スポンサーリンク

タイムリリースプロテインとは

 

カゼインプロテインがいわゆるタイムリリースプロテインの
代表的な例ですが、他にもホエイプロテイン、カゼインプロテイン、
エッグプロテインがミックスされたタイムリリースプロテインがあります。

 

時には徐放性プロテインとして知られているタイムリリース(時間差放出)
プロテインは、基本的に、ホエイプロテインのような従来のプロテインとは異なる方法で
体に吸収されるタンパク質補助粉体です。

 

典型的には、ホエイは速やかに吸収されるプロテインであり、
一旦消費されるとすぐに血流に入り、
そこで筋肉内の細胞に送達され、急速にエネルギーと栄養を放出します。

 

しかし、タイムリリースプロテインは異なる方法で吸収され、
その結果、体内に完全に吸収されるまでにはかなりの時間がかかります。

 

ホエイプロテインは一度に完全に吸収されるのに対し、
タイムリリースプロテインは安定した栄養素を放出するので、
他のタンパク質よりもずっと長く持続します。

 

タイムリリースプロテインは、さまざまな理由で非常に有益であることが判明しており、
ここではほんの一部を紹介しています。

 

タイムリリースプロテインは筋肉の成長を促進する働きがあります。

 

私たちはダンベルやバーベルを持ち上げるとき、
筋肉を発達させることは出来ず(筋肉分解は、ある程度防げます)
筋肉を破壊します。

 

我々は、体がタンパク質合成を介して損傷を受けて
破壊された筋肉繊維を以前より大きくて強く再構築するので、
休息すると筋肉を構築することが出来ます。

 

タンパク質合成が起こるためには、体内にタンパク質、
アミノ酸、その他のさまざまな栄養素が必要です

 

プロテインサプリメントは、これらの栄養素を提供する素晴らしい方法です。

 

問題は、私たちが私たちの睡眠中に大部分の筋肉を構築するという事実です。

 

ここで問題となるのは、私たちが平均して7?9時間寝るとすると、
食事をすることがないため朝食を摂るまでの間、
7?9時間かかるためタンパク質がないということです。

 

ホエイプロテインは速い吸収の速度であるので、
それは一時間以内にすべて吸収されてしまい、
夜の残りの時間はその効力を発揮しません。

 

しかし、徐放性のタンパク質は、蛋白質と栄養素の
徐々の放出を体に与え、同化(筋肉構築)状態に保ちます。

 

タイムリリースタンパク質は、消化に長時間かかるので、
脂肪を燃やすことに関しても特に有効です。

 

体は速く吸収されるタンパク質と同様に消化しにくいですが、
その過程が長くかかるので体を消化して分解する必要があります。

 

彼らはまた、筋肉の成長を促進し、
これはさらに多くのカロリーを燃焼させることが出来ます。

 

最後に、タンパク質、アミノ酸、ビタミン、およびミネラルを含む
健康で有益な成分でいっぱいであるため、
一般的な健康と体調の改善を促進するために、

 

タイムリリースタンパク質も見出されています。

 

彼らは消化器系でも同様です。

 

あなたはおそらく、普段のホエイタンパク質とは異なる、
タイムリリースタンパク質を使用する
意味がよく分かっていないかもしれませんが、
それはあなたの体がどのようにそれに反応するか、
それがあなたの体に与える影響になります。

 

疑いなく、タイムリリースタンパク質の主な利点は、
あなたが寝ている間もあなたの体内に留まり、寝る前、
長い時間食事を摂れない場合でも、
完璧に働くという事実です。

 

体と筋肉はタンパク質と栄養素を必要とし、
定期的にそれらを必要としますが、
徐放性タンパク質は栄養素やエネルギーを
使い果たす心配がないと言ってもいいでしょう。

 

ホエイプロテインとは異なり、専門家は最良の結果を得るために
ホエイプロテインなどの速い吸収プロテインサプリメントと
組み合わせて使用??する毎日1回の
タイムリリースタンパク質を推奨しています。

 

最適な結果を得るには、就寝直前にまた夜間の遅い時期にタンパク質を摂取しましょう。

 

メーカーの推奨容量どおりに使用された場合、非常に安全であることが確認されています。

 

しかしながら、これが臓器障害を含む可能性のある副作用を引き起こす可能性があるため、
記載された用量を決して超えないでください。

 

こんな説明もできます。

 

タンパク質に関しては、速放性タンパク質と徐放性タンパク質があります。

 

乳清分離物や加水分解物などの速放性タンパク質は急速に分解し、
筋肉へのアミノ酸の急増をもたらします。

 

カゼインプロテインおよび
ベジタリアンタンパク質(ソイプロテイン)のような
遅い放出型のプロテインは、遅く分解され、
その結果、より長い時間にわたって
アミノ酸の供給が行われることとなります。

 

アミノ酸の点滴なんか本当は最強なんです。

 

食事を摂らなくても生命活動を維持できるぐらいなのですから。

 

研究の大部分では、理想的なタイプの乳清タンパク質を
より速く放出出来ることを指摘しているようです。

 

最近の研究では、筋タンパク質の合成と筋肉タンパク質の分解を防ぐために、
速くてゆっくりと放出するプロテインを組み合わせることの利点を指摘しています。

 

近年、サプリメント製造販売会社は、ミセルカゼインのような「徐放性」タンパク質と、
ホエイプロテインまたはソイプロテインのような
「速放性」タンパク質との混合物を含む傾向がある様です。

 

ゴールドジムのタイムリリースプロテインなどは1:1の
割合でホエイプロテインとカゼインプロテインをミックスしています。

 

この比率はメーカーによって様々です。

 

この理論は、カゼインプロテインを含むことにより
ホエイプロテインのみが摂取された場合よりも、
タンパク質摂取後の時間においてアミノ酸の放出がより均一
になるという理論であるようです。

 

この議論のもう1つの側面は、より遅い放出カゼインプロテインが、
特に睡眠中の夜間に、食物摂取からの血流中にアミノ酸の残留がないとき、
筋肉組織の分解を最小にするのに役立つということであるとのことです。

 

競争力が必要なボディビルダーである場合、競技者の主な目的は、
筋肉量を得ること、および脂肪量を減らすことでしょう。

 

プロテインサプリメントを選ぶとき、体重トレーニングに応じて
筋タンパク質合成を最大限に刺激するものが欲しいということになります。

 

しかし、激しい運動の後、筋肉タンパク質の合成を刺激するには、
どのような要素がタンパク質サプリメントに不可欠でしょうか?

 

運動後に血中のアミノ酸ペプチド濃度をできるだけ高くする必要があります。

 

運動後に可能な限り長い間あなたの血流に高レベルの
アミノ酸ペプチドを維持することが重要です。

 

ロイシンなどの特定のアミノ酸ペプチドを、
運動後に血中にできるだけ高濃度で与えることが大切です。

 

HMBでも注目されている成分ですね。

 

乳清タンパク質単離物(WPC)または加水分解物(WPI)は、
これらのタイプのタンパク質がカゼインプロテインまたはソイプロテインに対して
アミノ酸の血中濃度を高めることが明白に示されているので心配する必要はありません。

 

カゼインが全身タンパク質分解を34%阻害したが、
ホエイタンパク質は効果がないことを示したとの結果すらあるようです。

 

対照的に、ホエイプロテインは、より高いピーク血漿アミノ酸レベルに次いで、
カゼインよりも大きな程度に筋タンパク質合成を刺激したそうです。

 

健康で若い被験者では、ホエイプロテインや遊離アミノ酸の混合物と比較して、
カゼインプロテインの摂取がより正の全身タンパク質バランスであったと言われています。

 

筋肉の成長を最適化するための速い消化のタンパク質と
遅い消化のタンパク質を組み合わせるという理論は、
かなりいいようです。

 

ホエイプロテインからのアミノ酸の迅速な放出はタンパク質合成を誘発しますが、
カゼインプロテインからのより遅い放出アミノ酸はタンパク質摂取後
数時間でタンパク質分解を阻害するものとなってくれます。

 

研究は、形態、アミノ酸組成およびホエイプロテインの量が、
強烈な高重量トレーニング後の筋肉タンパク質合成反応に
影響することを示したとのことです。

 

研究は、ホエイタンパク質のロイシン含量が、
筋肉タンパク質合成を実際に引き起こす
主要なスイッチもしくはトリガーとして機能することを
示唆しているようであるようです。

 

次に重要な要素は必須アミノ酸の血中濃度であり、
これはホエイプロテインが再び支持される理由です。

 

乳清タンパク質単離物と比較して乳清タンパク質加水分解物は、
インスリンをより大きな増加に導くものです。

 

加水分解されたホエイプロテインは、
強烈な抵抗運動に続く筋肉タンパク質合成のための
最良の刺激を提供するようであるとのことです。

 

それは一般的にタンパク質1グラム当たりロイシンの量が最も多く、
最も消化速度が速く、最大インスリン・スパイクにつながります。

 

カゼインプロテインが筋肉タンパク質の分解を防ぐために重要なことは、
ホエイプロテインよりも全身タンパク質の分解を防ぐことができるという考え方もあるようです。

 

大部分の研究では、ホエイプロテインが、筋タンパク質合成を最大限にするための理想的な
運動後タンパク質であることを示唆しています。

 

ある研究では、夕方のトレーニング期間中に炭水化物とカゼイン加水分解混合物を与え、
夕方のトレーニングセッションの後、就寝前に更にトレーニングを2時間追加したとのことです。

 

炭水化物およびカゼイン加水分解物は、トレーニング中に筋タンパク質の合成を増加させたが、
水しか飲んでいなかったプラシーボ群と比較して、
夜間に筋肉タンパク質合成に差はなかった。

 

彼らの次の研究では、彼らは夕方に抵抗トレーニングセッションを受けました。

 

すぐにホエイと炭水化物回収飲料を摂取しました。

 

睡眠の30分前に、カゼインまたはプラセボを40g摂取させました。

 

睡眠前の完全なカゼイン40gは、残りの夜を通して持続する
循環アミノ酸レベルの急激な上昇をもたらした。

 

プラセボ(偽薬)よりも筋肉タンパク質合成速度が22%高い結果となったそうです。

 

これら2つの研究を比較すると、カゼインと加水分解されたカゼインとの
インタクトなカゼインが、睡眠中に見られる筋肉タンパク質合成
の増加を媒介する上で重要であると思われる。

 

ホエイプロテイン加水分解物のように、
カゼイン加水分解物は迅速に消化され、
アミノ酸は1時間以内に血液中にピークを迎えます。

 

通常のプロテイン摂取がない場合には、7-8時間の間、
筋肉タンパク質合成を最大化するのに理想的ではありません。

 

全体的にみて、この研究ではホエイプロテインが
カゼインプロテインよりも同化タンパク質であると圧倒的に指摘しています。

 

さらに、ホエイタンパク質によってもたらされる
筋肉タンパク質合成に対する刺激およびその高いロイシン含量は、
運動後タンパク質に関しては、徐放性カゼインの抗異化特性を有意に上回るそうです。

 

対照的に、現在の研究は、カゼインが夜間のタンパク質(睡眠の直前)
として理想的であり、筋肉の崩壊を防ぎ、
睡眠中の筋タンパク質合成を増加させることを示唆している。

 

私は色んなタイムリリースプロテインを使いました。
主に牛乳由来のプロテインと卵の白身のミックスのものですが、
カゼインプロテインでもいいと思います。

 

私はマイプロテインでトータルプロテインというものも
たまに購入しています。

 

カゼインプロテインパウダー

エッグプロテイン

スポンサーリンク