スポンサーリンク

クエン酸とは

最も広く使用されている食品防腐剤および添加剤であるクエン酸は、
一般的には無害であると考えられています。

 

しかし、頻繁にまたは過剰に摂取すると歯のエナメル質と象牙質が弱くなり、歯が溶けます。

 

これは、レモン酢なども同様です。

 

また、腎臓の問題、貧血、または神経損傷を引き起こす
可能性のある体内のアルミニウム毒性を増加させます。

 

研究は、フリーラジカルでの体内損傷の低下、
および癌のリスクを少なくすることができると言われています。

 

ソーダやレモンジュースが胃酸逆流を与えているとしたら
おそらく、これらの2種類の飲料中のクエン酸の副作用です。

 

レモン、ライム、スイートライム、オレンジ、グレープフルーツのような
柑橘類に特有の味を加えるクエン酸は、
一般的に無害です。

 

実際、それは人体の代謝サイクルの一部であり、
貧血や腎臓結石などの特定の状態を防ぐために推奨されています。

 

しかし、クエン酸の過剰摂取は、即座に、または
長期的に副作用を引き起こす可能性もあります。

 

クエン酸は柑橘類に最も多く含まれていますが、
ゼリー、ケチャップ、加工チーズ、アイスクリーム、シャーベット、
ベビーフード、缶詰、チップス、即席スナック、ジュース、ソーダなどの
ほとんどすべてのパッケージングされた食品や飲料 、

 

エネルギー飲料、およびワインは、フレーバー剤
または防腐剤のいずれかとしてクエン酸を含有していることがほとんどです。

 

ビタミンC(アスコルビン酸)錠剤は、特定の医薬品やサプリメントにも使用されています。

 

クエン酸の香料です。

 

パッケージ食品に添加されるクエン酸の量は非常に少ないです。

 

通常、防腐剤としてクエン酸パウダー
約0.9リットルに約1/2ティースプーンのクエン酸粉末を加えます。

 

クエン酸は、ソーダから医薬品まであらゆるものに使用されている
最も広く使用されている香味剤および防腐剤です。

 

缶詰の食べ物やケチャップを食べることが副作用を引き起こす可能性は大変低いです。

 

しかし、大部分の飲料はクエン酸を含んでいます。

 

クエン酸の過剰摂取のリスクは、48g / L、
または他の柑橘類のジュースで最も高い濃度を有するこれらの
ソーダおよびレモン汁が多すぎることから生じる可能性があります。

 

研究によれば、エネルギードリンクはクエン酸が7.3g / Lで最も多く、
次いで合成フルーツジュースが2.79g / L、
ソフトドリンクが1.76g / Lであるとのことです。

 

歯科医院が見出したのは、ソフトドリンク、さらにはダイエット飲料で、
クエン酸やリン酸の含有量のために酸性度が高いです。

 

 

短期的には、クエン酸過剰摂取は咽頭痛、
胃痛または下痢を引き起こす可能性があります。

 

胃が弱い人には刺激は強いかもしれません。

 

ジュースや飲料に含まれるクエン酸を一緒に長年にわたって摂取していると、
歯の侵食やアルミニウムの毒性などの副作用に関する
他の原因が生じる可能性があります。

 

胃の問題や喉の痛みの原因になることがあります。

 

短期的には、過剰のクエン酸はあなたに咽喉の痛みを与えてしまいます。

 

すでに喉の痛みがある場合は、クエン酸が豊富な食品や飲料を使用すると
悪化する可能性があります。

 

口内の潰瘍や歯肉の傷も同じです。

 

副作用ではなく、多くの人が経験することではありませんが、
クエン酸にアレルギーがあると、手足や口の周りにめまい、
混乱、発汗、衰弱、うずきを感じることがあります。

 

そのような場合は、直ちに医師に診てもらう必要があります。

 

歯のエナメル質を溶かしてしまいます。

 

長時間クエン酸過量の最も顕著な副作用は歯の侵食です。

 

クエン酸は弱酸ですが、歯のエナメル質のカルシウムを腐食させる可能性があります。

 

ある調査によると、いくつかのソーダは歯質をエナメル質の下の
象牙質レベルまで浸食する可能性があることが判明したとされています。

 

歯との接触を最小限に抑えるためには、ストローで
クエン酸を含んだドリンクを飲むといいです。

 

うがいや更には歯を磨いたほうが無難かもしれません。

 

歯科研究者たちは、ソーダの腐敗性が糖分と
クエン酸の含有量に起因する可能性があることを発見しました。

 

ダイエット飲料は砂糖が少ないですが、それでもなおクエン酸は多いです。

 

クエン酸が疲れなどの症状に効果的だということから、
よくドリンクにはクエン酸は含まれています。

 

前述のとおりクエン酸は歯へ接触した瞬間から歯を侵食させていきます。

 

クエン酸は、サプリメントとしてパウダー状のものなども売られていますが、
かなりの酸性でしょう。

 

クエン酸は体内のアルミニウムの吸収を増加させることが知られています。

 

アルミニウムは人体にとって毒です。

 

クエン酸の過剰摂取は吐き気、嘔吐、胃痛、下痢、
さらには黒い便も引き起こす可能性があります。

 

胃腸障害、胃潰瘍、酸逆流が起こりやすい人の場合、
クエン酸は症状を悪化させる可能性があるようです。

 

これは、ビタミンCの食物としての多くの利点にもかかわらず、
レモンは胃食道逆流症の患者は避けるのが最善です。

 

柑橘系のジュースを与えた後、赤ん坊の皮膚に発疹や発赤が
認められた場合は、おそらくクエン酸の副作用です。

 

実際に、ダイエット飲料を飲むときに歯に与えるダメージは大きいです。

 

すべてのソーダやジュースの中で、レモン汁は歯に最も腐食性の影響を与えます。

 

肥満や心臓病のような他の健康を保つ上ではダイエット飲料を避けたとしても、
レモンジュースの摂取を完全にやめるのもよくないです。

 

ストローを使ってレモンジュースを飲み、うがいや歯磨きすることを心がければ
肥満予防や疲れには非常に良い働きをしてくれるものです。

 

ある研究は、カルシウム、リン酸塩、フッ化物の混合物で
クエン酸を補うことで、完全にではないにしても、
ある程度浸食から歯を保護することが可能であることを発見したとのことです。

 

アルミニウムは人体にどのようにして取り込まれるのかは
一般的にはあまり知られていないでしょう。

 

アルミニウムは制酸薬やいくつかのワクチン、ベーキングパウダー、
食品着色料、チーズスプレッドなどの乳化剤のような
他の薬を介して体内に侵入している場合があります。

 

ある研究によると、クエン酸を与えられたラットは、
大脳皮質および骨においてアルミニウム濃度が
上昇していることが分かったとのことです。

 

アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患と
関連していることから、これは心配なことです。

 

それに加えて、体の他の部分、主に骨や腎臓に多くのアルミニウムが蓄積されると、
腎臓の機能不全や貧血につながる可能性があります。

 

添加剤として使用されるクエン酸のより心配されているであろうことですが、
あまり研究されていない副作用はDNA損傷であると言われています。

 

ある研究では、食品に使用されている濃度の
クエン酸でヒト免疫系細胞を処理してみました。

 

すべての細胞は、癌形成に関連するDNA損傷の徴候を示したとのことです。

 

免疫システムがこの損傷 あなたの体は酸化的ストレスを受け、
癌をはじめとする様々な病気に冒される可能性もあるようです。

 

クエン酸はすべての柑橘類に存在し、ほぼすべての店で購入した食品に含まれているため
クエン酸の摂取がどの程度されているのか把握することは容易ではありません。

 

しかし、この小規模な研究は、人体の外で培養された細胞に対して行われたものです。

 

体内で同様の検査を行うと、体内の抗酸化物質や食物由来の
抗酸化物質によってクエン酸の有害な影響を打ち消すことができます。

 

クエン酸の摂取をしないということも現代のスポーツの世界ではありえないことです。

 

人工合成食品を減らして、天然の抗酸化物質が豊富な食品の摂取量を増やすことが重要です。

 

一般的には有害性はこれといって言われておらず、よっぽどのことがない限りマイナスに働くことはありません。

 

肥満の予防や疲労からの回復、脂肪をエネルギーに変えてくれるなどの利点も多いサプリメントです。

 

実際に私も何となく感じるのは歯は溶けるようです。

 

デンタルフロスで歯の手入れをしていますが、歯と歯の隙間が広くなった気がします。

 

前述したように摂取するときにはストローを使い、うがいや歯磨きをしたほうが良いようです。

 


純国産クエン酸粉末 250g 【送料無料】【ゆうメールで郵便ポストにお届け】【代引不可】【時間指定不可】 鹿児島県産サツマイモ使用澱粉発酵法 使用原料はすべて国産にこだわりました! [01] NICHIGA ニチガ

 


純国産クエン酸 250g 鹿児島県産サツマイモ使用澱粉発酵法 使用原料 全ての原料国産にこだわった [01] NICHIGA(ニチガ)

 

コエンザイムQ10、COQ10とは

Rリポ酸とアルファーαリポ酸


スポンサーリンク