スポンサーリンク

クレアチンHCL、クレアチン塩酸塩とは

何百もの異なるボディビルディングサプリメントが何年にも渡って登場していますが、
クレアチンの人気は決して衰えません。

 

それは安全だからです。

 

費用対効果が高く、筋力のアップに非常に有効だからです。

 

本当にそれについての議論の余地はありません。

 

現在は、さまざまな種類のクレアチンがあり、
どれが筋肉の大きさと筋力の最大化に優れているのかが
ボディービルダーを悩ませているようです。

 

最初に使われるようになったのがクレアチンモノハイドレートです。

 

それ以来、様々な新しく改良されたクレアチンがリストアップされていきました。

 

これらの新しい形態のうちの最も最近のものの1つは、
塩酸クレアチンまたは略してクレアチンHCLです。

 

名前が示すように、この形態は、塩を生成するために
塩酸基をクレアチンに結合させることによって形成されるものです。

 

クレアチンHCLは、市販されている他のほとんどのクレアチンフォームと同様に、
筋肉構築の有効性について多くの誇大な宣伝と大きな主張に取り囲まれています。

 

クレアチンHCLは標準のクレアチンモノハイドレートよりも優れているという説が多いです。

 

クレアチンモノハイドレートと比較してクレアチンHCLについて主張されていることをまとめてみます。

 

すべてのクレアチンは同じかというとそうではありません。

 

最も頻繁に見られるタイプはクレアチンモノハイドレートですが、
これはあなたの唯一の選択肢からは遠いかもしれません。

 

実際に、最も注目されているパフォーマンス強化サプリメントの1つのメリットを
享受するための最良の方法は、クレアチンHCLです。

 

クレアチン塩酸塩(HCL)は、その安定性を高めるため
にクレアチンに塩酸塩(HCL)基を結合させることによって作られています。

 

クレアチンは、スポーツ科学者や運動選手によって、
筋肉の成長と筋肉の増強を促進するために
最も効果的なサプリメント成分の1つとして認められていますが、
クレアチンモノハイドレートとして知られている
標準的な形態のクレアチンにはいくつか問題があります。

 

クレアチンモノハイドレートの主な問題は、
体液への溶解性と体内への吸収です。

 

一部の専門家は、クレアチンモノハイドレートが
膨化や水分保持を起こさないと主張していますが、
数千人の人々のデータを見る限り、多くの人がクレアチンによる
この良くない水分保持を経験していることが確認されています。

 

実際に、いくつかの研究では、クレアチンモノハイドレートが
細胞内水分を増加させるだけでなく、
細胞の水分量を増加させることも示されています。

 

細胞外液の変化は小さいかもしれませんが、非常に痩せている人では、
見た目に大きな違いを生むことがあるとのことです。

 

それはクレアチンHCLを使用する理由の1つに過ぎません。

 

クレアチンモノハイドレートを服用してから腹部痙攣や下痢などの
胃の問題を経験している多数の個人に関するデータも、
微粉化されている場合でもあります。

 

再び、これは混合された液体に溶けないクレアチンによるものです。

 

確かにクレアチンモノハイドレートは水に溶けませんし、
お湯だと溶けるとも言われていますが私は試したことがありませんし、
お湯で溶かすことも推奨されていません。

 

それが腸内に入り込んで水を吸い込みます。

 

私も最初は非常にクレアチンモノハイドレートに胃部膨満感を感じました。

 

下痢をする人も多いようです。

 

同じ経験をしている人も多数いるようです。

 

クレアチンHCLでは、胃の問題はゼロです。

 

これは、クレアチンモノハイドレートにはない
腹部のための良い面であるだけでなく、
筋肉のためにもいいことだと言われています。

 

クレアチンHCLは、クレアチン分子に塩酸基を加えることで、
クレアチンのpHが下がり、酸性になり、うまく機能します。

 

これは、液体中の溶解度を大幅に増加させます。

 

クレアチンHCLを水に混ぜると、これを確認することが出来るでしょう。

 

それはグラスの底に粒子が沈んでいない状態で沈殿がほとんど起こらずほぼ即座に混ざります。

 

グラスの底に沈殿した成分は、あなたの腸内に残り、
適切に吸収されない成分です。

 

これにより、水が腸に引き込まれ、胃の不快感や下痢が引き起こされます。

 

クレアチンHCLは、クレアチンモノハイドレートよりも約40倍可溶性であることが示されています。

 

クレアチンモノハイドレートに不快感を覚える人は私も含めてとても多いようです。

 

私の場合は摂取のし始めだけでしたが長期間の摂取が難しい人もいるようです。

 

胃部の膨満感は確かにひどかったですし、ローディングが面倒と言えば面倒です。

 

クレアチンHCLは水に非常に溶けやすくローディングの必要もなく
摂取してすぐに体感できるものらしいので
最初からこちらを選択するのもアリかもしれません。

 

私は、クレアチンモノハイドレートをまとめ買いしてしまったので
それを飲み続けていますがある程度体感は出来ています。

 

一日おきぐらいにトレーニングしていますが、
ダンベルを持ち上げられる回数や重量が日ごとに増えていきます。

 

クレアチンモノハイドレート、クレアチンHCLに限らずクレアチンは初心者、
上級者にかかわらず摂取する価値が非常に高いサプリメントですので
筋力の増強を目指しているのであれば摂取したほうがいいと
私は思っています。

 

早めに結果が欲しいのであればクレアチンHCLかもしれません。

 


Creactor  レモンライムツイスト 220 g  

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク