スポンサーリンク

カフェイン

その作用は世界的にも知られています。

 

カフェインのプラスとマイナスの影響について
疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

 

カフェインがあなたのダイエット時の食生活のニーズに合っているかどうかを見極めてください。

 

カフェインはダイエットする人に良い効果をもたらします。

 

コーヒーやその他のカフェインが糖尿病の予防、頭痛の治療、
喘息のコントロール、パーキンソン病のリスクの低下、
さらには体重減少を助けることができるということがよく言われています。

 

カフェイン摂取のさまざまな利点と欠点を調べる19,000以上の研究が見つかるとのことです。

 

ある研究によると、コーヒーはほぼ有益とのことです。

 

一般的に、特定のグループの人々(妊娠中の女性や心臓病の人など)だけが
カフェインを避けるように警告されています。

 

特定の人以外は、朝のコーヒーをやめる必要はありません。

 

これは特に体重を減らそうとしている場合に当てはまります。

 

おそらくカフェインは、多くの一般的なダイエット食品や
脂肪燃焼サプリメントスタックの
主要成分であることに気付くことが多いでしょう。

 

あなたが体重を減らすのを助けるためにコーヒーや他の
カフェイン飲料、タブレット、カプセルを飲むことが
有益であると聞いたことがあるでしょう。

 

カフェインを摂取すると、あなたの体が遊離脂肪酸を血流に放出する
脂肪分解のプロセスが始まります。

 

これはあなたの体がエネルギーに変換するために
あなたの脂肪脂肪のスタックを分解しているときに発生します。

 

言い換えれば、カフェインはあなたの代謝をわずかに増強し、
脂肪を燃やすのに役立ちます。

 

誰もがコーヒーや似たような飲み物や錠剤について知っていることがあれば、
それはカフェインはある程度の中毒性を持ったものであるのは
間違いないです。

 

それは覚醒度を高め、眠気を一時的に防ぎます。

 

つまり、特定の作業をより長く行うことができます。

 

これは単に精神的な仕事に限られていません。

 

これには、ウェイトトレーニングやリフティングなどの物理的な行為も含まれます。

 

これは、カフェインの少しの補給は、あなたの運動中に
パワーを与えるために必要なエネルギーを産出することができることを意味します。

 

そしてジムでパワーを与えることは、あなたが望む結果をより迅速に得ることを意味します。

 

ですから、カフェインが本当にあなたのダイエットのサポートで
あなたに有益であるとのことが分かっていただけると思います。

 

どのくらいのカフェインが必要かというとこれは、様々な人が
異なる方法でカフェインに反応するので、
人それぞれで摂取量は調整するべきです。

 

ある人はコーヒーを1杯のみでも中毒的な反応を起こしたりする一方で
他の人は一日中コーヒーを飲み続けても何の体調の変化も感じない人もいます。

 

一般的に数百ミリグラムが顕著な効果をもたらすだろうと言われます。

 

最初は100ミリグラムぐらいで試してみて、
身体に中毒的な反応が見られない場合に
少し増やしてみたりして調整します。

 

過剰な摂取は控えるべきではありますが。

 

それがどのように体調に変化をもたらすのを確認してから、
200ミリグラムぐらいまで増やしてみていったもいいかもしれません。

 

バルクスポーツでは、最高200ミリグラムぐらいを推奨しているようなので、
この研究結果にある程度もとずいて決定しているのかもしれません。

 

何の変化も感じない場合に限っては、
50ミリグラムぐらい増量して摂取している人も海外にはいるようですが、
日本人とは体格差があるので日本人での摂取容量は
サプリメントメーカーの摂取容量を守ったほうが良いと思います。

 

サプリメントはともかく他の食品からどれだけの
カフェインが摂取されているかも分からないので
ある程度控えめに飲んでいたほうが良いかもしれません。
バルクスポーツでは、他のコーヒー飲料の摂取は避けてほしいと記載されています。

 

紅茶やチョコレートにもカフェインが含まれています。

 

異なったコーヒーのブランドや異なるロースト方法でさえもさまざまな
レベルのカフェインがどれだけ含まれているのか正確には分からないので、
カフェインを含むコーヒーを飲んでいる人は摂取量に特に注意したほうが良いでしょう。

 

一般的には、1杯分のコーヒーには約80?125ミリグラムの
カフェインが含まれていると言われています。

 

そのため、カフェインをコーヒーで摂取したい場合は、一杯で始めて、
気分がどのように変化するかを確認してください。

 

正しく飲んでいれば、エネルギーと注意力を高めることができます。

 

カフェインは素晴らしいですが、注意してください。

 

カフェインが体重減少の結果を高めることができることは、
ある程度理解していただけたかと思います。

 

あくまでもコーヒーからカフェインを摂取するのであればブラックコーヒーが良いです。

 

カフェラテやカプチーノではマイナスです。

 

あなたが妊娠している、心臓の問題を抱えている、
あるいは他の脆弱性や病気がある場合は、
カフェインを服用する前にまず医師に相談してください。

 

カフェインは薬物、特に中毒作用のあるものです。

 

その点も注意しなければなりません。

 

したがって、あなたが中毒にならないように、
または高い耐性を発揮するためにどれくらい
使用するかを注視する必要があります。

 

適度な利用で良いダイエットとフィットネスの良好な結果を
確認し楽しむことができます。

 

このようなことが一般的に言われています。

 

眠れなくなったり、不安や、イライラの原因になったりしますので
取り過ぎは本当に厳禁です。

 

大体一回の摂取量は100mg〜200mgぐらいで、
3〜4時間ぐらいの間隔は置かないと危険な人もいます。

 

皆さん一度ぐらいコンビニエンスストア等で売られている
カフェイン含有の眠気ざまし用の小さい瓶のドリンクが売られているのを
見たことがあると思いますが、ガソリンスタンドの店員が
それの飲み過ぎで死亡したというニュースがあったのをご存知でしょうか?

 

ハリウッド映画などでも見たことがあるのですがカフェイン中毒で手が震えたり、
イライラや不安感を持つようになったという作品を見ました。

 

ダイエット効果はありますが、コーヒーや、お茶にも普通に含まれていますので、
コーヒー、お茶との併用は危険が伴いますので、ご注意ください。

 

コーヒー好きな人も多いと思いますのでサプリメントで摂取する量は100mg
ぐらいに抑えた方が安全だと思います。

 

ちなみに私はカフェイン含有のサプリやコーヒーなどを摂取しても殆ど
眠れなくなったりしません。

 

ダイエット用のサプリによくカフェインは含まれていますが
個人的には効果は少ないようです。

 

耐性が出来てしまっているようです。

 

個人差はあると思いますので、あまり今までカフェインを摂取してこなかった人は
少しずつ摂取量を増やしていったほうが無難かもしれません。

 

運動やダイエットをする人はカフェインは有効です。

 

主にトップページで紹介している脂肪燃焼系ダイエットサプリメントや

 

プレワークアウトサプリメントには殆どカフェインが含まれていますので、

 

そういったサプリメントを使えば特にカフェイン単体で購入する必要はないと思います。

 

緑茶カテキンとは、EGCG

ガラナとは

 


スポンサーリンク