スポンサーリンク

タウリン

タウリンは、体内、特に心臓、脳、眼、および
筋肉に見出される遊離アミノ酸の一つです。

 

私たちの体はタウリンを作ることができますが、
主な食料源は肉、魚、乳製品です。

 

合成型のタウリンは、レッドブルなどのサプリメントや
エネルギードリンクの重要な成分です。

 

日本のエネルギードリンクにもよく含まれていて
タウリンという言葉を知らない人はほとんどいないでしょう。

 

体内のタウリンが低レベルになることは、眼疾患および
心血管疾患を含むいくつかの状態に関連していますが、
タウリンサプリメントの利点に関する研究は実際には不足しているようです。

 

タウリンを好む人は、タウリンが認知機能を改善し、
運動能力を高め、視力を保持し、心臓の健康を増進し、血糖を制御し、
エネルギーレベルを高めることができると主張しています。

 

タウリンは抗酸化剤としても作用することが知られています。

 

タウリンの健康影響に関する利用可能な
研究のいくつかの重要な知見があります。

 

予備的な研究では、実験的および臨床心臓学の研究レビューによると、
タウリンが心臓病と戦うのを助けるかもしれないことを示唆しているそうです。

 

このレビューは、タウリンは多くの心臓血管の利点(動脈の硬化に対する保護など)に
寄与するかもしれないが、タウリンサプリメントが心臓病の予防または
治療のために推奨される前にさらなる研究が必要であることに注意喚起しています。

 

別の研究では、タウリンサプリメントがホモシステインのレベルを
低下させるのに役立つ可能性があることが
科学者らによって発見されたとのことです。

 

ある実験が行われ、健康な中年女性22人が参加しました。

 

サプリメント形態で3グラムのタウリンを毎日摂取してから4週間後、
研究参加者はホモシステインレベルの有意な減少を示したそうです。

 

タウリンは高血圧の治療に役立つかもしれない、ということも発表されました。

 

研究のために、高血圧の人々は、タウリン補給または
プラセボのいずれかを12週間受けました。

 

タウリンの補充は血圧を下げ、特に高血圧の患者では血圧を下げました。

 

タウリンはエネルギードリンクによく含まれている成分です。

 

いくつかの研究では、タウリンが精神的能力を向上させ、
運動耐久性を向上させることが示されていますが、
タウリンのエネルギー増強効果に関する総合的な研究は限られているものです。

 

エネルギードリンクの疲労に対する効果は、
タウリンの含有量ではなく、カフェインの含有量に起因する可能性が
最も高いと言われています。

 

最初に牛の胆汁から単離された名前のタウリンは、
牛または雄牛のラテン語に由来します。

 

タウリンは雄牛の精子に由来するという事実にもかかわらず、
飲み物やほとんどのサプリメントのタウリンの形態は
合成の形で生産されたものです。

 

タウリンは、副作用(かゆみ、吐き気、頭痛、めまいなど)を引き起こすことがあります。

 

発作や心臓血管の影響など、タウリンを含むエネルギードリンクの消費に関連した
有害事象に関する多くの症例報告があるそうです。

 

症例報告では、19歳の男性が多形性紅斑と呼ばれる
皮膚状態を発症したとのことです。

 

タウリンを含む飲み物が原因と考えられていました。

 

タウリンサプリメントの使用中に重大な副作用がある場合は、
タウリンの使用を中止することが重要です。

 

サプリメントは安全性について試験されておらず、
栄養補助食品がほとんど規制されていないため、
一部の製品の含有量は製品ラベルに記載されているものと
異なる場合があります。

 

また、妊娠中の女性、授乳中の母親、子供、
病状のある人、薬を服用している人のサプリメント
の安全性は確立されていないことに注意してください。

 

タウリンは健康に有益な効果をもたらしますが、
既存の健康問題をタウリンサプリメントで自己治療し、
医師が処方されたケアを避けることは
重大な結果につながりますので何らかの
治療の代替としてタウリンを使用するのは
決して良いことではありません。

 

慢性的な疲労感などのためにタウリンサプリメントの使用を検討している場合は、
安全かつ効果的な用量を守るためにメーカー、
販売者の推奨容量を守ることが大切です。

 

日本のエネルギードリンクはタウリン1,000mg配合というものが多いですね。

 

私は、タウリンでそれ程パワーが上がるという印象は無いですがあまり、
日本のエネルギードリンクに体感がある人はサプリメントで
摂取するほうがドリンクより安くつくでしょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク