スポンサーリンク

甲状腺とはググルステロン T-3

 

まず甲状腺について簡単に説明します。

 

甲状腺の働きは大雑把に言うと新陳代謝に必要な制御ホルモンです。

 

甲状腺は人体が食物を分解してそれをエネルギーに変換する能力を有すると言われています。

 

食物は本質的に体に燃料を供給します。

 

そして、人体の各部位は異なる割合でその燃料を使っているといえます。

 

新陳代謝がいい人と新陳代謝が悪い人ということは良く聞くことですね。

 

甲状腺は、血液からヨウ素を抽出し、甲状腺ホルモンに取り込むことによって作り出す甲状腺ホルモンの作用を通して、人体の代謝を正常な状態に保とうとすると言えるようです。

 

甲状腺細胞は、ヨウ素を吸収して働くことに特化していると言われています。

 

他のすべての細胞はその代謝を管理するために甲状腺に依存しています。

 

下垂体と視床下部の両方が甲状腺を制御します。

 

甲状腺ホルモンレベルが下がり過ぎると、視床下部はTSH放出ホルモン(TRH)を分泌し、これが下垂体に甲状腺刺激ホルモン(TSH)を産生するよう働きかけるように命令します。

 

甲状腺はより多くのホルモンを産生することによってこの一連の動作に反応します。

 

正常な甲状腺は約80%のT4と約20%のT3を産生すると言われていますが、T3はT4の約4倍のホルモン強度を有していると言われています。

 

グッグルステロンとは

 

Guggulまたはググリピドとしても知られているググルステロンは、
インド、バングラデシュ、およびパキスタンで見つかった
小さな樹木であるCommiphora mukulのググル樹皮の
ガム樹脂の酢酸エチル抽出物です。

 

この黄色がかったガム樹脂は、2000年以上にわたって
様々な病気を治療するためにアーユルヴェーダ薬で使用されており、
多くの有効成分が認識されています。

 

これは、高脂血症、肥満および関節炎を含む
多くの状態の治療において研究されているものです。

 

ググルステロンに関する大部分の研究は、
コレステロール低下効果に関連していますが、
ダイエット補助サプリメントとしても有効であると考えられています。

 

それは脂肪分解酵素を活性化させ、T3レベルを上昇させ、
おそらく肝臓でのT4のT3への変換の増加に起因していますが、
甲状腺を直接刺激する可能性もあると言われています。

 

ヒトおよび動物の両方について、脂肪の減少を刺激する
ググルステロンの能力に関するかなりの研究がなされています。

 

動物研究はプラスの効果を示し、ヒトの研究は有益であるか、
または不明確であったかというと
残念なことに、これらの研究の多くは
不十分に管理されていたものだったようです。

 

BMI、併用薬物使用、食事、運動をコントロールした研究では、
ググルステロンを服用した人が15日後1.92kgを、
またコントロール群では0.32kg減少したとのことです。

 

経口投与されたググルステロンは、動物実験において
T3(トリチオサイロニン)レベルを増加させるものです。

 

T3は、甲状腺によって産生されるT4の変換産物です。
甲状腺ホルモンレベルは、代謝恒常性に複雑に関与しています。

 

増加した甲状腺レベルは、より多くの脂肪を燃焼させ、
レベルを減少させることにより、脂肪の蓄積の可能性を下げると考えられています。

 

通常1人が食事をすると、体はT3レベルを下げて代謝率を低下させて反応します。

 

しかし、T3レベルが上がると、
脂肪の減少がより効果的になります。

 

ググルステロンがT3レベルをどのように上昇させるかは確立されていませんが、
一般的な理論は脂質過酸化を減少させることだと言われています。

 

ググルステロンには他にどんなメリットがあるかというと、
LDLコレステロールおよびトリグリセリド(TG)レベルを低下させることは
十分に立証されています。

 

投与量にもよりますが、一般にLDL値とTG値は10?25%低下するとのことです。

 

ググルステロンは、肝臓のコレステロール生合成を
減少させることによってこの点で機能するものです。

 

ググルステロンの2つの構成要素であるグッグルステロンEおよびZは、
グッグリピッドの唯一の活性成分ではありませんが、
主にその脂質低下特性の原因であると考えられています。

 

ググリピッドは、関節炎を患う個体について行われた
多くの研究によって証明されているように、
強力な抗炎症剤であるとのことです。

 

にきびの減少を引き起こすグッグルの多くの報告もあります。

 

ググルがテトラサイクリン(にきびの治療に使用される抗生物質)と
同じくらい効果的であることが示された臨床試験は1件しか行われていませんが、
ググリピドは脂質過酸化を有意に減少させる可能性があるとのことです。

 

ある研究では、1日に50mgの投与でググリピドの
24週間後に脂質過酸化物が33%減少したと言われています。

 

この研究では重篤な副作用は報告されていませんが、
中止を必要とするほどではない
胃腸の不快感を経験した使用者もいたようです。

 

高用量は、悪影響の発生なしに使用されています。

 

グッグルはいくつかのコレステロール低下薬と競合する可能性があります。

 

そのような薬を飲んでいる場合は、服用前に医師に相談してください。

 

同様に、甲状腺疾患がある場合は医師に相談してください。

 

アスリートが心配すべき主な副作用は、筋肉異化(カタボリック)の可能性です。

 

甲状腺レベルの上昇はまた、筋肉組織のミトコンドリア脱共役を増加させ、
インスリン分泌および酸化窒素産生を減少させる可能性があります。

 

脂肪の減少は依然として主要な効果ですが、
失われた体重の一部は筋肉からのものかもしれないという説もあります。

 

幸いにも、テストステロンが甲状腺に誘発された
タンパク質脱共役が起こる経路を遮断するため、
テストステロンレベルを上げることによって甲状腺レベルの上昇によって
引き起こされる異化の量を回避するか、少なくとも高度に制限することができます。

 

簡単に言えば、ググルステロンは実際に人体が脂肪から筋肉まで、
考えられるすべてを燃やしている点まで代謝を高めることができます。

 

このための最善の対策は、カロリーをあまりにも大幅に減らさずに、
タンパク質をいつもより高く摂取することを保つようにすることです。

 

ググルステロンは様々な成分を持っているので、望ましいものを単離することは、
望ましくない副作用を減らしながらその有効性を高めることができるものです。

 

一方、グッグルの多くの構成要素の場合の活動は十分に研究されておらず、
特に脂肪を失う目的では十分に研究されていないため、
これらの効果を必ずしも信じるのはするのは賢明ではないかもしれません。

 

ググリピドは総ググルステロンのために標準化されています。

 

研究の大半、そして甲状腺の働きについて行われたすべての研究はググリピッド、
通常は10%ググルステロンに標準化された抽出物を使用して行われました。

 

すべての成分が含まれているので、
この抽出物は甲状腺を刺激し、
抗炎症性および脂質低下作用を有するべきものです。

 

抽出物は、さらに中性、酸性および塩基性部分に分けることができます。

 

酸性部分は抗炎症活性を有し、中性部分は高脂血症です。

 

低脂血症部分は十分詳細に研究されており、
EおよびZグッグルステロン異性体は非常に強い活性を有し、
他の異性体のいくつかは弱い活性を有するものです。

 

ググリピッドはE-およびZ-グッグルステロンのために標準化されています。

 

ほとんどの標準グッグル抽出物は0.5-2%のE-およびググルステロンを含んでいます。

 

これらは主要な脂質低下薬であるため、
主にググルの他の作用の一部を担う可能性があります。

 

したがって、E-およびG-ググルステロンの総量を増加させると、
製剤がより強力になる可能性があります。

 

E-およびZ-ググルステロンの含有量が多い製品が理想的かもしれませんが、
従来の抽出物よりE-およびZ-ググルステロンの量が多いと主張する
製品のほとんどが実際にはそうではないとの
2件の研究結果が示されています。

 

E異性体とZ異性体の量を増やしていると主張されている
グッグル抽出物を購入している場合は、
ラベルの主張にもかかわらず他の抽出物よりも
それほど強力ではない可能性があります。

 

合成E-およびググルステロン合成 - これは比較的新しい有望な開発です。

 

これらは、ググリピド由来のE-およびG-ググルステロンと同様に効果的であるが、
より多く販売されています。

 

唯一の欠点は、他のググルステロンのいくつかも
重要な活動をしている可能性があることです。

 

あなたの目標がコレステロールの減少またはダイエットである場合、
合成ググルステロンはおそらく標準的なグッグル抽出物より効果的です。

 

 


SAN T-3 チタニウム スタンダード 評価 口コミ

SANというサプリメントメーカーがあります。

 

私は大分前からこのメーカーのT-3という製品について知っていました。

 

このサイトを作っていて当然グッグルステロンについては調べて記事にしようと考えていました。

 

SANのT-3についてあらためて調べてみました。

 

これが結構評判がいいようです。

 

日本ではSANの製品の使用者は少ないでしょう。

 

私も知ってはいたもののこのメーカーのものは買ったことがありませんでした。

 

アイハーブでもSANの商品は扱っていますがT-3は売っていないようです。

 

でも見つけられたので、これは買ってみました。

 

 

 

この商品について書いているサイトがありました。
SAN T-3

・興奮剤なしで脂肪を減らすことが出来る
・99.9%純粋ググルグルステロン
・代謝率を自然に増幅する
・有益な甲状腺産生を支援する

 

ダイエットの努力が報われるでしょう。

 

人体の代謝率を維持し続けることは脂肪減少の最も難しい部分の一つだと言えます。

 

脂肪燃焼のための最も活発で決定的な甲状腺ホルモンであるT3産生の減少はダイエットの努力を無駄にしてしまいます。

 

重要な栄養素が不足している時の過剰な筋トレやハード過酷なダイエットは、甲状腺ホルモンレベルに悪影響を及ぼし、代謝の低下、疲労、不安やうつなどの気分の問題を引き起こす場合すら考えられると言われています。

 

これらのメンタルの問題は人間が理想的な体を作る目的の妨げになってしまうといえます。

 

医者の処方箋など必要なく甲状腺ホルモン生産を増やす解決策がありますが、危険になる可能性があり、結局は人体が天然のホルモン産生を遮断してしまうことになります。

 

SAN Nutritionは、この問題が現実のものであることを理解しているので、身体の機能を停止させるのではなく、身体のシステムをサポートし強化する強力で自然な方法を開発しました。

 

ググルステロンは、血中脂質レベルに対するそれらの有利な効果から、炎症を抑制しそしてニキビを治療する能力まで、多くの健康上の利益のために使用の長い歴史を持っているものです。

 

甲状腺ホルモン産生に対する好ましい影響は、SANのT3が、55%のZおよび45%のE異性体に対して標準化された99.9%の純粋なググルステロンからなり、最終的な効力を確保していることです。

 

これらの異性体は、T3に甲状腺を自然に産生させるサポートをする能力を与えます。

 

負の副作用はありません。

 

人体の神経系を刺激することなく次のレベルに脂肪燃焼の努力をしようと考えているならば、SAN-T3は自然に体の脂肪燃焼の能力を高めるための理想的な選択となりえると言っていいでしょう。

 

よりよく速い新陳代謝を得ることを望む人には吉報でしょう。

 

T-3、は新陳代謝などを向上させることを約束出来るといってもいい新しいサプリメントです。

 

甲状腺は人体の主要な内分泌腺のひとつです。

 

それは主に甲状腺ホルモンの放出を担当しています。

 

このため、細胞内プロセスを制御する細胞内酵素が増加しています。

 

これらすべては私達の新陳代謝のペースまたは私達がカロリーを燃やすことができる速さに直接関連しています。

 

人体の甲状腺のペースは人によって異なります。

 

これは、いくら食べても太らない人がいるという理由です。

 

SANのT-3は、誰にとっても活躍の場を整えることを目的としています。

 

T-3は脂肪減少に影響を与えるUPC3脱共役タンパク質も上昇させます。

 

脂肪細胞の場合、脱共役は脂肪分解または脂肪の分解を増加させるので、T-3を服用するとこの過程でも役立ちます。

 

T-3が作成されるまで、製造会社は甲状腺化合物を放出する合法的な方法を開発していませんでした。

 

SANのT-3以前に作成されたものは費用の問題で実現不可能と見なされました。

 

だからこそT-3はその類のもの中で最初で最高のものの1つです。

 

T-3についての説明で分かるように、脂肪を燃焼させ筋肉の成長も助けます。

 

述べたように甲状腺ホルモンは筋肉の成長とタンパク質合成にも関連しています。

 

レビュー、評価も悪くないようです。

 

これまでグッグルステロンのことは聞いたことがありませんでしたが、これは刺激剤(カフェインなど)を必要とせずに代謝率を上げようとしている人のために試してみるのは本当に良いサプリメントです。

 

多くの脂肪を燃焼させるための素晴らしいステップを常に踏み出していると言えると感じます。

 

私はL-カルニチン、CLAとラズベリーケトンのような刺激のないファットバーナーと高濃度のカプサイシンの組み合わせを試しました。

 

SAN-T3の、この製品は脂肪燃焼を補助し、体温と熱産生を高めることを可能にするほとんどのファットバーナーとは異なる角度から作用する甲状腺ホルモン産生を助けることによって脂肪燃焼の増加をもたらすのにうまく働いてくれました。

 

このようなサプリメントは、代謝が低下している人や、甲状腺機能低下症(甲状腺機能低下症)の症状に苦しんでいる人に効果的であると考えられています。

 

それを克服するのを助けてくれているようです。

 

過去にこの製品を2、3回使用してきましたが、脂肪燃焼のアップを可能にするのに適していることがわかりました。

 

私はT-3が食欲を増やしてしまうことに気が付きましたが、それを相殺するために水の摂取量を増やし、カゼインプロテインを使い、胃をより満腹に保つために更に食物繊維を摂取しました。

 

T3は自然の食事療法において誰も避けることが出来ない壁に当たったとしても、脂肪の燃焼を促進してくれるサプリメントです。

 

良い筋トレの計画を実行していて、食事療法もうまくいっているなら、T−3は停滞期を乗り越えるのを助けるためのサプリメントです。

 

本気で体を作っているボディビルダーのために上手く働くサプリメントです。

 

私は今から1ヶ月以上この製品を使っています。

 

そして私の体に非常に多くの結果と変化を確認できました。

 

良いダイエットの計画と運動の組み合わせで、減量の目標を達成することが出来ると思います。

 

リピート決定です。

 

SANだけがこのプロセスを開発しました。

 

私は私の甲状腺ホルモンレベルに影響を与える製品を試すべきかどうか大変躊躇していました。

 

しかし結局私は失望しませんでした。

 

私がT3を注文したことで私が正しい決断をしたと確信しています。

 

T3は私がより多くのカロリーを燃やすのを助けること以外に、全く副作用はありません。

 

いつもより多く汗をかくぐらいで、副作用を感じることはありません。

 

日本で買えるサイトは殆どないようですがサプリンクスで買えました。

 


T3(ググルステロン ファットバーナー) 90粒[サプリメント/健康サプリ/サプリ/植物/ハーブ/燃焼系/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/カプセル/サプリンクス] ¬

 

まだ使い始めですが、体が熱くなる感じがあります。

 

色んな脂肪燃焼系サプリメントを使ってきましたが、こういう体感を飲んでしばらくして感じるようなものは初めてです。

 

運動なしでも痩せられるというものかは不明ですが、しばらく使ってみたいと思います。

 

ググルステロン、T-3

 

飲み方は一日三カプセル、食事と一緒にということです。

 

3〜4時間は間隔をあけて飲むようにということらしいです。

 

一日5カプセルを超える摂取は控えろと書かれているようです。

 

私は最近は三日に一度ぐらいの筋トレ主体です。

 

同じペースで体重が落ちるか確認したいと思います。

 

 

 


スポンサーリンク