スポンサーリンク

ヨヒンベ、ヨヒンビンとは

ヨヒンベは、その脂肪燃焼と媚薬の特性で長い間知られています。

 

ヨヒンベの有益な利点は、中枢神経系を刺激し、アドレナリンレベルを上昇させ、
脂肪細胞における調節プロセスを阻害する能力に関連することです。

 

ほとんどの人は、すべての伝統的な漢方薬が安全で効果的だと考えています。

 

これらの薬草療法のほとんどは安全ですが、
いくつかの深刻な副作用を引き起こす可能性があります。

 

ヨヒンベは、あなたの体に利点よりも害を及ぼすかもしれないハーブサプリメントの例です。

 

ヨヒンベは脂肪燃焼と媚薬の特性で長い間知られています。

 

しかし、それはあなたの人生を危機にさらすかもしれない副作用の横行に関連しています。

 

ヨヒンベを摂取することを検討する前に、それが何であるか、
それがどのように機能するか知っておく必要があります。

 

ヨヒンベは、ナイジェリア、カメルーン、コンゴ、赤道ギニアを含む
西部アフリカと中央アフリカで生育する常緑樹です。

 

これは伝統的にピグミーとブッシュマンが媚薬や覚醒剤として使用しています。

 

ドイツの宣教師たちはこのハーブの植物をヨーロッパに持ってきて
愛の木として育て知られていました。

 

このハーブの抽出物は苦い味で澄み切って無臭で、
伝統的に茶として使用され消費されています。

 

今日、ヨヒンベ樹皮を含む医薬品やサプリメントは、
カプセルや錠剤の形で入手できます。

 

ヨヒンベ樹皮抽出物は約6%のアルカロイドを含有し、
このアルカロイド含有量の10?15%がヨヒンビンである。

 

ヨヒンビンは食品医薬品局(FDA)によって潜在的に有毒な
アルカロイドに分類されることに注意することは重要だと言っています。

 

市販のサプリメント中のヨヒンビンの濃度は、製造元によって異なる場合があります。

 

ヨヒムベサプリメントの化学分析ではヨヒンベ抽出物が全く含まれていないもの、
ヨヒンビンがわずかに含まれている製品などが出回っています。

 

ヨヒンビン濃度の不一致のために、ヨウムベ補給が
どれほどの効果をもたらすかを正確に把握するのは難しいです。

 

さらに悪いことに、重大な合併症を引き起こして
健康上の不利益をもたらすことさえあります。

 

ヨヒンベのすべての欠点は、それを取るためのリスクのあるサプリメントとなり、
実際に健康な体を維持したい場合は、このハーブを避ける方が良いでしょう。

 

本当にこれらの効果をもたらすことができるかというと、
ヨヒンベの有益な利点は、中枢神経系を刺激し、
アドレナリンレベルを上昇させ、脂肪細胞における
調節プロセスを阻害する能力に関連しています。

 

しかし、いくつかの利点を裏付ける十分な証拠はまだありません。

 

血液循環の増加も挙げられます。初期の研究では、
ヨヒンベの単回投与が体全体の血液の流れを増やすのに
十分であることが示唆されています。

 

脂肪分解とエネルギーレベルの増加も言われています。

 

ヨヒンベは、体内のノルエピネフリンの量を増加させ、
より良い脂肪酸の動員につながります。

 

また、体重を増やすのに役立つテストステロン産生を刺激すると考えられています。

 

研究は、ヨヒンベが不安、恐怖および
抑うつを緩和するのに役立つことを示唆しています。

 

ヨヒンベは、何世紀にもわたり媚薬として使用されてきました。

 

いくつかの研究はまた、性器への血液の流れを増加させるので、
インポテンスの治療に役立つことを示唆されてもいます。

 

ヨヒンベが副作用を起こすことなく健康への利益を
本当に提供できるかどうかはまだ不明ですので、
補足療法にこのハーブを含める前にまず医師に相談してください。

 

上記のように、ヨヒムベ樹皮の抽出物は、
何世紀にもわたって媚薬として使用されてきたものです。

 

最近、ヨヒンベサプリメントは、ダイエットサプリメントとしての
データが十分ではないにもかかわらず、
ボディビルディングと脂肪燃焼特性にも人気がありました。

 

さらに、サプリメントメーカーは、ヨヒンベを
次のアプリケーションに使用できると主張しています。

 

しかし、これらの用途のヨヒンベ補充の効率を確認するためには、
より多くの証拠が必要であるのが現状です。

 

実際に、このハーブサプリメントで実施された最近の数多くの研究では、
その効率と安全性に関して相反する結果が示されていますので、

 

ヨヒンベが体に何をし、どのように健康に影響するかを正確に予測することは困難です。

 

研究者は長年にわたりヨヒンベの利点、用途および副作用を研究してきました。

 

いくつかの研究が効率を確認する一方、
他の研究はその利益と安全性に異議を唱えています。

 

例えば、運動前に投与された場合のヨヒンベの影響を試験しました。

 

結果は、この補助剤が脂肪分解を促進し、
脂肪の損失を効果的に促進することを示唆していたとのことです。

 

しかし、運動選手へのヨヒンベ補給を含む最近の研究は、
結果が不満足に終わったようです。

 

この研究によると、ヨヒンベは21日間服用した後でさえ、
体重、筋肉量および運動能力に
有意な影響を及ぼさなかったと結論付けられました。

 

体脂肪を燃やすのを助けたにもかかわらず、
それは持久力を高めるための有用なサプリメントではないかもしれません。

 

さらに、性的機能不全の治療としてのヨヒンベの使用は、
この側面でその効率を支持する研究の数にもかかわらず、
ある研究では疑問視されています。

 

研究によれば、性的欲求およびパフォーマンスを高めるための
ヨヒンベの使用は穏やかな効果しかないので、
推奨されていません。

 

心因性勃起不全の治療に役立つかもしれませんが、
この状態の重症症例の治療には有効ではないかもしれないと言われています。

 

これらの研究の矛盾する結果は、その軽い潜在的に重要でない利益のために
ヨヒムベを摂取するリスクがあるかどうかという疑問を抱かざるを得ません。

 

ヨヒンベは通常経口で服用されますが、場合によっては静脈内投与することもできます。

 

体重は、このサプリメントの投与量を決定するためのガイド
として使用されることもあります。

 

ほとんどのヨヒンベのサプリメントはヨヒンビンがどれだけ含まれているかを正確に記載していないので、
用量を増やす前にこのサプリメントに対する体の耐性を適切に評価するために、
まず半分の用量から始めておくことが重要です。

 

間違った投薬量が多種多様な深刻な副作用を引き起こす可能性があるので、
ヨヒンベを補給をする際には注意が必要であることを考慮すべきです。

 

ヨヒンベの潜在的な副作用は、オーストラリア、カナダ、
ニュージーランド、ドイツ、オーストリアを含む多くの国で禁止されています。

 

ヨヒンベはまた、抗うつ薬、覚せい剤、抗ヒスタミン薬、抗生物質、
糖尿病や血圧のための処方薬などの他の医薬品や
サプリメントと相互作用する可能性があります。

 

さらに、妊娠中または授乳中の女性、ならびに腎臓および肝臓の問題、
糖尿病、出血状態および心臓障害などの特定の状態および疾患に苦しんでいる人
にとっては安全でないと考えられています。

 

ヨヒンベは予防策を講じなければならない補足物であり、
副作用や相互作用の原因となるものではないことは間違いありません。

 

体重を減らし、体全体の健康を損なうことなく運動能力を向上させたい場合は、
副作用のない他の自然な選択肢を選ぶことが重要かもしれません。

 

体重を減らし、持久力を高め、性的健康を改善するためのこれらの
安全かどうかよくわかっていない選択肢を試している人も勿論沢山います。

 

あなたは夢のような肉体を形成するために、またはあなたの
性的健康を改善するためにヨヒムベを取ることによって、
あなたの健康を危険にさらす必要はないのかもしれません。

 

この伝統的な漢方薬よりもずっと安全な他の自然な選択肢があります。

 

いろんな悪いデーターもあるようですが私は使っています。

 

あくまでも私の体感は悪くないです。

 

性欲が上がるので男性ホルモンが増えているのだと思います。

 

トップページで紹介している脂肪燃焼系サプリメントに含まれています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク