スポンサーリンク

ガルシニアカンボジア抽出物サプリメント、ヒドロキシクエン酸(HCA)

ガルシニアカンボジアとは

 

マラバルタマリンドとも呼ばれるガルシニアカンボジア果実は、
体脂肪率を減少させることができる簡単な方法として宣伝され販売されています。

 

体の脂肪生成能力をブロックし、食欲を抑えると言われています。
ガルシニアカンボジアは、よりスリムなボディーへの素早い効果を望む人々の注目
を集めているダイエット補助サプリメントとして知られています。

 

インドネシア、インドネシア、ミャンマーなどの南西部で成長しています。

 

オレンジ色の大きさのカボチャの形をした果物は、
赤みを帯びたものに変わります。

 

ガルシニアカンボジアは、胃の不調を助けるために
長い間使用されてきましたが、
その用途のためによく知られているものです。

 

しかし、科学者たちは、ガルシニア・カンボジアの皮の
天然物質がヒドロキシクエン酸(HCA)と
呼ばれることを発見した潜在的に魅力的な資質を持っていると考えたようです。

 

HCAは、炭水化物から脂肪を生成するための身体の作用機序に不可欠な
クエン酸リアーゼとして知られている重要な酵素を阻害し、
体のセロトニンレベルを上昇させ、それによって
あなたの食欲を抑えると言われています。
この理由で、このサプリメントが次のような効果をもたらすと主張されています。

 

?体重減少
?腹部脂肪の減少
?低レベルの悪玉コレステロール
?体組成の変化と痩せた筋肉量の増加
?全体的な健康状態の改善

 

などです。

 

しかし、これらの主張にもかかわらず、ガルシニアカンボジアは、
それがうまく減量につながるという十分な証拠が無いので、
奇跡のようにダイエット効果があると考えるのは時期尚早です。

 

ガルシニアカンボジアについていくつかの研究が行われていますが、
異なる結果が示されています。

 

動物実験では、食事の摂取量が減り、体重が減少したマウスのように、
ガルシニアカンボジア抽出物の潜在的な影響が明らかになりました。

 

しかし、ヒトの研究では決定的では無いとのことです。

 

実際、この補足に関する人間の研究は、相反する結果を見出したようです。

 

研究では、ガルシニアカンボジアが軽度の減量効果があることが分かりましたが、
他の研究では、人々の体重に顕著な変化はなかったと報告されているそうです。

 

現存するガルシニアカンボジアの研究の広範なレビューは、
このサプリメントが食欲と満腹感に影響を与えるという
確かな証拠はないと結論つけています。

 

さらに、ガルシニアカンボジアを12週間持続的に摂取させ、
135人の参加者があったこのガルシニアカンボジアサプリメントに
関する最大の個別研究でガルシニアカンボジアを服用した人は、
プラセボ(ガルシニアカンボジアの偽のものを服用させた)
を与えられた人と比べて体重減少の点で差がないことを示したとのことです。

 

ガルシニアカンボジアの副作用は、糖尿病治療薬と相互作用する可能性です。

 

このサプリメントを服用すると、実際に糖尿病患者の血糖値が
危険なレベルまで低下する可能性があります。

 

マウスの実験では、このガルシニアカンボジアの抽出物の
過剰摂取は精巣萎縮(睾丸の縮小)を引き起こし、
精子の産生を妨げることが見出されています。

 

一方、抗うつ薬を服用していた女性は、
市販のガルシニアカンボジアカプセルを補充した後、
セロトニン毒性を発現させたようです。

 

このサプリメント療法は、これらの2つの状態を悪化させる可能性があるため、
認知症またはアルツハイマー病の人々にはあまり有益ではないでしょう。

 

体重を管理する最良の方法は、健康的な
食事と行動的な生活習慣を通して行われるべきです。

 

健康的なライフスタイルが最適な健康を達成するための鍵です。

 

ダイエット目標に達するためにこれらのサプリメントに頼る代わりに、
バランスの取れた健康的な食事を食べ、
適切なライフスタイルを代わりに採用することをお勧めします。

 

天然ガルシニアカンボジア果実は安全なようです。

 

ガルシニアカンボジアのサプリメントには安全性の懸念がいくつかありますが、
果物そのものは安全に食べられ、長い間料理に使用されています。

 

ガルシニアカンボジア果実は酸性であり、生で食べることができるものです。

 

新鮮なものであろうと、乾燥したものであろうと、その肉質の皮は
、カレーに追加される調味料として利用されています。

 

ガルシニアカンボジアにおけるHCAの効果の1つは、
行動、気分、食欲および性的欲求に関連する
ホルモンであるセロトニンレベルの上昇です。

 

低レベルのこの神経伝達物質セロトニンは
うつ病および不安を引き起こすと言われています。

 

しかし、ガルシニア・カンボジアがうつ病を緩和できることを確認する
重要な研究はないとのことです。

 

ガルシニアカンボジアの一日の摂取容量については現在でも、
適切な用量範囲を決定する科学的情報は不十分です。

 

また、年齢、健康状態、その他のいくつかの要因など、
いくつかの要因に依存する可能性があります。

 

身近なところでは、ダイエットプロテインに入っていたり
脂肪燃焼系サプリメントなどにもミックスされています。

 

はっきりした効果は研究では明らかになってはいないようですが、
満足している人も多いというのは事実のようです。

 

私が使ってみたファインラボ社のファイナルバーンにも含まれています。

 

メーカーによっても品質や体感は、大分変ってくるような気がします。

 

私はファイナルバーンとEVLution Nutritionのリーンモードは
使ったことがありファイナルバーンは今一つ私には合いませんでしたが
EVLution Nutritionのリーンモードはいいです。

 

ガルシニアカンボジア 500 mg
グリーンコーヒー豆エキス 500 mg
CLA(共役リノール酸) 500 mg
アセチル-L-カルニチン 500 mg
緑茶葉エキス(標準60%EGCG) 250 mg

 


EVLution Nutrition CLA1000(体重管理サポートサプリ・非刺激性)90カプセル [海外直送品]

 

 

ラズベリーケトンとは

緑茶カテキンとは、EGCG

スポンサーリンク