スポンサーリンク

シトルリンとは、ペニス増大効果はありません

サプリメントは、行うスポーツによって違ったものを摂取する傾向があるでしょう。

 

ボディビルダーは、BCAAパウダーのボトルを見て、
筋肉の成長の増加と筋肉タンパク質合成の持続を
望んでいると理解できるでしょう。

 

トライアスロンは、同じBCAAのボトルを見てトレーニング後の筋肉痛から
解放される可能性があることを分かっているでしょう。

 

トライアスロンの競技者は、競技に参加するために運動で分解された筋肉でも
自分自身が筋肉量を保持していると体感することができたと思うでしょう。

 

アミノ酸化合物であるシトルリンリンゴ酸については、
殆どすべてのスポーツ選手が強烈な
トレーニング中に疲労の蓄積を遅らせるという大きな
魅力を少なくとも1人は確認することができるはずのものです。

 

持久力が必要なアスリートは、長年にわたり
この理由だけでシトルリンを補給しており、
近年有望な研究に、高強度アスリートも参加しています

 

その理由でシトルリンは、運動前サプリメントやトレーニング中に大きな
筋肉パンプアップを約束する製品には、ほとんど必須の成分となっています。

 

シトルリンリンゴ酸が唯一疲労と戦っているかというとそればかりではありません。

 

シトルリンマレートが運動による疲労感に対抗するために
そのファンを獲得している理由があります。

 

シトルリンは、アミノ酸オルニチンがある物質と結合したときに生成される
アミノ酸であるとのことです。

 

体が窒素廃棄物を処分する方法である尿素サイクル中に起こるものです。

 

経口摂取からの多くのシトルリンは尿素サイクルをオーバードライブに入れ、
動いた筋肉によって生成されたアンモニアを吸い上げる前に
回復を促すと考えられています。

 

シトルリンはまた、アミノ酸アルギニンの酸化窒素(NO)への
体の変換の副産物でもあるのです。

 

過剰なぐらい多くのシトルリン摂取は、多くの研究で報告されているとのことですが、
血液中のアルギニンの量を増加させ、NO(一酸化窒素)産生を増加させるものです。

 

聞いたことがあるかもしれませんが、シトルリンが運動中に筋肉への血流が増加し、
筋肉痛を軽減し、より大きな筋肉パンプを体感することができます。

 

血流が増加するため勃起力の向上などにも役立つようです。

 

私も使用者の一人です。

 

シトルリンリンゴ酸は、食物保存剤として度々使用される塩化合物で、
本質的にリンゴおよび他の果実の酸味を与えているものです。

 

補助的な形態では、シトルリンおよび他の様々な他のサプリメントに結合して、
体内でそれらを安定させます。

 

シトルリンリンゴ酸は、乳酸をリサイクルしてエネルギーに使用するのを助けることによって、
それ自身の疲労闘争能力を有するとも考えられています。

 

補充することでシトルリンは、アンモニアクリアランスを促進することによって、
激しい運動中に起こる筋肉pHの必然的な減少を延長することが出来ると言われています。

 

pHが低下すると、筋肉はより酸性になり、疲労が急速に起こります。

 

研究では、このプロセスが男性の高強度のアスリートが
ベンチプレスワークアウトで達成した結果に
どのような影響を与えたかを調べたとのことです。

 

シトルリンリンゴ酸を摂取していた被験者は、
筋萎縮の時点までプラセボ(偽薬)を服用していた
被験者よりも50%多く反復したとのことです。

 

さらに、シトルリンリンゴ酸を補充することで、
この多くの体重トレーニングの後に筋肉痛を軽減することができたそうです。

 

シトルリンが回復を助けることが示されている
唯一の方法ということだけではなく、
更に筋肉痛を軽減することだけではありません。

 

男性のプロのサイクリストのグループにシトルリンリンゴ酸を摂取させてみたそうです。

 

よくあることとしては、ハードトレーニングによって免疫系が損なわれ、
上気道感染症などの病気が残ることがあります。

 

しかし、シトルリンを服用した被験者は、激しい運動の後に
通常見られる身体の免疫抑制機構の発症を減少させ、
遅延させることができました。

 

これは、シトルリンが激しいトレーニングを受けて
体を休ませるのに役立つ可能性があることを示唆していて、
しばしば過剰トレーニングというものの下に集中している
症状のいくつかを回避できるということが分かったようです。

 

別の研究者は、シトルリンの補給が運動中にどのように働いたかを詳しく見て、
他のエルゴジェニックサポート(100%のパワーを120%までのパフォーマンスに引き上げてくれるもの)
が好きな人に価値あるものとなるという結論に達しましたとのことです。

 

シトルリンは、血中アルギニン濃度を上昇させる能力が証明されており、
運動中の筋肉によるタンパク質合成、
クレアチン合成、BCAA利用率の上昇など、
幅広い利点をもたらす可能性があると結論づけたそうです。

 

近年、シトルリンおよびアルギニンから産業界全体に転換が生じています。

 

理由はシンプルです。

 

シトルリンは直接アルギニンを摂取するよりも
血漿アルギニンレベルを増加させることが出来ると分かったからです。

 

心臓病患者に焦点を当てた研究では、3グラムのシトルリンリンゴ酸塩が6g用量のアルギニンと
同等の血管機能および血管拡張を改善することが判明したとのことです。

 

そして、元来のNO(一酸化窒素)補給サプリメントを手にした人は、
アルギニンが胃や消化器系には非常に重要だと言えるでしょう。

 

シトルリンの副作用ははるかに少なく、通常、軽度の胃のけいれん程度に限られます。

 

アルギニンも過剰摂取は胃の痛みを覚えることがあると言われています。

 

シトルリンリンゴ酸の最も有望な研究はまだまだ新しいものであり、

 

この補足について多くのことを学ぶことができるでしょう。

 

しかし、存在する研究においてはそれの経口摂取は奨励されています。

 

激しくトレーニングし、トレーニングと回復のための
生理的限界を押し進めるアスリートを助けるでしょう。

 

トレーニングや体力の向上などに専念し、
15%程度の追加のパフォーマンスを狙うなら、
それを得るために健康を犠牲にすることなく、
シトルリンリンゴ酸が有効なものだという説が一般的です。

 

シトルリンマレートと強壮ハーブなどの組み合わせは私は大好きです。

 

天然のバイアグラ的なものです。

 

使ったことは無いのですが、バイアグラやレビトラにはちょっと抵抗があります。

 

シトルリンは野生スイカに含まれているアミノ酸で、
摂取したサプリメントの運び役となったり血流の改善にも役立ちます。

 

シトルリンやアルニギンは精液の材料にもなりますし、
血流のアップにもつながりますので
勃起不全の人等にもバイアグラやレビトラには劣るのかもしれませんが、
ある程度効果があるのは間違いないでしょう。

 

ZMAというミネラルの組み合わせも有名です。

 

ZMAは、亜鉛とマグネシウムとビタミンB6の組み合わせです。

 

特に亜鉛なのですがやはり、精液の材料としては欠かせません。

 

これらのミネラルやビタミンは特にトレーニングなどでの消耗が激しいので、
摂取した方が良いとされています。

 

亜鉛は精液の材料として最優先で使われるらしいのですが、
実は髪の毛などの生成にも必要な物なので、
髪の毛が薄い人等も積極的に摂取しないといけないミネラルです。

 

私は、別に勃起不全でもないですし髪も薄くはないですが、
このサプリメントは飲んでいます。

 

今はZMAは飲んではいませんが、マルチビタミンミネラルサプリメントを飲んでいます。

 

シトルリンを飲んでいた方が勃起具合は良い気がしますし、飛びが違います。

 

よく、ペニス増大効果があるなどといわれている
サプリメントにシトルリンが含まれていることがありますが、
ペニスが大きくなるようなことは、まず無いと思います。

 

実際に私はシトルリンを今でも飲んでいますが、
ペニスが大きくなったりはしていません。

 

ペニス増大サプリメントなど無いと思っていただいたほうが良いと思います。

 

しかし、そういうものに手を出してしまうのが人の常ですね。

 

吸引するタイプのペニス増大器もありますが、ちょっと怖いですね。

 

最近では、シトルリンのみの摂取よりシトルリンとアルギニンの同時摂取が
より効果的だという説もあるらしくそのようなサプリメントも発売されています。

 

私はそういう組み合わせ表のものを使ってみたりしています。

 


[海外直送品] ナウフーズ  Arginine & Citrulline 120caps 500 mg /250 mg(Pack of 3)

 

 

 

 

 


スポンサーリンク