スポンサーリンク

アセチルコリンに期待できる有益な作用

アセチルコリンは、最も広く人体に存在しているしている神経伝達物質で、
神経シナプスを横切ってシグナルを運ぶのを助ける化学伝達物質です。

 

アセチルコリンは、末梢神経系および中枢神経系の両方において見出され得る
最も豊富な神経伝達物質です。

 

アセチルコリンは、主要な神経伝達物質だと言えます。

 

神経伝達物質を脳のメッセンジャーと考えることは有益です。

 

これらの化学物質は、体内で発生し、あるニューロンから
別のニューロンにメッセージを伝えるのを助けます。

 

基本的に、アセチルコリンを使用してメッセージを送信するニューロンは、
コリン作動性ニューロンとして認識されるものです。

 

コミュニケーションの経路はシナプスです。

 

神経伝達物質は、シナプス間を移動し、その特定の
化学物質からのメッセージのみを得るために特別に作製された受容体と結合します。

 

この結合の際に、受容体部位に関連する神経細胞は、
2つの方法のうちの1つで活性化されます。

 

興奮反応で発火するか、阻害反応でそうするのが
阻止されるかのどちらかです。

 

アセチルコリンは、すべての神経筋(神経 - 骨格筋)接続部で
トランスミッターとして機能します。

 

これは筋収縮を刺激し、すべての行動を刺激する働きがあります。

 

アセチルコリンは、自律神経系の副交感神経の半分の伝達物質です。

 

アセチルコリンは、様々な脳領域の伝達物質で、
適切な記憶および認知ならびに運動制御に必要なものです。

 

シナプスで放出されたアセチルコリンの作用は、
酵素アセチルコリンエステラーゼによるアセチルコリンの分解によって終結します。

 

アセチルコリンの重要性は、脳の異なる部分に広がる
アセチルコリンにのみ反応するように調整された
特定の細胞が存在するという事実によって説明され得るものです。

 

活性化された受容体は、脳および脳の基本的な前脳などからへの通信を可能にするものです。

 

脳におけるアセチルコリンの役割は、シータ波を増加させることによって
ニューロンのシグナル伝達の強度および質を高めます。

 

特に、アセチルコリンは、周皮および嗅内皮質における記憶のコード化を強化する作用があります。

 

また、シナプス形成、すなわち脳全体を通してのシナプスの正常な発達を促すものです。

 

これはさらに、メモリエンコーディングを改善し、他の神経伝達物質が
メッセージを伝達するのを助けることができるものです。

 

必要な神経可塑性の欠如は、ADHDやアルツハイマー病などの疾患の
主要な側面である可能性があります。

 

アセチルコリンは、血管拡張剤の役割を果たし、心拍数を低下させ、
心臓収縮を減少させることによって、
心臓血管系を数える身体システムの大部分に影響を及ぼすものです。

 

胃内の蠕動運動を増強し、消化管収縮の回数を増加させることによる消化器系、
最終的には、膀胱の適性を低下させ、排尿圧を上昇させることによって
尿路を改善する働きがあります。

 

さらに、アセチルコリンは呼吸器系に影響を与え、
副交感神経インパルスに応答するすべての腺による分泌を促進するものです。

 

さらに、アセチルコリンは、興奮性および抑制性の機能を果たし、
これは、アセチルコリンが神経信号を加速または減速させることができることを意味しています。

 

中枢神経系では、その機能は主に興奮性です。学習、記憶、興奮、神経可塑性を補助します。

 

アセチルコリンはまた、目を覚ます際に感覚機能に関与し、集中力を高め、
脳の有益なシステムの一部として機能するものです。

 

末梢神経系では、心筋、骨格筋および平滑筋の収縮を助ける働きがあります。

 

アセチルコリンの不均一性は、筋肉の衰弱および疲労を引き起こす
自己免疫疾患である重症筋無力症の出現をもたらしてしまいます。

 

アセチルコリンは、中枢神経系において、
主に介入肢において発見される可能性があるものです。

 

このシステムでは、アセチルコリンは多くの効果を有しています。

 

アセチルコリンは、末梢神経系において、骨格筋と運動神経との間の
神経筋結合において神経伝達物質の役割を果たしています。

 

それは効果的に筋肉の動きを刺激するように作用します。

 

筋肉上のアセチルコリン受容体はアセチルコリンを受け入れ、
骨格筋の収縮を引き起こします。

 

心筋をリラックスさせることも事実だと言われています。

 

自律神経系に対するアセチルコリンの重要性はというと、
アセチルコリンは、節前副交感神経および
交感神経ニューロンにおける神経伝達物質として作用します。

 

アセチルコリンはまた、交感神経系のすべての内臓器官、
ならびに汗腺および交感神経系の瞳孔筋において
神経伝達物質としても作用するものです。

 

神経調節物質として、アセチルコリンは脳脊髄液中に存在し、
単一のシナプス結合を介して制御するのではなく、
直接制御ニューロンを制御します。

 

脳内のアセチルコリンのレベルを刺激または増加させることは、
様々な向知性の使用によって可能となるものです。

 

コリン作動薬は、脳内に存在するアセチルコリンの
全レベルをさらに増加させることによって作用します。

 

 

スポンサーリンク