スポンサーリンク

アーユルヴェーダ、アーユルベーダとは

アーユルヴェーダは、人生の科学、
人生の知識を意味するサンスクリット語です。

 

アーユルヴェーダは、主にヴェーダ語のテキスト、古代の書物などから、
5,000年以上前にインド北部で生まれた健康のためのシステムです。

 

インドの文化と文明の基盤に多大な貢献をしています。

 

伝統的な漢方薬に似た薬草系がありますが、食事制限、
ヨガやその他の訓練、ボディワーク、解毒、心理的介入もあります。

 

アーユルヴェーダの見解によれば、健康は病気以上のものであり、
食生活、睡眠、性交、およびその他の日常的な活動において、
バランスまたは節度によって達成される活力と
エネルギーの放射状態である多種多様な
植物由来医薬品を含む様々な治療法
によって補完されています。

 

アーユルヴェーダの薬はどんな病気にとって有用かというと
、病気の予防、治療の個別化、身体と精神とのバランスを維持することを強調しているため、
ほとんどの臨床状況において適切と考えられ、インドでは勿論医療同様とみなされています。

 

西洋では、それは重症な病状のための一次療法として使用されることは、
まずありませんが他の治癒システムの補完として使用されます。

 

アーユルヴェーダ薬は、喘息、冠状動脈性心臓病、2型??糖尿病、
消化器疾患、関節リウマチおよび他の自己免疫疾患、
ならびに慢性皮膚疾患などの慢性疾患の治療に有用であり得るものです。

 

アーユルヴェーダ医師の診察を受ける際に何を期待できるかというと、
どの臓器システムが適切に機能しているのか、どれが弱いのかを評価することを含む、
患者の全体的な健康状態と回復力を診断するのに時間を費やします。

 

精神状態と生命エネルギーレベルの評価が行われますが、
周囲の環境との相互作用は動的な不均衡を引き起こす可能性があります。

 

治療の第1の目標の1つは、体の様々な活動を制御する
生存力とエネルギーの独特なパターンである患者のドシャ
というものを決定することです。

 

全体的な健康と疾病は、これらの生命力の
バランスに直接関連していると考えられています。

 

身体が変化する状態にうまく適応しない場合、
病気として現れる過度または不足の形で異常な活動パターンを表示します。

 

Vaidyasによって認識される3つのドシャというものがあります。

 

vata、pittaおよびkaphaと呼ばれるものです。

 

Vataは運動のエネルギー(呼吸、心拍、腸や膀胱機能)として記述されています。

 

比較的に焦点の合わない過活動のこのパターンは、
しばしばエネルギーの枯渇につながることがあります。

 

ataパターンを持つ人は、乾燥した肌、素早く心地よく、
活発で柔軟で創造的で一般的に薄いとしばしば説明されています。

 


バランスが取れていないと、不安や神経症になりやすく、

空気の要素(肺気腫、肺炎)を伴う疾患の影響を受けやすく、
鼓腸、チック、痙攣、関節の痛み、神経障害および
精神錯乱を示すことがあります。

 

Pittaは消化とホルモンのエネルギーを構成します。

 

このパターンは、異常な熱を発生させることがある集中的、
時には積極的、過活動の1つです。

 

このPittaと分類される個人は、肌荒れと体の暖かさ、
鋭い知性、知性を備えた中程度のものです。

 

不均衡は、興奮と怒りを引き起こします。

 

病気には発熱、炎症、皮膚発疹、潰瘍などがあります。

 

Kaphaは、不均衡が蓄積と停滞につながる可能性のある、
強さ、免疫力、成長のエネルギーを伴います。

 

このドシャによって支配された人々は、よく発達した体と
筋肉機能を持つ厚い皮膚を持っています。

 

これらの個体はより耐性が強く、持久力と耐久性を併せ持ちますが、
バランスがとれていないと嗜眠性が強くなり、
洞鬱血や上気道状態などの水の病気になりやすい身体です。

 

初期の治療計画は、しばしばドシャのバランスを変え、
毒素を排除し、消化を改善し、食事、活動、ストレスのレベル、
関係および対処方を含むライフスタイルの習慣を変えることに集中します。

 

アロマテラピー、マッサージ、浣腸、十分に管理された状態での絶食、
ヨガの練習、瞑想、カウンセリングなど、ハーブやその他の製剤がしばしば推奨されています。

 

これらの治療法は、しばしば一連の日に起こるパンチャカルマ
として知られるプログラムの形で推奨されているものです。

 

アーユルヴェーダ薬は、一次療法ではなく、従来の医療に付随すると考えられています。

 

妊娠中または授乳中の女性、またはアーユルヴェーダ療法を使用して
子供を治療することを考えている人は、
特に医療機関に相談する必要があります。

 

多くのアーユルヴェーダ薬草療法では、鉛、水銀、ヒ素などの毒素による汚染が懸念されています。

 

アーユルヴェーダの救済策を使用するときは、
含有成分が純粋であることを確かめてください。

 

アーユルヴェーダ医学の監督者または実務者が監督する統治機関としては
インドでは、アーユルヴェーダ医学のための150以上の学部と大学院の大学があります。

 

教育には5年以上かかることがあり、アーユルヴェーダ医学と外科で
学士号または博士号を取得しなければなりません。

 

米国には、資格認定機関はありませんが、
トレーニングプログラムを提供する教育機関はいくつかあります。

 

現在では、ライセンスのための国家基準を作成するための認証機関は存在しません。

 

十分に訓練され、経験豊富な開業医を探してください。

 

アーユルヴェーダを検討している場合は、
プライマリケア医とこの療法について話し合う必要があります。

 

インドで訓練されたアーユルヴェーダの開業医は、
アメリカで学校を開いている人もいます。

 

アーユルヴェーダ薬と組み合わせてうまくいくかもしれない
他の治療法があるかというとアーユルヴェーダの側面は、
従来の医療や選択された補完的(代替)療法と安全に組み合わせることができ、
多くのアメリカの統合医療従事者は、ハーブ、栄養、指圧などの
治癒様式を取り入れています。

 

ある人の見解では、膵臓血管疾患、2型糖尿病、
肥満、自己免疫疾患、消化障害などの生活習慣病を治療するのに
役立つ効果的な方法としてパンチャカルマと言われるものを
使用することがよくあります。

 

彼らは、食生活の変化、薬草療法、スチームバス、
マッサージなどのアーユルヴェーダのいくつかの方法は、
賢明な選択で安全だと考えています。

 

現代の治療法ではパージや血液浄化のような
他のものは外れているように見えます。

 

アーユルヴェーダと共に持っている主な関心事は、
さまざまなハーブ製剤の潜在的な汚染です。

 

インターネット経由で購入したアーユルヴェーダのハーブサプリメントの約21%が、
許容基準を超える鉛、水銀またはヒ素を含んでいることを発見したという事実もあります。

 

サプリメントはインドと米国で生産され、
米国のウェブサイトから販売されました。

 

世界中で80件以上の中毒の事例が報告されていると指摘されましたが、
実際の数ははるかに多いという見解が示されています。

 

信頼できる開業医を見つけ、信頼できる安全な製品を処方する人に
診察を受けることが出来るかどうかとということがアーユルヴェーダ治療
の重要な選択になると言われています。

スポンサーリンク