スポンサーリンク

アナボリックステロイドの副作用

アナボリックステロイドには、内因性男性ホルモン、
テストステロンおよびジヒドロテストステロン、
ならびにこれらの性ホルモンのように作用する
他の薬剤が含まれているものです。

 

アンドロゲンは、男性の性的特徴(例えば、声とひげの成長の亢進)と
男性性器の発達を刺激します。

 

同化ステロイドは、他の多くのタイプの組織、
特に骨および筋肉の成長を刺激するものです。

 

同化作用には、赤血球の産生増加も含まれます。

 

アナボリックステロイドは、注射によって血液中に送られたり、
経口摂取出来たり、または経皮で使用され得るものです。

 

重大な副作用の可能性および乱用の可能性が高いものです。

 

アナボリックステロイドはスポーツで禁止されています。

 

幾つかの競技の運動選手は、アナボリックステロイドを乱用して筋肉を構築し、
持久力を延ばし、パフォーマンスを向上させることがあります。

 

アナボリックステロイドは、大学生やプロスポーツの競技会場内外で常に禁止されており、
世界アンチドーピング機関と米国ドーピング防止機関禁止リストの両方に掲載されています。

 

アナボリックステロイドの使用は、
国際オリンピック委員会でも禁止されています。

 

アナボリックステロイドには、テストステロンの
すべての合成誘導体(経口摂取および注射)が含まれます。

 

アナボリックステロイドの例には、テストステロン、メチルテストステロン、
ダナゾール、およびオキサンドロロンが含まれます。

 

アナボリックステロイドは、パフォーマンスを向上させる薬剤であり、
脂肪量を増加させることなく、
脂肪のない筋タンパク質の合成および体重を増加させることによって作用します。

 

 

アナボリックステロイドの違法使用とウエブ上での購入は危険です。
不法なステロイドは、ジム、競技会、インターネット通販などで販売され、
購入者は不純物が含まれた製品や汚染された製品を購入する危険性があります。

 

多くの場合、不法ステロイドは、ステロイドの購入のための
処方箋を必要としない国から米国に密輸されています。

 

ステロイドは、米国の薬局から不法に供給されたり、
バックステージの研究所で合成されることもあります。

 

アナボリックステロイドの乱用はどの年齢層でも起こりうるものですが、
薬物乱用に関する多くの調査にステロイドが含まれていないため、
乱用に関する統計は定量化するのが難しいです。

 

実験室での薬物検査は通常、
アナボリックステロイドの存在を検出することができ、
より高いレベルのスポーツの選手は、
多くの薬物の乱用について頻繁に監視されている問題です。

 

ステロイド系栄養補助食品は、体内のテストステロン
または他のアンドロゲン化合物に変換することができます。

 

アンドロステンジオンやテトラヒドロゲストリノンなどの
ステロイド系市販薬は、以前は健康食品店では
処方せずに入手できましたが、

 

現在はこれらのサプリメントは違法です。

 

デヒドロエピアンドロステロン(7-keto DHEA)は
栄養補助食品として依然として法的に利用可能ではあります。

 

臨床研究の報告によると、これらの薬剤は効果がないか、
またはパフォーマンスを高める効果の証拠がないようです。

 

アナボリックステロイドの乱用には、深刻な副作用が多岐にわたっています。

 

ステロイドの使用は、体内の正常なホルモン産生を変える可能性があります。

 

ほとんどの副作用は、薬物が止められれば元に戻すことができますが、
女性の発声が男性のようになるなど、
一部の副作用は持続する可能性があります。

 

長期的な副作用に関するデータは、主に症例報告に由来し、
信頼性の高い十分に管理された長期の疫学研究に由来していません。

 

アナボリックステロイドの一般的な副作用には、

重度のにきび
油性の皮膚および毛髪
脱毛、
肝臓腫瘍
嚢胞などの肝疾患
腎臓病
心臓発作や脳卒中などの心疾患
過敏症
攻撃性の増加
うつ病または自殺傾向
コレステロールやその他の血中脂質の変化
高血圧
女性化乳房(乳房の腫脹を引き起こす男性の乳腺の異常な発生)、
睾丸の収縮
無精子症(精液中の精子の不在、減少)
女性の月経不順
不妊、
余分な顔または体の毛
女性のより男性的な声
十代の若者の成長の早さ
無菌注射によるウイルスまたは
細菌感染のリスク

 

等が挙げられます。

 

アナボリックステロイドの使用者は、
薬物探索行動、副作用を伴う継続使用、
および気分の揺らぎ、疲労、落ち着き、食欲不振、
不眠症などの身体的な離脱症状によって示されるように、
薬物に物理的および心理的に依存することになります。

 

性欲の減少、ステロイドへの欲求に耐えられません。

 

重度の症状はうつ病や自殺の可能性があります。

 

うつ病の症状は、ユーザーがステロイドの服用をやめた後、
最大1年間続くこともあるとのことです。

 

重症の同化中毒症には、補助的な治療や
投薬治療が必要となるかもしれません。

 

同化ステロイドからの回復を治療するために使用されている医薬品は、
自然ホルモン系の回復を可能にするものです。

 

他の薬物療法は、特定の禁断症状を標的とするものです。

 

例えば、うつ病を治療するために抗うつ薬を処方することができ、
アセトアミノフェンまたはイブプロフェンなどの鎮痛薬を頭痛
および筋肉および関節痛に使用することができます。

 

一部の患者は行動療法を受けることもあります。

 

プロホルモン以上に、副作用があり危険なサプリメントですが、筋力、
筋量の増加を短期間で達成したい人は使っているという現状があります。

 

日本でネットでは手に入り実際に使用している人は多いです。

 

前述したように危険を伴います。

 

実際に問題なく使用している人の助言を受けて使用を始める人は多いようです。

 

自己責任の元、使いましょう。

 

早く筋肉を付けたいという欲求は
トレーニングしている人なら誰でも望むことだとは思いますが
使わないことが良い選択です。

 

テストステロン、男性ホルモン等

成長ホルモンブースター

スポンサーリンク