スポンサーリンク

膝の痛み、関節保護のためのサプリメント

 

若い人にはあまり必要無いかもしれませんが、
ある程度歳を重ねていてトレーニングをする人は
関節もケアした方が良いです。

 

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、
MSMなどが一般的に関節保護に有効だと言われています。

 

グルコサミンは軟骨に見出される天然化合物で、
関節をクッションとする硬い組織です。

 

サプリメントの形態では、グルコサミンは貝の殻から抽出されるか、
または化学的にも製造可能です。

 

硫酸グルコサミン、塩酸グルコサミン
およびN-アセチルグルコサミンを含むいくつかの形態のグルコサミンがあります。

 

人は、関節の炎症、破壊および最終的な
軟骨の喪失(変形性関節症)によって
引き起こされる痛みを伴う状態を治療するために、
経口グルコサミン硫酸を使用します。

 

特定の状態のグルコサミンの使用に関する研究は、
変形性関節症です。

 

硫酸グルコサミンの経口使用は、膝、股関節または脊椎の変形性関節症の人々のための
いくつかの痛みの軽減を提供する可能性があります。

 

関節リウマチも同様です。

 

初期の研究では、グルコサミン塩酸塩の経口使用は、
プラセボ、不活性物質と比較して、慢性関節リウマチに関連する痛みを軽減する可能性があることを示唆しています。

 

しかし、研究者は、炎症や痛みを伴う関節や腫れた関節の数の改善は見られなかったとのことを述べています。

 

グルコサミンを検討するときは、製品ラベルをよく読んで正しいフォームを選択してください。

 

日本で売られているものにはきちんとした表記がなされていない物も多いですが。

 

関節炎の治療のために硫酸グルコサミンが研究されていますが、
関節炎の治療においてN-アセチルグルコサミンの使用を支持する
臨床的証拠はないようです。

 

グルコサミン硫酸は、変形性関節症の人々のために痛みを軽減する可能性があります。

 

サプリメントは安全であるように思われ、非ステロイド系抗炎症薬を
服用できない人にとっては有用な選択肢であるかもしれないそうです。

 

研究結果が混在している間、グルコサミン硫酸塩は試してみる価値があるかもしれません。

 

適切な量??で採取すると、グルコサミン硫酸塩は安全であるように思われます。

 

グルコサミン硫酸塩の経口使用は、

 

吐き気
胸焼け
下痢
便秘
眠気
皮膚反応
頭痛

 

等の症状がおこる可能性もあるようです。

 

私は全く問題ありません。

 

グルコサミン製品は甲殻類の殻に由来する可能性があるため、
甲殻類のアレルギーのある人には栄養補助食品が
アレルギー反応を引き起こす懸念があります。

 

グルコサミンは喘息を悪化させるかもしれないということも言われています。

 

また、グルコサミン硫酸があなたの血糖値に影響を与える可能性があり、
手術中および手術後に血糖コントロールを妨げる可能性があります。

 

手術の2週間ぐらい前にはグルコサミン硫酸塩の服用を中止したほうが無難なようです。

 

グルコサミンを単独で、または補体コンドロイチンと組み合わせて使用??すると、
抗凝固剤ワルファリンの効果が増大する可能性があります。

 

これは、出血のリスクを高めることになります。

 

コンドロイチンでアレルギー反応の徴候がある場合は緊急医療を受けてください。

 

アレルギーのある人には呼吸困難、顔、唇、舌、または喉の腫れ等をもよおすことがあります。

 

すべての副作用が知られているわけではありませんが、
コンドロイチンは6年間摂取しても安全であったと言われています。

 

アレルギー反応があった場合にはコンドロイチンの使用を中止し、
次の場合はすぐに医療機関に連絡してください。

 

不整脈、足の腫れなどです。

 

一般的な副作用としては、

 

吐き気
下痢
便秘
軽度の胃痛
脱毛
まぶたの腫れ

 

です。

 

これらの副作用の一例は完全なものではなく、他にも発生する可能性があります。

 

ヒアルロン酸(ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウム、HA)には多くの利点があり、
特にスキンケアにおいて最も興味深い成分の1つです。

 

体内に自然に存在するヒアルロン酸は、体内や皮膚の保湿、
表情の豊かさを創り出します。

 

若々しい肌には自然にヒアルロン酸が豊富に含まれています。

 

スキンケアでは、ヒアルロン酸クリーム、血清、ヒアルロン注射、
ヒアルロン酸サプリメントを見つけることができます。

 

ヒアルロン酸は天然のグリコサミノグリカン(結合組織の重要な成分である多糖)であり、
複数の食品、サプリメントおよびHA粉末から摂取することが可能です。

 

HAは、結合組織、神経組織および上皮組織に広く分布しています。

 

それは、細胞外マトリックス(細胞に構造的支持を提供する組織)の主成分です。

 

一言で言えば、ヒアルロン酸は、関節や皮膚に顕著な効果をもたらし、
身体の多くの重要な領域を支えています。

 

平均的なヒトは体内に約15グラムのヒアルロン酸(ヒアルロン酸)を有し、
その1/3は毎日分解され再合成されます。

 

ヒアルロン酸は関節のサポートや変形性関節症に対抗するなどの軟部組織機能に有益です。

 

HAは、部分的に軟骨の弾力性および圧縮に抵抗する能力を担っています。

 

ヒアルロン酸は、細胞外マトリックスの主成分の一つであり、
関節軟骨の重要な構成要素であり、各細胞(軟骨細胞)の
周囲に表皮として存在するものです。

 

私たちが年をとるにつれて、皮膚の水分は著しく低下し、
皮膚が弾力を失い、老化の徴候を皮膚に表してしまいます。

 

ヒアルロン酸は、水分を保持する独特の能力(ヒアルロン酸1グラムあたり水1000ml)で
皮膚の健康に重要な役割を果たします。

 

ヒアルロン酸は、季節や気候に関連した湿度に基づいて
吸湿率を調整することができるため、「スマートな栄養素」でもあります。

 

最も肌を傷つける要素の1つは、太陽からの紫外線です。

 

ヒアルロン酸は、紫外線(およびそれらが生成する浄化活性酸素種)から皮膚を保護するので、
皮膚に利益をもたらします。

 

研究では、ヒアルロン酸の補給が、皮膚水分の測定値の増加と
直接的に関連していることを発見しました。

 

微視的な皮膚表面分析は、皮膚の滑らかさの増加、
およびしわの改善を示すものです。

 

ヒアルロン酸製品の種類は、局所スキンクリーム
またはスキンセラムとして売られています。

 

ヒアルロン酸は、コラーゲンとは異なり、
皮膚に直接塗布すると皮膚の上層に浸透して皮膚を改善し、
その恩恵を受けることができます。

 

ヒアルロン酸は皮膚の主要成分であり、
組織の修復および保護に役立ちます。

 

HAクリームまたは血清に適用すると、ヒアルロン酸は空気透過性層を形成し、
真皮に浸透し、皮膚の弾力性および水分補給を高めることが出来ます。

 

皮膚の保護バリアは水分を閉じ込め、若々しい外観を与えます。

 

HAの血清またはクリームを選択する際には、探すべき2つの属性があります。

 

植物由来のヒアルロン酸が好ましい選択です。

 

アルコール、パラベン、硫酸塩、または皮膚に有害な
その他の成分も含むHA血清を避けてください。

 

多くの場合、「純粋なヒアルロン酸」血清には、
局所的なヒアルロン酸の利点を打ち消すアルコールまたは防腐剤が含まれます。

 

加水分解されたコラーゲンタンパク質とも呼ばれるゼラチンの副作用としては、
不快な味、胃部膨満感、鼓脹、げっぷ、胸やけなどがあります。

 

一部の人々はまた、ゼラチンに対するアレルギー反応に苦しむ可能性があります。

 

ゼラチンは、典型的には体重減少のために用いられる動物性タンパク質であるとのことです。

 

また、骨粗鬆症、変形性関節症および関節リウマチの治療にも使用されます。

 

人々は時折、ゼラチンを使って骨や爪を強化し、髪をより滑らかにし、
けがや運動後の回復を早めることができます。

 

ゼラチンは、医薬品、食品、化粧品にも添加されています。

 

ゼラチンのコラーゲン含有量は体の軟骨および骨の成分の1つであり、
ゼラチンが関節炎のような関節条件を改善するのに役立つと
考える人々がいると説明しています。

 

しかし、変形性関節症および骨粗鬆症の治療、
骨強度の改善または体重減少の補助において、
その有効性を証明するには不適当だという人もいます。

 

ゼラチンは、食物として摂取された場合や、
薬として多量に使用された場合に安全である可能性があると言われています。

 

結果というと、最大6ヶ月間、毎日10グラムのゼラチンを摂取するのが
安全であることが示されています。

 

ゼラチンは動物製品に由来するので、安全でない
製造プロセスによって汚染されたゼラチン製品が作られる可能性もあります。

 

汚染のリスクは低いものの、ほとんどの専門家はゼラチンや
その他の動物性サプリメントの使用を避けることを推奨しています。

 

判断が難しいとの結論結果もあるようです。

 

 

以上のような成分が一般的な関節保護サプリメントには含まれています。

 

研究の結果がそれ程これらの成分に効果があると結論付けてはいませんが、
私は明らかに体感できています。

 

ウエイトトレーニングをした日にちょっと
肩関節が痛いと感じることがありますが、これらのサプリメントを
摂取していると次の日には痛みがほぼなくなっています。

 

私の父はもう80歳、過ぎているのですが足関節のレントゲンを見ると
すっかり、足関節の軟骨が無くなってしまっています。

 

毎日歩くだけでかなり痛いようです。

 

さすがに、軟骨が無くなってしまってからでは、これらのサプリメントを摂取しても
軟骨が再製することは無いようです。

 

新聞にサントリーのロコモアというものの
広告が出ていて、お試し価格が1000円ぐらいだったので、購入してみました。

 

電話番号を記入していたので当然のようにセールスの電話がかかってきたのですが、
サントリーの担当者にロコモア飲んだら軟骨も再製するのか聞いてみたところ、
やはりそれは無理と言われました。

 

それでも、筋力が戻ってくれば痛みは軽減されるはずだとは
言われたのですが、私はいまいち信用できなかったので、それ以来購入はしていません。

 

軟骨が無くなってからでは、どうしようもないので歳とっていてもウォーキングぐらい
健康の為にしているという人も摂取した方が良いと思うサプリメントです。

 

私は、30歳の前半ぐらいからダイエット始めたりしていましたが、その時も
関節痛めたらどうしようもないと思い、ドラッグストアで関節保護サプリメントを購入して
飲んでいました。

 

足関節なんて痛めたら走ることなんて勿論できなくなるでしょうから
軽く考えては、いけないと思います。

 

私は筋骨グルコサミンというものを使っています。

 

MSMは入っていませんが私は、これで十分に痛みが治まっています。

 

筋骨グルコサミンでだめなら、MSMやプロテオグリカンもいいかもしれません。

 

野口MSM配合グルコサミン(野口医学研究所) というのも使ったことがあります。

 

こちらは、かなり息の長いサプリメントで私がダイエットを一番初めに行った20年以上前から販売されていました。

 

信頼度は、私の中では高いほうです。

 

こちらは、筋骨草は入っていませんが、MSMは入っています。

 


筋骨グルコサミン(720粒)【筋骨グルコサミン】

 


筋骨グルコサミン 720粒

 


野口MSM配合グルコサミン(野口医学研究所) 30日分

 


野口医学研究所 MSM配合グルコサミン 440mg*360粒 ×5個セット

 


安心グルコサミン(甲殻アレルギーの方に使える関節の痛みのためのグルコサミン)

膝の痛み、関節保護のためのサプリメント

 

膝の痛み、関節保護のためのサプリメント

 

膝の痛み、関節保護のためのサプリメント

 

膝の痛み、関節保護のためのサプリメント

 

私が行った病院の調剤薬局にこの商品のチラシがありました。

 

私は甲殻アレルギーではないので使ってみたことはありません。

 

グルコサミン、コンドロイチン、MSMなど
それなりの有効成分は含まれているようです。

 

そのほかにもビタミン類、ミネラル、クルクミンが入っているようです。

 

スポーツをしている私の友人にも甲殻類アレルギーの人がいます。

 

今のところ特に関節の痛みなどは訴えてはいません。

 

その友人も加齢によって軟骨がすり減ったらこういうサプリメントは重宝するでしょう。

 

薦めてあげたいものです。

 

私は甲殻類に限らず花粉症ぐらいしかアレルギーがないので
日常生活に支障をきたすことはありません。

 

私もアレルギーの知識などないですが、蜂に刺されて毒によるものではなく
死に至るとかも聞いたことがあります。

 

蕁麻疹などが出来る人も多いようですね。

 

アレルギーには本当に注意したほうが良いのでしょう。

 

こういう商品はありがたいですね。

 

私は今後もこの商品を使うことはないとは思いますが
近所のドラッグストアに見に行ったら陳列されていませんでした。

 

ネットでは買えますね。

 

困っている方は使ってみるのもいいかもしれません。

 


安心グルコサミン 植物由来グルコサミン使用(450粒)【カード払限定/同梱区分K】

 


安心グルコサミン (植物由来グルコサミン使用) 450粒 S・S・I

 

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)とは

スポンサーリンク