スポンサーリンク

N-アセチルL-チロシン

N-アセチルL-チロシンは、トレーニングやダイエットのストレスを、
ある程度軽減し集中力を維持するために主に使われるサプリメントです。

 

N-アセチルL-チロシンは脳の為のサプリメントであり、急速に普及しています。

 

アミノ酸L-チロシンは、認知プロセス、筋肉構築、
および細胞増殖および回復のような
多くの異なる身体機能にとって重要なアミノ酸です。

 

N-アセチルL-チロシンをとることは、神経のコミュニケーションを改善し、
ストレスに対処するのを助けることによって、
脳と身体の両方からピーク性能を
サポートするかもしれないと言われているものです。

 

それは人体の脳の神経伝達物質レベルのより
良いバランスを促進する認知機能強化サプリメントの1つです。

 

この理由から、ほとんどの人がN-アセチルL-チロシンサプリメントの恩恵を受ける可能性があり、
強力な脳ブースターによるノートロピックスタックには一般的な添加物です。

 

いくつかのN-アセチルL-チロシンを購入する前に、
それが何であるか、それが体内でどのように機能するか、
その利点、副作用のリスク、およびその使用に関する
ベストな方法について知っておいたほうが良いでしょう。

 

モチベーション精神集中気分、エネルギーとモチベーションをサポート、
フォーカスと精神的な明快さを促進する、
気分およびストレス反応を改善する
等が一般的に言われていることです。

 

摂取量は500?2000 mg /日で安全性が高いと評価されたものです。

 

要するにN-アセチルL-チロシンは、
非必須アミノ酸L-チロシンの改変された製剤であると考えられています。

 

L-チロシンは身体が内部で産生することができるアミノ酸ですが、
認知機能を最適化するためには補充がしばしば必要となります。

 

N-アセチルL-チロシンは酢酸を添加しているため通常のチロシンから修飾されています。

 

これは化合物のバイオアベイラビリティーを高め、
血流に直接吸収されるようになると考えられていますが、
これに関する研究は十分ではありません。

 

酢酸はまた、脳の健康のためにそれ自体の重要な利点をいくつか持っています。
これらの理由から、N-アセチルL-チロシンは、
補足的なL-チロシンの一般的な形態と言えます。

 

アミノ酸は多くの理由から身体に不可欠です。

 

タンパク質を作り、新しい細胞を作り、筋肉の回復と再構築を助けますが、
チロシンを特別なものにする主なものの1つは、
それがカテコールアミンの前駆体でもあるということです。

 

カテコールアミンは体内でホルモンや神経伝達物質として働くモノアミン化合物群です。

 

主なカテコールアミンは、ドーパミン、エピネフリン(アドレナリン)、
およびノルエピネフリン(ノルアドレナリン)です。

 

これらの強力な神経伝達物質は、気分、注意、集中、および覚醒に関連しているものです。

 

N-アセチルL-チロシンの利点としては、N-アセチルL-チロシンが
身体内で実際に働く方法は少し複雑で、まだ完全には理解されていません。

 

しかし、N-アセチルL-チロシンがアミノ酸チロシンの非常に強力で
生体利用可能な形態であることは明らかであるといえます。

 

酵素的プロセスにより、チロシンはレボドパ(L-Dopa)と呼ばれる汎用化学物質に変換されます。

 

これは、ドーパミンだけでなく精神機能に関わる他の有用な化学物質を作るために使われます。

 

L-Dopaが行うことの1つはメラニンに変換されます。

 

この変換プロセスは、神経毒性を引き起こし得る
キノンと呼ばれる物質の除去を強制します。

 

さらに、メラニンは脳内のキレート剤であり、
水銀や鉛のような有害な金属を蓄積して除去します。

 

皆さんの気分を引き上げるために直接使用されない
ドーパミンもまた、ノルエピネフリンに変わります。

 

N-アセチルL-チロシンを補充すると、記憶形成、学習能力、
および一般的な理解力および分析能力が向上する
可能性があるという仮説が立てられています。

 

また、多くのユーザーが精神的なエネルギー、集中力、集中感を報告しています。

 

他のものは、より明快で精神的な流動性を持っているようです。

 

チロシンは私たちの認知プロセスや全体的な
気分に重要な役割を果たすだけでなく、
ストレスをより良く処理するのに役立ちます。

 

ストレスがカテコールアミン神経伝達物質のレベルを枯渇させることが知られています。

 

L-チロシンの補給は、この前駆体のレベルを増加させ、
カテコールアミン合成の増加を可能にし、
潜在的にストレスおよび不安の悪影響を回避するのに役立つと考えられています。

 

ある臨床研究は、低温ストレス試験の前にチロシンを投与された患者において、
寒冷誘発性の認知能力の低下がプラセボ(偽薬)を
与えられた患者と比較して緩和されることを見出したとのことです。

 

別の研究では、低温ストレス試験中にメモリをテストするときに同様の結果が得られました。

 

チロシンを投与された患者は、プラセボ患者と比較して
作業記憶が改善されていることが分かったようです。

 

自然薬総合データベースは、L-チロシンをストレス状態下での
認知能力および記憶の改善、
および睡眠不足後の覚醒度の向上のために有効と評価しています。

 

L-チロシンおよびN-アセチルL-チロシンは栄養補助食品として入手可能です。

 

N-アセチルL-チロシンは、健康な成人において非常に安全で、
毒性がなく、耐容性が高いと考えられています。

 

ほとんどのL-チロシンのレビューでは、このノロトロピック剤を摂取する際に、
いかなる負の副作用または不快な反応も言及されていません。

 

しかし、高用量で摂取すると、それに伴う副作用のいくつかの例があることも事実です。

 

これらの影響には、片頭痛、疲労、吐き気や胸焼けなどの胃腸の苦痛が含まれます。

 

N-アセチルL-チロシン補充は甲状腺ホルモン産生を増加させ、
モノアミンオキシダーゼ阻害剤、合成甲状腺ホルモン、
補充レボドパ(L-Dopa)などの薬物と相互作用する可能性があります。

 

N-アセチルL-チロシンとこれらの医薬品やサプリメントを組み合わせる前に、
適格な医療従事者と話し合って悪影響を避けることをお勧めします。

 

N-アセチルL-チロシンの投与量と推奨用量としては適切な投与量は、
年齢、体重、性別、および補給の理由など、さまざまな要因によって異なります。

 

個人用量は異なる場合があります。

 

N-アセチルL-チロシンの典型的な用量範囲は、1日当たり300?500mgです。

 

これは一日一回または数回にわたって取ることができます。

 

体はさらに小さな用量でも反応するか、更にもっと必要な場合がありますが、
医師の指示がない限り、1日に1000mgを超えてはいけません。

 

N-アセチルL-チロシンのサプリメントは、単独で購入することも、
事前に配合された脳の為のサプリメントの中に含まれているものを見つけることもできます。

 

一回あたり300mgの割合でカプセル当たり150mgです。

 

 

 

スポンサーリンク