スポンサーリンク

膝の痛み,MSM(メチルサルフォニルメタン)とは

MSMは骨関節炎のために一般的に使用されているものですが、胃腸症、
筋骨格痛およびアレルギーの緩和にも有益であり得るものです。

 

免疫系を増強するという説については抗菌感染と戦う
これらの潜在的な用途を確認するために更なる臨床試験が必要な状況のようです。

 

MSMは、一般に、関節炎および他の関節の状態において
2?3回に分けて2?6g /日で投与されるのが理想的だと言われています。

 

人間の妊娠および泌乳における安全性および有効性に関する情報は不足しています。

 

どのようなサプリメントの注意書きにもほぼ書かれているように妊娠中、
授乳中の女性の摂取は控えたほうが良いと思います。

 

MSMにおける有害反応に関する決定的なデータは報告されていないようです。

 

動物実験で毒性は認められませんでした。

 

MSMは、特定の藻類、果物、野菜および穀物などの緑色の植物に見出されるものです。

 

動物では、牛の副腎皮質、母乳および牛乳、尿に見出されます。

 

MSMはまた、ヒトの脳脊髄液および血漿中に0?25mcmol / L濃度で見られます。

 

MSMは生鮮食品に自然発生します。

 

しかし、加熱や脱水などの中程度の食品処理でも破壊されてしまいます。

 

MSMに関するほとんどの研究は動物実験を含むものです。

 

MSMは、食品サプリメントとしての使用が提案されていて、
様々な国で栄養補助食品として入手可能です。

 

MSMは、ジメチルスルホキシド(DMSOと略されます)の通常の酸化生成物です。

 

DMSOとは異なり、MSMは匂いがなく、食事の一部ぐらいと考えて問題ありません。

 

MSMは「結晶性DMSO」と呼ばれています。

 

MSMはメチオニンの硫黄の食事源を提供します。

 

MSMの薬効はDMSOに類似していると理論化されており、
においや皮膚刺激の合併症はないと言われています。

 

MSMの硫黄含有量は、正常な結合組織を
維持するために身体に使用することができるものです。

 

MSMはまた、活性酸素除去と共に、可能な抗炎症性、
抗アテローム硬化性、および化学予防活性を示したとのことです。

 

MSMは、アレルギー、関節炎、胃腸障害、筋骨格痛を軽減し、
免疫系を増強することが報告されています。

 

それはまた、いくつかの真菌のような生物に対してさえも抗菌効果を有しています。

 

示唆されたメカニズムは、MSMが表面レセプター部位に結合し、
寄生虫と宿主との相互作用を遮断する可能性があることです。

 

骨関節炎には、MSMの使用を導き、その有効性を支持し、
副作用を記述する臨床試験が限られています。

 

無作為化、二重盲検、並行、プラセボ対照研究と経口MSMをグルコサミンと比較し、
軽度から中等度の変形性関節症の患者118人中の2人を最低6ヶ月間で組み合わせて試験しました。

 

12週間、プラセボ(n = 28)、MSM 500mg(1日3回)(n = 30)、
グルコサミン500mg 1日3回(n = 30)、
またはMSMおよびグルコサミンn = 30)。

 

主な結果は、視覚的アナログスケール(VAS)によって評価された疼痛強度の減少でした。

 

痛み、腫れ、関節可動性も0-3のスケールで採点され、3が最も重篤でした。

 

プラセボを除く全ての群で、疼痛および腫脹の統計学的に有意な改善を確認できたそうです。

 

グルコサミンおよびメチルスルホニルメタンの組み合わせは、
いずれかの単独の治療単独と比較して、
疼痛および腫脹の統計的に有意な減少を示したようです。

 

更にコンドロイチンなどの併用も日本では一般的なのは皆さんも御存知かもしれません。

 

無作為化された二重盲検プラセボ対照試験である12週間の試験を40人の患者に実施しました。

 

更に8人の患者は、少なくとも3ヶ月間、機能性クラスI、IIまたは
IIIに分類される変形性膝関節症と診断された人たちが選ばれました。

 

参加者は3gの経口MSMマイクロピルを1日2回(1週間以上かけて
この用量まで増加)またはプラセボで投与しました。

 

12週間後、MSM群では-14.6、プラセボ群では-7.3、P = 0.041であり、
身体機能障害(MSM群では-15.7、プラセボ群では-8.8) 0.045)。

 

胸骨コラーゲンII、メチルスルホニルメタン、ミリスチン酸セチル、リパーゼ、ビタミンC、
およびブロメラインを含む経口配合物AR7の効果に関する試験が発表されました。

 

骨関節炎の患者89例において、3ヵ月後に治療群の疼痛、硬さ
および圧痛を有すると報告された患者の割合の減少が見られたそうです。

 

結腸癌誘発ラットにおける腫瘍発症は、対照に対して
MSM補給を受けた動物において著しく遅延し、化学予防効果を示唆したとのことです。

 

MSMを投与された4%は、ラット乳腺癌に対して同様の遅延効果を示したようです。

 

甲状腺炎にも役立ちます。

 

アミノ酸、ビタミン、酸化防止剤、MSM、および耐水性シリコーンと
界面活性剤を含まないリン脂質クレンザーを組み合わせた製品である
オリーブアミンを使用した治療後、

 

患者は厚くなった鱗屑や痒みが減少しました。

 

獣での使用はMSMの10日間投与実験は、慢性閉塞性肺疾患の13頭の馬で実験され、
肺音、呼吸数、心拍数、温度、鼻汁、または動脈血ガスなどのパラメータに変化はなかった。

 

しかし、MSMは、競技の前および競技中に毎日6週間与えられた場合、
24頭の馬の酸化的および炎症性の運動誘発損傷にいくらかの保護効果を及ぼしたようです。

 

MSMは、一般に、関節炎および他の関節の状態の
2?3回に分けて2?6g /日で投与されるのが好ましいとされています。

 

妊娠中の安全性と有効性に関する臨床情報が不足しています。

 

哺乳動物実験におけるMSMの発生毒性を評価する最初の報告が発表されました。

 

ラットに、妊娠中にMSMを1,000 mg / kg /日まで14日間経口投与しました。

 

母性毒性の証拠は見られず、胎児の異常の発生率も有意に上昇しませんでした。

 

授乳中の安全性と有効性に関する情報は不足しています。

 

経口投与したMSMをヒトの最大推奨用量の5?7倍のラットに投与した場合でも、
90日後に有害事象または死亡例は観察されませんでした。

 

1件の研究では、MSMおよびプラセボ群では有害事象が認められたということもあったようです。

 

有害事象には、鼓脹、便秘、集中力の低下、疲労、頭痛、消化不良、不眠症が含まれました。

 

重要な毒性は動物試験では認められませんでした。

 

MSM(メチルスルホニルメタン)、グルコサミン、コンドロイチンなどが
主に膝関節痛などに使われるサプリメントです。

 

様々な人体の組織と同様に関節軟骨などは加齢とともに減少してしまうものです。

 

関節を痛めると、様々な運動に支障をきたしますし
運動そのものを休まなくてはならない場合に至ることもあります。

 

ダイエットも運動しなければ、まず成功しませんし
関節のケアは常日頃から考えておくほうが無難です。

 

これらのサプリメントは実際に体感があります。

 

ちょっと、関節が痛いと思ったとき摂取すると次の日にはほぼ痛みがなくなっている場合もあります。

 

もちろん、程度にもよりますが。

 

本格的なトレーニングをしている人は常日頃から若年でも摂取している人が多いサプリメントの一つです。

 

整形外科などに行ってもシップくれるぐらいではないでしょうか。

 

根本的に解決するにはサプリメントの摂取が有効だと思います。

 


筋骨グルコサミン(720粒)【筋骨グルコサミン】

 


筋骨グルコサミン 720粒

 


野口MSM配合グルコサミン(野口医学研究所) 30日分

 


野口医学研究所 MSM配合グルコサミン 440mg*360粒 ×5個セット

 

プロテオグリカンとは

スポンサーリンク