スポンサーリンク

テストステロンブースター

 

テストステロン(男性ホルモン)は、人間および他の動物にも見出されるホルモンです。

 

男性は主に睾丸でテストステロンを作ります。

 

女性の卵巣はテストステロンを分泌しますが、男性と比較してそれははるかに少ない量です。

 

テストステロンの産生は、思春期に著しく増加し始め、30歳前後には衰弱し始めてしまいます。

 

テストステロンは女性のダイエットにも非常に重要な役割を果たしています。

 

この記事では、男性の低レベルのテストステロン分泌におけることを中心に説明します。

 

しかし女性もテストステロンレベルを上げることで

 

ダイエットの効果が表れやすいと言われています。

 

そこで、テストステロンレベルを向上させることが出来ると言われる

 

天然の食物やサプリメント等も紹介します。

 

テストステロンは、ほとんどの場合、性行為と関連していて、
精子の産生に不可欠な役割を果たしています。

 

低テストステロンレベルは、骨や筋肉の量、体の脂肪蓄積、
赤血球の生産にも影響します。

 

男性のテストステロンレベルは気分にも大きく影響を与えてしまいます。

 

低レベルのテストステロンは、男性に以下のような様々な症状を引き起こす可能性があります。

 

・性行為の減少
・エネルギー不足
・体重の増加
・憂鬱な気持ち
・うつ病
・自己嫌悪、罪悪感
・体毛が少ない
・より脆い骨

 

男性の年齢とともにテストステロン産生が自然に減少する一方、
更に他の要因がホルモンレベルを低下させる可能性があります。

 

睾丸への傷害および化学療法または放射線などの癌治療は、
テストステロン産生に悪影響を及ぼし得るものです。

 

慢性疾患およびストレスはまた、テストステロン産生を減少させる可能性があります。

 

これらの疾患には、

 

エイズ
腎臓病、
アルコール依存症、
肝硬変

 

などがあります。

 

このレベルだとダイエットどころではないですが。

 

シンプルな血液検査でテストステロン濃度を確認することもできます。

 

男性のテストステロンの正常範囲は成人男性で250?1100ng/dL、
成人女性では8?60ng/dLです。

 

低テストステロンについて懸念がある場合は、
医師にテストステロンレベルをテストするように依頼することも可能です。

 

自分の性欲が落ちてきたかどうかということは、
十分に自覚できることですので検査してもらう程の事でもないと思いますが
不安なひとは診断を受けるのもアリなのかもしれません。

 

異常に低いテストステロンレベルは、下垂体腺の問題の兆候となり得ることです。

 

下垂体腺は、より多くのテストステロンを生成するために睾丸にシグナル伝達ホルモンを送ります。

 

低いテストステロンレベルは、下垂体が適切に機能していないことを示すことができるものです。

 

低テストステロンレベルの十代の若者でさえ、遅れた思春期を経験している可能性があるほどです。

 

男性の中等度に上昇したテストステロンレベルは、顕著な症状をほとんど示さない傾向があります。

 

テストステロンのレベルが高い男の子は、早期に思春期を開始することがあります。

 

過剰なテストステロンを有する女性は、男性的特徴を発達させることがあるのも事実です。

 

女性のボディービルダーには生理が来ない人もいると聞いたことがあります。

 

しかし、それはかなり極端な例だと思います。

 

あくまでも女性は自然な食品やサプリメントによって、
ある程度テストステロンレベルを上げたほうがダイエット効果が表れやすいです。

 

それによって、男性のように体毛が濃くなったりするとかの心配は無用でしょう。

 

異常に高いレベルのテストステロンは、副腎腺障害、
または精巣の癌の原因になるとも言われています。

 

高いテストステロンレベルは、あまり予期できない状態でも発生する可能性があります。

 

男性と女性に影響を与える可能性のある先天性の副腎過形成は、
テストステロン産生の上昇はまれではありますが可能性はあるようです。

 

あまりにも高いテストステロンレベルの場合には医師の診断が必要な場合もあるそうです。

 

テストステロンレベルを上げる食品は色々あります。

 

女性でも常日頃から食事として摂取しているものが殆どですので何の心配も感じないと思います。

 

 

1.マグロ

 

マグロにはビタミンDが豊富に含まれており、
寿命を延ばす働きの上にテストステロン産生にも一役買ってくれます。

 

マグロはカロリーが低く心臓の健康にも良くて、タンパク質が豊富な食品です。

 

缶詰でも生の新鮮なものを食べても、マグロを食べることはテストステロンを高める自然な方法です。

 

マグロの摂取は毎日のビタミンDのニーズを満たすことが出来ます。

 

ビタミンDは、日光を余り受けない人には不足しがちになるビタミンです。

 

女性は、肌の健康のために日焼けを嫌がる人も多いですので
食品やサプリメントからビタミンDを摂取したほうがいいです。

 

ビタミンDの不足は筋肉量の増加にも悪影響があり、運動しても筋肉が大きくなりません。

 

少しでも筋肉量を増やして基礎代謝を多くしたいのであれば、ビタミンDは重要です。

 

マグロが好きではないなら、サケやイワシなどにもビタミンDが含まれています。

 

魚全般が嫌いであればサプリメント以外選びようがないですね。

 

魚を食べることは非常に重要ですが世界的に言われていることは、
汚染されていない魚を食べろということです。

 

水銀などが魚に入っていないとも言えないということは良く言われます。

 

そこで、クリルオイルなどが注目されているわけですね。

 

魚も、適度に摂取したほうが良いという意見はあるのは事実です。

 

2.ビタミンDを含む低脂肪乳

 

牛乳はタンパク質とカルシウムを含んでいます。

 

子供と女性は骨の健康を増強するために牛乳を飲むように勧められていますが、
牛乳は男性の骨も強く保つことが勿論できます。

 

ビタミンDが強化されたものを選択してください。

 

低脂肪またはスキムミルクを選択してください。

 

それは、すべての飽和脂肪のない全乳と同じ栄養分を持っています。

 

3.卵黄

 

卵黄はビタミンDのもう一つの豊富な源です。

 

コレステロールは良くないと言われますが、卵黄は卵白よりも多くの栄養素を含んでいます。

 

ボディービルダーは減量期に入ると、まず卵黄は食べません。

 

卵黄は脂肪だからです。

 

卵黄のコレステロールは低テストステロンレベルに役立つこともあります。

 

既存のコレステロールの疾患がなければ、安全に1日1個を食べるべきです。

 

4.強化シリアル

 

優秀なブランドの穀類やオレンジジュースは、他の心臓のための栄養素はもちろん、
ビタミンDで強化されています。

 

テストステロンレベルを飛躍的に上げるために、
これらの食品を朝食に加えることを検討するべきです。

 

5.カキ

 

亜鉛は思春期に必須の栄養素で、その効果は成人期に男性ホルモンを増やします。

 

ZMAというサプリメントがありますが、ZMAは亜鉛とマグネシウムとビタミンB6の組み合わせです。

 

若年層にはそれ程重要視されないサプリメントですが、
ある程度高齢になると必要となってくるサプリメントです。

 

テストステロンの分泌量の増加に期待できるものではあります。

 

低テストステロンの男性は、亜鉛の欠乏症を患っている場合に
亜鉛を服用することで恩恵を受けることが出来ると言われています。

 

カキはミネラルである亜鉛の高供給源で
低テストステロンレベルを解消できる可能性があるものです。

 

6.貝類

 

カニやロブスターを時々摂取することはテストステロンレベルを上げるのに良いことがあります。

 

これらのシーフードにも亜鉛が含まれています。

 

7.ビーフ

 

赤身肉の過消費には健康上の懸念があります。

 

それでも、特定の牛肉は、テストステロンを高めることができる栄養素を持っています。

 

牛の肝臓はビタミンDの豊富な供給源で、
コンビーフの缶詰とビーフジャーキーには亜鉛が含まれています。

 

動物性脂肪を摂取するには、毎日は食べない方が無難だとも言われます。

 

しかし、ビーフプロテインは別のようです。

 

8.豆類

 

男性ホルモンの健康に関しては、大豆はテストステロンの分泌をよくするという説もあります。

 

しかし大豆は、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きがあるとも言われ
テストステロンの上昇にはマイナスの影響があるという説もあります。

 

この点については情報が錯綜していてはっきりしたことは言えません。

 

白豆、腎臓、黒豆はビタミンDと亜鉛のいい供給源ではあるようです。

 

心臓の健康のためには良い植物性のタンパク質であるといえます。

 

菜食主義者やビーガンのボディービルダーもいるわけですから
大豆タンパク質も悪くないような気はします。

 

 

健康的な食生活への移行は低テストステロンの助けになるかもしれませんが、
性腺機能低下症の治療法とはなりえません。

 

医師は、身体検査と血液検査を通じてテストステロンが低いことを確認してくれます。

 

低テストステロンと診断された場合、
テストステロンホルモンの代替品を処方される可能性があります。

 

錠剤または丸薬
皮膚パッチ
局所ゲル
注射

 

等です。

 

目にしたことがある人もいるかもしれませんが、マニアックな媚薬店、
ドラッグストアでは睾丸に塗るクリームなどを売っていたりもします。

 

オットセイエキスなどは、使ったことがないので効果は分かりません。

 

低テストステロンレベルを治療しようと試みるだけではなく、
全体的な健康を増やすための食事を検討することから始めましょう。

 

テストステロン補充療法としては、性腺機能低下症として知られる状態の
テストステロン産生の低下は常に治療を必要とするわけではありません。

 

低テストステロン検査結果の場合は、前立腺の健康状態と
赤血球生成の確認を引き起こすはずです。

 

重大な医療上の問題は、テストステロン産生の低下と同時に生じることもあり、
必要に応じて診断し治療する必要があります。

 

低テストステロンが健康と生活の質を妨げているなら、
テストステロン補充療法を受けるべきかもしれません。

 

人工テストステロンは、経口摂取に、注射、またはジェル、
パッチで経皮投与することができる物もあります。

 

テストステロン補充療法は、より大きな筋肉量およびより
強い性行為のような結果を生じ得ることが出来る可能性のあるものです。

 

しかし、この治療はいくつかの副作用を伴う可能性もあります。

 

脂性と細胞内への多くの水分の保持が一般的です。

 

精巣も縮小する可能性があり、精子の産生が著しく減少する可能性もあり、
治療の効果が裏目に出てしまうことさえあります。

 

ある研究では、テストステロン補充療法による前立腺癌のリスクは
それほど高くないことが判明していますが、引き続き研究中の領域です。

 

低テストステロンを治療するために十分に監督された
テストステロン療法を受けている男性における異常な、
または不健康な心理的変化のほとんどの証拠を示さないとも言われています。

 

しかし、人的テストステロンの自己投与には精神的および肉体的リスクが関与してしまいます。

 

あくまでも、医師の監視のもとに治療するべきです。

 

アナボリックステロイドとしても知られている合成テストステロンを乱用する人は、
物理的な副作用とともに攻撃的または暴力的な行動の衝動を経験することがあります。

 

ボディビルダー、アスリート、または筋肉量の増加や
合成テストステロンからのその他の目的の獲得を目指す人は、危険です。

 

テストステロンは、最も一般的に男性の性行為と関連しているものです。

 

また精神的健康、骨量と筋肉量、脂肪貯蔵、赤血球産生にも影響します。

 

異常に低いもしくは高いレベルは、男性の精神的および肉体的健康に影響を及ぼし得るものです。

 

安易な方法で自己責任の下でプロホルモンやアナボリックステロイドを使うのは危険です。

 

女性の方は、食品やサプリメントでテストステロンの分泌をある程度増やすことによって
ダイエットの効果が表れやすくなります。

 

ダイエットへのモチベーションが上がっていくとテストステロンの分泌も良くなりますので取り敢えず
3か月そこそこの運動でチャレンジしてください。

 

運動は必要です。

 

筋肉が大きい下半身のトレーニングがベストです。

 

腹筋なども鍛えましょう。

 

腹筋運動をしたから腹部の脂肪が減少するというわけではありませんが、
身体全体から徐々に脂肪は落ちていきます。

 

Six Star Pro Nutritionテストステロンブースター、エリートシリーズ

カルシウム 45 mg
ロディオラロゼア 386 mg
イチョウ葉エキス 2.7mg
クエン酸ホウ素

5mgの活性ホウ素

100 mg

 

取り合えず安かったのと、テストステロンブースターの中で

 

ランキング一位だったので買ってみた。

 

イチョウ葉エキスは結構テストステロンブースターに入っています。

 

クエン酸ホウ素もホルモンに関係が深い成分。

 

閉経後の女性にも役立つとのことです。

 

Six Starというブランドのものですが、すでにMuscletechに
買収されているのかパッケージにMuscletechのロゴが入っています。

 

正直このテストステロンブースターは私には今一つでした。

 

私はそれなりに歳ですので朝勃ち等ほぼ無いですが本当に体感のある
アダプトゲンハーブやテストステロンブースターなら朝勃ちします。

 

あまり安いものはやはりそれなりの体感しかないようです。

 

トンカットアリのほうが私は良いと思いました。


ALLMAX Nutrition, TestoFX 5-ステージ男性用テストステロンサポート

フェヌグリーク 600 mg
アシュワガンダ 250 mg
トリビュラス 240 mg
アルファリポ酸 200 mg
ジ-インドリル-メタン 200 mg
ソーパルメット 100 mg
トンカット・アリ 100 mg
ミオイノシトール 50 mg
ジャイアントノットウィード 50 mg
バイオぺリン 10 mg

 

ちょっと高かったがこれも買ってみた。

 

ほぼアダプトゲンハーブの組み合わせです。

 

私はトンカットアリが好きです。

 

単純にトンカットアリオンリーでも私は十分かもしれません。

 

正直どれを買うか私も迷いました。

 

今後も色々買ってみようとは思っています。

 

GATのテストステロンブースターも買ってみたいとは思います。

 

若い人にはあまり必要ないでしょう。

 

私は、それなりにいいと感じています。

 

私はアイハーブでテストステロンブースターやトンカットアリなどを
購入してみました。

 

トンカットアリは個人的には良かったです。

 

 


スポンサーリンク