スポンサーリンク

コエンザイムQ10、COQ10とは

コエンザイムQ10、COQ10とは

 

コエンザイムQ10(CoQ10)は、ビタミンに似た物質です。

 

それは体のあらゆる細胞に見られるものです。

 

人体はCoQ10を作り、細胞はそれを使って
細胞の成長と維持に必要なエネルギーを作り出します。

 

また、有害な分子による損傷から身体を保護する抗酸化剤としても機能します。

 

CoQ10は多種多様な食品に天然に存在しますが、
心臓、肝臓、腎臓などの臓器肉、
牛肉、大豆油、イワシ、サバ、サバなどのレベルが特に高いです。

 

補酵素は、酵素が食物を消化し、
他の身体過程を遂行するのに役立ち、
心臓および骨格筋を保護するのに役立ちます。

 

CoQ10は、栄養補助食品として入手可能です。

 

Q10、ビタミンQ10、ユビキノン、
またはユビデカレノンとしても知られています。

 

CoQ10については多くの主張がなされています。

 

それは、心不全、癌、筋ジストロフィー、
および歯周病を助けると言われています。

 

エネルギーを高め、運動からの回復を速めるとも言われています。

 

一部の人々は、特定の薬が心臓、筋肉、
および他の器官に及ぼす影響を軽減するのに役立ちます。

 

心不全がある場合は、
一応摂取する前に医師に相談するべきという意見もあるようです。

 

ビタミンやその他のサプリメントが
心不全の治療に役立つという確実な証拠はありません。

 

それらは治療の代わりに医療的な心不全治療と共に使用されます。

 

CoQ10サプリメントの心不全について、もっと知っておかなければいけません。

 

CoQ10は、心不全症状を緩和するということは、はっきりと示されていません。

 

コエンザイムQ10の研究のうちのいくつかだけが
心不全症状を助けることを示したとのことです。

 

科学者は、がん患者は血液中に
CoQ10がほとんど存在しないことに気づきました。

 

骨髄腫、リンパ腫、乳癌、肺癌、前立腺癌、膵臓癌、大腸癌
、腎臓癌および頭頸部癌の患者において、
CoQ10の血中濃度が低かったとのことです。

 

研究は、CoQ10が免疫系を助け、
癌の二次治療として有用であることを
示唆しているという結果も出たそうです。

 

CoQ10は、抗腫瘍薬であるドキソルビシンが
心臓を傷つけるのを防ぐ可能性もあるかもしれないようです。

 

研究で、CoQ10の使用と従来のがん治療法が検討されました。

 

研究では合計41人の乳癌女性が含まれていました。

 

各調査で、女性は改善したとのことです。

 

しかし、CoQ10とがんへの効果の証拠が弱いと評価しているという事実もあります。

 

歯周病(歯肉)疾患、筋ジストロフィー、
または運動回復におけるCoQ10の有用な効果を支持してはいません。

 

CoQ10を1日当たり100mg摂取すると、
一部の人々で軽度の不眠症が引き起こされています。

 

また、長期間にわたり1日当たり300mgの用量で
肝臓酵素のレベルが上昇したことが検出されています。

 

肝臓毒性は報告されてはいないものです。

 

今現在分かっている他の副作用には、発疹、悪心、
上腹痛、めまい、光に対する感受性、過敏性、頭痛、胸やけ、
疲労などがあります。

 

高コレステロールと血糖値を下げる薬は、
CoQ10レベルを低下させ、CoQ10サプリメントの効果を低下させます。

 

CoQ10は、糖尿病患者のインスリン要求を減らすことができるとも言われています。

 

こちらも皆さんは一度ぐらい聞いたことがある商品だと思います。

 

私が初めて知ったのは、あるテレビ番組でした。

 

日本以上に海外では普通に使われているサプリメントです。

 

テレビ番組の内容は、あるアメリカの心臓に疾患があり走れなかった男性が

 

コエンザイムQ10により走れるようになったというものでした。

 

すごいパワーを秘めたサプリメントだと思いました。

 

私は、一応摂取しています。

 

トレーニング中にものすごくパワーが上がるというような類のものでは無いですが、
健康維持のために一応購入しています。

 

リポ酸やカルニチンとの相性が良いようなので3種類飲んでいます。

 

結構、長期間飲んでいないと効果は実感できないようですが期待して飲み続けるつもりです。

 

今では、酸化型コエンザイムQ10、
還元型コエンザイムQ10等とよくネット上では話題になっていますね。

 

あるメーカーに問い合わせたところ
酸化型コエンザイムQ10でも
還元型コエンザイムQ10に変換させる酵素が
人体にはあるので、
必ずしも還元型を摂取する必要はないという回答を得ました。

 

加齢によって、その酵素が減少するから
還元型コエンザイムQ10を摂取するべきだという情報もあります。

 

こればっかりは、研究者ではない私には分かりません。

 

摂取していて損は無いと思います。

 

取り敢えず、カネカは信用できるかもしれません。

 

カネカの還元型コエンザイムQ10を
海外のサプリメントブランドも多く採用しています。

 

コエンザイムQ10に関してはカネカは
トップクラスの品質と海外でも認められています。

 

私は、コエンザイムQ10が600mgが含有されているものを購入して使っています。

 

最初から有効成分が少ないものを購入していては
体感が得られるか判断が難しいと考えているからです。

 

心臓病の方には効果が期待できるようですし、
慢性疲労に悩まされている人は使ってみる価値はあると思っています。

 

日本の女性のウエイトリフティング選手も
コエンザイムQ10を使用しているのは有名です。

 

カネカのものを選択するといいでしょう。

 

カネカは海外でも最も評価の高いコエンザイムQ10の
メーカーです。

 

ある程度年齢がいっているひとほど体感が得やすいと思います。

 

トップページで紹介しているファイナルバーンにもコエンザイムQ10が含まれています。

 

健康とダイエットサポートに検討してみてもいいと思います。

 

 


ファインラボ FINAL BURN(ファイナルバーン)(225粒)【ファインラボ】

 


ファイン・ラボ FINAL BURN 225粒

 

Rリポ酸とアルファーαリポ酸

 

スポンサーリンク