スポンサーリンク

L-テアニンとは

テアニンは、緑茶または紅茶で見つかった化合物であり、
サプリメントとして利用可能であり、
一部の人々には不安を和らげるのに役立ちます。

 

テアニンは、人体には見られないので、
サプリメントではなく、ハーブ療法と見なされるべきものです。

 

しかし、多くの他のハーブのように、そ
れは自然な方法で人体の機能を高めるために働くものです。

 

テアニンは、緑茶から抽出されたときに最初に発見されましたが、
実際には、緑茶は紅茶と同程度またはそれ以上のテアニンを含んでいます。

 

緑茶と紅茶の両方が同じ茶の葉っぱ由来ですが、乾燥前に紅茶を発酵させています。

 

テアニンはどのように不安を助けるかというと
あなたの脳のGABAレベルを上げること(多くの人々の不安を軽減する)を望むなら、
テアニンを服用することは、それを行うためのいい方法かもしれません。

 

テアニンはGABA(阻害性神経伝達物質)を高めるだけでなく、
不安を和らげる神経伝達物質を刺激します。

 

さらに、それは脳のドーパミンを高めると思われます。

 

これは良い気分になれる神経伝達物質のひとつです。

 

多くの人々がテアニンを服用したときの
心地よさや精神的な感情を表現する理由かもしれません。

 

GABAはあなたの脳に自然に見られ、
低レベルではいくつかのタイプの不安に関連しているようです。

 

したがって、不安に苦しんでいる場合には、
GABAレベルを上げたいと思うのは理にかなっています。

 

そして、実際には、GABAによってストレートな
ストレスから大きな成果を得ている人もいます。

 

問題は、脳に非常に簡単に入り込まないため、
必要な場所にGABAのほとんどが到達しない可能性があります。

 

このように脳のレベルを調節することは難しいです。

 

一方、テアニンは血液脳関門をかなりうまく通り抜けるので、
脳のGABAを増強するための有効な方法です。

 

テアニンは不安に対する効果的な治療法かというと
これに関する決定的な臨床研究はないのが現状のようです。

 

一部の人々は、不安を和らげるのに役立つと報告し、
他の人は睡眠をよくするのに役立ち、
他の人はまったく効果がないと報告しています。

 

テアニンが脳のアルファ波活動を増加させることを示す
興味深い研究がいくつかあります。

 

これらの研究のほとんどは、不安を抱えた患者では行われていませんでした。

 

しかし、不安になりがちな人々は当然、より多くのベータ波活動を有し、
より少ないアルファ波を有する傾向があります。

 

ベータ波は注意力に関連し、アルファ波はより
穏やかでリラックスした状態に関連付けられます。

 

研究は、テアニンが、ストレスの多い実験状況に置かれた人々の測定された
ストレス反応を減少させるのに役立つことを発見しました。

 

これらは不安からの苦しみではありませんでしたが、
もしあなたが不安になりがちな場合は、
ストレスと戦ういくつかの助けをしている可能性があります。

 

お茶を飲むことは確かにテアニンのアップを与えるでしょう。

 

しかし、その量は標準化されておらず、通常の紅茶の約5?10mgから、
抹茶または最初の一杯のダージリン紅茶のような
最高品質のグルメティーのカップでは46mgまで広範囲に変化します。

 

重大な違いは、茶が緑色か黒色かどうかではなく、
テアニンが茶葉の芽と若葉の中で最高濃度で検出されるため、
茶葉が収穫期からどのくらい経ったものであるかです。

 

通常、これらは抹茶、煎茶、玉露などの魅力的な茶です。

 

ウーロン茶とダージリンは、テアニンが高く、
若い茶葉から収穫される他のグルメティーです。

 

結果を得ることが示されているテアニンの治療用量は50?200mgの範囲であるため、
テアニンの用量を同じにするには通常の紅茶を5?10カップ飲む必要があります。

 

多くのハーブ(および食品)と同様に、茶はまだ特定されていない
追加の成分をもっているかもしれませんが、
その効果を高めるためにテアニンと一緒に働くことができます。

 

私たちが知っているものはカフェインです。

 

カフェインはテアニンとの肯定的な相互作用を持つように見えるもので、
コーヒーに比べてあまり気にせず摂取することができます。

 

テアニンは化学的にはアミノ酸です。

 

ただし、タンパク質の一部を構成しません。

 

また、すべてのアミノ酸と同様に、
L-テアニンとD-テアニンの2つの形態があります。

 

それはアクティブであるL-テアニンの形です。

 

D-テアニンは脳内で何も働きません。

 

ですから、人体が欲するのはL-テアニンです。

 

しかしテアニンが実験室で合成されると、
結果はL-テアニンとD-テアニンの混合物であり、
純粋なL-テアニンを分離することはプロセスの費用を増加させてしまいます。

 

いくつかのメーカーは混合物を使用するだけです。

 

評判の良い企業のLテアニンは純粋で高品質かもしれません。

 

しかし、安価なブランドには注意してください。

 

その中には、L-テアニンとD-テアニンの混合物を使用するものもあります。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク