スポンサーリンク

IGF-1とは

IGF-1は、インスリン様増殖因子-1の略語です。

 

ホルモンの一種であるIGF-1は、下垂体による成長ホルモンの分泌に続いて、
肝臓によって産生されるものです。

 

IGF-1が何であるか、それが体内でどのように機能し、
それがもたらす利益を理解するかは、摂取する人が知っておかなければいけません。

 

有益さに加えて、起こり得る副作用があるかどうか常に重要なことです。

 

同じことが非処方箋と市販のサプリメントにも適用されます。

 

IGF-1の副作用はほとんどの場合比較的軽度ですが、
他の人には中等度から重度になる場合もあります。

 

IGF-1は、肝臓で産生される成長ホルモンの一種です。

 

IGF-1の産生および分泌は、下垂体からの成長ホルモンの放出によって誘発されるものです。

 

IGF-1、その最も多くの基本的な説明は、
体全体に見られる細胞の成長を担うものだということです。

 

下垂体によって産生される、または栄養補助によって得られる
成長ホルモンの適切なレベルがなければ、IGF-1は適切に機能しません。

 

筋肉量の増加、スタミナアップ、耐久性、またはパフォーマンスのより速く、
より速い結果を望む多くのボディビルダーおよびアスリートは、
テストステロン注射、HGH注射、またはテストステロンまたは
HGHブースターに頼ってしまうことが多いです。

 

成長ホルモンとIGF-1は増殖によって筋肉を成長させることができますが、
これらのホルモンは筋肉の強さにあまり影響しません。

 

成長ホルモンとIGF-1のレベルは、子供が成長するときの青年期に最も高いです。

 

しかし、成人期(約30年代半ば)には、
成長ホルモンの製造および分泌が低下し始めます。

 

これは老化の自然な現象です。

 

しかし、ホルモン(成長ホルモン、IGF-1、テストステロン、またはエストロゲンなど)の数の減少は、
体脂肪の増加と除脂肪筋肉量の減少とともに年齢が上がるにつれて最も顕著になります。

 

エネルギーの減少、性的興奮、肌の色調や質感の変化も一般的です。

 

販売されている鹿の角のスプレーなどの栄養補助食品の形のIGF-1は、
健康な身体機能の数を促進することができます。

 

改良されたタンパク質生産、筋肉組織の成長を促進する、
ポストワークアウトまたは活動回復、タンパク質細胞の分解を減らす
等の作用が期待されています。

 

薬物、処方薬または市販薬と同様に、IGF-1サプリメントの使用に関する
いくつかの副作用が指摘されています。

 

IGF-1スプレーの副作用を避けるため、栄養補助食品に
記載されているラベルの指示に従うことを常にお勧めします。

 

安全性について確信が持てない場合や、病状、
特にホルモン産生に影響を与える病状と診断された場合は、
服用前にIGF-1の副作用の可能性について
医師または薬剤師に確認することをお勧めします。

 

アスリートのためのHGHとしては、スポーツパフォーマンスや筋肉の成長や、
スタミナや持久力を向上させる製品は、
多くのスポーツやグローバル競技団体によって
禁止されている可能性があることに注意してください。

 

また、成長ホルモンやIGF-1のレベルがすでに年齢に応じて適切な
範囲内にある個人は、成長ホルモンやIGF-1が不足している人と比較して、
結果が大幅に改善されないことに注意してください。

 

年齢をある程度重ねていないと実感できないと考えられます。

 

実際に、IGF-1レベルがすでに十分である場合、
ソマトメジン-Cと呼ばれるもの、または他の成長ホルモンなどの
任意の形態のIGF-1を注射または栄養補助食品を介して摂取することは、
内分泌系、代謝系、およびさらには、
筋骨格系機能、 副作用についても同様です。

 

IGF-1に関連する最も一般的な副作用のいくつかとしては筋肉痛、
関節痛、神経痛、高いまたは悪玉コレステロールレベルの可能性が指摘されます。

 

悪玉コレステロール、またはLDL低密度リポタンパク質は、
血管の内部のプラーク形成またはアテローム性動脈硬化症に寄与し、
心臓発作または脳卒中の潜在的リスクを増加させる可能性があります。

 

成長ホルモンやIGF-1は、内分泌系の機能や
インスリンを含む他のホルモンに影響を与えることがあるため、
IGF-1のボディビルディングの注射やサプリメントの摂取時に
糖尿病を発症するリスクもあります。

 

使用期間の長さにもよります。

 

一般的な副作用の中には一時的なものがあります。

 

他の場合、副作用は、投与量、投与頻度、
および同化ステロイドなどの他の成分とHGHまたは
IGF-1を組み合わせ、または積み重ねることによって、
軽度から重度までの範囲であり得ることです。

 

医学界は、一般に、HGH、IGF-1、および
テストステロンのような同化性ステロイドの、人工呼吸器、体重減少、
または運動の努力のために、副作用と同様に誤用
および乱用の可能性が高いために
使用することを控えるべきだと考えているようです。

 

また、IGF-1、成長ホルモン、アナボリックステロイドを
服用している間に増加された筋肉量は一時的なものであり、
サプリメントや薬物の摂取をやめると
減少する傾向があることにも注意してください。

 

IGF-1の副作用の可能性を常に考慮して、
身体にみられる利益とのバランスを取ることが重要です。

 

IGF-1も私は摂取したことがありましたが
若かったせいもあって体感はありませんでした。

 

摂取をやめてしまうと筋肉量が減少してしまう可能性があるので、
ちょっと嫌ですが今の年齢でどれ程の体感があるのか購入して
試してみたいという欲求にはかられます。

 


IGF-1 トローチ 30粒 海外直送品

 

 

7-KETO

コレウスフォルスコリとは

スポンサーリンク