スポンサーリンク

フェヌグリークとは

フェヌグリークというのはハーブの一つです。

 

私は定期的にフェヌグリークを利用することをお勧めします。

 

フェヌグリークには人体の健康を変え、
人生をより良いものに変えることができる
素晴らしい健康上の利点があるからです。

 

最近の研究で示されているように、フェヌグリークは、
人間の性行為のアップと生殖機能を改善するだけでなく、
乳児の栄養を高めることに加えて、
人体内外の炎症を軽減するのに役立つものです。

 

フェヌグリークは、薄緑色の葉と小さな白い花の1年生のハーブです。

 

それはエンドウ科のもので、ギリシアの干し草としても知られています。

 

フェヌグリークは2?3フィートの高さで起立し、
その実は10?20個の小さな、平らな、黄褐色の、
辛味のある芳香族種子を含むものです。

 

フェヌグリークの種子は、セロリ、メープルシロップ、
または焼けた砂糖に似たやや苦い味があり、
しばしば薬を作るために使われます。

 

フェヌグリークは、調理によってもいいスパイスとなってくれます。

 

種子はフェヌグリークの最も広く使用されている部分であり、
通常は乾燥して粉砕されます。

 

葉は調理によく使われます。

 

フェヌグリークは経口で服用することができ、
炎症を治すのに役立つために皮膚に塗布された
ペーストを形成するために使用することもできます。

 

製造上、フェヌグリーク抽出物は石鹸および
化粧品に見出すことができるものです。

 

フェヌグリーク抽出物および油は、食物保存、
味および安全性のための精油と記載されているように、
抗菌、抗酸化、抗糖尿病および抗腫瘍形成活性を有することが知られています。

 

北アフリカ、中東、エジプト、インドで栽培されており、
伝統医学の原料として長い歴史を持っています。

 

それはまた、食品の調製においてスパイスと香料として使用されています。

 

それはこの重要なハーブになると氷山の一角にすぎません。

 

フェヌグリークの利点のすべてを特定し、確認するという点では
より多くの研究が必要ですが、フェヌグリークは多数の健康問題に
役立つことが示されています。

 

ここには最も証明された8つのフェヌグリークのメリットがあります。

 

フェヌグリークは、胃の不調、便秘、胃の炎症など、さまざまな消化器系の問題に役立ちます。

 

例えば、フェヌグリークの水溶性繊維は、他の食品の中でも便秘を和らげるのに役立ちます。

 

消化を治療するためにも働き、抗炎症作用のために
潰瘍性大腸炎の食事療法計画に組み込まれることが多いです。

 

フェヌグリークは、動脈硬化や、コレステロールやトリグリセリドを含む
特定の脂肪の血中高血圧など、心臓病を患っている人にも
恩恵を与えるようです。

 

実際、インドでの研究では、非インスリン依存性糖尿病を患う人々に
毎日2.5gのフェヌグリークを3ヶ月間投与したところ、
トリグリセリドとともに善玉コレステロールに影響を及ぼすことなく、
自然に悪玉コレステロールが低下することが示されました。

 

フェヌグリークは体内の炎症を助けます。

 

 

口腔潰瘍
気管支炎
皮膚の表面の下の組織の感染
結核
慢性咳

腎臓病

 

 

等です。

 

フェヌグリークは数千年前にアーユルヴェーダの医師によって薬効を持つことが証明されました。

 

血糖値を下げるという考えは、糖尿病などの代謝障害や栄養障害の管理など、
多くのことに役立つと報告しています。

 

フェヌグリークは、胃の糖の吸収を遅らせ、
インスリンを刺激すると言われています。

 

伝統的な中国医学では、スパイスは痰の移動薬として知られており、
身体の中に詰まったエネルギーと炎症を解消すると言われています。

 

男性のためのいくつかのフェヌグリークの用途には、脱毛症、
勃起不全および他の男性の問題の治療が含まれています。

 

フェヌグリークは性的興奮とテストステロンのレベルを高めるかもしれないからです。

 

自然療法を使用して病気を治療したり
性行為を改善する前に医師に相談するのが最良ですが、
フェヌグリーク由来のサプリメントは男性の性的欲求や
パフォーマンスを向上させることが示されています。

 

研究では、勃起不全の既往歴のない25歳から52歳の
60人の男性にプラセボまたは1日600mgのフェヌグリーク抽出物
のいずれかを6週間投与しました。

 

参加者は自己評価を通じて、その結果をフェヌグリークであると指摘し、
サプリメントが自分のリビドーにプラスの影響を及ぼしていると報告したそうです。

 

最終的に、この研究は、フェヌグリーク抽出物が性的覚醒、
エネルギーおよびスタミナに有意な影響を有し、参加者が
正常なテストステロンレベルを維持するのを助けたことを見出したものでした。

 

フェヌグリークはまた、母乳の量が少ない女性の母乳育児を支援します。

 

フェヌグリークは、女性の母乳を増やすことができます。

 

わずか24時間でミルクの生産を増やすことができます。

 

フェヌグリークにおける母乳育児の正確な有効性
および安全性を決定するためにはより多くの研究が必要であるそうですが、
いくつかの研究では、ミルクフローを促進するために
その使用が注目されているようです。

 

内部の炎症を軽減することに加えて、フェヌグリークは
時には外部から湿布として使用され、布に包まれ、暖められ、
皮膚に直接経皮適応されることを意味しています。

 

これは

 

外部の炎症を軽減
治療
筋肉およびリンパ節における痛みおよび腫れ
痛風
創傷
足潰瘍
坐骨神経痛
ふけ
湿疹

 

などです。

 

食品では、フェヌグリークは、多くの場合、インド料理、カレー料理など、
主にスパイスブレンドの成分として含まれています。

 

また、模造のメープルシロップ、食品、飲料、たばこの香味剤としても使用されています。

 

葉はサラダとして食することができ、新鮮で乾燥した葉は
両方ともインド料理に使用されています。

 

風味を高める以外に、フェヌグリークは食欲の増加を示し、
その結果、回復性および栄養特性がもたらされるものであるようです。

 

研究は、フェヌグリーク種子抽出物が
摂食行動に及ぼす影響を調べるために考案されました。

 

実験は、摂食量および代謝、内分泌変化を確認する
動機を決定するために行われました。

 

結果は、フェヌグリーク抽出物の慢性経口投与が食物摂取量
および食べる動機を有意に増加させることを示したそうです。

 

しかし、この治療法は食欲不振や食べる
意欲の低下を防ぐものではないとの報告もあるようです。

 

神経性食欲不振症の場合、年間250?500ミリグラムの
フェヌグリークを1日3回服用することを推奨していますが、
子供にとっては安全ではない可能性があります。

 

男性の体力と体組成に及ぼすクレアチンと
フェヌグリーク抽出物の併用効果の研究を報告しています。

 

デキストロースプラセボ70グラム、クレアチン5グラム、デキストロース70グラム、

 

クレアチン3.5グラム、フェヌグリーク抽出物900ミリグラムの
いずれかを体重に応じてマッチングさせ、
1週間に筋力トレーニングプログラムを8週間実施したそうです。

 

4および8週目に、被験体を体組成、
筋力耐性および嫌気性能力について試験しました。

 

クレアチン/フェヌグリーク群では、ダイエット効果、
ベンチプレスおよびスクワット強度の有意な増加が示されたとのことです。

 

この研究では、フェヌグリーク抽出物補給と組み合わせたクレアチンは、
クレアチンとデキストロースの組み合わせと同様に
効果的に上半身の強度および体組成に有意な影響を及ぼしたと結論付けられました。

 

フェヌグリークをクレアチン補給とともに使用すると、過剰な量の
単純な炭水化物の必要性を排除しながらクレアチンの摂取を
増強するための効果的な手段となる可能性があるため、
選手にとって最高の食品リストにフェヌグリークを加えることを
検討することは意味があります。

 

バルクアップのためには、炭水化物も必要とはなりますが、
やはりそのカロリーはやはり気になるところですので、
フェヌグリークの利用は有効かもしれません。

 

フェヌグリークは古代世界の料理と薬草として長い歴史を持っています。そ

 

れはエジプト人が使用したスパイスの1つであり、
ギリシア人とローマ人は牛の飼料用にそれを使用しました。

 

フェヌグリークが最初に使用されたという記録は、
紀元前1500年頃の古代エジプトのパピルスに記載されています。

 

フェヌグリークは、南ヨーロッパ、地中海地域、西アジアの原産です。

 

これは、西ヨーロッパから芳香族種子のため中国でも栽培されており、
ヨーロッパやアフリカ北部の一部ではまだ飼料用に栽培されています。

 

フェヌグリークはインドのカレーに欠かせない成分です。

 

フェヌグリーク種子は一般的に料理に使用されており、
歴史的には、フェヌグリークは、閉経時の救済や消化器の問題など、
さまざまな健康状態に使用されていました。

 

それは出産を誘発するためにも使われました。

 

今日、フェヌグリークは、糖尿病や食欲不振のための民間伝統的治療法として
また母乳育児女性の母乳生産を高めるために使用されています。

 

それはまた、他の多くの利点の中で炎症のために皮膚に適用されています。

 

フェヌグリークにはいくつかの副作用があります。

 

経口摂取すると、ガス、鼓腸、下痢を引き起こすことがあります。

 

フェヌグリークも皮膚に直接塗布すると刺激を引き起こすことがありますので、
常に最初にその領域をバッチテストしてください。

 

女性は妊娠中にフェヌグリークを服用する際には常に注意が必要です。

 

フェヌグリークが血液を薄くし、一部の人々に過剰な出血を引き起こす可能性の
ある有害な影響を引き起こす可能性があることに注意することも重要です。

 

根本的な出血性疾患を有するか、血行増強剤または抗凝固剤を服用する人は、
医師の承認なしには、フェヌグリークを服用してはなりません。

 

テストステロンの増加やクレアチンとの相性の良さなどを考えてみると
ダイエットや筋肉量の増大のために使ってみたいサプリメントの一つです。

 

ロディオラロゼア、イワベンケイとは

アシュワガンダに期待できる効能、副作用

スポンサーリンク