スポンサーリンク

イエルバマテとは

イェルバマテは伝統的な南米飲料で、世界的に人気が高まっています。

 

それは、コーヒーの強さ、紅茶の健康上の利点、
そしてチョコレートの効能を提供すると言われています。

 

これは、イェルバマテとその上位8つの
健康上の利点の詳細なレビューです。

 

イェルバマテは、イレックス・パラギアリスシスという
植物の葉と小枝から作られるハーブティーです。

 

葉は、一般的には乾燥させ、次にお湯で浸してお茶を作ります。

 

イェルバマテには豊富な抗酸化物質と栄養素が含まれています。

 

イェルバマテ仲間は、いくつかの有益な植物の栄養素を含んでいます。

 

キサンチン:これらの化合物は覚醒剤的な作用を持ったものとして働きます。
イェルバマテにはカフェインとテオブロミンが含まれ、
それは紅茶、コーヒー、チョコレートにも含まれています。

 

カフェオイル誘導体:これらの化合物は、茶の主な健康促進抗酸化物質です。

 

サポニン:この苦い化合物は、ある種の抗炎症性およびコレステロール低下性を有するものです。

 

ポリフェノール:これは多くの病気のリスクを軽減するための大きなグループの抗酸化物質です。

 

興味深いことに、イェルバマテ茶の抗酸化力は緑茶の抗酸化力よりも少し高いようです。

 

さらに、イェルバマテには、体に必要な
ほぼすべてのビタミンやミネラルに加えて、
9種類の必須アミノ酸のうち7種類が含まれています。

 

しかし、紅茶に含まれる栄養素の量は非常に少ないので、
あなた自身の食事に大きな貢献をすることはまずありません。

 

イェルバマテの仲間は、多くの有益な植物の栄養素を含む抗酸化力の強大です。

 

エネルギーを増強し、精神的なフォーカスを高めることができます。

 

1杯あたり85mgのカフェインで、イェルバマテはコーヒーより少ないカフェインを含んでいます。

 

他のカフェイン食品や飲料と同じように、エネルギーレベルを上げて疲れにくくすることができます。

 

カフェインは脳内の特定のシグナル伝達分子のレベルにも影響を及ぼし、
精神的な集中に特に有益です。

 

いくつかの人体での研究では、37.5?450mgのカフェインを摂取した参加者の注意力、
短期間のリコールおよび反応時間が改善されたとのことです。

 

さらに、定期的にイェルバマテ茶を摂取する人は、
コーヒーのような敏感さを増強するとはいえ、
不快な副作用はないということをよく賞賛しています。

 

しかし、これらの効果はまだ科学的には証明されていないようです。

 

カフェインのおかげで、イェルバマテは人体のエネルギーレベルを高め、
精神的な力を高めるのに役立ちます。

 

カフェインは、筋収縮を改善し、疲労を軽減し、
スポーツのパフォーマンスを5%まで改善することも知られています。

 

イェルバマテには適度な量のカフェインが含まれているので、
それを飲む人は同様の身体的能力の利点を期待することができます。

 

実際、最近の研究では健康な男性と女性に対する効果がテストされました。

 

運動直前に1gのカプセルを与えた者は、
適度な強度の運動中に脂肪を24%多く燃焼させたとのことです。

 

しかし、一般的には1gのカフェインの摂取は危険です。

 

運動中の燃料の脂肪依存度が高ければ、サイクリングするか走るなど、
重要な高強度の瞬間にはあなたの炭水化物(糖質)を節約することができます。

 

これはより良いスポーツパフォーマンスにつながる可能性があります。

 

イェルバマテの仲間は、運動中の燃料として脂肪に依存します。

 

また、筋収縮を改善し、疲労を軽減することができ、
そのすべてがより良好な身体的能力に寄与する可能性があると言われています。

 

イェルバマテの仲間は、細菌、寄生虫、真菌からの感染を防ぐのに
役立つかもしれないとも言われています。

 

ある研究では、高用量のイェルバマテが胃痙攣や下痢のような
食中毒症状を引き起こす細菌である
大腸菌の活動を失わせることが分かったそうです。

 

また、肥大した皮膚、ふけ、および
特定の皮膚発疹に関与する真菌の増殖を防ぐことができるものです。

 

最後に、研究は、その中の化合物が腸内寄生虫に対して
何らかの保護を提供するかもしれないことを示唆しているとのことです。

 

しかし、これらの研究の大部分は単離された細胞上で行われたものです。

 

これらの利点が人間にとって同じであるかどうかは現在不明であり、
より多くの研究が必要でなようではあります。

 

動物実験では、イェルバマテが食欲を減らし、
体重減少に役立つ代謝を促進する可能性があることを示しています。

 

それは、脂肪細胞の総数を減らし、それらが保持する脂肪の量を減らすと考えられています。

 

人体実験によると、エネルギーのために燃やされた脂肪蓄積量も増加する可能性があります。

 

また、肥満体の人間の12週間の調査では、1日当たり3グラムのイェルバマテを与えた者は、
平均0.7kgの脂肪を減らすことが出来たということが
分かったそうです。

 

700gでは物足りないですけどね。

 

また、ウエストとヒップの比率を2%低下させ、
腹部脂肪を失ったことを示したとのことです。

 

これと比較して、プラセボを投与された参加者は、
同じ12週間に平均2.8 kgの体重増加と
ウエストとヒップの比率を1%増加させたそうです。

 

イェルバマテの仲間は食欲を減らし、代謝を促進し、
燃料のために燃やされる脂肪の量を増やす可能性は秘めているようです。

 

これは体重を減らすのに役立つものかもしれません。

 

イェルバマテには、抗炎症性の天然化合物であるサポニンが含まれています。

 

さらに、ビタミンC、ビタミンE、セレン、亜鉛を少量含んでいます。

 

これらの抗酸化物質は、免疫系を強化し、健康を促進することができます。

 

しかしながら、研究者らは、イェルバマテのヒト免疫系への
直接的影響をまだ調査してはいないとのことです。

 

イェルバマテの仲間は血糖値を下げ、
糖尿病でよく見られる合併症を減らすのに役立ちます。

 

ある研究では、動物のインスリンシグナル伝達を
改善する可能性があるとの報告があるようです。

 

また、多くの疾患の発症と悪化に関与する
進行性糖化最終産物の形成を防止することもできると考えられています。

 

しかし、人間に関する研究は現在のところ十分ではないようです。

 

イェルバマテの仲間には、カフェオイル誘導体や
ポリフェノールなどの抗酸化化合物が含まれており、
心臓病を予防することができます。

 

細胞および動物の研究では、イェルバマテ抽出物が
心臓病に対して何らかの防御を提供し得ることも報告されているとのことです。

 

人間では、イェルバマテはコレステロール値を低下させるようです。

 

40日間のある研究では、毎日330mlのイェルバマテを飲んだ参加者は、
LDLコレステロール値を8.6-13.1%低下させました。

 

それは結論に達する前に、より多くの研究が必要であると言われています。

 

イェルバマテの仲間は時折それを飲む健康な成人に害を及ぼすことはまずありません。

 

しかし、それを定期的に飲む人は、次のような危険性が高くなります。

 

研究によると、大量のイェルバマテを長時間飲用すると、
上気道および消化管がんのリスクが上昇する可能性があるとも言われています。

 

ある説明としては、イェルバマテの仲間には多環芳香族炭化水素、
タバコの煙やグリル肉でも知られている既知の発癌物質が含まれているということです。

 

これは、呼吸器系および消化管路を損傷し、
癌性細胞形成のリスクを増加させる可能性があるといわれています。

 

しかし、その中のいくつかの化合物は、
他のタイプの癌に対して防御する可能性があるものです。

 

カフェイン関連の副作用も無いとは言えません。

 

イェルバマテの仲間にはカフェインが含まれています。

 

カフェインを多く摂取すると、頭痛、片頭痛、
高血圧などの症状を引き起こすことがあります。

 

妊娠している女性は、1日当たり
最大3杯の摂取量に制限するべきです。

 

カフェインが多すぎると、流産や低出生体重のリスクが高くなる可能性があります。

 

研究は、ある種の化合物が
モノアミンオキシダーゼ阻害剤(MAOI)活性を有することを示している。

 

MAOIは、うつ病やパーキンソン病の治療薬として処方されることが多いものです。

 

したがって、MAOI薬を服用している人は、イェルバマテを慎重に使用すべきです。

 

この点については大抵の海外のサプリメントメーカーの
サプリメント摂取時の注意事項として書かれていることです。

 

そのカフェインの含有のために、それはまた、
筋弛緩薬ザナフレックスまたは抗うつ薬Luvoxと相互作用し得るものです。

 

これらの薬物を服用している人は、薬物の効果を高める可能性があるので、
イエルバマテの仲間の摂取を避けるべきです。

 

イェルバマテの仲間は皆に適していないかもしれません。

 

しかし、この飲料には、健康上有益な効果をもたらす様々な
有益な化合物も含まれているのも事実です。

 

 

 

スポンサーリンク