スポンサーリンク

クルクミン ウコン 二日酔い対策 肝臓保護

ウコンは、活性物質であるクルクミンを含み、
肝臓の健康のために様々な製剤に長く使用されてきました。

 

研究は、それが実際に肝臓を損傷から保護し、
その再生を助けることができることを示しているようです。

 

ウコンの働きや肝臓の状態での取り方については以下の通りです。

 

ウコンのクルクミンは、多くの種類の病気を治癒し予防することが知られています。

 

ウコンは何世紀にもわたって伝統的な癒しのスパイスとして中国とインドで使用されてきました。

 

現代医学においては、さまざまな疾患の治療および予防のためのクルクミンの使用は、
多くの研究によって支持されているものです。

 

クルクミンの摂取から恩恵を受ける1つの器官は肝臓です。

 

クルクミンが役立つ可能性のある肝臓疾患、
人体にこの驚異的なスパイスがもたらす
肯定的な効果を最大限に引き出すためにできることがわかります。

 

皆さんご存知のとおり、肝臓は腹部の右側の胸郭の下に位置する器官です。

 

この器官がなければ、食物を消化したり、栄養を吸収したり、
体内の毒性物質を排除することができないため、この器官は非常に重要です。

 

肝障害は多くの原因で起こりうるものです。

 

肝臓疾患は、特定のウイルスや化学物質に対する反応である可能性があります。

 

いくつかの肝臓の問題は一時的なものであり、自己治癒力で良くなることもあります。

 

しかし残念ながら、長い間留まり、深刻な合併症を引き起こすものもあります。

 

人体の肝臓に悪影響を与える可能性のある病気や状態には幅があります。

 

肝臓を損傷するウイルスには、A型肝炎、B型肝炎、およびC型肝炎があります。

 

アルコールを多量に飲むと中毒や肝臓の問題を引き起こします。

 

肝疾患の1つの共通の徴候は、黄疸または皮膚の黄変です。

 

がんは肝臓にも様々な要因により影響を与えることがあります。

 

遺伝する肝疾患の1つのタイプは、ヘモクロマトーシスと呼ばれ、
体が食物から過剰の鉄を吸収する原因となります。

 

ターメリックはインドでは胃と肝臓の強壮剤として使われています。

 

毎年ウコンを使用して肝臓を解毒することは、
アーユルヴェーダの医師が推奨しています。

 

これは、スムーズで健康的な機能を保証すると言われています。

 

ウコンがこのデトックスに使用される理由は、
クルクミンとして知られるその化合物の1つです。

 

この物質は体に強力な抗酸化作用と抗炎症作用を与え、
肝臓の健康に長く関わっています。

 

ターメリックのクルクミンは、既知の食物発癌物質を洗い流す酵素を助け、
肝臓の損傷に対する保護を高めるものです。

 

それはまた、悪影響を受けた肝臓細胞の再生を助けます。

 

肝臓の保護のほかに、クルクミンは胆嚢の健康を改善します。

 

科学的な研究は、最近クルクミンの肝臓疾患患者に対する価値を証明したとのことです。

 

動物実験に関する研究は、クルクミンを添加した食事を与えることによって
肝臓の損傷が軽減されることを示しています。

 

硬化性胆管炎として知られている肝臓における
自己免疫疾患に対しても有効な効果を有するという結論にも至ったようです。

 

ウコンは、インビトロおよび動物実験で見られるように、
四塩化炭素およびアセトアミノフェンなどの
有害な化学物質から肝臓を保護する能力を有するものです。

 

研究チームが実験室マウスの肝臓損傷を化学的に誘発し、
その後それらにクルクミンを与えました。

 

クルクミンが豊富な食事を4?8週間摂取した後、
マウスの肝障害は有意に減少したと言われています。

 

さらに、食品中のクルクミンは、自己免疫疾患である
硬化性胆管炎と呼ばれる重篤な肝臓病態を改善するのに役立ったとのことです。

 

研究によれば、クルクミンは肝臓の健康に
いくつかのポジティブな影響を与えるかもしれないと推測されるということです。

 

これらの効果の1つは、クルクミンが炎症の形成に重要な
シグナル経路を遮断することであるとのことです。

 

これにより最終的には瘢痕化の進行が遅くなり、
胆管閉塞や肝細胞への損傷が減少したとのことです。

 

動物および生体外試験で見られるように、
ターメリックは、四塩化炭素およびアセトアミノフェン
を含む様々な化学物質の影響から肝臓を防御することができるものです。

 

アセタミノフェンは、より一般的に頭痛や痛みに使用される薬である
パラセタモールと呼ばれています。

 

この薬は一般的な薬ですが、過度に摂取すると肝臓にダメージを与える可能性があります。

 

多施設研究は、クルクミンが、核因子カッパBと呼ばれる
重要な分子の活性化を停止する能力を有することを示したとのことです。

 

この効果は、肝臓にとって重要である核因子カッパBは、
炎症および組織からの防御連鎖反応を誘発するからであるとのことです。

 

この研究によれば、炎症や痛みの原因となるサイトカイン、ケモカイン、
その他の酵素の発現を抑制しました。

 

最終的に、クルクミンは、アルコールによって引き起こされる
病理学的および生化学的変化の両方を改善させました。

 

この効果はウコンがアルコール性肝疾患等の予防に
役立つと科学者に結論付けさせるのに十分だったようです。

 

市場には多くの異なるクルクミン製剤があります。

 

空腹時や食事後少なくとも3時間は、クルクミンを吸収するのが最も効果的です。

 

クルクミンサプリメントの典型的な用量は、一食当たり400mg,500mg程度です。

 

今は販売していないようですがバルクスポーツでも肝臓保護サプリメントは
売られていました。

 

私はあまり感じたことが無いですが
ダイエットサプリメントなどでも肝臓に疲労が溜まる人もいるのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク