スポンサーリンク

ピクノジェノールとは

機能性食品という用語は、基本的な栄養以上の
健康上の利益をもたらす食品または食品成分の総称です。

 

例えば、ニンニクには硫黄化合物が含まれており、
心臓病のリスクを軽減することができます。

 

トマトは、脳卒中や前立腺がんのリスクを減らす化合物であるリコピンが豊富です。

 

ほとんどの機能性食品は、栄養素として定義されていない
自然発生の化合物から健康促進性を得ます。

 

これらの化合物は植物化学物質と呼ばれ、単に植物化学物質を意味します。

 

今日、植物化学物質のリストが急速に増えています。

 

事実、癌、心臓病、脳卒中などの病気に影響を与える可能性のある
植物化学物質は、4000種類もあります。

 

ほとんどの植物化学物質の健康上の利点についての根拠は不足していますが、
これらの物質のいくつかは生物学的メカニズムに積極的に影響し、
病気の予防と治療に役立つ可能性があることが研究によって示されています。

 

ピクノジェノールもその一つです。

 

北アメリカで、フランス人はセントローレンス川の沿岸に住んでいた
ネイティブアメリカンに会ったそうです。

 

この地域は、冬の間寒くて厳しいとして知られています。

 

彼らが新鮮な食料品を使い果たしたとき、
フランス人は壊血病で病気になり、多くの男性が死亡した。

 

ネイティブは松の木の樹皮と針から紅茶を作るよう教えました。

 

これは少量のビタミンCを供給しました。

 

一日に数回紅茶を飲んでいる間、ほとんどのフランス人は
1週間か2週間で病気から回復しました。

 

その後、ビタミンCとは別に、松樹皮に強力な抗酸化作用を有する
バイオフラボノイドが含まれていることが判明した。

 

松樹皮およびブドウ種子からオリゴマープロアントシアニジンを抽出する技術を開発し、
特許を取得しました。彼は松樹皮「ピクノジェノール」から抽出物を命名した。

 

OPCは、フラバノールまたはバイオフラボノイドと呼ばれる
ポリフェノールの大きなクラスを指すものです。

 

他のタイプのバイオフラボノイドの例は、
クエルセチン、シトラスバイオフラボノイドおよびグリーンティーポリフェノールである。

 

バイオフラボノイドは、多くの植物、特にリンゴ、海松樹皮、シナモン、
アロニア果実、カカオ豆、ブドウ種子、ブドウ皮および赤ワインに見出される。

 

ビルベリー、クランベリー、ブラックカラント、緑茶、紅茶および
他の多くの植物もこれらのバイオフラボノイドを含む。

 

米国農務省(USDA)は、選択された食品のOPC含有量に関する
データベースを提供している。

 

いくつかの研究は、バイオフラボノイドが多くの
異なる生物学的機能にプラスの効果を有することを示唆している。

 

現時点では、個々のバイオフラボノイドの健康への有益性について、
現在進行中の研究がたくさんあります。

 

しかし、現在、食品医薬品局(FDA)も欧州食品安全局(EFSA)も、
バイオフラボノイドの健康に関する主張を承認しておらず、
医薬品として承認していない。

 

事実、いくつかの企業は、バイオフラボノイドサプリメントの誤った健康強調表示について、
FDAから注意を喚起されています。

 

・ピクノジェノールの健康への可能性

 

最近、多くの医学研究者の間でピクノジェノールに対する関心が高まっています。

 

研究は、ピクノジェノールが強力な抗酸化活性を有し、
炎症を減少させる可能性があることを示しているそうです。

 

しかし、多くの研究が行われてはいるようですが、
臨床試験からのデータは依然として限られたものです。

 

ほとんどの専門家はピクノジェノールの健康上の利益と安全性について
結論を導き出す前に、より多くのデータが必要と考えています。

 

ピクノジェノールに関する研究の人類における研究は十分ではありません。

 

しかし、その結果は、その物質が健康に有益な効果を有する可能性があることを
示唆しているとのことです。

 

・ピクノジェノールおよび内皮機能

 

内皮は動脈の最内層です。

 

この薄い細胞層は、身体の大部分の臓器への血流の調節において重要な役割を果たしています。

 

内皮機能は科学的方法で測定することができます。

 

異常な内皮機能は、高血圧、糖尿病および心血管疾患を有する個体に共通して見られます。

 

正常な内皮機能の回復は、これらの疾患に罹患している患者にとって重要であり得ます。

 

内皮機能が軽度に上昇した58人の患者を対象とした
二重盲検プラセボ対照研究の1つでは、100mgのピクノジェノールが
毎日内皮機能を改善したそうです。

 

冠状動脈疾患患者28人を対象とした
もう1つの二重盲検ランダム化クロスオーバー試験では、
毎日200mgのピクノジェノールを8週間投与すると
内皮機能が改善されたとのことです。

 

内皮機能に対するピクノジェノールの正の効果は、
他のいくつかの研究で確認されているそうです。

 

これらの影響は、酸化ストレスの減少および
一酸化窒素(NO)の利用可能性の増加によって媒介され得ることが示唆されています。

 

高血圧は、心臓血管疾患の最も重要な危険因子の1つです。

 

多くの血圧低下薬に関する研究では、このような治療が
卒中や冠動脈疾患のリスクを低下させることが示されているようです。

 

1つの小型二重盲検プラセボ対照試験では、
毎日200mgのピクノジェノールを16週間投与すると
血圧が低下を示したことが確認されています。

 

2型糖尿病と軽度から中等度の高血圧症の48人で、
毎日125mgのピクノジェノールを投与すると、
血圧に良い影響を与えました。

 

ピクノジェノールで治療された患者は、
プラセボ群の患者よりも血圧治療の程度が少なかったそうです。

 

ピクノジェノールによる高血圧の治療が脳卒中または冠動脈心疾患の発生率を
低下させるかどうかを試験するための厳密な研究は行われてはいません。

 

したがって、高血圧症の治療において抗高血圧薬をピクノジェノールに
置き換えることができるという科学的証拠はない。

 

・ピクノジェノールと糖尿病

 

二重盲検プラセボ対照研究では、ピクノジェノール100mgが
2型糖尿病患者77人の間で毎日血糖を改善することが分かったとのことです。

 

ピクノジェノールを標準的な糖尿病治療薬に加えてみたところ、
糖化ヘモグロビンの低下を伴う類似の所見が示され、
血糖のより良好な長期制御を示したそうです。

 

ピクノジェノールが2型糖尿病の血糖を改善する方法は
完全には明らかではないですが期待はあるようです。

 

インスリン産生は増加しないようであるとのことです。

 

研究は、ピクノジェノールによるアルファ-グルコシダーゼの阻害が、
腸からの複雑な糖の取り込みを遅延させることを発見したそうです。

 

これは、2型糖尿病患者のピクノジェノールの有益な効果をさらに理解するための
さらに興味深いメカニズムである可能性があります。

 

これらの小規模研究は、ピクノジェノールによるII型糖尿病の治療を
示唆する十分な証拠を与えるとは考えられてはいないものではあります。

 

ピクノジェノールが糖尿病性網膜症を軽減し、糖尿病患者の視力を
改善する可能性があるという証拠がいくつかあります。

 

・ピクノジェノールおよび血液脂質

 

健康な人の小規模な研究では、悪玉コレステロールはピクノジェノールによって低下し、
善玉コレステロールは上昇しました。

 

コレステロールレベルが上昇した男性の無作為プラセボ対照研究で、
2型糖尿病の48人の患者の研究では、ピクノジェノールは悪玉コレステロールを
プラセボと比較して低下させるようであったとのことです。

 

・ピクノジェノールと勃起不全

 

勃起不全(インポテンツ)とは、男性が性交のために十分な勃起会社を取得または維持
できない状況を記述するために使用される用語です。

 

EDは、米国で40?70歳の男性の50%に影響を及ぼし、
重大な公衆衛生上の問題であると考えられていることです。

 

興味深いことに、内皮機能不全、勃起不全および
冠状動脈疾患の間には関連があるようです。

 

実際、勃起不全は、冠状動脈疾患の最初の間接的徴候の1つであり得るものです。

 

ピクノジェノールは内皮機能を改善し、NOの有効性を高めることができるので、
この物質が勃起不全を改善する可能性があるという専門家もいます。

 

21人の男性の研究では、120mg /日のピクノジェノールが
勃起不全を改善するようであったと言われています。

 

50人の患者の別の無作為化二重盲検プラセボ対照研究では、
ピクノジェノールとアルギニンアスパルテートの併用による
勃起機能の改善が示されました。

 

これらの小規模な研究の肯定的な結果にもかかわらず、
ピクノジェノールが勃起不全の治療に推奨されるには、
より多くの臨床試験データが必要とのことです。

 

ピクノジェノールとスポーツにおいては、147人の運動選手の研究では、
毎日100mgのピクノジェノールが身体的持久力と
パフォーマンスを改善することが分かったそうです。

 

トライアスロンのためのアスリートのトレーニングが、プラセボ群と比較して
ピクノジェノール150mg /日の投与で速度と強度を改善し、
筋肉の痙攣を軽減することを見出したとのことです。

 

これらの知見は、いくつかの古い研究によっても支持されていることのようです。

 

ピクノジェノールは、良いトレーニングと適切な栄養補給とともに、
レクリエーションやトライアスロンで運動する人々の体力を大幅に改善し、
酸化ストレスや筋肉痛を軽減するのに役立つかもしれないと言っています。

 

・ピクノジェノールのその他の効果

 

ピクノジェノールが関節炎患者の炎症や痛みを軽減する
可能性があることを示唆する研究がいくつかあるようです。

 

さらに、いくつかの小規模な研究は、喘息および花粉症の症状が
改善され得ることを示唆しているとのことです。

 

ピクノジェノールが皮膚の健康状態を改善する可能性があることを
示唆する研究もいくつかあります。

 

ピクノジェノールは過去40年間広く研究されてきました。

 

340以上の公開された研究およびレビュー記事が、
この物質の安全性および有効性に研究されてきました。

 

ピクノジェノールが心臓血管の健康に積極的に影響を与える
いくつかの効果を有する可能性があることを
多数の公表された研究が示唆していることを確認しているものです。

 

しかし、健康上の利益を示さなかった未発表の研究があるかもしれないことを
覚えておくことは重要です。

 

肯定的な研究が否定的な研究よりも公表される可能性が
高いことが繰り返し示されています。

 

ピクノジェノールの長期的な健康影響については、
十分な科学的データが入手できません。

 

現在の証拠は、慢性疾患の治療のためのピクノジェノールの使用を
サポートするには不十分であると結論付けられています。

 

今日、ピクノジェノールは、世界中の700種類以上の栄養補助食品、
マルチビタミン、および健康製品で利用可能です。

 

他のサプリメント同様、ピクノジェノールは
FDAまたは類似の薬物規制機関によって規制されていません。

 

したがって、消費者が入手しているものや製品が有用かどうかを正確に知ることは困難です。

 

さらに、推奨摂取量はサプリメントによって異なることがある。

 

 

 

 

スポンサーリンク