基礎代謝とは?

スポンサーリンク

基礎代謝とは?

 

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説では、

 

基礎代謝とは生命維持に必要な代謝の基本量,例えば早朝空腹時,

 

目はさめているが心身とも安静の状態での代謝量を基礎代謝量という。

 

人種,風土,体格,体質,年齢,性,健康状態などにより差があるが,

 

その人の体表面積 1m2につき,1時間あたりの数字で,

 

日本人健康男子 20〜49歳では 36.0〜37.0kcal,

 

女子ではこれより 10〜15%低く 32.5〜34.0kcal,

 

乳児 (男) で 58.0〜59.0kcal,6〜10歳で 52.0〜53.5kcal程度である。

 

と書かれていますが、要するにこれが高いほど脂肪が付きにくい体であるという風に

 

私は、解釈しています。実際に簡単に説明するとこんな風に書かれているサイトなんかが

 

非常に多いですね。

 

日本人健康男子 20〜49歳では 36.0〜37.0kcalとのことですので子供の頃に比べたら、

 

圧倒的に歳をとるにつれて基礎代謝量が落ちているわけですから、

 

脂肪が付きやすくなるのも当然なことだと思います。

 

しかも日本人健康男子と限定されているのでメタボリックシンドロームや

 

高脂血症、内臓脂肪が多い人などは余計、基礎代謝率は悪いんでしょうね。

 

基礎代謝量を増やす為にも筋肉のトレーニングは、するべきですね。

 



次ページ、身体を動かす趣味を持つ

 

スポンサーリンク