私が実際に体験したダイエットや筋力トレーニング

スポンサーリンク

ダイエット体験記 その1 失敗例

 

私はダイエットを4回していて、一応いつも痩せました。

 

10代や20代の頃はどれだけ食べても全くと言っていいほど体重が

 

増えることは無かったのですが、

 

30代前半ぐらいから体重が増え始めました。

 

10代後半や20代の頃の体重は63キロぐらいでした。

 

ちなみに身長は176センチぐらいです。どちらかと言うと痩せ型でした。

 

ところが30代前半ぐらい

 

から太り始め74キロぐらいまで体重が増えてしまいました。

 

勿論、筋肉で体重が増えた訳では無く脂肪です。

 

大学の頃から酒好きで社会人になってからも暴飲暴食でしたし、

 

歳も取ってきていたので当たり前と言えば当たり前ですね。

 

身体が重く感じるようになりました。

 

会社でもデスクワーク中心だったので体を動かすことも

 

減っていましたのでどうしようもなかったんですよね。

 

中学、高校時代にはバレーボールをやっていましたし、

 

大学のサークルでもバイクのレース「モトクロス」

 

いわゆる土の上を走るバイクのレースですね。かなりハードです。

 

その貯金もあって20代後半ぐらいまでは体型を維持できて

 

いたのだと思います。

 

プールや海水浴なんか行っても友人に「良い体してるなー」

 

なんて言われていたぐらいでした。

 

ほとんど泳げないですけどね。

 

海や川に行くのは大好きなんですが、

 

足が届いてないところまで行くのは恐怖ですね。

 

腹筋はキッチリ6つに割れている、いわゆるシックスパックでした。

 

腹筋の固さにも自信があり思いっ切りパンチされても、

 

皮膚がちょっと痛いかなぐらいで内臓が痛いと感じることも無いぐらいでした。

 

若かりし頃に良い体系だっただけに、

 

ちょっと情けなくなりダイエットを始める決意をしました。

 

取り敢えずダイエットに関する知識なんてこれっぽっちも無かったので、

 

3日に一回ぐらいとにかく走りました。

 

走れば取り敢えず痩せるだろうぐらいの気持ちですね。

 

当時、板橋区に住んで居たのですが歩いて行ける練馬区に光ヶ丘公園

 

と言う広い公園があり、そこに400Mトラックの走る場所があったのでそこを

 

何周か走っていました。

 

最初は3周ぐらいしか出来なかったですかね。1.2キロメートルといったところでしょうか。

 

流石に最初は軽めにしか走れませんでしたね。小走りです。身体が重かったですし、

 

走るなんていうことは、

 

高校時代の部活以来したことが無かったので、モチベーションをキープできるのか

 

最初は不安でしたね。

 

しかし、体型を若かりし頃に戻したかったので必死で頑張りました。

 

筋肉痛も最初のうちは酷かったですね。本当に苦しいだけという感じでした。

 

ただ、続けていくうちに走ることが、

 

それ程苦痛ではなくなり筋肉痛もなくなりました。

 

ただし、やっぱり走るだけっていうのは退屈でしたね。

 

走れる距離は少しずつですが増えていきました。

 

10周ぐらいは走れるようになっていたでしょうか。

 

特に走った時間と言うのも計っていなかったので、

 

何分ぐらい走れていたのかは分かりません。

 

その頃は良く分かっていなかったのですが

 

走れる距離以上に何分間走れるかの方が重要みたいですね。

 

ダイエットに必要なのは有酸素運動の時間ですから。

 

脂肪が使われる(燃焼する)のは30分から40分ぐらいからですので長時間、

 

有酸素運動を続けることの方が重要です。

 

体重はどうだったかと言うと全然減りませんでした。

 

特別食事制限はしていなかったので、今思えば当然だったかもしれません。

 

それでも、ちょっとずつですが体重が減り始めました。

 

最初は2〜3キロだったと思います。

 

モチベーションが少しずつですが上がりました。

 

4〜5キロ減ったぐらいから急に痩せるスピードが鈍っていきました。

 

この頃は良く分からなかったのですが、

 

こういった時期は当然のことのようにあるようですね。

 

それでも、めげずに走っていたら10代や20代の頃の体重

 

よりも落とすことが出来ました。

 

体重60キロ切っていましたね。達成感結構ありましたね。

 

しかし、このダイエットは完全に失敗だったんです。

 

脂肪も確かに落ちたんですが筋肉も落ちてしまっていたんです。

 

「脂肪が使われるのは30分から40分ぐらいからですので長時間、

 

有酸素運動を続けることの方が重要です。」

 

と前述しましたが有酸素運動がを30分から40分ぐらい続けるまでの

 

運動するエネルギーというのは

 

筋肉から使われるからです。

 

取り敢えず体重は落とせたので走ることを

 

辞めてしまったら普通にリバウンドしました。

 

74キロまでは戻りませんでしたが・・・。

 

食事制限も特にしませんでしたしね。

 

減量してから体重が戻ると明らかに肌にくすみが感じられました。

 

こんなダイエットお肌にも良く無いんですね。

 

仕事も忙しくなっていたので走ることも困難でしたが、

 

これ以上筋肉を減らさなかった分、良かったのかもしれません。

 



次ページ、ダイエット、筋肉増強、体験記 その2 そこそこ成功例

 

 

スポンサーリンク