スポンサーリンク

ω(オメガ)n-3脂肪酸、EPA、DHA、クリルオイル

ある研究によると、オメガ3脂肪酸欠乏症は
アメリカでの死亡原因のトップ10の1つであり、
毎年96,000人の命を奪うと主張されています。

 

研究で調べられた12の食事、生活習慣および代謝リスク因子のうち、
オメガ3脂肪酸欠乏症は、アメリカ人の6番目に高い死亡原因だったとのことです。

 

食事中のオメガ3脂肪酸を十分に摂取することで死を避けることが出来、
魚油はオメガ3脂肪酸を強力なオメガ3脂肪酸源として摂取することができるため、
予防できると考えられています。

 

魚油の利点は、うつ病、高血圧、注意欠陥多動性障害(ADHD)、
関節痛、関節炎および湿疹のような慢性的な皮膚疾患の症状を軽減するのに役立ち、
心臓病および脳卒中のリスクをも減少させるとのことです。

 

魚油の摂取量は、体重減少、繁殖力、妊娠、エネルギーの増加を助けることにも関連しています。

 

摂取された魚油は、不健全な中性脂肪レベルを低下させるとも言われています。

 

魚油の利点の多くは、オメガ3脂肪酸の豊富な源の一つです。

 

魚油の利点は数多くありますが、サプリメントを使用する方法については様々な主張があり、
実証済みの科学的証拠を述べます。

 

魚油は油性魚の組織から得られるものです。

 

最高の供給源は寒い地域の魚の脂肪です。

 

人間の魚油の摂取に関しては、魚自体から、
または魚油サプリメントから得ることができます。

 

魚油はオメガ3脂肪酸またはn-3脂肪酸とも呼ばれる
オメガ3脂肪の濃縮源であるようです。

 

より科学的に考えるためには、オメガ3は多価不飽和脂肪酸、
すなわちPUFAであるとのことです。

 

私たちの体は必要な脂肪の大部分を作ることができますが、
それはオメガ3脂肪酸には当てはまりません。

 

これらの必須脂肪になると、オメガ3食物やサプリメントからそれらを得る必要があります。

 

魚油には2つの非常に重要なオメガ3 PUFAが含まれています。

 

ドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)について説明します。

 

DHAとEPAは海洋オメガ3と呼ばれることがあります。

 

あなたの食生活から魚油を得るために食べる最高の魚には、
野生の鮭、ニシン、白身魚、イワシ、アンチョビなどがあります。

 

非常に多くの魚油の利点があります。

 

これらは私があなたに伝えたい、科学的に証明された最高の魚油の利点の一部です。

 

@注意欠陥多動性障害(ADHD)

 

医療界の多くのメンバーは、最適以下のオメガ3脂肪酸が生涯にわたって
ADHDの症状や関連する発達障害や他の
多くの精神的健康問題に寄与していると考えているようです。

 

ある研究では、6歳以上12歳未満のADHDの子供が
メチルフェニデート(中枢神経を興奮させ、精神活動を高める作用があるもの)
および標準的な行動療法で6ヶ月以上治療さていました。

 

これらの子供の両親は、これらの標準的な治療法を用いての行動や
学問的学習の改善を見つけられませんでした。

 

研究者らは、一部の子供にオメガ3およびオメガ6サプリメントまたは
プラセボ(有効成分を含まない錠剤)をランダムに与えたとのことです。

 

子供たちは積極性が向上し、仕事を完了し、学業成績を挙げるという、
有意な改善を見出したとのことです。

 

別の研究では、オメガ3摂取量の増加、特にDHAがADHD患児の識字率および
行動を改善する可能性があることを判明したと伝えています。

 

魚油は脳機能に影響を与えると考えられており、
脳の60%が脂肪で構成されていると考えると理にかなっているとのことです。

 

悪い油で構成された脳と良い油で構成された脳と比べたら良いのは目に見えている気がします。

 

Aアルツハイマー病

 

数年前から、魚油とアルツハイマー病の関連性が研究され、
一貫した結果が得られたとのことです。

 

魚油に見られる脳機能に必要不可欠な必須脂肪酸は、
認知低下を遅らせるだけでなく、
高齢者の脳の萎縮を予防するのに役立つとのことです。

 

オメガ3脂肪酸と抗酸化物質による4?17カ月間の補給による
健康への影響を調べました。

 

この知見は、認知低下とアルツハイマー病の発症を防ぐために、
魚油を有効なものとして使用する可能性を確認しています。

 

別の研究では、魚油の補給と認知機能低下の指標との関係を調べたそうです。

 

研究対象は高齢者であり、認知正常人229人、軽度認知障害患者397人、
アルツハイマー病患者193人であったとのことです。

 

彼らは魚油サプリメントを服用しながら、6ヶ月ごとに
神経心理学的検査および脳磁気共鳴映像法を用いて評価したようです。

 

この研究では、魚油を摂取している成人(アルツハイマー病を発症しておらず、
アルツハイマー病を発症する遺伝的危険因子を持たない)が、
魚油を摂取していない成人と比較して認知症になる可能性は低いとのことです。

 

B不安

 

魚油がラットで誘発されたすべての不安様行動および
うつ病様行動の変化を逆転させたことを示す研究を発表したとのことです。

 

これは興味深い研究ですね。

 

なぜなら、「脳の発達の重要な時期」に魚油を補給することの重要性を強調しているからです。

 

私がこれを知ったからには、子供たちに魚油を与えることをお勧めします。

 

人生の後半で不安やうつ病を発症する可能性が下がるでしょう。

 

C関節炎

 

慢性関節リウマチの患者を治療する際に、GLAの豊富な
油糧種子油と豊かな魚油がどうやって病気に対抗できるかを評価した
18ヶ月の研究が2014年に発表されたとのことです。

 

3つのグループ(魚油を摂取するもの、ルリヂサ油を摂取するもの、
これらの2つを組み合わせたもの)すべてが病気の活動において有意な減少を示し、
他のグループよりも優れた治療を受けていないことが発見された。

 

3つ全てについて、「有意な臨床的反応」は9ヶ月後も同じであったようです。

 

これは、関節炎患者の場合、魚油とボラージュ油の両方にとって素晴らしいニュースですが、
あまりにも多くのサプリメントを摂取するだけでは
お金が無駄になるため、結果が同じであることを強調することが重要です。

 

もう一つの研究では、オメガ3魚油サプリメントはNSAIDと
同様に関節炎の痛みを軽減するうえで働き、NSAIDsの
安全な代替薬であることが示されたとのことです。

 

Dがん

 

科学的研究によると、魚油は結腸、前立腺および乳房を含む様々な
癌の予防および殺滅を助けることができる力を持っているようです。

 

従来の抗癌剤をより効果的にするという研究結果が証明されたばかりでなく、
自然のがん治療における効果的な独立型治療剤でもあります。

 

科学的レビューでは、オメガ3多価不飽和脂肪酸と
前立腺癌予防について検討しました。

 

研究者らは、オメガ3が癌細胞株、
動物モデルおよびヒトにおいて、癌細胞の増殖を阻害することを意味する
抗増殖効果を有することを示唆する大きな証拠があると結論付けたとのことでした。

 

さらに、「癌細胞に対する直接効果」および癌と戦う免疫系に対する間接的な抗炎症効果は、
オメガ3脂肪酸が腫瘍増殖を阻害する能力に寄与する可能性が高いかもしれないようです。

 

ある研究チームは「n-3多価不飽和脂肪酸が豊富な魚油が、
腫瘍細胞を抗癌剤に化学感作するのに好ましい」との前提に基づいて、
発表された研究を実施したようです。

 

魚油とともに結腸直腸癌を治療するためのフルオロウラシル
(5-FU)は、発癌物質処理動物の生存率を増加させたとのことです。

 

研究者らは、魚油が5-FUによって引き起こされる消化管、
肝臓および腎毒性とともに血液学的うつ病を改善することも発見したとしています。

 

科学的レビューは、女性の中で最も一般的な癌である
乳癌の予防および治療に関するオメガ3摂取に関する研究結果を評価した。

 

このレビューでは、EPAおよびDHAならびにALA(αリボ酸)が、
乳房腫瘍発生を示差的に阻害し得ることが見出されたようです。

 

このレビューによれば、オメガ3の使用を「従来の治療法を強化するための
乳癌の治療における栄養介入、または潜在的に有効な線量を低下させるための
栄養介入」として支持する確固たる証拠があると述べています。

 

「成人初期の非常に多くの魚の摂取は、中年まで乳がんのリスクの低下と関連している可能性があります。」

 

魚油はまた、女性が経験する別のタイプの癌、すなわち子宮内膜癌にも役立つように考えられるそうです。

 

「子宮体がんの減少に伴う長鎖オメガ3摂取は、正常体重の女性に限ってリスクがある」と言われているようです。

 

E心血管疾患

 

心臓血管研究所によれば、「疫学研究は、脂肪を炭水化物で置き換えることは、
西洋型高脂肪食よりも悪化する可能性があり、様々な多価不飽和脂肪酸(FA)が
有害な効果ではなく有益であることを示している。

 

これには、抗炎症性を有する魚油脂肪酸が含まれ、
心血管疾患の過多を予防して逆転させるのに役立ちます。

 

研究は、魚油由来のオメガ3脂肪酸が心臓病患者の
生存率の改善に関連していることも発見しました。

 

心臓発作の発生から6ヶ月間高濃度の魚油を服用した人々が
心臓の全体的な機能を実際に改善し、
全身性炎症のバイオマーカーも減少させることが判明しました。

 

Fうつ病

 

我々は魚油がラットのうつ病様症状を助けることができることを既に見てきましたが人間でも同様なのでしょうか?

 

研究では、大うつ病障害を有する青年の前頭葉代謝産物濃度に対する
魚油補給の影響を評価したとのことです。

 

研究者らは、脳におけるアミノ酸および栄養成分の顕著な改善に加えて、
大うつ病障害症状の40%の減少があることを発見した。

 

具体的には、右外側前頭前野であるとのことだったそうです。

 

G糖尿病

 

ブレインリサーチ(Brain Research)に掲載された研究では、
糖尿病患者にとってどれほど遠い魚油が得られるかを示しています。

 

研究は、魚油が海馬細胞が破壊されるのを防ぐので、
糖尿病患者が認知機能障害を発症するリスクを軽減するのに役立つことがわかった。

 

この研究はまた、魚油が、微小血管および心臓血管の両方の糖尿病合併症の発症において
中心的な役割を果たす酸化ストレスを軽減するのに役立つことを示した。

 

別の最近の研究では、脂肪魚の消費が眼糖尿病合併症の
リスクを減らすことができることが示されています。

 

この研究では、5年近くにわたり、55歳から80歳の間の
約3,600人の糖尿病の男性と女性の魚介類消費を追跡しました。

 

研究者は、オメガ3脂肪酸を毎日500ミリグラム摂取している人(脂肪摂取量は週2回)が、

 

糖尿病性網膜症を発症する可能性が48%低いことを発見しました。

 

これを組み合わせると、摂取する魚油には糖尿病が、
魚油には糖尿病の食事計画の一部として含めるべきことが示されています。

 

H目の障害

 

魚油と眼の健康に関してはもっと良い知らせがありますが、
今度は糖尿病だけではありません。

 

魚油は加齢性眼疾患を逆転させることが示されている。

 

2014年3月、フランスの研究者らは、加齢黄斑変性症(AMD)患者290人を評価し、
食餌性の魚介類摂取量がAMD患者で有意に低かったことを発見しました。

 

魚油中のEPAおよびDHA濃度が高いため、この種の栄養的介入は
新生血管年齢関連黄斑変性症のリスクが高い人々にとって特に有益であると結論付けられた。

 

魚油および魚油にみられるような高度不飽和脂肪の摂取量が多いことは、
皮質白内障のレベルの低下と関連している。

 

I免疫システム機能

 

動物実験では、抗酸化物質であるアスタキサンチンを魚油と組み合わせると、
免疫力が倍増することが明らかになりました。

 

研究者は、この研究の結果は人間の健康に確実に適用できると考えています。

 

彼らは、習慣的な魚消費の健康促進効果を補強すると結論づけている。

 

サーモンは、魚油とアスタキサンチンの両方を自然に含む魚です。

 

私はまた、アスタキサンチンを含む魚油サプリメントを購入することをお勧めします。

 

J肌と髪

 

魚油の健康上の利点は、体の最大の器官である皮膚にとって信じられないほどのものです。

 

この必須脂肪源は、いくつかの点で人間の皮膚の健康と美を改善します。

 

魚油は脂肪に恩恵をもたらし、肌に潤いを与え、滑らかで弾力のある
テクスチャーを維持するのに役立つ脂溶性ビタミンを提供します。

 

また、魚油がしわを防ぎ、老化の過程で働くという証拠もあります。

 

食物中のEPAおよびDHAの欠乏は、ふけ、毛髪の菲薄化、
湿疹および乾癬のような皮膚状態、ならびに年齢および斑点に寄与する。

 

必須脂肪酸がなければ、あまりにも多くの水分が肌を去ります。

 

真実はあなたの内部の健康があなたの肌に現れることがあり、
サプリメントとして魚油を内部的に摂取することは、従来のモイスチャライザーを
適用するのと同じくらい良いかもしれません。

 

1つの研究では、1.8グラムのEPAに相当する魚油を摂取する個人は、
12週間後に湿疹の症状が有意に減少した。

 

研究者らは、これらの影響は、魚油が湿疹に関与する炎症性物質である
ロイコトリエンB4を減少させる能力に起因すると考えている。

 

国立乾癬基盤によれば、魚油は、心臓病を発症するリスクがより高い乾癬
および乾癬性関節炎の患者にとって特に優れている心疾患を
予防または緩和するのに役立ち得る。

 

乾癬の症状の緩和のために魚油サプリメントを使用することに関しては、
研究は改善を示すものと混ざり合っており、効果を示さないものもある。

 

あなたが乾癬に苦しんでいる場合は、
魚油サプリメントを試してみることをお勧めします。

 

そうでなければ、定期的にオメガ3を豊富に含むことを強くお勧めします。

 

魚油がより健康な皮膚につながる最大の理由の1つは、
間違いなく炎症を軽減できるという事実です。

 

研究によると、魚油サプリメントは日焼けによる炎症を軽減し、
日焼けを緩和することさえできることを示しています。

 

「日焼けの反応は、オメガ3多価不飽和脂肪酸が豊富な食餌性魚油によって著しく減少する」

 

K繁殖力と妊娠

 

最近の研究では、魚油(または、より具体的には、魚油中に見られるオメガ3脂肪酸)が
男性および女性の繁殖力を向上させることが示されている。

 

DHAは、オメガ3脂肪酸の副産物であり、
男性の精子の運動性と精子の健康に重要な役割を果たします。

 

DHAの血中濃度が低いことは、妊孕性の低下と関連している。

 

動物研究は、魚のDHAが、機能不全の丸頭の精子を、
卵開きタンパク質で満たされたコーン型頭部を有する
強力な水泳者に変えることが不可欠であることを見出した。

 

魚油はまた、炎症を軽減し、ホルモンをバランスさせ、
その周期を調節することにより、
女性の妊孕性を増加させることが示されている。

 

また、魚油は、多嚢胞性卵巣症候群および子宮内膜症のような
不妊症の原因となる状態の治療に有効であることが判明している。

 

魚油はまた、妊娠中の女性とその子供にとって非常に有益です。

 

妊娠中や授乳中に、女性のオメガ3の必要量は、通常よりもさらに高くなります。

 

米国妊娠学会によると、胎盤は母親の組織からDHAを胎児に供給するため、
米国の女性の大半はEPAが不足しており、
特に妊娠中のDHAが妊娠中に枯渇しています。

 

オメガ3 DHAは、胎児の脳、目および神経系の重要なビルディングブロックです。

 

赤ちゃんが生まれると、オメガ3は健全な脳の発達と免疫機能に不可欠な存在です。

 

オメガ3脂肪酸はまた、早産の可能性を減らすようです。

 

EPAおよびDHAの摂取は、健康的な労働および
出産のアウトカムを支援するのに役立ちます。

 

このオメガ3デュオは、出産後の母親の気分や
全体的な健康を正常化させるのにも役立ちます。

 

L減量

 

研究者は、食事と運動との組み合わせによる体重減少に及ぼす

 

魚油の影響を調べる研究の結果を発表した。

 

結果は、魚油サプリメントと定期的な運動の組み合わせは、
心臓と代謝の健康を改善しながら体脂肪を減らすことができることを示しています。

 

 

魚補給群は、トリグリセリドを低下させ、HDLコレステロールを増加させ、血流を改善した。

 

全体として、現在の運動プログラム(および全体的な健康的なライフスタイル)に
魚油を加えることは、体脂肪および心血管疾患のリスクを減少させるように見える。

 

別の小規模な研究では、すべてのボランティアが、同じ正確なコントロール食および
可視脂肪(バターおよびクリームのようなもの)のための置換魚油を消費した。

 

ボランティアは毎日6グラムの魚油を3週間摂取した。

 

彼らは魚油の摂取によって体脂肪量が減少することを発見した。

 

研究者らは、食事中の魚油は体脂肪を減らし、
健康な成人のエネルギー生産のための
脂肪酸の使用を刺激すると結論づけている。

 

一日に1000mg程度摂取すればいいとのことですので、
私が購入しているものは十分長持ちしますし、
コストパフォーマンスもいい優れた商品だと思います。

 

サバ缶を食べた時には飲みません。

 

 

 

国産が良ければ。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク