EAA

スポンサーリンク

EAAサプリメント必須アミノ酸

必須アミノ酸(EAA)および炭水化物(マルトデキストリン、粉飴など)
の相乗効果は、運動後のタンパク質分解の上昇を制限し、
トレーニング、エクササイズ後のコルチゾール放出を抑制することにより
高荷重トレーニングの筋肉構築、同化反応を最大限に引き出します。

 

炭水化物とアミノ酸は、運動後に吸収され、筋肉の成長を促します。

 

頻繁に多くのトレーニングする人は大抵の人がその恩恵を知っていますが、
ボディービルダーのようなプロではなく
トレーニング初心者にはあまり知られていません。

 

それを超えて、必須アミノ酸(EAA)は筋肉同化作用に最も適した
適切なアミノ酸を使用することによって良い結果を残すことが出来ます。

 

同化作用は、筋肉量の増加などの分子成長によって特徴付けられる代謝過程のことです。

 

従って、これは最も一般的なボディビルディングの世界では「筋肉の成長」を意味します。

 

最新の研究では、炭水化物と必須アミノ酸を補うことの相乗効果が、
体重増のトレーニングに対する筋肉増大反応を
最大限にするのに役立つことを示しているとのことです。

 

近年実施された臨床研究は、必須アミノ酸が
タンパク質合成および正味窒素収支の増加を介して重要な
同化作用を発揮し得ることを示していたとの結論に
達しましたとのことです。

 

窒素バランスとは取り込まれた窒素の量と排泄される量の差です。

 

トレーニングをする人が消費するよりも多くの窒素を失うと、
人体は筋組織を分解して必要な窒素(負の窒素状態)を
得ようとしてしまい筋肉喪失が起こってしまいます。

 

皆さんが失うよりも多くの窒素を摂取すれば、
あなたは同化(筋肉増大)状態(陽性窒素状態)になります。

 

一酸化窒素ブースターサプリメント、
NO系サプリメントなどを使う理由はここにあると言えるでしょう。

 

窒素バランスは筋肉成長の鍵となります。

 

スポーツの初歩的な理解を持つボディビルダーは、
筋肉を獲得する鍵が食事からのたんぱく質補給や
プロテインパウダーの摂取であることを知っています。

 

EAAは、急速に単一の比較的多量の物質を形成し、
たんぱく質とは違って消化を必要とせず
肝臓をバイパスして筋肉組織に直接入ることができるものです。

 

そうすることで、フリーフォームのEAAは
アナボリック効果(筋肉構築)を素早く発揮することができると言われています。

 

これは重要なことです。

 

研究では、高荷重トレーニング後の
必須アミノ酸および炭水化物摂取が成長ホルモン
および筋肉の適応に及ぼす影響について研究したそうです。

 

EAAを摂取しない人についても勿論、
対照として試験に参加してもらいました。

 

血液のサンプルは、1週目から12週目まで4週間間隔で採取したとのことです。

 

この知見は、EAAと炭水化物ブレンド後の処理を
摂取することの利点を証明していたそうです。

 

ストレスは筋力トレーニングの敵です。

 

筋肉量の低下を引き起こし筋肉萎縮の
原因となる筋肉タンパク質の分解を引き起こします。

 

筋肉萎縮は、病気またはアミノ酸使用不足によって引き起こされる
完全に発達した正常な筋肉量から器官または
筋肉のサイズの減少を意味します。

 

筋肉および骨の萎縮(質量および強さの喪失を伴う)は、
入院のような長期間運動しない後に起こり得ることです。

 

最も一般的なストレスの目安は、血中または尿中コルチゾールレベルの上昇です。

 

コルチゾールは、グルココルチコイドの1つであるステロイドホルモンであり、
副腎の皮質で作られ、血液中に放出され、体内全体に輸送されます。

 

ほとんどすべての細胞にコルチゾール受容体が含まれているため、
コルチゾールにはどの細胞が作用しているかに応じて多くの異なる作用があります。

 

これらの影響には、身体の血糖値を制御して代謝を調節し、抗炎症作用を示し、
記憶形成に影響を与え、塩分と水のバランスを制御し、
血圧に影響を与え、胎児の発達を助けるものです。

 

多くの生物において、コルチゾールはまた、
出産に関与するプロセスの誘発にも関与しています。

 

コルチゾールの血中濃度は劇的に異なりますが、
目を覚ました朝は一般的に高くなり、日中は低下します。

 

これは昼間のリズムと呼ばれます。

 

夜間に働く人々では、このパターンは逆転しているので、
コルチゾール放出のタイミングは、日常の活動パターンと明らかに関連しています。

 

夜勤は確かにストレスが増えると感じる人も多いでしょう。

 

さらに、ストレスに応答して、体が適切に応答するのを助けるために、
余分なコルチゾールが放出されることとなります。

 

コルチゾールの分泌は主に、体の3つの相互連絡領域、
脳の視床下部、下垂体腺および副腎によって制御されています。

 

これは、視床下部 - 下垂体 - 副腎軸と呼ばれます。

 

血液中のコルチゾールレベルが低い場合、視床下部と呼ばれる

 

脳領域内の細胞群はコルチコトロピン放出ホルモンを放出し、
これにより脳下垂体は別のホルモンである
副腎皮質刺激ホルモンを血流に分泌させます。

 

高レベルの副腎皮質刺激ホルモンが副腎において検出され、
コルチゾールの分泌を刺激し、血中コルチゾール濃度を上昇させます。

 

コルチゾールレベルが上昇すると、視床下部および副腎皮質刺激ホルモンからの
コルチコトロピン放出ホルモンの下垂体からの放出を阻止し始めることになります。

 

その結果、副腎皮質刺激ホルモンのレベルが低下し始め、そ
れによってコルチゾールレベルが低下します。

 

これを負帰還ループと呼びます。

 

長期間にわたりコルチゾールが多すぎると、
クッシング症候群と呼ばれる状態に至ることがあります。

 

これは、副腎皮質刺激ホルモンを産生する(したがって、
コルチゾール分泌を増加させる)腫瘍
または特定のタイプの薬物を摂取する
腫瘍のような広範囲の因子によって引き起こされ得るものです。

 

症状には次のものがあります。

 

腕や足は細いのに胸部や腹部に脂肪がたまりやすく顔にも脂肪がついている状態、
高血圧、骨粗鬆症、皮膚組織の変化、筋力低下、不安、抑うつ、
過敏性を示す気分変動、喉の渇きや排尿回数の増加などが挙げられます。

 

長期間にわたって高いコルチゾールレベルがあると、
性行為を行いたいという欲望がわかず、特に女性では無月経になることもあります。

 

さらに、コルチゾールレベルの亢進または低下した状態と、
不安およびうつ病などの多くの精神医学的状態との間には、
長期にわたる関連があるとのことです。

 

自己免疫疾患による副腎の損傷を含む多くの原因があります。

 

症状の発症はしばしば非常に緩徐であるものです。

 

症状には、疲労、めまい(特に立っている時、立ち眩み)、体重減少、
筋肉の衰弱、気分の変化、皮膚のある部分の黒化などがあります。

 

クッシング症候群またはアジソン病の診断が疑われる場合、
内分泌専門医と呼ばれる専門医ホルモン医による緊急の治療が必要です。

 

最近の研究では、すべてのグループが運動前コルチゾールの減少を
示したことを見出したとのことです。

 

運動後のコルチゾールレベルは対照群の各訓練段階で増加しましたが、
フリーフォームEAAによって変化は示されませんでしたが、

 

炭水化物とEAAはコルチゾールの運動後減少を示しました。

 

炭水化物が運動後コルチゾールレベルを低下させるのに
重要な役割を果たすことができることを実証するものだと言えるようです。

 

ボディービルディングと密接に関連した別のホルモンがあります。

 

このホルモンはステロイドホルモンであるコルチゾールであり、
4つのボディビルディングホルモンの中で最も過小評価されています。

 

さらに検討すると、理想的なシナリオでは炭水化物だけを
摂取することはできないことは明らかです。

 

別の重要な知見は、EAAおよび炭水化物摂取が
運動後48時間で3-メチルヒスチジン排泄を最小限に
抑えることであるということです。

 

3-メチルヒスチジン(3-MH)は、
筋肉におけるタンパク質代謝の重要な役割を持っています。

 

尿中の3-メチルヒスチジンレベルの増加は、筋肉組織異化を示します。

 

異化は、分子量の低下などの分子崩壊およびエネルギー放出を
特徴とする代謝プロセスを指すものです。

 

したがって、それは多くの一般的なボディビルディングの世界で
筋肉喪失を意味します。

 

EAAと炭水化物ブレンドは、3-メチルヒスチジンの26%の減少を示しましたが、
プラセボは52%の増加を示したそうです。

 

再び、このことは、相乗的に働くEAAと炭水化物が
タンパク質分解を鈍らせることによって、
同化作用が陽性であることを示しているものです。

 

この新しい研究は、EAAと炭水化物の相乗効果が、
運動後のタンパク質分解の上昇を抑え、
運動後のコルチゾールの放出を抑制することによって
高負荷トレーニングの同化反応、筋肉構築を
最大限に引き出すことを示しています。

 

炭水化物とEAAの摂取は、コルチゾールの放出を制限し、
異化作用を最小限に抑え、筋肉をより迅速に回復させて
増大するのに役立ちとのことです。

 

アミノ酸と炭水化物を運動後に取り込むことの利点は
ボディービルダーには良く知られていることです。

 

 

結局のところ主にトレーニングの前後に使った方がいい、
アミノ酸のブレンドだと言えます。

 

トレーニング後には、EAAがより有効な摂取するべき
アミノ酸ブレンドサプリメントです。

 

これら、すべてのアミノ酸が体内では作られず
食事から摂取しなければいけません。

 

トレーニングの最中などには、当然のように欠乏してしまいます。

 

トレーニング時の摂取も、総合アミノ酸のブレンド同様に一定の効果があるそうです。

 

かなり良い研究結果は出ているようです。

 

結論として上記のように筋肉量を増やしたい場合には、
マルトデキストリンとの相性がいいです。

 


EAAパウダー 1kg

 


ファイトクラブ EAA 500g

 

 

 

 

 

スポンサーリンク