートに限ったことではありません。

 

ピコリン酸クロムは母乳中を通過し、授乳中の赤ちゃんに有害な可能性があります。

 

授乳中の場合は、医師の助言なしにクロミウムピコリネートを使用しないでください。

 

ハーブ/健康サプリメントの使用を十分な知識のある医師に相談することを検討することもできます。

 

クロムピコリネートを使用する場合は、パッケージの指示どおりに、または医師、薬剤師、
または他の医療提供者の指示に従って使用してください。

 

ラベルに推奨されている以上にクロミウムピコリネートを使用しないでください。

 

あなたが糖尿病である場合は、慎重に血糖値をチェックしてください。

 

クロミウムピコリネートの推奨摂取許容量は年齢と共に増加する傾向にあります。

 

クロミウムピコリネートは、食事療法、運動および
体重管理を含むこともできる治療プログラムの一部の一つです。

 

過剰摂取の症状には、嘔吐、下痢、尿や便の血、または咳が出るなどがあります。

 

クロミウムピコリネートを服用しているとき、
糖分が多い食事は避けてください。

 

クロミウムピコリネートの有効性を妨げることがあります。

 

制酸剤を使用する前には医師に相談し、医師の推奨するタイプのみを使用してください。

 

いくつかの制酸剤は、人体がクロミウムピコリネートを吸収するのをより困難にする可能性があります。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク