スポンサーリンク

ケトジェニックダイエットとは、ケトン体とは

ケトダイエットは最近流行のダイエット方法です。

 

ケトジェニックダイエットは低炭水化物ダイエットとしてよく知られており、
体内で肝臓にケトンを生成してエネルギーとして使用します。

 

別なページの記事に書いているようにこれに役立つのがMCTオイルです。

 

これは、ケトン生成食、低炭水化物食、
低炭水化物高脂肪ダイエット食など、
多くの異なる名前で呼ばれています。

 

炭水化物でカロリーの高いものを食べると、
体はグルコースとインスリンを生産します。

 

グルコースは、体がエネルギーとして変換して使用する最も簡単な分子ですので、
他のエネルギー源よりも優先して使われるように働きます。

 

インスリンは体内でグルコースを処理して血流を促します。

 

グルコースは一次エネルギーとして使用されているので、
脂肪は使われることなく体脂肪として蓄えられてしまいます。

 

典型的には、通常の高炭水化物食では、
体はグルコースをエネルギーの主要な形態として使用します。

 

炭水化物の摂取量を減らすことによって、
体はケトーシスとして知られる状態に誘発されることとなります。

 

ケトーシスは、食物摂取量が少ないときに
体が十分に活動できるための自然なプロセスです。

 

この状態では、肝臓の脂肪の分解から生成するケトンを作ります。

 

適切に維持されたケトジェニックダイエットの最終目標は、
体をこの代謝状態に強制的に行うことです。

 

我々はカロリーの不足ではなく、
炭水化物の摂取を減らすことによって体重の減少を行うことが出来ます。

 

体は、食事として取り入れているものに常に適応しています。

 

脂肪でそれを多く摂取して炭水化物の摂取を減らすと、
主なエネルギー源としてケトンを燃やし始めます。

 

最適なケトンレベルは、多くの健康、体重減少、
身体的および精神的パフォーマンスの利点を得ることが出来ます。

 

およそ30日間の食事プログラムをチェックすることで
ケトをシンプルで簡単にしましょう。

 

ケトン体には、体重減少や??エネルギーレベルの上昇から
治療用医療への応用まで、さまざまなメリットがあります。

 

ほとんどの人は、低炭水化物、高脂肪食を食べることで
安全にその恩恵を享受することができます。

 

ケトジェニックダイエットは基本的に
体脂肪をエネルギー源として使用しているため、
確かな減量効果があります。

 

ケトでは、インスリン(脂肪貯蔵ホルモン)レベルが大きく低下し、
体が脂肪燃焼のエンジンに変わります。

 

科学的には、ケトン生成食は、低脂肪および
高炭水化物ダイエットと比較して良好な結果を示しているものです。

 

午前中にバターコーヒーを飲むことによって、
多くの人々がMCTオイルを食事に取り入れます
(ケトンの生産と脂肪の減少を増加させます)。

 

 

ケトは食べる食べ物の種類によって自然に血糖値を下げます。

 

研究では、ケトジェニック食が低カロリー食に比べて糖尿病を管理し、
予防するためのより効果的な方法であることを示しています。

 

糖尿病予備軍である場合、またはII型糖尿病を抱えている場合は、
ケトン生成食を本気で検討する必要があると言えるでしょう。

 

多くの人々が精神的な能力の向上のために
ケトン生成食を特に多く使用しています。

 

ケトンは脳のための大きな燃料源です。

 

炭水化物の摂取量を減らすと、
血糖値の急上昇を避けることができます。

 

これにより、フォーカスと集中力が向上します。

 

研究は、脂肪酸の摂取量の増加が脳の機能に大きな影響を与える
可能性があることを示しています。

 

皆さんの体により良い、より信頼性の高いエネルギー源を与えることによって、
あなたは一日中高炭水化物食よりもっと活力を感じることが出来るはずです。

 

脂肪は、燃料として燃焼する最も効果的な分子であることが示されています。

 

それに加えて、脂肪は当然、より貯蓄されていて、
私たちを飽和状態にしばらく放置してしまいます。

 

ケトジェニック食は、てんかんをうまく治療するために
1900年代初期から使用されてきました。

 

今日でも、制御不可能なてんかんを患っている子供のために、
最も広く使用されている療法の1つです。

 

ケトがてんかんをどのように改善することができるかについての詳細は、
ケトジェニックダイエットとてんかんの主な利点の1つは、
それが優れたコントロールを提供しながら、
使用される薬物の使用を少なくすることです。

 

ここ数年の研究では、ケトで治療された
成人でも研究によって有意な結果を示しています。

 

ケトダイエットは、動脈硬化に最も関連するトリグリセリドレベル
およびコレステロールレベルを改善することが示されているものです。

 

具体的には、低炭水化物、高脂肪食は、低脂肪食に比べて
善玉コレステロールの劇的な増加および
悪玉コレステロール粒子濃度の減少を示します。

 

低炭水化物ダイエットに関する多くの研究では、
他のダイエットに比べて血圧が改善されています。

 

インスリン抵抗性は、放置したままにすると、
II型糖尿病につながる可能性があります。

 

十分な研究では、低炭水化物、
ケトン生成食が人の健康状態を改善することを示しています。

 

運動をしていても、オメガ3脂肪酸が多い食品を食べることによって、
ケトでのインスリン最適化の恩恵を受けることができます。

 

ケトジェニックダイエットに切り替えると、
肌の調子の改善を体験することが出来るのが一般的です。

 

低炭水化物ダイエットに切り替えると、
病気になったりせず皮膚の炎症の低下も示す研究もあります。

 

高炭水化物摂取と増加したざ瘡との関連性を示す別の研究では、
ケトが助ける可能性が高いです。

 

にきびの場合、酪農摂取量を減らし、
厳格な皮膚浄化療法に従うことが有益かもしれません。

 

ケトダイエットを始めるには、先に食べるものの計画を立てます。

 

実行可能な食事計画を準備し、
継続可能なものにすることを意味します。

 

皆さんが食べるものは、どれくらい速く
ケトン生成体質状態になりたいかによって決まります。

 

あなたの炭水化物(1日当たり15g未満)がより
制限的であるほど、ケトーシスに入る速度は速くなります。

 

あなたは炭水化物を限られたものに
保たなければならないと考えなければいけません。

 

主に野菜、ナッツ、乳製品から摂取しましょう。

 

白米、小麦(パン、パスタ、穀物)、でんぷん(ジャガイモ、トウモロコシ)、
フルーツなどの精製された炭水化物を食べないでください。

 

 

これに対する例外的なものは、適度に摂取することができるのがアボカド、スターフルーツ、およびベリー類です。

 

◆食べてはいけないもの
・穀類 - 小麦、トウモロコシ、米、穀類など
・砂糖 - 蜂蜜、メープルシロップなど
・果物 - リンゴ、バナナ、オレンジなど
・塊茎 - ポテト、ヤムなど

 

 

◆食べていいもの

・肉類 - 魚、牛肉、子羊、卵など
・葉物野菜 - ホウレンソウ、ケールなど
・地上野菜 - ブロッコリー、カリフラワーなど
・高脂肪乳製品 - ハードチーズ、高脂肪クリーム、バターなど
・ナッツと種子 - マカダミアナッツ、クルミ、ヒマワリの種など
・アボカドとベリー類 - ラズベリー、ブラックベリー、その他の低血糖影響果実
・甘味料 - ステビア、エリスリトール、モンクフルーツ、その他の低炭水化物甘味料
・その他の脂肪 - ココナッツオイル、高脂肪サラダドレッシング、飽和脂肪など

 

 

ケトは高脂肪で、タンパク質は中程度で、
炭水化物は非常に摂取量を少なくすることを覚えておいてください。

 

高脂質にするといっても摂取する脂肪の種類には十分注意しなければいけません。

 

一日の食事の割合は、70-80%の脂肪、20-25%のタンパク質、
5-10%の炭水化物とします。

 

一般的に、毎日の食事療法には、
20?30gの正味炭水化物が推奨されますが、
炭水化物摂取量とグルコースレベルを低く保つほど、
全体的な結果が良好になります。

 

タンパク質は必要に応じて常に摂取し、
1日の残りのカロリーは脂肪によって満たします。

 

正味の炭水化物は総炭水化物から
総食物繊維を差し引いたものです。

 

総炭水化物35グラム以下と正味の
炭水化物25グラム(理想的には、20グラム以下)を維持することをお勧めします。

 

ご飯は茶碗1杯で約150gありますので(約250kcal)、
かなり少量の炭水化物しか摂取できません。

 

白米の摂取は、まず出来ないぐらいに考えていいレベルです。

 

炭水化物はブロッコリーなどの、野菜から摂取するという感じです。

 

皆さんご存知のとおり、エネルギーは、
体を動かす大切な活動の源であり、
キロカロリー(kcal)の単位で表されます。

 

一般的な成人女性の多くは1日に約2,000kcalを摂取し、
約2,000kcalのエネルギーを使っていると言われています。

 

私の場合大体、基礎代謝が1700kcalで、その他が生活代謝です。

 

私自身今のところ完璧なケトジェニックダイエットは出来ていません。

 

行っているのは、脂肪燃焼系サプリメントと運動を組み合わせた
低炭水化物ダイエットです。

 

筋トレをしているので、タンパク質摂取量はそれなりに多いです。

 

摂取カロリーを完全に把握は出来ていませんが、
炭水化物の摂取はなるべく控えています。

 

コンビニ弁当などはカロリー表記されているものがありますが、
900kcal程度のものもあるので、そんなものはまず買いません。

 

たんぱく質、脂質、炭水化物の1g当たりのカロリーは、それぞれ、
たんぱく質4kcal、脂質9kcal、炭水化物4kcalのエネルギーになります。

 

前述したように、ケトジェニックダイエット中の一日の食事の割合は、
70-80%の脂肪、20-25%のタンパク質、
5-10%の炭水化物が良いと言われています。

 

しかし、この割合がカロリーでの比率なのか、
重量での比率なのか調べましたが私にもよく分かりませんでした。

 

ただし、一般的には1日に2,000カロリーを消費する人は、
70-80%の脂肪摂取量としては一日144gから177gの脂肪になるとのことです。

 

カロリーにすると1296kcalから1593kcalです。

 

ケトジェニックダイエットでは、タンパク質も
あまり摂取しないほうが良いと言われています。

 

摂取量は適度に保ち、総カロリーの約15?25%、
人によってはさらに低いほうがいい結果が出ると言われています。

 

ケトジェニックダイエットに関して書かれている書籍なども読みましたが、肉、魚、
大豆などは積極的に摂取してよいと書いているものが多いですが、
どの程度のカロリーまでタンパク質で摂取していいのかを書いている書籍は
私が読んだ限りではありませんでした。

 

「炭水化物の摂取量が少ないときにタンパク質を多く摂取すると、
体がエネルギーのためにタンパク質をグルコースに変換する
糖新生につながる可能性があります。これは体や筋肉には良くない」
という理論があります。

 

とにかく低炭水化物ダイエットの一つであることは間違いありません。

 

一日の間に空腹を感じたら、ナッツ、チーズ、
またはピーナッツバターで軽食をとって食欲を抑えることができます。

 

摂取する食事の種類には十分注意してください。

 

濃い緑の葉野菜類は、常に野菜を摂取するための最良の選択です。

 

ケトジェニックダイエットの食事のほとんどは、
野菜と脂肪の多くを持つものでなければなりません。

 

オリーブオイル、ブロッコリー、チーズを入れた鶏の胸肉などです。

 

ステーキはバターで、ホウレンソウはオリーブオイルで炒めたりするといいです。

 

例えば、ブロッコリー1株を食べたいとしましょう。

 

この選択は非常に良いものです。

 

ブロッコリー1株に合計6gの炭水化物があります。

 

ブロッコリー1株に2gの繊維もあります。

 

したがって、一般論では6g(全炭水化物)を取り、2g(食物繊維)を差し引きます。

 

これは私達の正味の炭水化物4gを摂取することとなります。

 

以下は、最も一般的な低炭水化物野菜のリストです。

 

 

・ほうれん草
・レタス
・カリフラワー
・キャベツ
・カリフラワー
・ブロッコリー
・ケール
・緑豆

 

 

食事の制限は時には厳しいことがあることは覚悟しておいてください。

 

先に計画を立て、成功する十分な準備をしてください。

 

メディアでの露出が高いため、今ケトジェニックダイエットは
かなり盛んに取り上げられるようになりました。

 

ケトジェニックダイエットについてや
MCTオイルの利用についての本も多く出版されてきています。

 

ケトン生成経路とケトン体が何をするのかを見ていきます。

 

これに続いて、ケトンと栄養ケトーシスの潜在的な健康上の利点を検討する必要があります。

 

ケトジェネシスは、体内で脂肪酸がケトン体に分解される生化学的過程です。

 

ケトン生成によるケトン体の合成は、炭水化物制限中に起こるものです。

 

炭水化物が不足すると、
ケトンは私たちの体の優先的なエネルギー源になります。

 

ケトン生成が起こると、体はグルコースの代替燃料としてケトン体を生成します。

 

この生理学的状態はケトジェニックダイエットの主目的である
「栄養ケトーシス」として知られています。

 

ケトン生成は、脂肪をケトン体と呼ばれる
エネルギーの形に分解する生物学的経路です。

 

ケトン体は体内でエネルギーの一種として作用する
水溶性化合物です。

 

ケトン体には主に3つのタイプがあります。

 

 

・アセトアセテート
・ベータヒドロキシブチレート(BHB)
・アセトン(アセトアセテートの分解によって生成する化合物)

 

 

 

ベータヒドロキシブチレート(BHB)のサプリメントを使用することによって
ケトジェニックダイエットを早く成功させることが可能なようです。

 

最初に知っておくべきことは、これらのケトンが、
グルコースと同じように私たちの体のエネルギー要求を満たすことです。

 

しかし、グルコースとは異なり、ケトン体は
血糖やインスリンレベルに影響を与えません。

 

炭水化物はエネルギーにとって必須であるとよく聞きますが、
実はそうではありません。

 

ケトン体は、身体がエネルギーとして使うことのできる
炭水化物の非常に優れた代替燃料源です。

 

ケトンは脂肪の分解から生成されるものです。

 

第一に、ケトン生成のプロセスおよびその後のケトンの生成は、
私たちの体が動作する全体の方法を変化させるものです。

 

ケトーシスに適応した後、体はグルコースよりも
エネルギーのためにケトンの使用を開始し、
これには多くの利点があるといえます。

 

ケトーシスには多くの潜在的な利点があります。

 

アルツハイマー病は、最も恐ろしい現代病の一つであり、
感情的にも金銭的にも厳しい状況を招く病気です。

 

この考えはしばらく前からありましたが、最近の研究によれば、
アルツハイマー病は糖尿病の一形態である可能性があるとのことです。

 

言い換えれば、研究者はアルツハイマー病を
脳のインスリン抵抗性と呼んでいます。

 

その考え方は、状態が2型糖尿病に似ていることです。

 

私たちの体はインスリン抵抗性になります。

 

アルツハイマー病との唯一の違いは脳内で起こることです。

 

インスリン抵抗性は、私たちが炭水化物を
正しく代謝することができないことを意味し、
そのため脳はエネルギー(グルコース)を枯渇させます。

 

この結果、脳内に蓄積したグルコース(高血糖)と酸化ストレス、
損傷を引き起こすこととなります。

 

脳細胞は、十分な速度でエネルギー(グルコース)を利用できないので、
飢えて死ぬこととなってしまいます。

 

この研究は、アルツハイマー病の脳が
グルコースに対して十分に機能しないという考えを調べているものです。

 

しかし、ケトン生成によって、体は脳が利用できるエネルギー源を提供する
ケトン体を生成することができるというのが今では一般常識となっています。

 

これは低炭水化物ダイエットはアルツハイマーを治すという意味ではありませんが、
疾患の治療に役立つ可能性があると言われています。

 

この分野では数多くの研究が行われていますが、
そのうちのいくつかはまだ進行中の状態です。

 

ケトジェニックダイエットは、脳の劣化した
エネルギー利用をバイパスする科学に
よって十分に支持されている安全な介入です。

 

しかし、アルツハイマー病の発症または進行を制限することができるかどうかは、
この時点ではハッキリとは分かっていないものです。

 

ケトンは、アルツハイマー症の場合に脳に蓄積する
プラークの一種であるアミロイドを遮断する
神経保護機構を有しています。

 

ケトン体は、動物およびヒトの両方の臨床試験において利益を示していますが、
それは新しい研究領域です。

 

さらに、無作為化比較試験は、ケトンサプリメントを摂取している
アルツハイマー患者が改善された認知を示すことを示しているようです。

 

脳はグルコースの代替燃料としてケトン体を使用することができます。

 

結果として、ケトーシスを誘発する食事は、
アルツハイマー病の進行を制限するために
有望である可能性があると言われています。

 

ケトン生成の誘導のためには、血糖値を非常に低くする必要があります。

 

したがって、身体がケトン体を生産しているとき、血糖値は最小限になります。

 

低血糖値の存在下では、体が放出するインスリンの量も減少します。

 

2型糖尿病患者では、脂肪が多い食事はインスリン放出が有意に少ないです。

 

だから、なぜ血糖値やインスリンを減らすことが利益をもたらすのかというと
第1に、短期インスリン放出と高空腹時インスリンレベルには差があります。

 

空腹時血糖値や高インスリン血(常に上昇したインスリン値)は、
ほとんどの慢性疾患と関連があります。

 

インスリンの血清中濃度が最も高い個体は、
癌死亡率が62%上昇してしまいます。

 

高インスリン血症は、糖尿病とは無関係に癌死亡率の増加につながります。

 

言い換えれば、高値の空腹時血糖値とインスリン値は、
糖尿病患者であろうとなかろうと、誰にも悪影響を与えています。

 

多くの研究が、2型糖尿病とがんリスクと死亡率との関連を支持しているようです。

 

インスリン値が高くなるほど炎症促進効果が高くなり、

 

高インスリン血症と心血管疾患などの血管疾患との間には密接な関連があります。

 

高インシュリン血症は、最も現代的な病気の経路に関与するため、
慢性疾患の統一的な理論である可能性があるとのことです。

 

血糖値、インスリンを減らすにはさまざまな方法がありますが、
運動、睡眠、ストレスなどもすべて栄養上での配慮ではありません。

 

しかしながら、ケトジェニックダイエットは空腹時血糖値およびインスリン値を
確実に低下させることが研究によって示されているものです。

 

体がケトン体を生産しているとき、空腹時血糖値とインスリン値は低いです。

 

重要なことに、これはまた慢性疾患のリスクを低下させることを示唆しています。

 

私たちの体のすべての細胞において、ミトコンドリアは、
私たちのエネルギーと細胞の必要性の約90%を作り出す役割を果たすものです。

 

要するに、炭水化物と脂肪酸を分解し、それらをエネルギーの
利用可能な形態(アデノシン三リン酸 - ATP)に変換します。

 

ミトコンドリアは私たちの全体的な健康に不可欠であり、
細胞内で重要な保護的役割を果たしています。

 

例えば、それらは細胞死を制御します。

 

この過程は、体内の細胞の数、特に損傷細胞のバランスをとるために不可欠です。

 

特に、制御されない細胞増殖は癌につながり、現代の研究はミトコンドリアの
機能不全が慢性疾患の中心であることを示していると言われています。

 

ケトン生成が進行して体がケトン体を生成し始めると、
いくつかの重要な変化が起こります。

 

一つは、ミトコンドリアはATPに加工する方がエネルギーが脂肪を使う方が優先されます。

 

ケトン体はまた、機能不全に対してミトコンドリアを保護する上で保護的役割を果たします。

 

ケトン体は、ミトコンドリア呼吸および機能を刺激および改善します。

 

ケトンは、ミトコンドリアにおいて抗酸化作用を発揮し、
機能不全および疾患を引き起こし得る
酸化的ストレスを抑制するのを助けることが出来ます。

 

カロリー制限は長寿の利点を有することが知られています。

 

カロリー制限の時に、私たちのミトコンドリアはグルコースよりも脂肪を燃やし始めます。

 

したがって、これらの寿命の利点は、炭水化物を制限して
ケトン生成を誘導する場合にも適用され得るといえます。

 

ケトン体はミトコンドリアの調節と保護を助け、
病気の予防と寿命の延長をもたらす可能性があります。

 

血糖値が急上昇する加工食品は、
数時間後に私たちに空腹感を与えることとなります。

 

いくつかの人々のために、これらの食べ物を
食べたいという欲求と戦うことは毎日の戦いとなる人もいるでしょう。

 

しかしケトジェニックダイエットの多くの信者は、
一日中簡単に食べることは絶対にしないと宣言しています。

 

ケトンの存在が食欲を直接抑制することはできるかというと
いくつかの研究がこの分野を検討しており、
興味深いことですが決定的ではない点がいくつか考えられています。

 

飢餓ホルモンは、典型的には体重減少の間に上昇し、
食物渇望を増加させてしまいます。

 

しかし、最近の研究では、カロリー不足にもかかわらず、
ケトーシスのダイエットにおいてこの増加が抑制されていました。

 

同じ研究では、参加者の体重が減っても
飽食ホルモンのレプチンとアミリンが上昇したとのことです。

 

炭水化物を再度摂取し始めた場合、
満腹ホルモンが低下し、飢餓ホルモンが急速に増加しました。

 

ケトン体が多量に存在すると、
身体の飢餓ホルモンの産生を阻害するシグナルが得られる可能性があります。

 

私は、低炭水化物ダイエットの満腹効果は、
タンパク質の摂取量を多くすることで補うことが出来ます。

 

暫定的な研究では、ケトン体が食欲を直接抑制するのを
助けるかもしれないことを示唆しているようです。

 

トリグリセリド対HDL比は、心血管リスクの最も確実と言われる予測因子の1つです。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールについて聞いたことがあるかもしれませんが、
これらのマーカーはリスクの予測因子としては適切ではないと考えられています。

 

専門家は、LDL対HDLが危険因子として準最適であると長い間信じてきました。

 

近年、トリグリセリドからHDLまでは、より信頼できる指針として浮上しています。

 

ある研究では、トリグリセリド対HDLの比が
心血管死亡率の最も重要な独立した指針であることが分かったようです。

 

高リスクの心臓病患者374人を対象とした研究では、
総コレステロールと冠動脈疾患の程度との間に
有意な関係はなかったとのことです。

 

さらに、総トリグリセリドおよびトリグリセリド、
HDL比から非常に有意な統計的リンクがあった。

 

低レベルのHDLと循環中のトリグリセリドの量は、
血液中のインスリンの量が多い場合に確実に追跡されます。

 

言い換えれば、我々が血糖値を低下させると、
インスリンは典型的には低下し、HDL、トリグリセリド比は改善します。

 

一般にケトン生成食が心血管リスクに好影響を与えることを示しているという資料もあります。

 

肥満の被験者の研究では、20グラム以下の炭水化物ケトン生成食は、
総コレステロール、LDLコレステロール、
トリグリセリドおよび血糖を低下させたとのことです。

 

対照的に、HDLの有意な増加が認められたそうです。

 

この試験は56週間継続し、健康指針は8週間の間隔で
7つの異なる試験を通して一致したようです。

 

健康な体重の男性の6週間の研究では、8%の炭水化物のケトン生成食は、
LDLまたは総コレステロールに影響を及ぼすことなく
HDLレベルを有意に上昇させることを示したそうです。

 

トリグリセリドの低下とHDLの上昇は、心臓病のリスクを軽減するようです。

 

体がケトーシス状態にあるとき、トリグリセリド、
HDL比は通常改善すると言われています。

 

ケトン摂取と精神的健康に関する著しい逸話的な証拠があります。

 

多くの人々は、ケトーシスへの転換が精神的な明快さ、
集中力、脳霧をなくし、うつ状態を和らげたと主張されています。

 

ケトン体形成後、細胞内ナトリウム濃度は、
体がケトーシスに入ると減少します。

 

重要なのは、これはすべての気分安定剤が
有するのと同じ効果であるということです。

 

人間の被験者では、無作為化された対照試験で、
低炭水化物食は気分の統計的に有意な改善を誘導することが判明したそうです。

 

低脂肪介入群と比較して、低炭水化物ダイエッターはまた、
気分の上昇下降や過敏症を経験しなかったとのことです。

 

動物実験では、ケトン生成食を与えたラットは、
対照食よりもうつ病の症状が少なかったようです。

 

これらのラットは、抗うつ薬で治療したラットと
同様の改善を示したとのことです。

 

289人を含む4つの無作為化比較試験では、
ケトン食がてんかん患者にとって有益である可能性があることが示されているそうです。

 

ケトーシスに罹患していることは、発作制御において
短期間から中期的な利益をもたらすことを示しています。

 

ケトン生成の誘導段階の後、脳はケトン体を燃料として使用するように
切り替えることができます。

 

多くの研究は、これがうつ病および精神状態の改善に
つながる可能性があることを示唆しています。

 

ケトン体の多くの利点に加えて、ケトーシスが健康に及ぼす可能性のある
他の様々なプラスの影響があるといえます。

 

ケトン体質はまた、スポーツパフォーマンスに有益だともいわれます。

 

毎日の食事の選択肢を改善するのに役立つ食事は、
健康に良い影響を与えます。

 

皆さんが好む食事プランのタイプにかかわらず、重要なことは、
主に未処理の食品全体に焦点を当てることです。

 

ケトジェニックダイエットが健康であるかどうかは、
あなたが食べる食品の品質に依存します。

 

ダイエットにはある程度の食事制限をすることが結果を出すための早道となります。

 

今までは、糖質以外の栄養は脳のエネルギーとはならないと
考えられていたせいで炭水化物の摂取は必須と考えられてきました。

 

しかし、MCTオイルなどを使用したケトン体を作り出す身体に転換することによって
脳に十分なエネルギーとなるだけでなく体脂肪も
使われるようになるのでダイエットに役立つということばかりでなく、
様々な疾患にも効果があることが分かっています。

 

ケトン体質になることによって、無酸素運動や有酸素運動をしなくても
ダイエットに成功している人も多くいるようです。

 

食事の種類に注意して、MCTオイル、ω3脂肪酸などを利用することによって、
ある程度の空腹感は我慢しなければいけないかもしれませんが
十分検討する価値のあるのがケトジェニックダイエットと呼ばれるものです。

 

前述もしましたが、ブロッコリーや肉類、MCTオイルとブラックコーヒー、
無塩バターをミックスしたバターコーヒーを使用すれば私は
十分に空腹感を感じることもありませんので
胃は十分に満たされるということを実感しています。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク