スポンサーリンク

ビタミンの種類と作用と役割

 

 

ビオチン

 

ビオチンは、ビタミンBに分類される水溶性ビタミンです。

 

ビタミンHとも呼ばれています。

 

人体では、特定の栄養素をエネルギーに変換するのに役立つビオチンが必要といえます。

 

また、髪、肌、爪の健康にも重要な役割を果たします。

 

ビオチンが十分に得られていない場合は、
脱毛や鱗状の赤い発疹が生じることがあります。

 

しかし、欠乏はまれです。

 

ほとんどの場合、あなたの食事から得られるビオチンは、
それが提供する健康上の利益を得るのに十分です。

 

それでも、多くの人々が追加的な利益のために摂取量を増やしています。

 

あなたの食事にビオチンを加える方法、
ビオチンサプリメントで探すべきもの、
可能性のある副作用などを調べて見てください。

 

ケラチンは、あなたの髪、肌、爪を構成する基本的なタンパク質です。

 

ビオチンがあなたの体のケラチンインフラストラクチャを改善することは明らかです。

 

しかしそれを超えて、研究者は毛髪やスキンケアで
ビオチンがどのような役割を果たしているかに
ついては本当に確信してはいないとのことです。

 

毛の成長に対するビオチンの影響に関する研究は
まだそれほど進んでいません。

 

今日まで、ビオチン摂取量の増加が育毛の促進に役立つ
可能性があるという少数の証拠しかないようです。

 

例えば、2015年の研究では、毛を薄くした女性に、
ビオチンを1日2回、90日間経口投与した
海洋タンパク質補助食品を投与しました。

 

研究の始めと終わりに、頭皮上の患部のデジタル画像を撮影して見たとのことです。

 

各参加者の髪も洗浄し、脱毛した毛を数えました。

 

研究者は、MPSの投与を受けた女性が脱毛の影響を受けた
頭皮の領域でかなりの量の育毛が見られたことを発見しました。

 

パントテン酸

 

パントテン酸はビタミンで、ビタミンB5としても知られています。

 

肉、野菜、穀類、豆類、卵、牛乳など植物や動物の両方に広く見られます。

 

ビタミンB5は、D-パントテン酸として市販されており、
D-パントテン酸から研究室で製造された化学物質である
デクスパンテノールおよびパントテン酸カルシウムも市販されている。

 

パントテン酸は、ビタミンB複合製剤中の
他のビタミンB類と組み合わせて頻繁に使用されるものです。

 

ビタミンB複合体は一般にビタミンB1(チアミン)、ビタミンB2(リボフラビン)、
ビタミンB3(ナイアシン/ナイアシンアミド)、
ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6(ピリドキシン)、
ビタミンB12(シアノコバラミン)、および葉酸を含みます。

 

しかし、一部の製品はこれらの成分をすべて含まず、
ビオチン、パラアミノ安息香酸(PABA)、
酒石酸コリン、およびイノシトールなどの他の成分を含むものもあります。

 

パントテン酸は長い用途リストを持っていますが、
これらの用途のほとんどが有効かどうかを
判断するのに十分な科学的証拠はありません。

 

自閉症、燃焼足症候群、酵母感染症、心不全、
手根管症候群、呼吸器疾患、セリアック病、アテローム性動脈硬化症、
アレルギー性鼻炎、結腸炎、痙攣、および膀胱炎が挙げられる。

 

それはまた、ふけ、うつ病、糖尿病性神経の痛み、
免疫機能の向上、運動能力の改善、舌の感染症、
白髪病、頭痛、多動、低血糖、睡眠障害(不眠症)、
過敏性、低血圧、筋ジストロフィー、妊娠
またはアルコール依存症に伴う脚の筋肉痙攣、
神経痛および肥満の治療に有用であるとのことです。

 

パントテン酸は、変形性関節症、慢性関節リウマチ、
パーキンソン病、神経痛、月経前症候群(PMS)、前立腺肥大症、
精神的および肉体的ストレスおよび不安に対する保護、
先天性甲状腺機能低下症への甲状腺治療の有害作用の軽減、
慢性疲労症候群、サリチル酸毒性、ストレプトマイシン神経毒性、
めまい、創傷治癒などの副作用を引き起こす可能性があるものでもあります。

 

パントテン酸は、私たちの体に、炭水化物、タンパク質、
および脂質を適切に、健康な皮膚に使用するために重要です。

 

葉酸

 

葉酸は、水溶性ビタミンBの形態です。

 

葉酸は食品中に自然に存在し、葉酸はこのビタミンの合成形態です。

 

葉酸は、穀類、小麦粉、パン、パスタ、ベーカリー食品、クッキー、
およびクラッカーに加えられています。

 

自然に葉酸が多い食品には、葉菜類(ホウレンソウ、ブロッコリー、レタスなど)、
オクラ、アスパラガス、果実(バナナ、メロン、レモンなど)、豆、
酵母、キノコ、肉(牛の肝臓や腎臓)、オレンジジュース、
トマトジュースなどがあります。

 

葉酸は、葉酸の低血圧(葉酸欠乏症)、ならびに「疲れた血液」(貧血)
および腸が適切に栄養を吸収できないことを含むその合併症
を予防および治療するために使用される。

 

葉酸は、潰瘍性大腸炎、肝疾患、アルコール依存症、
腎臓透析などの葉酸欠乏症に一般的に伴う他の病態にも使用されています。

 

妊娠しているか妊娠している可能性のある女性は、
流産を防ぐために葉酸を摂取し、発達中に胎児の背骨および
背中が閉じることがないときに起こる脊髄二分脊椎のような
先天性欠損症である。

 

結腸癌や子宮頸がんを予防するために葉酸を使用する人もいます。

 

それはまた、心臓病や脳卒中を予防するとともに、ホモシステイン
と呼ばれる化学物質の血中濃度を低下させるためにも使用されます。

 

高いホモシステインレベルは、心臓病のリスクである可能性があります。

 

葉酸は、記憶障害、アルツハイマー病、加齢性難聴、
眼疾患の加齢黄斑変性症(AMD)の予防、
老化の徴候の減少、骨の弱化(骨粗鬆症)、
不安定な脚(不穏下肢症候群)うつ病、神経痛、
筋肉痛、AIDS、白斑と呼ばれる皮膚疾患、
および脆弱X症候群と呼ばれる遺伝病が挙げられる。

 

葉酸はしばしば他のビタミンB群と組み合わせて使用??されます。

 

葉酸は人体の適切な発達に必要です。

 

それは、DNAと呼ばれる遺伝物質の生成に関与し
他の多くの身体機能に関与しているもののようです。

 

ナイアシン

 

体内で十分なナイアシンやビタミンB3を持つことは、
一般的な健康にとって重要です。

 

治療として、より多量のナイアシンは、コレステロールレベルを改善し、
心血管リスクを低下させることができる。

 

コレステロール治療として、ナイアシンが
良好な善玉コレステロールおよびトリグリセリドのレベルを
高めることができることを示す良好な研究があります。

 

ナイアシンはまた、悪玉コレステロールを
適度に低下させることが出来るとされています。

 

コレステロールコントロール用のスタチンと組み合わせて
処方されることがよくあります。

 

しかしながら、ナイアシンはかなり高用量でコレステロール治療としてのみ有効であるとのことです。

 

これらの高用量では、肝臓の損傷、胃腸の問題、
または耐糖不耐などのリスクを引き起こす可能性があります。

 

だから、店頭のナイアシンサプリメントで
自分を治療しようとするようなことは避けるべきもののようです。

 

ちゃんと医師に相談することが重要なようです。

 

ナイアシンには他の利点があります。

 

アテローム性動脈硬化症を軽減するのに役立ち、
一部の人々の動脈硬化を助長させない良い研究結果があるようです。

 

既に心臓発作を起こしている人にとって、ナイアシンはリスクを低下させるようです。

 

ビタミンB2 リボフラビン

 

リボフラビンとも呼ばれるビタミンB2は、8種類のビタミンBの1つです。

 

すべてのビタミンB群は、体内の食糧(炭水化物)を
燃料(グルコース)に変換するのに役立ち、
エネルギーを生成するために使用されます。

 

これらのビタミンBは、しばしばB複合ビタミンと呼ばれ、
体内の脂肪やタンパク質の代謝を助けます。

 

複合ビタミンBは、健康な肝臓、皮膚、髪、および目に必要です。

 

彼らはまた、神経系が適切に機能するのを助けとのことです。

 

すべてのビタミンBは水溶性であり、
体内にそれらを保存していないことを意味します。

 

リボフラビンは体内のエネルギーを生成するだけでなく、
フリーラジカルとして知られる
体内の有害な粒子と戦う抗酸化物質として働きます。

 

フリーラジカルは、細胞やDNAに損傷を与え、
心臓病や癌などの多数の健康状態の進行とともに、
老化プロセスに寄与する可能性があります。

 

リボフラビンなどの抗酸化物質は、フリーラジカルと戦うことができ、
それらが引き起こす損傷の一部を軽減または防止するのに役立ちます。

 

リボフラビンは、体内でビタミンB6と葉酸塩を使用できる形に変えるのを助けるためにも必要です。

 

成長と赤血球の生産にとっても重要です。

 

バランスの取れた食事を食べるほとんどの健康な人は
十分なリボフラビンを得ることが出来ているはずです。

 

しかし、高齢者およびアルコール依存症は、
食生活不良のためリボフラビン欠乏症の危険にさらされる可能性があります。

 

リボフラビン欠乏症の症状には、様々あります。

 

ビタミンB2は、他の栄養素と一緒に、通常の視力にとって重要です。

 

初期の研究では、リボフラビンが白内障の予防に役立つことが示唆されています。

 

ナイアシンとリボフラビンのサプリメントを服用した人は、
他のビタミンや栄養を摂取した人よりも白内障が少なかったとのことです。

 

しかし、研究者は、それがリボフラビン、ナイアシン、
またはその2つの組み合わせによるものかどうかはわかりません。

 

リボフラビンが白内障の予防に本当に役立つかどうかを調べるには、
より多くの研究が必要だという事実もあるようです。

 

いくつかの研究では、片頭痛を患っている人は、片頭痛を受ける頻度を減らし、
片頭痛の持続時間をリボフラビン服用で減らすことができることを示唆しています。

 

1日400mgのリボフラビンを服用すれば、偏頭痛発作の回数が半減することが示されました。

 

しかし、この研究では、リボフラビンと片頭痛を予防するために使用されていた
従来の薬物療法とを比較しなかったため更なる研究が必要なようです。

 

ビタミンB6、マグネシウムとともにビタミンB2を補給することで、
自閉症児の尿中のジカルボン酸(異常有機酸)
濃度が低下することが予備研究によって示唆されています。

 

チアミン

 

チアミンは、ビタミンB1とも呼ばれるビタミンです。

 

ビタミンB1は、酵母、穀類、豆、ナッツ、肉などの多くの食品に含まれています。

 

それはしばしば他のビタミンB類と組み合わせて使用??され、多くのビタミンB複合体製品に含まれています。

 

ビタミンB複合体は一般にビタミンB1(チアミン)、ビタミンB2(リボフラビン)、
ビタミンB3(ナイアシン/ナイアシンアミド)、ビタミンB5(パントテン酸)、
ビタミンB6(ピリドキシン)、ビタミンB12(シアノコバラミン)、および葉酸を含みます。

 

一部の製品はこれらの成分をすべて含まず、ビオチン、
パラアミノ安息香酸(PABA)、酒石酸コリン、
およびイノシトールなどの他の成分を含むものもあります。

 

ペラグラまたは妊娠に関連する神経の脚気および
炎症(神経炎)を含むチアミン(チアミン欠乏症候群)の
低レベルに関連する状態について、人々はチアミンを摂取します。

 

チアミンはまた、食欲不振、潰瘍性大腸炎および
進行中の下痢を含む消化器系の問題にも使用されています。

 

チアミンはまた、エイズや免疫系、糖尿病性疼痛、心臓病、
アルコール依存症、老化、小脳症候群、潰瘍、
白内障や緑内障などの視力障害、運動酔い、
運動能力向上などをサポートするビタミンの一種です。

 

他の用途には、子宮頸癌および腎臓病の進行を予防することが含まれるようです。

 

いくつかの人々は肯定的な精神的態度を維持するためにチアミンを使用します。

 

学習能力を高めるともいわれます。

 

エネルギーを増やす。

 

ストレスと戦うとも言われています。

 

アルツハイマー病を含む記憶喪失を予防するとのことです。

 

医療従事者は、ヴェルニケ脳症症候群と呼ばれる記憶障害、
重症患者の他のチアミン欠乏症候群、
アルコール離脱および昏睡のためのチアミン注射を与えることがあるそうです。

 

科学的証拠に基づいて有効性を評価します。

 

チアミン欠乏症口でチアミンをとることは、
チアミンの欠乏を予防し治療するのに役立ちます。

 

チアミン欠乏による脳障害(ヴェルニケ・コルサコフ症候群)。

 

チアミンは、Wernicke-Korsakoff症候群(WKS)
と呼ばれる特定の脳障害のリスクと症状を軽減するのに役立ちます。

 

この脳障害は低レベルのチアミン(チアミン欠乏症)に関連しており、
アルコール依存症でよく見られます。

 

アルコール中毒者の30%から80%がチアミン欠乏症を有すると考えられているようです。

 

ビタミンA

 

それは多くの果物、野菜、卵、全乳、バター、強化マーガリン、
肉、および油性海水魚で見ることができます。

 

実験室でも作ることができます。

 

ビタミンA欠乏症の治療にビタミンAが使用されています。

 

ビタミンA欠乏症の子供のマラリア、HIV、麻疹、下痢などの合併症を軽減するためにも使用されています。

 

女性は、月経過多、月経前症候群(PMS)、膣感染症、酵母感染症、
塊状乳房(線維嚢胞性乳房疾患)、
乳癌を予防するためにビタミンAを使用します。

 

HIVを持つ女性の中には、妊娠中、出産中、または母乳育児中にHIVを
赤ちゃんに伝えるリスクを減らすためにビタミンAを使用するものがあります。

 

男性はビタミンAを使って精子数を上昇させます。

 

視力を改善し、加齢性黄斑変性)、緑内障、
白内障などの眼疾患を治療するために、ビタミンAを使用する人もいます。

 

ビタミンAは、ざ瘡、湿疹、乾癬、灼熱傷、創傷、火傷、日焼け、
角化症(Dariers disease)、魚鱗癬(非炎症性皮膚鱗屑)、
扁平苔癬、色素性紅斑症および淡蒼球ルブラピラリスを含む
皮膚状態にも使用されるものです。

 

また、胃腸潰瘍、クローン病、歯肉疾患、糖尿病、
ハーラー症候群(ムコ多糖症)、副鼻腔感染症、
花粉症、および尿路感染症にも使用されます。

 

ビタミンAは、シゲラ症、神経系の病気、鼻の感染症、
嗅覚の喪失、喘息、持続性頭痛、腎臓結石、過活動甲状腺、
貧血(貧血)、難聴、耳鳴り、前癌性口内炎。

 

他の用途には、癌の予防および治療、心臓および心血管系の保護、
老化プロセスの遅延、および免疫系の増強が含まれる。

 

ビタミンAは、創傷治癒を改善し、しわを低減し、
紫外線から皮膚を保護するために皮膚に適用されます。

 

ビタミンAは、私たちの目、皮膚、免疫システム、
その他多くの体の適切な発達と機能のために必要です。

 

摂りすぎで死んだ人もいるようですのでβーカロチンで摂取したほうが良いようです。

 

βーカロチンは体内にとどまり、ビタミンAが不足した時に
ビタミンAに変換してくれる優れたサプリメントだと言われています。

 

ビタミンB6

 

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれます。

 

それは、セロトニンとノルエピネフリンを作る過程に関与しています。

 

セロトニンとノルエピネフリンは、脳にシグナルを伝達する化学物質です。

 

ビタミンB6はまた、神経細胞の周囲に形成される
タンパク質層であるミエリンの形成にも関与しているとのことです。

 

大人のビタミンB6欠乏症は、神経、皮膚、粘膜、
および循環系に影響を及ぼす健康上の問題を引き起こす可能性があります。

 

小児では中枢神経系にも影響があります。

 

欠乏症は、腎不全合併症、アルコール依存症、肝臓瘢痕、
過活動甲状腺、栄養素吸収の問題、および心不全を患っている人々、
および特定の薬物療法を受けている人々に起こりうるもののようです。

 

ビタミンB6の軽度の欠乏が一般的です。

 

ビタミンB6の主な供給源は、穀類、豆類、
野菜(ニンジン、ほうれん草、エンドウ豆、ジャガイモ)、
ミルク、チーズ、卵、魚、肝臓、肉、および小麦粉などです。

 

ビタミンB6は、しばしばビタミンB複合体配合物中の他のビタミンB群と一緒に使用されます。

 

アミノ酸ホモシステインの血中濃度が高いと、
心臓病の危険因子となる可能性があります。

 

ビタミンB6サプリメントを他のビタミンB(葉酸とビタミンB12)と一緒に摂取することは、
ホモシステインレベルを低下させるのに有効であることが示されているとのことです。

 

ビタミンB6は、貧血(低量の健康な赤血球)、ビタミンB6欠乏症、
新生児における特定の発作、および薬物サイクロセリンの副作用を含む
多くの状態の治療のために研究されているようです。

 

他の用途に左右される研究結果はまだまだのようです。

 

ビタミンB12

 

ビタミンB12は、魚、貝類、肉、卵、乳製品などの様々な食品によく見られる
必須の水溶性ビタミンです。

 

ビタミンB12は、ビタミンB複合製剤中の
他のビタミンB類と組み合わせて頻繁に使用されます。

 

ビタミンB12はDNA合成において重要であるビタミンです。

 

ビタミンB12は食物中のタンパク質に結合します。

 

胃酸は、消化中にタンパク質からB12を放出する。

 

一旦放出されると、B12は内因性因子と呼ばれる
物質と結合して血流に吸収されます。

 

人体は肝臓に数年間のビタミンB12を貯蔵するため、
体内での低レベルはまれです。

 

ビタミンB12レベルの低下は、高齢者、
HIV感染者、および菜食主義者でより一般的なようです。

 

腸管からビタミンB12を吸収する能力がないと、
悪性貧血と呼ばれる貧血の一種が発生する可能性があります。

 

「過度の発汗」の発熱および症状は、ビタミンB12のレベルが
低いためであると報告されているようです。

 

しかし、これらはビタミンB12治療で解消されています。

 

ビタミンC

 

ビタミンC(アスコルビン酸)は水溶性ビタミンです。

 

私たちはそれを体内に保存することはできません。

 

つまり、毎日食事からそれを必要としています。

 

ビタミンCは細胞を保護し、健康を保つのに役立ちます。

 

これは、健康な結合組織を維持するコラーゲンの生産にも関与しており、
皮膚、骨および血管を含む組織および器官の支持
および構造にとって重要であるとのことです。

 

ビタミンCは創傷治癒を助け、ビタミンCを消費すると、ケール、ブロッコリー、
および芽などの植物源から吸収できる鉄の量が増加します。

 

ビタミンCは、フリーラジカルと呼ばれる有害な分子や
タバコの煙のような有害な化学物質や
汚染物質によって引き起こされる損傷から保護することができる
多くの抗酸化物質の1つです。

 

研究によれば、フリーラジカルは、癌、心臓病、
関節炎などの健康状態の悪化の原因になり得るようです。

 

食生活に十分なビタミンCを摂取しない人々は、
壊血病になる危険性がありますが、
先進国で壊血病の症例を見つけることは非常にまれです。

 

ビタミンCが豊富になっていないという人体には、
歯茎出血、嗜眠、骨の痛み、関節痛などが
含まれているということが言われています。

 

傷が治癒しなかったり、癒されたように見えても傷が治っていない場合は、
ビタミンC欠乏症があるかもしれません。

 

バランスの取れた食事を食べると、ビタミンCの欠乏症は起こりそうにありません。

 

多くの食品会社は、ビタミンを含むパン、シリアル、
および大豆ミルクなどの自社製品を強化しています。

 

酸化防止剤としてビタミンEと共に含まれていることが多いです。

 

現在、ビタミンCの欠乏症は、非常に過酷なダイエットの人々にしか見られないとのことです。

 

それ以外ではフルーツや野菜を食べない人、
加工食品だけでビタミンC欠乏症がある可能性はあるようです。

 

成人の推奨栄養摂取量は1日当り40ミリグラムのビタミンCです。

 

喫煙者は体の組織と血液中のビタミンCを枯渇させるため、
喫煙者は普通の人よりも多くのビタミンCを必要とします。

 

手術を受けた人は、傷病の治癒を助けるために
追加のビタミンCを補充しなければいけません。

 

摂取のし過ぎにも特にリスクはなく尿として排出されるだけです。

 

しかし、ある研究では、ビタミンCサプリメント(ビタミンC 1グラムを含む)と

 

腎臓結石との間にも関連性が見出されているとのことです。

 

ビタミンCサプリメントを服用している男性は、栄養補助食品を服用していない
男性と比較して腎臓結石を発症する可能性が2倍高いことが分かったようです。

 

ビタミンD

 

ビタミンDは、魚、卵、強化乳、タラ肝油などの多くの食品に含まれています。

 

日光にあまり当たらない人は欠乏する可能性があります。

 

「ビタミンD」という用語は、このビタミンのいくつかの異なる形態を指します。

 

植物で作られたビタミンD2と、日光にさらされたとき
人間の肌で作られたビタミンD3の2つの形が人間にとって重要です。

 

食品はビタミンD2またはD3で強化することができます。

 

ビタミンDの主な役割は、カルシウムとリンの正常な血中濃度を維持することです。

 

ビタミンDは身体がカルシウムを吸収するのを助け、強い骨を形成し維持します。

 

これは、骨の健康を改善し、骨折を減少させるために、
単独で、またはカルシウムと一緒に使用されます。

 

ビタミンDはまた、骨粗鬆症、高血圧、癌、
および他の疾患を予防することができる。

 

くる病および骨軟化症は、古典的なビタミンD欠乏症である。

 

小児では、ビタミンDの欠乏はくる病を引き起こし、
これは骨の軟化または弱化です。

 

成人では、ビタミンDの欠乏は骨軟化症につながり、
骨や筋肉が弱くなります。

 

ビタミンD欠乏症のリスクが高い人には、高齢者または肥満者、
日光曝露が限られている人、母乳育児の乳児が含まれます。

 

嚢胞性線維症(肺に粘液が蓄積する)や
炎症性腸疾患などの症状を有する人々も、
ビタミンD欠乏の危険性がある。

 

ビタミンE

 

ビタミンEは脂肪に溶けるビタミンです。

 

植物油、穀物、肉、家禽、卵、果物、野菜、
および小麦胚芽油を含む多くの食品に見られるものです。

 

それは補足としても利用可能です。

 

ビタミンEは、稀なビタミンE欠乏症の治療に使用されていますが、
遺伝的に障害のある人や、未熟児の体重が非常に低い人に
発生する可能性があります。

 

心臓発作、胸痛、動脈閉塞による脚の痛み、高血圧など、
心臓や血管の疾患の治療や予防にビタミンEを使用する人もいます。

 

ビタミンEはまた、糖尿病およびその合併症の治療にも使用される。

 

喫煙者の癌、特に肺および口腔癌を予防するために使用される。

 

結腸直腸癌およびポリープ、および胃癌、前立腺癌、
および膵臓癌を含む。

 

アルツハイマー病やその他の認知症、
パーキンソン病、夜間痙攣、落ち着きのない脚の症候群、
てんかんなどの脳や神経系の疾病にビタミンEを使用する人もいます。

 

ビタミンEはまた、ハンチントン舞踏病、および神経および筋肉を伴う
他の障害にも使用されることがあります。

 

女性は、高血圧、月経前症候群、痛みを伴う期間、
更年期の症候群、乳癌に関連したまばたき、乳房嚢胞などのため、
妊娠後期の合併症を予防するためにビタミンEを使用します。

 

ビタミンEは、透析や放射線などの医療の有害な影響を軽減するために
使用されることがあります。

 

これはまた、ドキソルビシンを服用している人の脱毛や
アミオダロンを服用している人の肺の損傷など、
薬物の望ましくない副作用を減らすためにも使用されます。

 

ビタミンEは、身体的持久力の改善、エネルギーの増加、
運動後の筋肉の損傷の軽減、
筋力の改善に使用されることがあります。

 

ビタミンEはまた、白内障、喘息、呼吸器感染症、
皮膚疾患、老化皮膚、日焼け、嚢胞性線維症、不妊症、
インポテンツ、慢性疲労症候群、消化性潰瘍、
特定の遺伝性疾患およびアレルギーを予防するためにも使用されるものです。

 

一部の人々は、老化を避け、癌治療(化学療法)に使用される
化学物質の皮膚への影響を防ぐために、
ビタミンEを皮膚に塗布する人もいます。

 

サプリメントを摂取することのリスクと利点が分かっている限り、
サプリメントよりもむしろ、果物、野菜、全粒粉のバランスの取れた食事を
食べることにより、ビタミンEを含む抗酸化物質の入手を推奨しています。

 

ビタミンEは、多くの臓器の適切な機能に必要な重要なビタミンです。

 

ビタミンK

 

ビタミンKは血栓を助けるのに重大な役割を果たし、過度の出血を予防します。

 

ビタミンKは他の多くのビタミンとは異なり、通常は栄養補助食品としては使用されません。

 

ビタミンKは実際には化合物群です。これらの化合物のうち最も重要なものは、
ビタミンK1およびビタミンK2であると思われる。

 

ビタミンK1は、葉の緑やその他の野菜から得られます。

 

ビタミンK2は、主に肉、チーズ、および卵から得られ、
細菌によって合成される化合物群である。

 

最近、骨粗鬆症およびステロイド誘発性の
骨量減少を治療するためにビタミンK2を摂取している人がいますが、
研究では相反しているとのことです。

 

この時点で、骨粗鬆症にビタミンK2を使用することを
推奨するのに十分なデータはありません。

 

低レベルのビタミンKは、制御されない出血のリスクを高める可能性があります。

 

ビタミンK欠乏症は成人ではまれである様ですが、
新生児では非常に一般的だと言われています。

 

新生児用のビタミンKの単回注射が一般的です。

 

ビタミンKの欠点はまれでは、稀です。

 

しかし、このような場合、医療提供者は
ビタミンKサプリメントを処方するかもしれないとのことです。

 

マルチビタミンミネラルサプリメントはアイハーブ
マイプロテインで購入しています。

 

ミネラルの種類

スポンサーリンク