スポンサーリンク

ケトジェニックダイエット、MCTオイル、ココナッツオイル、ケトン体とは

 

MCTオイル、ココナッツオイルは、
料理や美容製品に多くの利点を持つ健康的な
脂肪の大きな源であることは現在良く知られてきています。

 

日本のドラッグストアでも扱うようになってきました。

 

MCTオイルはココナッツオイルと同じ利点があることに
変わりはないですが、より濃厚なオイルです。

 

MCTオイルはケトジェニックダイエットに欠かせないものとなっています。

 

MCTオイルまたは中鎖脂肪酸トリグリセリド(中鎖脂肪酸)は、
その名の通り、ある長さを持った脂肪酸です。

 

MCTオイルは、これらの中鎖トリグリセリドの
1つ以上からなる油であり、室温で半透明で無味の液体です。

 

すべての脂肪は炭素と水素で構成されていますが、長さは異なります。

 

定義上、短鎖脂肪酸は5個以下の炭素を有し、
中鎖脂肪酸は6?12個有し、
長鎖脂肪酸は12個を超えるものです。

 

中鎖トリグリセリドは容易に消化可能で有益な脂肪と考えられ、
大部分の他の食品のように消化によって代謝される代わりに、
これらの脂肪は肝臓で処理されます。

 

MCTオイルは素速く持続的なエネルギーを提供し、
身体に容易に吸収されるものです。

 

これらの脂肪酸はすべて中鎖脂肪酸として分類されています。

 

MCTオイルは、これらのタイプの中鎖脂肪酸の1つ以上の混合物であり典型的には、
豊富な天然源であるココナツ油またはパーム油から抽出されるものです。

 

人間の母乳、ヤギ乳、チーズ、バター、および他のタイプの乳製品にも見出されるものです。

 

これらの中鎖トリグリセリドは、ヤシ油から、
またはMCTの形態で消費されても、いくつかの利点を有しています。

 

一般的には、ダイエットに脂肪の摂取はマイナスと考えられていますが、
より良く体に働き筋肉の力を増加してくれたりするものもあります。

 

体脂肪の燃焼にも効果的だと言われています。

 

CLA、DHA、EPA等も体にいい脂肪として知られています。

 

ダイエットは勿論ですが、私はMCTオイルとHMBの併用を始めてから筋力の向上を体感できています。

 

MCTオイルはココナッツから得られ、体重の減少や??スタミナの維持、
エネルギーの持続に役立ちます。

 

MCTオイルは、ココナッツオイル、パーム油、更に乳製品に含まれる
脂肪であるMCTで構成されたサプリメントです。

 

MCTオイルは、主に体重を減少させたり、
運動中に持続力を向上させたい人に使用されているものです。

 

MCTオイルを使う人には、思考能力を向上させるだけでなく、
認知症を和らげると考えている人もいます。

 

MCTオイルは肝臓で処理されるので、
迅速に吸収され、速くて持続的なエネルギーを提供します。

 

MCTオイルは、長い消化過程を必要とせずに肝臓ポータルシステムを介して
受動的に肝臓に移動することが出来るものです。

 

ほとんどの他の食品とは異なり、MCTオイルは身体に吸収され
、貯蔵され、または使用されることを必要とせず、
自然エネルギーのほぼ完全な供給源になります。

 

MCTオイルは消化するのには胆汁塩を必要とせず、
長鎖脂肪のような消化によって改変されることなく、
消化器系から血流に直接通過することができるものです。

 

これにより、長鎖脂肪酸より消化しやすくなります。

 

MCTオイルは吸収して使用するのがとても簡単であるため、
消化器系の問題、脂肪吸収、胆嚢欠損症に苦しんでいる人にとっては、
かなり良い選択となるものです。

 

MCTオイルはココナッツオイルに含まれ、
長鎖脂肪酸とは異なる方法で体内で処理されます。

 

他の脂肪と違って、MCTオイルは腸から肝臓に直接移動します。

 

肝臓から、MCTオイルはエネルギー源として使用されるかケトンに変わります。

 

ケトンは、肝臓が多くの脂肪を分解すると生成される物質で、
ブドウ糖や砂糖の代わりに脳のエネルギーとして働きます。

 

MCTオイルのカロリーはすぐに使用されるので、
体脂肪として蓄えられる可能性は低いものです。

 

この理論は、多くの人が体重を減らす効果的な方法であると信じている
ケトン生成食の基礎となっているものです。

 

MCTオイルには他にも色々な健康上の利点があるとされています。

 

体感があると感じている人も多いようですが、
利点については科学的に証明されていることと、
そうでもないことがあるようです。

 

証明されている代表的なものは良い脳と記憶力の維持、向上です。

 

また、エネルギーの増強と耐久性の向上も挙げられます。

 

私のサイトを訪ねてくれている方にとって知りたいのはこういうことだと思いますが
MCTオイルは持久力を向上させ、
激しい運動に必要なエネルギーを供給するのに役立ちます。

 

MCTオイルのサプリメントは、
MCTオイルが効果的に働いているときに人のエネルギーを高め、
持久力を向上させることができると言われています。

 

MCTが豊富な食物を摂取することにより、
アスリートが高強度運動に耐えることができる時間が改善され
運動耐久性を向上させることができると分かったそうです。

 

MCTオイルには抗ウイルス性と抗菌性もあり、
腸内細菌と病原菌のバランスをとることができるという根拠もいくつかあると言われています。

 

MCTオイルはまた、身体がとても簡単に利用できるので、
消化器系にも負担をかけません。

 

健康な食事と腸内細菌をサポートするための他の方法と併用すると、
MCTオイルは継続的に腸内環境を改善するのに役立ちます。

 

乳酸菌、ビフィズス菌などとの併用ですね。

 

抗ウィルス性と抗菌性がMCTオイルを免疫にも有益なものにします。

 

健康な脂肪は、適切な免疫機能にとって重要であり、
MCTオイルは身体により容易に使用できるので、
これは脂肪を吸収するのに問題があり、
免疫機能に苦しむ人々にとって特に有益であり得るものだということが言われています。

 

また、適切なホルモンの生成と身体のバランスのためには脂肪が必要であるため、
MCTオイルはホルモンバランスの乱れに悩んでいる人々にも特別な利益をもたらすとも言われています。

 

中鎖脂肪は、ホルモンバランスを正常に近づけ、
インスリン感受性を改善することによって健康な体重を
維持するのに有益であり得ることを示唆する研究もあります。

 

MCTオイルを好んで使っている人は、
ダイエットの補助を行ってくれていると感じるそうです。

 

ダイエット効果については研究が徐々に進んでいるとのことです。

 

ある研究では、肥満の人が運動によって消費するカロリーの増加と
脂肪を燃焼させた量が増えたという結果が出たそうです。

 

また、MCTオイルが空腹感を減らして食欲の減少をつかさどる
ホルモンの増加をもたらすとも言われています。

 

MCTオイルは更に、コレステロールを低下させることによって
心臓の健康を維持するのに役立っているとも言われています。

 

ココナッツオイルを摂取すると悪玉コレステロールが減少し、
善玉コレステロールが増えたという事実もあるようです。

 

この比較は大豆油を摂取した人との比較に対して行った研究で、
カロリー制限の食事と共に行われた研究での結果だそうです。

 

ココナッツオイルに見られるMCTのMCTオイルは高水準なので、
コレステロール値を改善する可能性もあると言われています。

 

MCTオイルはまた、血糖値を改善し、
糖尿病管理において潜在的な役割を果たすとも考えられています。

 

MCTオイルがインスリン抵抗性を含む
糖尿病の危険因子を改善することが判明しているようです。

 

様々な良い研究結果は出ているようですがやはり油なので、
過剰な摂取はカロリー制限の上では良くないという人もいるようです。
しかし、一日に40〜60g程度の摂取が良いという説もあります。
これは、かなり多い量のように感じますがこのぐらいの量を摂取すべきだと考えている人が
いるのも事実です。

 

特に注意しなければいけないのがMCTオイルを使っているにも関わらず
糖質を多く摂取してしまうということです。

 

こういった場合にはMCTオイルの恩恵を受けることが出来ず
結局脂肪を蓄えてしまいます。

 

MCTオイルを摂取すると、
余分な脂肪やカロリーが食事に追加されるということは事実です。
糖質を摂取してしまうとMCTオイルの利点は全くなく、
体脂肪を蓄えるだけとなってしまいます。

 

MCTオイルサプリメントは、多くの健康食品店やネットショップで入手できます。
一部の人は、食事からのMCTオイルを摂取することを好みます。

 

これはサプリメントを取るよりも自然かもしれません。

 

しかし、それもほとんどのサプリメント言えることですが現実的ではありません。

 

MCTオイルには多くの潜在的な健康上の利点があり、
MCTオイルサプリメントの摂取も有益です。

 

MCTオイルは劇的な体重減少につながりませんが、
全体的な体重管理の役割を果たします。

 

この利点を証明するためにはより多くの研究が必要なようですが、
エネルギーや耐久性を高めるのにも役立ちます。

 

MCTオイルは、アルツハイマー病などの病状の影響を考え、
抵抗力を向上させる可能性があることも示唆されています。

 

 

MCTオイルは、加熱調理には適していないことを覚えておくことが重要です。
しかしながら、MCTが高い固体ココナッツオイルは、加熱調理に使用することができ、
オリーブ油または他の調理油と置き換えるために使用することができます。
これは非常にいいことです。
ケトジェニックダイエットでは、肉を炒める時などには
ココナッツオイルや無塩バターを使用することが推奨されています。

 

MCTオイルとHMBの併用を始めてから
筋力の向上を体感できていると前述しましたが、
これは本当に体感できています。

 

ダイエットサプリメントの口コミ投稿サイトに
HMBで痩せないと記入している人がいますが、
HMBはダイエットサプリメントではないのでダイエット出来なくて
当たり前ですのでその点は勘違いしないでください。

 

あくまでも筋力の向上に役立つサプリメントです。

 

私の場合は簡単には筋肉量は増えません。

 

だれでもそうだと思います。

 

ただし筋力の向上に役立つので
ダンベルなどの扱える重量が増えていきますので
結果的に筋肉量も増やすことが可能となります。

 

MCTオイルを使ってダイエットする究極の方法は
一食につきMCTオイルとブラックコーヒー、バター(バターコーヒー)しか
摂取しないという方法です。

 

糖質は一切口にしません。

 

空腹感があるようでしたら腹持ちのいい低炭水化物のプロテインでも飲むといいかもしれません。
朝食と昼食をバターコーヒーのみとして
夕食のみ糖質を抑えタンパク質中心に食事するという方法だと体重が落ちやすいようですし、
糖尿病治療にもかなり効果的だと言われています。

 

私は、今のところ究極的な糖質制限は出来ていませんが
運動しているせいもあるでしょうけど
MCTオイルを摂取するようになってから
体重は落ちやすくなっています。
日常の体力も白米等をほとんど食べなくても落ちません。

 

変なダイエットサプリメント買って後悔するより
MCTオイルを使ったほうが非常に有益です。

 

私もよく分からないところがあるのですがMCTオイルと
ココナッツオイルというのは厳密には違うようです。

 

MCTオイル以上にココナッツオイルは
身体に留まっている時間が長くてより効果が続くと言われています。

 

タイムリリースプロテインと同じような感じです。

 

両方同時に摂取したほうがいいのは言うまでもありません。

 

確かに、アイハーブで検索してみると
MCTオイルで検索してもココナッツオイルで検索しても違う商品があります。

 

私が、MCTオイルを購入してみたらココナッツオイル100%だったので
違いが分からない部分も無いわけではありません。

 

前述したようにMCTオイルはソフトカプセルなどで摂取し
ココナッツオイルは加熱調理に使うといいようです。

 

とにかく糖質の摂取は限界まで減らすのがダイエット成功の早道となるでしょう。

 

MCTオイルを使うことによってケトン体質になり
脂肪を脳などを働かせるエネルギーになってくれますので
低糖質で体力不足を感じることもありません。

 

糖質の代わりに多めにタンパク質を摂取したほうが良いです。

 

のどが乾いたらBCAAのドリンクを飲みましょう。

 

MCTオイルにも液体で売られているものとソフトカプセルで売られているものがあります。

 

私は、食器が汚れるのが嫌なのでソフトカプセルを購入しています。
どちらを選ぶかは皆さん次第です。

 

350ml位のボトルコーヒーにMCTオイルの液体を注いで飲んでいる人もいます。

 

色々なダイエットサプリメントが出回っていますが、
今後はMCTオイルを使う人が増えるのではないかと感じています。

 

バターコーヒーを摂取し、タンパク質を摂取し、BCAAを飲み糖質制限をすることです。

 

どうしても甘いものが食べたくなるなどという人には無意味ですので
どんなダイエットも成功しないと思ったほうがいいです。

 

結論として、MCTオイルを使ったダイエットも低炭水化物ダイエットの一つではあります。
しかし、従来から言われているような低炭水化物ダイエットのように
卵は卵白しか食べてはいけないとか極端なものではないです。

 

低炭水化物ではあっても、高脂質のものは十分に食べられるダイエット法です。

 

あくまでも避けるべきは炭水化物(糖質)です。

 

運動しなくても脳のエネルギーとして使われますので
体脂肪がある程度落ちると言えるでしょう。

 

ボディービルダーでさえ今は殆どの人が
MCTオイルを使ったケトジェニックダイエットを行っているようです。

 

再三言いますが、炭水化物、糖質を摂取してしまうと
結局は脂肪として蓄積されてしまいますし、
結局体脂肪ではなく糖質から身体を動かすエネルギーを使う体質から抜け出せないので
MCTオイルを使わないほうがましです。

 

重要なのはケトン体質になるということです。

 

その点は十分に注意しましょう。

 

私はアイハーブで購入したZenwise Health ゼンワイズヘルスという
メーカーのMCTオイルを今のところ使っていてそれなりに体感はいいです。

 

バターコーヒーは、ブラックコーヒーとMCTオイルとギー等と言われる無塩バターで作ります。
一応楽天で買える無塩バターを紹介しておきます。

 

こういうのがベターだという人もいますが、
正直私は無塩バターなら何でも構わないのではないかと考えています。

 

無塩バターなしでブラックコーヒーとMCTオイルだけでダイエットしている人もいます。

 

要するに空腹に耐えられるかどうかの勝負だと思っています。

 

あくまでも私の場合ですが、空腹で筋肉が落ちるのが嫌なので
最小限に近いですが糖質も摂取していますし、
タンパク質も多く摂取してしまっています。

 

私も本当であれば、一般的に推奨されているように朝食、
昼食をバターコーヒーのみにして夕食を高脂質の食事に変えてみて
本当のケトン体質に持っていって皆さんに筋肉が落ちてしまうとか、
どんな体調になるのか示せればいいのですが
今まで作ってきた筋肉が落ちてしまうのが
怖くてそこまでは踏み切れません。

 

今は自炊も出来ないのもつらいところではあります。

 

ほぼ、運動しなくても数か月はかかるようですが
体重が落ちている人はいるようです。

 

ただ、その人の体脂肪率などがどの程度落ちたとかの情報までは
得られませんでしたので本当に脂肪から体重が落ちたのか、
もしくは脂肪も落ちたけど筋肉も減っていた等ということまでは分かりませんでした。

 

運動が苦手だけど体重を落としたいという人は試してみてもいいと思います。
筋肉が落ちる可能性はゼロでは無いような気はしてしまいます。

 

楽天で売っている商品は私が購入したものとは違いますが
使いやすそうなので紹介しておきます。

 


完全無欠コーヒーギー イージー 100g グラスフェッドバター ミラクルオイルのギーオイル&仙台勝山館 MCTオイル 360gのセット【Pick Up】【輸入食品】

 


完全無欠コーヒー ギー イージー 100g グラスフェッドバター ミラクルオイルのギーオイル&仙台勝山館 MCTオイル 360gのセット

 

これをボトルコーヒーに入れて混ぜれば
バターコーヒーの出来上がりです。

 

私が購入したMCTオイルも一応紹介しておきます。

 

バターコーヒーもいいですがソフトカプセルは
とても使いやすいです。
好きな時に飲めます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク