スポンサーリンク

バルクスポーツのアミノショット、マルチアミノ酸、総合アミノ酸

アミノ酸のいいサプリメントを探している人も多いと思うので、
私が今更書くまでもないことなのかもしれませんが、
アミノ酸はタンパク質が分解されたものです。

 

特に体に必要とされるものを分類するとアミノ酸には
必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。

 

食べ物から摂取しなければならないアミノ酸を必須アミノ酸と言います。

 

必須アミノ酸には

 

 

◆L-ヒスチジン
◆L-イソロイシン
◆L-ロイシン
◆L-リジン
◆L-メチオニン
◆L-フェニルアラニン
◆L-スレオニン
◆L-トリプトファン
◆L-バリン

 

 

があります。

 

こんなもの覚える必要はないと思いますが、
確かにそれぞれに役割はあります。

 

睡眠不足に悩まされている人が飲むアミノ酸などもあります。

 

でも、一種類のアミノ酸を摂取しても私は効果を感じない一人です。

 

知っている方も多いと思いますが
バリン、ロイシン、イソロイシンをBCAA、分岐鎖アミノ酸といいます。

 

そのBCAAを含んだ九つのアミノ酸をEAAと言います。

 

エッセンシャルアミノアシッドの略です。

 

最近はHMBの影響もあってロイシン強化型というBCAAや
EAAも販売されていますが、その効果のほどは私には分かりませんし、
HMBを摂取しているので必要性も感じていません。

 

BCAAには最適な比率があるというのが一般論ですので
私はそのような商品は購入しないでしょう。

 

非必須アミノ酸は

 

 

◆L-グリシン
◆L-アスパラギン酸
◆L-アラニン
◆L-グルタミン酸
◆L-セリン
◆L-グルタミン
◆L-アスパラギン
◆L-システイン
◆L-チロシン
◆L-アルギニン
◆L-プロリン

 

 

の11種類です。

 

アミノ酸の種類自体は500種類以上あると言われています。

 

シトルリンやL-カルニチンなどのサプリメントも皆さん
ご存知だと思いますがこれらは遊離アミノ酸というカテゴリーに分類されるものです。

 

アミノ酸スコアという概念もあります。

 

皆さんはドラッグストアなどで売っているプロテインパウダーサプリメントに
100と書かれているものを見たことがあるのでは
ないでしょうか。

 

あれは、アミノ酸スコアが100だということです。

 

しかし、100と書かれていないからと言って
アミノ酸スコアが100ではないプロテインパウダーサプリメント
などほぼないはずです。

 

海外で製造販売されているプロテインパウダーサプリメントに100などという
表記をしているものなどありませんがアミノ酸スコアは100でしょう。

 

植物性タンパク質である大豆は、動物性タンパク質と同じくアミノ酸スコアは100です。

 

白米と小麦の場合は、両方とも100にはまったく至らないため、
不足しているアミノ酸を他の食材で補わなければならなくなるわけです。

 

白米と小麦もタンパク質を含んでいますが
基本的には炭水化物というイメージですよね。

 

米の中でも玄米が一番低カロリーでタンパク質量も多いです。

 

脂肪分は多いですが糖質は一番少ないです。

 

また玄米は便秘になりにくく、次の日の排便量が違ってきます。

 

菜食主義者が使っている大豆タンパク質プロテインパウダーサプリメントも
アミノ酸スコアは100でしょう。

 

アミノ酸は人体に必要不可欠なものです。

 

どのような役割があるかというと筋肉疲労を解消したり肌の調子を整えたりします。

 

最近では、アミノ酸ダイエットということを
謳い文句にしたアミノ酸含有サプリメントなども販売されています。

 

私は、アミノ酸の重要性を理解はしていますが、
アミノ酸ダイエットサプリメントなどというものを購入するつもりは
サラサラありません。

 

なぜなら、ざっとそういったアミノ酸ダイエットサプリメントの成分表示をみると
アミノ酸の含有量が少なすぎるからです。

 

勿論、飲まないよりはましだとは思います。

 

本当にアミノ酸が含まれていればの話ですが。

 

若い人がそれなりにバランスの取れた食事をしていれば
アミノ酸不足というのはあまりないのかもしれません。

 

でも、それなりに歳を重ねた人やスポーツを頻繁に行っている人には
アミノ酸は必要不可欠なものです。

 

特にボディービルダーなどは体重1kgに対して
1.5gから2g程度のタンパク質が必要だとも言われていますので、
これはかなりの量です。

 

タンパク質が分解されてアミノ酸になります。

 

ありがちな書き方ですがやはり食品だけから
タンパク質を摂取するのは大変かもしれません。

 

そこで、必要なのはやはりプロテインパウダーサプリメントやアミノ酸サプリメントです。

 

トップページにも書いていますが、VAAMを使ったことがある私は
必須アミノ酸、非必須アミノ酸のパワーというのも十分体感しています。

 

アミノ酸ダイエットサプリメントというものが売られているように
確かに運動を行えば脂肪の燃焼と持久力の向上、
スタミナの維持など様々な体感が得られるものだと思います。

 

私は、基本的にはアミノ酸はBCAAパウダーを水に溶かしたものと
プロテインパウダーサプリメントから取り込んでいます。

 

しかし、必須アミノ酸、非必須アミノ酸を含んだ
マルチアミノ酸(総合アミノ酸)からも摂取していた時期もあります。

 

今は、それほど長時間に及ぶスポーツはしておらず
短時間の筋トレ中心に体力、筋力アップを行っているので
BCAAとプロテインパウダーサプリメントでアミノ酸を身体に取り込んでいます。

 

マルチアミノ酸を使っていた時は長時間スポーツを楽しんでいた時です。

 

楽しんでいたといってもそれなりの歳でしたからパワーが落ちるのが早かったので、
休憩してマルチアミノ酸サプリメントやマルトデキストリンなどを摂取していました。

 

スポーツ前にもマルチアミノ酸の摂取は良いです。

 

VAAMも使いましたしマルチアミノ酸の体感は本当に気持ちの良いもので
スポーツを長い時間する際には非常に重宝しました。

 

長時間の運動の際にはプロテインパウダーサプリメントは
あまり向いていないと思います。

 

プロテインパウダーサプリメントはアミノ酸に分解されるのに時間がかかり
一番早く分解されると言われているホエイプロテインパウダーサプリメントでさえ
2時間程度はかかると言われています。

 

フリーフォームマルチアミノ酸は素早く筋肉などに届くので
長時間のスポーツの休憩時などに摂取することによって、
パワーの維持、向上に私にとっては非常に有効でした。

 

脂肪も十分に使ってくれていたと思います。

 

真夏の体育館でしたが、他の誰より汗もかいていました。

 

汗をかく=ダイエット効果だとは私はあまり思ってはいないほうですが

 

勿論汗をかいた分の水分補給は十分すぎるぐらい摂っていましたので、
デトックスとは言い過ぎかもしれませんが
身体の水分がどんどん入れ替わっていくということは
いいことのような気はしていました。

 

汗を大量にかくうえにトイレの回数も多かったです。

 

マルチアミノ酸の私の使い方は大体上記のような感じですが
有酸素運動前もいいです。

 

アミノ酸不足は筋肉の分解を助長してしまいますので長時間の運動中や
運動前に摂取するといい結果が得られやすいと思います。

 

本当であれば運動後も摂取することに越したことはないのかもしれませんが
今現在は私は、そこまではしていません。

 

筋トレ前中にBCAA、筋トレ後にホエイプロテインパウダーサプリメントという感じです。

 

普通のスポーツの終わりにもプロテインパウダーサプリメントは飲んだほうが良いと思います。

 

翌日に筋肉痛が残るぐらいスポーツするならなおさらです。

 

痛めた筋肉にアミノ酸を入れてあげることで
次回のスポーツまでに筋力がアップしより良いパフォーマンスを発揮できるように
なっていくでしょう。

 

スポーツをする人は健康管理というのは勿論あると思いますが
体力がアップしていかないとスポーツのパフォーマンスが向上していかず
あまり楽しいものではなくなってしまうと思います。

 

日々の体力の向上とパフォーマンスアップにはプロテインパウダーサプリメント
もしくはフリーフォームアミノ酸の摂取は必要だと考えたほうが良いと思います。

 

スポーツをしない日にはコストがかかるフリーフォームアミノ酸ではなく
コストパフォーマンスの良いプロテインパウダーサプリメントでいいです。

 

タンパク質不足で筋肉量を減らしてしまうような行為をしていては
普通のスポーツでも筋トレでも本来の運動の意義を
マイナスにしてしまうことですので、体を常に必須アミノ酸、
非必須アミノ酸で満たしておくということは重要になってきます。

 

よく「このサプリメントには多くのアミノ酸が含まれています」と
書いているものがありますが、含有量が全く書かれていないものも珍しくありません。

 

勿論含まれているアミノ酸のそれぞれのバランスも大事だと思います。

 

しかし、本当に注目するべき点は含有量です。

 

体重1kgに対して1.5gから2g程度のタンパク質が必要と前述しましたが
これに近いぐらい摂取しないとあまり意味がありません。

 

大体「これ1日2粒でコストが1日〇円」などと書かれている商品は
おかしいと考えてください。

 

2粒を料理用の秤にでものせて重さを測ってみればすぐわかることです。

 

プロテインパウダーサプリメント一杯分に含まれる
タンパク質量は勿論メーカーにもよりますが18g〜24g程度です。

 

小さいタブレット、ソフトカプセルのアミノ酸ダイエットサプリメント等に
そんな重量があるわけありません。

 

プロテインパウダーサプリメントでさえ一日一杯ではとても身体に必要な
十分な量のタンパク質を摂取することは不可能なのです。

 

「初回500円、継続購入で送料無料、芸能人も愛用、
テレビで取り上げられました、SNSでも話題、全額返金保証」
こんなネット広告、ステルスマーケティングサプリメントには騙されず
本当に体感できるものを私はお勧めします。

 

本当にマルチアミノ酸の体感を得たいと思うなら
バルクスポーツのアミノショットがベストです。

 

私は、海外のサプリメントショップ、
勿論アイハーブやマイプロテイン等の日本語対応のサプリメントショップも見ていますが
海外の英語のサプリメントショップも閲覧しています。

 

私が探してみた限りではバルクスポーツのアミノショットがベターではなく
ベストなはずです。

 

前述したようにVAAMも良かったです。

 

本当にパフォーマンスを上げていきたいと考えるスポーツをする人は
試してみる価値はある商品です。

 

勿論、仕事の関係で週末しか体育館借りられないとかいう人も多いと思います。

 

私も、そんな時期もありました。

 

そんな時こそ、ストレスなくスポーツ楽しむには
最適なマルチアミノ酸サプリメントだと思います。

 

ちょっと、高価ではありますが週末スポーツをする日だけ摂取すると
考えればそこまで高い買い物だとは私は思いません。

 

安くてパフォーマンスが伴わないものを購入するのは本当に馬鹿らしいです。

 

どっちみちマルチアミノ酸の摂取だけでは
一日に必要なタンパク質量を摂取することはコスト的に私は不可能です。

 

プロテインパウダーサプリメントとマルチアミノ酸の併用で
コストもパフォーマンスも両立できるものです。

 

私が、購入したプロテインパウダーサプリメントと
バルクスポーツのアミノショットのタンパク質、アミノ酸の量を
比較してみました。

 

アミノ酸 ALLMAXオールホエイクラシック アミノショット
L-ロイシン 3016mg 1179mg
L-バリン 1649mg 495mg
L-イソロイシン 1788mg 531mg
L-ヒスチジン 442mg 216mg
L-リジン 2844mg 1089mg
L-メチオニン 698mg 225mg
L-フェニルアラニン 878mg 351mg
L-スレオニン 2190mg 441mg
L-トリプトファン 478mg 441mg
L-アラニン 1371mg 468mg
L-アルギニン 802mg 225mg
L-アスパラギン酸 3195mg 1098mg
L-システイン 758mg 288mg
L-グルタミン酸 5074mg 1620mg
L-グリシン 532mg 153mg
L-プロリン 1847mg 441mg
L-セリン 1600mg 270mg
L-チロシン 840mg 351mg

 

このようにプロテインのアミノ酸含有量というのは圧倒的で、
いくらバルクスポーツのアミノショットが優秀でも流石に
追いつけるものではありません。

 

筋トレ、ワークアウトにマルチアミノ酸が必須ではないかもしれませんが、
一般的なスポーツをしている人、有酸素運動をする人には
有効なのがバルクスポーツのアミノショットです。

 

美容と健康にも勿論いいです。

 

アミノ酸のサプリメントをお探しであれば、きっと満足できる商品だと思います。

 

筋トレ直後でも本来であれば、すぐに筋肉にアミノ酸を送ってやるべきですので
素早く筋肉を回復させ成長させるという意味では本来であれば飲むに越したことはないものです。

 

御金が許せば私は十分に満足出来たサプリメントがバルクスポーツのアミノショットでした。

 

これほどの贅沢は無いといった感じの必須アミノ酸と非必須アミノ酸のブレンド商品です。

 

これほどの商品は海外にもありません。

 


NEW!アミノショット 1000タブレット

 


バルクスポーツ アミノショット 1000タブレット

 

 

 

 

スポンサーリンク