スポンサーリンク

プロテオグリカンとは、サントリーリフタージュ

関節の変形の開始および進行における関節の変化は、
代謝、生化学および生体力学的なものによって説明できます。

 

膝関節の軟骨と比較して、足関節軟骨はプロテオグリカンと水の含有量が高く、
プロテオグリカンの代謝率、合成率も高く、
その剛性の増加および透過性の低下の原因となります。

 

損傷に応じて、足首軟骨細胞は、膝軟骨細胞でみられるよりも
早い速度でプロテオグリカンを合成し、
修復能力がより高いことが分かっています。

 

膝関節、足首関節の軟骨に加えて、
骨もまた変性変化に反応してしまいます。

 

軟骨細胞の代謝、生化学および生体力学的なことは、
プロテオグリカンによって足首を保護することができるとされています。

 

関節炎は、関節軟骨だけでなく、滑膜、関節包および骨も含む変性性関節疾患です。

 

関節炎は、高齢者に多い関節疾患です。

 

一般的な関節炎の人であっても、すべての関節に悪影響を与えるわけではありません。

 

最も頻繁に関節炎の影響を受ける関節は、
股関節、膝、脊柱および中足趾節関節などが多いです。

 

足首、手首、肘および肩は、一般的に関節炎にはなりにくいとは言われています。

 

しかし、高荷重のワークアウトで肩関節を痛める人は非常に多いので注意が必要です。

 

無症候性関節では、関節軟骨の変性が起こり、この変性は非進行性であり、
感受性関節では変性が病状に進行することが示唆されています。

 

プロテオグリカンは、コラーゲン線維に捕捉された主な分子であり、
関節軟骨の乾燥重量の15?40%を占めるものです。

 

それらは多くの負電荷を有し、したがって非常に親水性であり、
これは水の捕捉をもたらし、ひいては衝撃吸収能力に寄与しています。

 

プロテオグリカンは非常に強い負電荷を持ち、軟骨に水を閉じ込めるだけでなく、
軟骨が圧縮されたときに互いを反発することができ、
軟骨に弾力と形状を維持する能力を持っています。

 

プロテオグリカンは、グリコサミノグリカン(GAG)側鎖を有するコアタンパク質から構成されています。

 

GAGは、ケラタン硫酸(KS)および硫酸コンドロイチン(CS)を含む多くの反復二糖単位からなり、
多数の他のオリゴ糖と一緒になっている線状多糖類です。

 

大部分のプロテオグリカンは軟骨マトリックス中に凝集物として存在しています。

 

100個ものプロテオグリカンが、結合タンパク質によって
安定化されたヒアルロン酸(HA)に固定されます。

 

プロテオグリカンは、負荷力を可逆的に吸収する能力において重要な役割を果たしています。

 

プロテオグリカンは水の流れを制限し、よって圧縮負荷中に変形に抵抗する役割を果たします。

 

組織が圧縮されるとき、例えば体重を支えている時いくらかの水分が搾り出されますが、
プロテオグリカンの魅力的な力によって多くの水を保持することができます。

 

プロテオグリカンはより密接に接触しますが、強い電荷によって反発され、
変形を防止します。

 

荷重が取り除かれると、組織は水を再び取り込むことによって
その形態を急速に回復することができます。

 

プロテオグリカンの高度に帯電した状態は更に、
組織全体にわたって大きな分子の流れを停止させますが、
より小さい分子が拡散することを可能にし、
無血管軟骨に栄養素を送達するための重要な機構であると言えます。

 

プロテオグリカンは、膨張性、弾力性、耐圧性などの結合組織の
物理的性質に影響を及ぼすもので、フィブロネクチンやテネイシンなどの
糖タンパク質は細胞マトリックス接着に関与していて、
主にこのメカニズムを介して細胞の行動に影響を及ぼしています。

 

プロテオグリカンはまた、細胞活性に影響を及ぼしますが、
成長因子活性の正および負の両方の調節を含む
様々なメカニズムを介して影響を受けています。

 

コラーゲン線維の形態およびそれらの組織化は、
結合組織中に存在するプロテオグリカンの
性質および量によって大きく影響されています。

 

最も一般的なグリコサミノグリカン
(デルマタン硫酸、コンドロイチン硫酸、ヘパラン硫酸およびヒアルロン酸)において、
反復二糖の1単位はウロン酸です。

 

ちょっと難しいですね。

 

要約すると、関節軟骨の重要成分はプロテオグリカンというものです。

 

グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントが、
あまり有効では無い人も多いとのことでした。

 

関節軟骨の成分は水、コラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸
だと言われています。

 

私がたまに飲んでいる関節保護サプリメントは
グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸のサプリメントです。

 

ヒアルロン酸しか、かぶっていません。

 

グルコサミンやコンドロイチンは

 

プロテオグリカンの、ごく一部の成分でしかない様です。

 

やはり、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンを直接摂取した方が良いようですね。

 

知名度はまだまだですが今後、
かなり注目されていくサプリメントなのかもしれません。

 

近所のドラッグストアの棚に陳列されるようになるかもしれませんね。

 

私が紹介しているのは原料は鮭だそうですので安全そうです。

 

自然に存在するものですから保証されています。

 

美容とかにも良いようです。

 

短期間で効果が出るものかどうか、私は使ったことが無いので
今のところ分かりませんが、グルコサミンやコンドロイチンを
長期間飲んでいても全然関節の痛みが、取れないという人は
使ってみる価値はあると思います。

 

私も今後使ってみたいと思っているサプリメントの一つです。

 

以前はこの成分を抽出するのに凄くお金がかかっていたらしいのです
が研究が進みそこそこ安い金額で購入できるようになったようです。

 

取り敢えず、効果が感じられるかどうかは別として10日間
お試しが出来るようですので、ひざの痛みなどに悩まされている人は
使ってみても良いと思います。

 

ストレスを感じるのは精神的にもマイナスです。

 

高齢でなくても、ジムなどで高強度、高負荷のトレーニング
をしているかたは、使った方が良いかもしれません。

 

ダイエットなりトレーニングなどをある程度、目標を持って気合を入れて
ジム通いなどを始めたのに関節痛くなったとかだとブルー入ります。

 

若年、高齢にかかわらず関節保護には気を付けましょう。

 

早速大手の会社でも宣伝し始めたところありますね。

 

サントリーです。

 

リフタージュという名前の製品です。

 

検索してみたら「リフタージュ 口コミ」等と検索している人が
既にいるようなので、それなりに知名度高いんですね。

 

私が無知だっただけのようです。

 

サントリーでは、関節保護サプリメントという扱いではなく
完全に美容にいいという位置ずけでこの商品を
販売しているようです。

 

口コミを見ると3日ぐらい飲んだら
効き目を感じたという人もいれば一年のみ続けても
何の変化もない人もいるみたいですね。

 

本当に、美容にも関節にも良いのであれば
男性の私でも使いたいぐらいです。

 

 


サントリー リフタージュ PG-EX 50mL×10本入 コラーゲン プロテオグリカン (清涼飲料水)

 

 

スポンサーリンク