スポンサーリンク

アップルサイダービネガー 酵母入りリンゴ酢ダイエット

アップルサイダービネガーは、自然で健康体を求める人に人気のあるリンゴ酢です。

 

健康面で色いろな利点があると言われています。

 

研究によっても、ある程度証明されている部分もあるそうです。

 

ダイエット、コレステロールの低下、血糖値の低下、糖尿病の症状の改善などが考えられているようです。

 

酢は、料理に使われているので、なじみ深いでしょう。

 

 

しかし、このユーチューバーの方に言わせると酵母入りのリンゴ酢でなければ意味がないと、言っています。

 

このユーチューバーの方が紹介しているのは、以下の酵母入りリンゴ酢、アップルサイダービネガーです。

 


Bragg, オーガニック アップル サイダー(Apple Cider Vinegar) 473 ml (1個) [並行輸入品]

 

リンゴ酢は、酢酸を多く含み、強力な生物学的効果があるという説があります。

 

アップルサイダービネガーは、アルコールの製造方法に関連する2段階のプロセスで製造されるようです。

 

すりおろしたリンゴを酵母にさらし、酵母が糖を発酵させてアルコールに変換します。

 

そして、細菌をアルコール溶液に加え、アルコールをさらに発酵させて酢酸に変換します。

 

これは酢の主要な活性化合物というものの様です。

 

フィルター処理されていない(酵母が入っている)オーガニックのアップルサイダービネガーには、「酵母」のタンパク質、酵素、健康的なバクテリアが含まれていて、液体の場合には濁っています。

 

アップルサイダービネガーは、大さじ1杯で約3カロリーだそうです。

 

ビタミンやミネラルはあまり含まれていないようですがが、少量のカリウムが含まれていると言われています。

 

高品質のリンゴ酢には、アミノ酸と酸化防止剤も含まれています。

 

述べたように、アップルサイダービネガーは、リンゴの糖分を発酵させて作られます。

 

これにより、酢の有効成分である酢酸に変換されます。

 

多くの種類の有害細菌を殺すこともできるものです。

 

日本でも生牡蠣などを酢で食べるのも一般的だと思います。

 

ある程度の殺菌も期待して、使用している部分もあるでしょう。

 

食べ物の細菌に限らず、体の感染症などの治療や消毒にも使われているそうです。

 

酢は食品の保存料としても使用されていて、大腸菌が食品中に増殖して新鮮さを損なうことを阻害すると言われています。

 

酢の主な物質である酢酸は、有害な細菌を殺したり、増殖を防ぐことができます。

 

消毒剤および天然防腐剤としての使用歴もあるようです。

 

血糖値を下げ、糖尿病にも、効果があるとも言われています。

 

2型糖尿病患者に効果的だったと言われています。

 

2型糖尿病は、インスリン抵抗性またはインスリン産生不能のいずれかのための、血糖値が高いことを特徴とします。

 

高血糖は糖尿病を患っていない人でも問題になる可能性はあるでしょう。

 

血糖値を正常な範囲に保つことで、ほとんどの人が恩恵を受けられると考えていいようです。

 

糖質の摂取は勿論控えるべきです。

 

アップルサイダービネガーも強力な効果があると言える様です。

 

酢は、血糖値とインスリン値に多くの利点があることが示されているようです。

 

酢は糖尿病、他の理由で血糖値を低く保ちたい人にとって有用だと考えられているようです。

 

血糖降下薬を処方されている場合は、様々な種類の酢の摂取量を増やす前に医師に相談したほうがいいようです。

 

体重を減らし、腹部脂肪を減らすのに役立つという説もあるようです。

 

人体でも実験されていて、酢が満腹感を高めて、高カロリーな食事をしなくても済むサポートをしてくれるようです。

 

たとえば、人間が高炭水化物の食事と一緒に酢を摂取すると、満腹感が増し、多くの肥満の人を対象とした実験では、アップルサイダービネガーを毎日摂取すると、腹部脂肪と体重減少することが示されたと言われています。

 

簡単に痩せられるという類のものとは、言い難いかもしれません。

 

三ヶ月程度は、実験は行われたそうです。

 

重要なのは食事と生活の仕方全体で、結果を見るにはいくつかの効果的な方法を組み合わせる必要があると言えるでしょう。

 

アップルサイダービネガーは、主に満腹感を促進し、血糖値とインスリンレベルを下げることにより、ダイエットのサポートとしては、それなりに有益なものと考えてもいいのかもしれません。

 

コレステロールを下げ、心臓の健康を改善するとも言われているようです。

 

アップルサイダービネガーが、いくつかの心臓病の危険因子とコレステロールとトリグリセリドのレベルを下げることができると言われています。

 

酢を含んだドレッシングも良いようです。

 

私は、以前のダイエット中にはブロッコリーに酢をかけて食べていました。

 

リンゴ酢が血糖値を下げ、インスリン感受性を改善し、糖尿病と戦うのを助けることができるという説はそれなりの信憑性はあるようです。

 

癌細胞さえも殺すぐらいの力もあるとも言われています。

 

NACとの併用もいいのかもしれません。

 

腫瘍を縮小させるとさえ言われるものの様です。

 

アップルサイダービネガーの摂取は癌の予防に役立つ可能性が一応はあるのではないか、というぐらいのレベルと、とらえて置くことぐらいでしょう。

 

アップルサイダービネガーを食事に取り入れる最善の方法は、サラダドレッシング、自家製マヨネーズなどに料理に使用することです。

 

一部の人は、水でそれを希釈して、飲み物としてそれを飲むのも好きでしょう。

 

一般的な人の摂取量は、大さじ1杯を水に混ぜて1日1?2杯(5?10ml)?1?2杯(15?30ml)の範囲でいいようです。

 

少量から始めて、大量に摂取しないようにするのがいいと言われています。

 

酢が多すぎると、歯のエナメル質の侵食や潜在的な薬物相互作用などの有害な副作用を引き起こす可能性があります。

 

ろ過されていないリンゴ酢を使用することが重要でしょう。

 

ユーチューバーの方が紹介しているようにBraggsは最も人気のあるアップルサイダービネガーのようです。

 

Amazonで購入できるのでレビューも参考にするといいでしょう。

 


Bragg, オーガニック アップル サイダー(Apple Cider Vinegar) 473 ml (1個) [並行輸入品]

 

私は、レモン酢ダイエットなどにもチャレンジしたことはありますが、明らかに象牙質が解けました。

 

私は、デンタルフロスを使っていますが、歯の隙間が広くなってしまったということは確かです。

 

トップの画像のように私は、液体のアップルサイダービネガーは使う気にはなれず、アイハーブで「NOW FOOD」のタブレットタイプのアップルサイダービネガーを使っています。

 

私の友人は肥満気味で最近少しずつダイエットを始めています。

 

私が友人にアイハーブを薦めたところ、気にいったようです。

 

取り合えず、友人は元気が出ないということでタウリンをアイハーブで購入しました。

 

タウリンでダイエットは難しいでしょうけど体力も必要ですので、日本のエネルギードリンクが体に合う人はタウリンも「NOW FOODS」のものがいいでしょう。

 

友人は取りあえずは、日本の普通に売っている酵母入りではない、普通のリンゴ酢を試しています。

 

アップルサイダービネガー 酵母入りリンゴ酢ダイエット

 

ゼロカロリーのコカ・コーラにリンゴ酢を少し混ぜて飲んでいるそうです。

 

友人には、とにかく炭水化物の摂取を、なるべく控えるように言っているのですがカップラーメンとインスタントラーメンは、やめられない様ですが、とりあえずは3kg程度体重は落ちたそうです。

 

リンゴ酢のおかげかどうかは微妙ですが、私もとりあえずは使ってみています。

 

個人的にはアイハーブで買ったほうが良いと思います。

 

アマゾンで売っている液体のものを選択するならば、ストローで飲んで、うがいや歯磨きはしたほうが良いです。

 

 

↓アイハーブについて、もっと知りたい方はこちら↓

 

 


スポンサーリンク