スポンサーリンク

ホエイプロテインパウダーとは(運動でダイエットするなら飲んだほうが良いです)

 

ホエイプロテインパウダーサプリメントは、
標準的なチーズ製造プロセスで分離された牛乳の成分です。

 

ホエイプロテインパウダーサプリメントには、タンパク質、
ペプチド(またはタンパク質セグメント)、
ラクトース(牛乳中にのみ見られる砂糖の一種)、
脂肪、塩類、水が入っています。

 

ホエイプロテインは、ホエイから蒸留して
脂肪および乳糖をほとんど、または全く含まない粉末にして、
様々なタンパク質サプリメントに使用される
3つの主なタンパク質のグループの一つです。

 

ホエイは自然の完璧なプロテインと言えます。

 

乳清プロテインは、最も高品質の天然プロテインと広く考えられているものです。

 

すべてのプロテインは、20個のアミノ酸の
いくつかの組み合わせから構成されています。

 

個々のタンパク質は、アミノ酸の異なる数および割合を含んでいます。

 

科学者はタンパク質の品質を測定する様々な方法を知っています。

 

生物学的価値(BV)は、特定のタンパク質が
窒素バランスに及ぼす影響の尺度です。

 

タンパク質消化率補正アミノ酸スコア(PDCAAS)は、
特定のタンパク質が9つの必須アミノ酸を
どれくらいうまく供給しているかを示す指標です。

 

動物の食物源(肉、魚、卵、乳製品)由来のタンパク質は、
両方のスケールの植物タンパク質より高い評価を有しています。

 

第一に、動物のタンパク質は植物のタンパク質と構造的に類似しています。

 

この理由から、私たちの体は
動物のタンパク質をより効率的に使用することができます。

 

第二に、ほとんどの動物のタンパク質とは異なり、植物タンパク質は
トリプトファン、メチオニン、およびリジンの
3つの必須アミノ酸の1つまたは複数を欠いているか、
または完全に欠損していることです。

 

これもまた、植物タンパク質の体内への効果を低下させます。
最後に、動物性食品は、植物性食品よりもはるかに
多量のタンパク質を含む傾向があります。

 

ホエイプロテインは、20個のアミノ酸全てと9個の必須アミノ酸
(すなわち、体内で他のアミノ酸を使用することができないため、
食事中に得なければならないアミノ酸)をすべて含む完全なタンパク質です。

 

そのタンパク質消化率補正アミノ酸スコアは1.14であり、
牛肉タンパク質の0.94と比較してBVは104であり、卵は100です。

 

また、ホエイタンパク質は、胃から排出され、
腸からの血流に他のタンパク質よりも速く吸収されます。

 

さらに、ホエイプロテインは、
特にグルタミンやロイシンなどの運動中に高率で代謝される
アミノ酸濃度が高いことがより有益だと考えられています。

 

血液中のプロテインの消費は、他のタンパク質よりも
血液中のピークアミノ酸濃度が高くなります。

 

これは、血液中のアミノ酸レベルが
筋肉タンパク質合成の重要な調節因子であるため重要です。

 

血中アミノ酸が高いほど、より速い筋肉タンパク質合成が起こります。

 

実際、ホエイプロテインの摂取は、他のプロテインと
比較してより速い筋肉タンパク質合成をもたらすことが示されています。

 

これは、様々な運動での筋肉損傷を修復し、
より大きく強い筋肉を構築するために最適です。

 

ホエイプロテインはアミノ酸が豊富です。

 

乳清タンパク質は、BCAAの構成要素である
ロイシン、イソロイシン、バリンの豊富な供給源でもあります。

 

ホエイプロテインのアミノ酸の30%はBCAAです。

 

他のアミノ酸とは異なり、BCAAは筋肉細胞によって直接酸化されるため、
運動中に高い割合で使用されます。

 

BCAAはまた、すべてのアミノ酸の間で
筋肉タンパク質合成に最も大きな正の効果を有することが示されていものです。

 

乳清タンパク質は、カゼインおよび大豆を含む
他のタンパク質より生物学的に利用可能なシステインを
3?4倍含んでいます。

 

システインは、全身のタンパク質代謝の調節において
重要な役割を果たすアミノ酸であり、
これは体組成の変化をもたらすものです。

 

抵抗運動と並行してホエイプロテインをサプリメントとして使用し、
筋タンパク質の合成を改善し、筋肉量の増加を促進します。

 

ミルクは、カゼインとホエイの2つのタンパク質でできています。

 

乳清タンパク質は、ミルク中のカゼインから分離することができ、
またはチーズ製造の副生成物として形成することができます。

 

ホエイプロテイン質は9種類の必須アミノ酸をすべて含んでいるため、
完全なタンパク質と見なされます。

 

それは乳糖含量が低いです。

 

ホエイタンパク質の消費に関連する多くの利点があり、
研究者は常に新しい可能性のある治療特性を見出しています。

 

潜在的な利益の多くは単一の研究に基づいており、
決定的な判断を下すためにはより多くの証拠が必要です。

 

乳清タンパク質は、β-ラクトグロブリン、アルファラクトアルブミン、
ウシ血清アルブミン、および免疫グロブリンの混合物です。

 

確認されている利点には、体重減少およびコレステロール低下が含まれています。

 

考えられる副作用には吐き気や頭痛が含まれますが、
中程度の量ではホエイプロテインは危険とはみなされません。

 

乳清タンパク質は、筋肉の構築や体重減少などの多くの目的に使用されています。

 

栄養と代謝においては、ホエイプロテインを与えられた人々は著しく体脂肪を減らし、
筋肉の保存をより顕著に示したそうです。

 

がん治療におけるホエイプロテイン濃縮物の使用について、有望な結果ありますが、
それについてはさらなる研究が必要です。

 

コレステロールを低下させるます。

 

70人の肥満の男性と女性に12週間ホエイプロテインサプリメントを与え、
脂質やインスリンのレベルなどの多くのパラメータを測定しました。

 

彼らは、カゼインプロテインと比較してホエイプロテインで
12週目に総コレステロールおよび悪玉コレステロールの有意な減少があったことを見出しました。

 

ホエイプロテインは、喘息の子供の免疫応答を改善することができます。

 

研究によれば、ホエイプロテインで補われた飲料は
高血圧患者の血圧を有意に低下させたそうです。

 

心臓病や脳卒中発症リスクも低かったとのことです。
ホエイプロテインがHIV陽性患者の体重減少を
軽減するのに役立つことが明らかになりました。

 

ホエイプロテインの危険性には、高用量で摂取すると胃の痛みやけいれんが含まれます。

 

牛乳にアレルギーのある人の中には、特にホエイプロテインにアレルギーがある人もいます。

 

中程度の用量では、ホエイプロテインは
典型的に有害事象を引き起こさないものです。

 

しかしながら、非常に高用量を摂取すると、

腹痛
痙攣
食欲不振
吐き気
頭痛
疲労
にきび

 

を引き起こすことがあるようです。

 

栄養面では、ホエイプロテインは非常に珍しく、
自然な同等物をもたない優れたものです。

 

ホエイプロテインには主に3つのタイプがあります。

 

ホエイタンパク質濃縮物(WPCホエイプロテインコンセントレート)、
ホエイプロテイン単離物(WPIホエイプロテインアイソレート)、
およびホエイタンパク質加水分解物(WPH)が含まれます。

 

WPCは、低レベルの脂肪および低レベルの炭水化物を含むものです。

 

WPC中のタンパク質のパーセンテージは、それがどの程度濃縮されているかに依存するものです。

 

下端濃縮物は、タンパク質が30%、上限が90%になる傾向があります。

 

乳清タンパク質単離物 - WPIをさらに処理して、
脂肪および乳糖をすべて除去する。

 

WPIは通常少なくとも90パーセントのタンパク質です。

 

ホエイプロテイン加水分解物 - WPHは、既に部分加水分解を受けているため、
ホエイプロテインの消化された形であると考えられています。

 

これは、身体がタンパク質を吸収するために必要なプロセスです。

 

WPHは、他の2つの形態のホエイプロテイン以上に多くの消化を必要としません。

 

また、WPHは、消化性の改善およびアレルゲンの可能性の低下のために、
医療用タンパク質サプリメントおよび
乳児用調製乳において一般に使用されているものです。


ホエイプロテインアイソレート(WPI)とホエイプロテインコンセントレート(WPC)

ジムに週に4?5回行き、高強度のトレーニングしているのであれば、
最高レベルの筋肉の回復を願うのは誰でもそうだと思います。

 

ジムで筋肉を破壊し、そこにプロテインパウダーサプリメントなどで
回復させることが筋肉量の増大につながるからです。

 

筋肉がより強くそして、より早く回復するようにするには、
より多くのタンパク質が必要です。

 

皆さんはおそらく、プロテインパウダーサプリメントを買うために
インターネットサプリメントショップで見ても、

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)と
ホエイプロテインコンセントレート(WPC)

 

の2つの主要なホエイプロテインパウダーが見つけられると思います。

 

 

分子的な観点から見ると、タンパク質は一連のアミノ酸が鎖のようにつながってできており、
これらの連鎖はペプチドとして知られています。

 

窒素は、適切な筋肉の成長と回復に不可欠な化学物質です。

 

そして、アミノ酸は体内の窒素の主要な供給源であるため、

 

適切な筋肉の成長には、あなたがそれらを十分に摂取していることが不可欠です。

 

どのくらいのタンパク質を消費する必要があるかというと、
最適な健康状態のためには体重1キログラムあたり0.83gの
タンパク質しか必要としませんが、
何らかの強大な筋肉増強トレーニングをしているとすると
体重1キログラムにつき1.4gのタンパク質を必要とします。

 

最終的には、どれくらい必要なのかを極めるのは、
とても難しいので個人的に試行錯誤する必要があります。

 

ワークアウトの強度が高くなるにつれて、
また定期的に運動したりアクティブになったりするほど、
必要なプロテインパウダーが増えます。

 

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)
またはホエイプロテインアイソレート(WPI)のどちらが良いでしょうか?

 

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)

 

ホエイプロテインは、ホエイタンパク質を生成するためのフィルターを通してミルクの
液体部分を押し出すプロセスから得られるものです。

 

残ったものを乾燥させて、私たちがホエイプロテインコンセントレート(WPC)として知っているもの
プロテインパウダーサプリメントを形成します。

 

それは、その後、限外ろ過プロセスを経ます。

 

WPCは様々な量の脂肪および炭水化物をラクトースの形態で含み、
タンパク質の割合は約30%?80%およびラクトース約5?7%で変化しているものが普通です。

 

全体的に、ホエイプロテインコンセントレート(WPC)はより
多くの脂肪および炭水化物を含むので、カロリーが高くなります。

 

多くの人が信じているのとは対照的に、ホエイプロテインコンセントレート(WPC)は
30分以内にあなたの消化システムに吸収されますが、
これはなかなか速い吸収です。

 

また、それはホエイプロテインアイソレート(WPI)よりも少ないろ過プロセスを経るため、
より大きな健康促進効果をもたらします。

 

これらの健康的な利点のいくつかは、免疫増強特性、
エネルギー源として結腸により使用される
酪酸のような癌および必須脂肪酸に対する優れた防御を与える、
より大きな、共役リノール酸(CLA)を得るための同化性成長因子
(この脂肪酸はまた既知の抗発癌物質である)、
また強力な抗菌および抗真菌物質である
中鎖脂肪酸(MCT)であるラウリン酸が含まれるものです。

 

MCTはまた、多くのカロリーの燃焼を助け、
体重減少を助けることができるといわれます。

 

しかしながら、ホエイプロテインコンセントレート(WPC)は比較的処理工程が少ないため、
胃部膨満感を引き起こす可能性のある不純物が多く、ガスが多い傾向があります。

 

乳糖不耐症の場合は、ホエイプロテインコンセントレート(WPC)を避けるのが最善です。

 

私も乳糖不耐性だと思うのですがホイプロテインコンセントレートのほうが満腹感はあります。

 

食事制限の一環にはなるかもしれません。

 

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)は、低価格でありながら、

 

ボディービルディングのための最高のプロテインパウダーサプリメントタイプとみなされています。

 

これは、初心者や中程度の強度トレーニングレベルの方に最適な選択だと言えます。

 

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)は、一般に、終日、トレーニング後
または夜間のタンパク質補充サプリメントとして摂取するのが一般的です。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)を精製するには、
超ろ過したホエイプロテインコンセントレート(WPC)を取り、
超ろ過装置よりも更に4倍程度小さいマイクロろ過で再びろ過します。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)はこのような厳しいろ過プロセスを経るため、
ホエイプロテインコンセントレート(WPC)より少ない脂肪と炭水化物しか含まれていないものとなります。

 

これにより、カロリーがはるかに低くなり、タンパク質含有量がより高くなります。

 

しかし、この余分なフィルタリングプロセスは、
ホエイプロテインコンセントレート(WPC)に含まれる多くの健康的な利点も取り除いてしまいます。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)は、それが通過する余分なフィルタリングプロセスのために、
一般的にホエイプロテインコンセントレート(WPC)よりもコストがかかってしまいます。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)は、
速い吸収性とほとんどの生体利用可能なタンパク質源を望む人々に適しています。

 

持久力が必要なアスリートからボディービルダーユーザーまで、
ホエイプロテインアイソレート(WPI)は回復力、筋力、筋肉増量に役立ちます。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)は、含まれている1?2%の乳糖からの脂肪が少ないので、
人体のシステム(高BV)においてホエイプロテインアイソレート(WPI)がより迅速に吸収されると主張されています。

 

しかし、同様に重要なインスリンの上昇を制限したい人は、
インスリン放出に対するその効果のために分離を避けたいかもしれません。

 

私はいくつかのホエイプロテインアイソレート(WPI)をまず試してみることをお勧めします。

 

目標、予算、アレルギーに最も適したタンパク質のタイプのパウダーを選択する必要があります。

 

あなたがすべてのカロリーをカウントしておらず、
金銭面に余裕がないのであれば、
ホエイプロテインコンセントレート(WPC)でも十分だと言われています。

 

それはより安価でそれなりに効果的です。

 

ほとんど結果に違いが見られないという意見が多いです。

 

ラクトースの最高の部分を自由に選ぶことを望むなら、
ホエイプロテインアイソレート(WPI)を摂取してください。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)はまた、
1サーブ当たりタンパク質(90%)の方が高く、
バイオアベイラビリティ値(BV)が高いです。

 

ですから、金銭面にも問題がなければ、
ホエイプロテインアイソレート(WPI)を選択したほうが
いいとはいえると思います。

 

少なくとも80%のタンパク質を含む
ホエイプロテインコンセントレートパウダー(WPC)を探し、
必須、非必須のアミノ酸をすべて含むものを選択しましょう。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)は、カロリー、炭水化物、脂肪は少ないが、
タンパク質が多く、必須、非必須アミノ酸をすべて含み、
バイオアベイラビリティ値が高いです。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)お勧め

 


アイソプロ ISOPRO 1kg ホエイプロテイン プロテイン(フレーバー付き)

 


バルクスポーツ プロテイン アイソプロ 1kg イチゴミルク

 

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)お勧め

 


ビッグホエイ 1kg ホエイプロテイン プロテイン (フレーバー付き)

 


バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ 1kg ストロベリーショートケーキ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク