スポンサーリンク

大豆イソフラボンとは 女性の閉経,健康,更年期障害

健康上の利益と大豆イソフラボンの有害物質の両方が、
大豆を今日の最も議論の余地のある
食物の1つであることが十分に実証されています。

 

男性および女性には、ダイズイソフラボンを大豆生産物
またはサプリメントの形態で摂取することによって利益を
得ることができると言われています。

 

前立腺癌の予防に始まり、閉経症状を緩和し、
骨粗鬆症のリスクを低下させることから、大豆イソフラボンは多くの点で
人体の健康に有益であると考えられているものです。

 

しかし、大豆イソフラボンを服用することの安全性に関する懸念があるのは、
これらの化合物が私たちの体内の細胞と相互作用するからです。

 

大豆イソフラボンの現在の立ち位置について説明します。

 

大豆イソフラボンの摂取方法と副作用の可能性についても説明します。

 

大豆イソフラボンの更年期障害に関する情報を発見することもできます。

 

大豆イソフラボン、この抗酸化物質が様々な慢性的な健康状態から
人体を守ることができるという事実から出発して、
多くの大豆イソフラボンの利益があります。

 

大豆イソフラボンは、植物由来の植物性エストロゲンの一種である。

 

植物エストロゲンは、エストロゲン活性を示す化合物である。

 

大豆は、人間の食事に含まれる植物エストロゲンの最も豊富な供給源であり、
大豆が科学コミュニティおよびより広範な人々から非常に注目されている
主要な理由の一つです。

 

イソフラボンが人間の健康に果たす役割の大豆は、
いまや熱い議論の対象となっています。

 

大豆イソフラボンは構造的にエストロゲンと分子的に類似しているので、
体内のエストロゲン受容体に結合する傾向があると言われています。

 

大豆イソフラボンはまた、天然エストロゲンの活性を阻害し、
アンドロゲン産生を制御する特定の酵素と相互作用することもあります。

 

これは、環境衛生の観点から出版された研究論文で説明されているように、
膨大な数の研究で十分に実証されています。

 

疫学研究は、大豆の消費を様々な健康上の利点に結びつけています。

 

西洋の人々では1日当たり大豆イソフラボン1グラムの摂取であるのに対し、
東アジアの人々は1日に8.7グラムの大豆タンパク質を消費しています。

 

東アジア諸国では乳癌、子宮癌、骨粗鬆症、前立腺癌の発生率が低いことから、
研究者らはこれは大豆の摂取量と関係があることを示唆しています。

 

がん発生率と大豆消費量に関する研究によれば、
大豆摂取はがんのリスクを低下させる可能性があるが、
一部のアジア諸国では発癌率が低い理由は
他の生活習慣要因と関連している可能性がある。

 

しかし、がん以外にも、大豆イソフラボンは、心臓血管の健康を守り、
閉経症状、更年期障害の重症度を軽減し、骨粗鬆症のリスクを低減し、
加齢性認知低下を予防すると考えられているものです。

 

性ホルモンは新陳代謝を調節し、全体の健康を維持する上で
重要な役割を果たすため、
中年期の低下はしばしば慢性疾患の発症につながります。

 

大豆イソフラボンはエストロゲンを人体に模倣し、
エストロゲンレベルが低下するという副作用を引き起こす可能性があるものです。

 

大豆イソフラボンは、抗酸化物質であることから、
様々なタイプの癌に対して保護を享受することができるという事実から
多くの利点があります。

 

大豆イソフラボンは、あなたの心を最高の形の状態に保つことができ、
閉経をより簡単に行い、骨粗鬆症および認知低下などの
年齢関連の医療問題のリスクを軽減することができます。

 

大豆イソフラボンの健康への影響に関する懸念は、
マウスで行われた研究によるものだと述べられています。

 

単離された大豆イソフラボンを与えられたマウスの研究は、
子宮癌、不妊症、および早産を引き起こしたことを発見したとのことです。

 

さらに、大豆イソフラボンは、甲状腺機能に悪影響を及ぼし得る
ヨウ素吸収を減少させることが知られています。

 

これは、豆乳がしばしばこの効果を打ち消すために
ヨウ素で強化される主な理由である。

 

大豆のこの作用のために、大豆ベースの乳児用調製乳の安全性に関する
大きな懸念があるようです。

 

さらに、大豆の摂取量が多すぎると重度のミネラル欠乏症のような
健康に悪影響を及ぼすこともあるので、
1日2?7gの大豆を摂ることをお勧めします。

 

現代の研究では、早発性思春期、不妊症、
さらには子宮癌のような大豆イソフラボンによって引き起こされる
多くの副作用が確認されています。

 

また、大豆イソフラボンが甲状腺の機能に影響を及ぼし、
ヨウ素の吸収を損なう可能性があることも発見されています。

 

さらに、高用量では、それらはミネラル欠乏につながる可能性もあります。

 

大豆中の実際の大豆イソフラボンの量は
実際の効果をもたらすには低すぎると述べられてもいます。

 

醤油、味噌などの発酵製品は、最高40%の
遊離大豆イソフラボンを含有するため、例外です。

 

さらに、大豆イソフラボンを摂取する最良の方法は、
大豆の完全なタンパク質が健康上の利益を
生むために必要であることが研究によって示されているため、
単離された形態ではなく、天然の大豆からのものであるということです。

 

大豆イソフラボンのサプリメントに関する研究は、
これらのサプリメントが健康に有害な結果をもたらさず、
その品質に応じて全体的な人間の健康を改善できることを示しています。

 

閉経のための大豆イソフラボンの推奨用量は、
個々の症例に応じて40?80mgの範囲で調整されます。

 

安全のためには、医師と相談し、適切な投与量を聞くことが最善です。

 

他のヘルスケアのニーズや既存の条件に従って調整することができます。

 

大豆は約6000年の間、人間によって消費されてきましたが、
最近では大豆が論争の的になる食品になっています。

 

大豆製品は人間の健康に影響を与える可能性があります。

 

しかし、研究者はまだこれらの影響に関する合意には達していないようです。

 

私たちが現在知っていることは、大豆イソフラボンと呼ばれる
大豆中の特定の化学物質が、
エストロゲン受容体に結合することによって
天然エストロゲンを模倣できることである。

 

この大豆イソフラボンの活性は、主にヒトの健康に良い影響を与えることが判明しました。

 

大豆イソフラボンは乳児に多量に摂取された場合の安全性に懸念がありますが、
大豆は一般的に安全と考えられています。

 

結論として、大豆イソフラボンの閉経への効果ははかなり明確なようです。

 

大豆イソフラボンの利点は十分であり、それらを利用しない手はありません。

 

ソイプロテインなどがあるように大豆は貴重な植物蛋白源でもあります。

 

体作りにも一役買ってくれるものです。

 

わたしは、動物性たんぱく質(ホエイプロテイン、カゼインプロテイン)などを使っていますが
牛乳にアレルギーのある方でも気軽に摂取できるサプリメントだと思います。

 

 


DHC 大豆イソフラボン吸収型 20日分(40粒(8g))【DHC サプリメント】

 


DHC 大豆イソフラボン 吸収型 20日分 40粒

 

小顔になる方法

バストの垂れの対策、バストアップ動画

スポンサーリンク