スポンサーリンク

消化酵素サプリメント

最近、消化酵素がネット広告などでよく目につくようになりました。

 

消化酵素は、Digestive Enzyme、
ダイジェザイムエンザイムと呼ばれ海外では
主流ですがダイエットにいいのかと言われると私は疑問です。

 

消化酵素はあくまでも消化する能力が低くて
うまく栄養素を体内に取り込めない人が使用するものだと思います。

 

プロテインを飲んでも上手く吸収できずに
アミノ酸に変換できず体内に取り込めない人が使うものだと思います。

 

消化酵素を飲んだからといって体脂肪率が下がるということは無いと思います。

 

消化酵素はより良い消化と栄養吸収の鍵です。

 

比較的最近まで、消化器系が実際に
どのように機能するかはほとんど分かっていなかったようです。

 

今日では、消化酵素の不足に起因する
栄養素の吸収不良と結びついているように見える病気の発生率が高まっています。

 

良い健康維持と病気の回避に関わる唯一の問題ではありません。

 

消化酵素の役割は、体内の特定の生命維持化学反応を促進するための触媒として主に作用することです。

 

本質的には、より大きな分子をより容易に吸収された粒子に分解して体内で生き残るために役立ちます。

 

言うまでもなく、消化器の健康に重要な役割を果たします。

 

十二指腸(小腸の最初と最短部分)は非常に過酷に働く臓器です。

 

アミノ酸は脂肪からタンパク質、脂肪酸、コレステロールから抽出され、
炭水化物からは単糖が抽出されます。

 

ヌクレアーゼは、DNAに必須の核酸をヌクレオチドに切断(または分割)します。

 

すべての多量栄養素は、血流中に運ばれ、
代謝を促進して効果的に働くように十分小さい分子に分解されます。

 

微量栄養素は、既に胃酸で分解されていなければ放出され、
血流に運ばれます。

 

膵臓は、水、電解質、アミノ酸、コレステロール、
脂肪およびビリルビンを含む胆汁酸または胆汁酸を産生し、
これらはすべて胆嚢を介して肝臓から供給されるものです。

 

それは、アミノ酸のグリシンまたはタウリンと組み合わされたときに、
胆汁酸塩を生成する、コール酸およびケノデオキシコール酸です。

 

胆汁酸塩は、リパーゼ酵素がさらに減少することを可能にするために、
食物中の脂肪を分解します。

 

大部分の糖代謝に関しては、腸内酵素には
以下の重要な過程が含まれます。

 

 

 

 

アミノペプチダーゼは、ペプチドをアミノ酸に分解するものです。

 

コレシストキニンはタンパク質や脂肪の消化を助けます。

 

セクレチンは、ホルモン制御としての、十二指腸の分泌物です。

 

スクラーゼは、スクロースを二糖類および単糖類に変換するものです。

 

マルターゼはマルトースをグルコースに変換します。

 

イソマルターゼはイソマルトースを変換します。

 

脂肪およびアミノ酸を主に扱う膵臓酵素には、
リパーゼは、トリグリセリドを脂肪酸およびグリセロールの両方に変換します。

 

アミラーゼは、炭水化物を単糖に変換します。

 

エラスターゼは、タンパク質エラスチンを分解します。

 

トリプシンはタンパク質をアミノ酸に変換します。

 

キモトリプシンはタンパク質をアミノ酸に変換します。

 

ヌクレアーゼは、核酸をヌクレオチドおよびヌクレオシドに変換します。

 

ホスホリパーゼはリン脂質を脂肪酸に変換します。

 

 

 

消化酵素は単に有益であるだけではなく、
消化酵素は不可欠です。

 

消化酵素は食物をアミノ酸、脂肪酸、コレステロール、
単純な糖、核酸に分解し、DNAを作るのに役立ちます。

 

噛むことから始まる6つのステップのプロセスは、
メカニズムと分泌を撃退する際にドミノ効果を引き起こします。

 

口中に放出される唾液アミラーゼは、
食物を成分分子に分解するのを助ける最初の消化酵素であり、
食物が胃に入るとその過程が続きます。

 

その後、胃の壁細胞は酸、ペプシン、および
胃アミラーゼを含む他の酵素を放出するように誘発され、
部分的に消化された食物を
糜粥(部分的に消化された食物の半流動体)に分解するプロセスが始まります。

 

この酸はまた、唾液アミラーゼを中和する作用を有し、
胃アミラーゼを引き継ぐことができるものです。

 

1時間ほど後に、胃で得られた酸性度がホルモンセクレチンの放出を誘発する
十二指腸(上部小腸)に糜爛が推進されます。

 

それは次に、ホルモン、重炭酸塩、胆汁および多数の
膵臓酵素を放出するように膵臓に伝達し、
そのうち最も関連性のあるものは
リパーゼ、トリプシン、アミラーゼおよびヌクレアーゼです。

 

重炭酸塩は、酸からアルカリへの酸性度を変化させ、
酵素が食物を分解させるだけでなく、
胃の酸性環境で生き残れない細菌をさらに分解させる効果を有しています。

 

今日の栄養状態をどのように表示するかに応じて、
消化酵素サプリメントに積極的または反応的にアプローチします。

 

消化の懸念を抱えていなければ、
単に酵素を摂取する必要はないということです。

 

反対に、私たちの食生活の栄養源の枯渇と慢性疾患の流入では、害はありませんでした。

 

いずれにしても、今日は消化酵素を摂取する人が増えており、
以下のような健康状態が補う理由があります。

 

酸逆流、ガス、浮腫、漏れ腸、過敏性腸症候群(IBS)、
クローン病、潰瘍性大腸炎、憩室炎、吸収不良、下痢、
便秘などの消化器系疾患があれば、消化酵素が役立ちます。

 

消化酵素は、消化困難なタンパク質、デンプン、
脂肪を分解することによって、
胃、膵臓、肝臓、胆嚢および
小腸からのストレスを取り除くことができます。

 

私たちが年をとるにつれ、私たちの胃酸の酸性度はよりアルカリ性になります。

 

酵素生産に関して、これは、糜粥が腸に入るときに産生される酸性の「引き金」
が失敗する可能性が増していることを意味します。

 

酸性トリガーが失敗した場合、「シグナル」はセクレチンに与えられず、
それによって膵臓分泌物が放出されなくなります。

 

私たちが老化するにつれて並行して起こる病気は、
消化器系の問題が低胃酸や高齢者の
酵素不足のいずれかに起因する可能性があるという疑惑が増しています。

 

胃酸が少なすぎるのは高齢者だけではありません。

 

反応を誘発しない胃酸の減少を除いて、
酸自体は食物を分解してミネラル、
ビタミンおよび栄養素を放出することができません。

 

多くの微量栄養素は、胃の中にある間に食物から「切断される」、
または放出されます。

 

この処置が失敗すると、自動的に栄養不足または酵素不全が起こります。

 

肝疾患のある人は、同時に酵素が不足していると疑われるべきです。

 

より一般的な症状の1つは、
世界中の1,500人におよぶ1人に影響を及ぼす遺伝性疾患である
α-1抗トリプシン欠乏症として知られています。

 

典型的には、成人の約15%が肝臓病を発症するため、
呼吸および他の呼吸器の愁訴を伴う20?50歳の成人に最初にみられます。

 

最初に診断されたときに酵素欠乏とは無関係であるかもしれない
他の病気も注意を払う必要があります。

 

鉄分欠乏症またはビタミンB12欠乏症は、
消化プロセスが食物からこれらの栄養素を吸収しないことを
示唆している可能性があります。

 

ビタミンDの欠乏は、夜盲症がビタミンAの欠乏に起因するように、
別の吸収不良の問題を示す可能性があります。

 

診断された病気は別として、酵素的不全の多くの症候性指標があります。

 

いくつかは他の状態に起因する可能性がありますが、
いくつかは主に膵臓酵素が放出されないことに関連するものです。

 

便器に脂肪が浮かぶと、これは正常に機能していない膵臓酵素を示しています。

 

もう一つの徴候は、あなたが便を排出した後に
トイレの水の中に残っている脂っこい脂肪の沈着物かもしれません。

 

食後1時間ほどの胃の膨張とともに、別の指標が下痢です。

 

鼓腸および消化不良はまた、患者が酵素不全を有する可能性があることを示すものです。

 

最近の研究では、水中のフッ化物が膵リパーゼとプロテアーゼの両方の活性低下に
関与している可能性があることを示唆しているようです。

 

 

消化酵素のメリットは、当然ながら
それらがなければ、私たちは食べ物を処理することができません。

 

それによると、ほとんどの人が消化酵素を摂取すべき3つの主な理由があります。

 

胃腸管からのストレスを取り除くことにより、腸を治癒させるのに役立ちます。

 

グルテン、カゼイン、ラクトースのような難消化性タンパク質や糖を分解するのに役立ちます。

 

酸逆流やIBSの症状を大幅に改善します。

 

栄養吸収を強化し、栄養不足を予防するものです。

 

ピーナッツ、小麦胚芽、卵白、ナッツ、種子、豆、ジャガイモなどの
食品中に自然に存在する酵素阻害剤があります。

 

 

 

消化酵素製品は、3つの供給源から得られます。

 

フルーツソース - 通常パイナップルまたはパパイヤベース。

 

動物由来 - 牛または豚から供給されるパンクレアチンを含む。

 

植物由来 - プロバイオティクス、酵母および菌類由来。

 

 

 

消化酵素の範囲内の製品は、目まぐるしい成分の配列を提示することができます。

 

植物ベースの酵素だけが含まれているものもあります。

 

植物ベースの酵素は、菜食主義者やビーガンを対象としています。

 

これらは、通常、パイナップル由来のブロメライン、
またはパパイヤのパパイン酵素が含まれています。

 

さらに、いくつかは相補的なハーブとスパイスを持っています。

 

酵素ではなく、アーユルヴェーダ薬から一般的に摂取された
薬草治療薬であるアムラ(グースベリー)抽出物
が含まれることが多いです。

 

それは他の化合物との相乗効果で働くと考えられています。

 

ビーガン専用に設計された製品もあります。

 

ほとんどの場合、これらの製品中のパンクレアチン源は、
アスペルギルス・ニガー由来のリパーゼと同様に、
これは、通常の抽出物である牛または豚の胆汁ではなく、
真菌ベースの発酵産物です。

 

消化酵素でのダイエットがブームにはなっていますが、
これだけでダイエットできるとは思いません。

 

消化酵素は、補充することによって、
あくまでも食べ物の吸収率を高めてくれるものです。

 

ダイエット効果はあまり期待せずに
日々の健康のために摂取することが重要だと思います。

 

健康的な運動を伴うダイエットには一役買ってくれるのではないでしょうか。

 

私の場合はプロテインの消化がうまくいっていないのか、
おならや大便が臭かったので購入して使っています。

 

消化酵素飲んで内臓脂肪が燃えるなんていうことは一切期待していません。

 

私は、アイハーブでランキング一位のものを買っています。

 

 

腸内フローラ、デトックス


スポンサーリンク