スポンサーリンク

無酸素運動と有酸素運動ダイエット、エアロバイクでの消費カロリー

有酸素運動と無酸素運動では、
どちらがダイエットに向いているのかという疑問を持つ人も多いと思います。

 

私は、経験上どちらも両方行うのが一番効果的だったと思います。

 

一日のうちに無酸素運動をしてから有酸素運動をする人も多いです。

 

若いころの話ではありますが、

 

若いころと言っても30代40代の頃です。

 

趣味でインラインスケートを暇があればしていましたし
十分に体力があったので全力疾走も出来ましたので
ほぼ太りませんでした。

 

仕事はデスクワークの時もありましたし、立ち仕事のこともありました。

 

私は近年、無酸素運動中心でどれ程痩せられか試してみました。

 

今は50代です。

 

トップページに画像も載せていますが、ダイエットを始めた時の体重は80kgでした。

 

ダンベルと、自重での筋トレで一時期は7kg強程度体重を落とすことは出来ました。

 

しかし、それ以上筋トレしても74.5kgぐらいまで体重が戻ってしまったこともあります。

 

私は、体組成計を使って日々の体重、体脂肪率、BMI、
内臓脂肪値、筋肉量、基礎代謝値などを測っていました。

 

いくら、筋トレしても体重以外の数値は、ほぼ同じでした。

 

私には何が、体外に排出されてダイエット出来たのか、
何故体重が若干戻ったのかよく分かりません。

 

クレアチンを摂取しているので、細胞内の水分が増えて、
若干体重が増加したのかもしれません。

 

私は、一日に水分を3リットル程度は摂取しているので
日々の変化は多少はあるのかもしれません。

 

はっきり言って私の場合、いくら筋トレしても
筋肉量の増加もほぼありませんでしたし、
基礎代謝の増加もあまりありませんでした。

 

ダンベルと、自重での筋トレだけで
ジムには通っていないためだと思うかもしれませんが、
私はジムに通っていた経験もあるので自宅でのトレーニングと
ジムでのトレーニングにそこまで筋肉に対する負荷が
違っているとも思いませんしトレーニングをした
次の日には筋肉痛には、ほぼ毎回なっています。

 

ジムと違って確かにトレーニング出来る
体の部位は少ないことは否定できません。

 

筋力が付いてきたら、ダンベルのプレートだけ購入して負荷を上げていっています。

 

筋肉量が増加すれば基礎代謝が上がって痩せられるという理論は正しいですが、
筋肉量なんて生半可な筋トレでは
私に関していえば増えませんでした。

 

BCAA、L-グルタミン、クレアチン、カルニチン、プロテインパウダーなどを摂取していてもです。

 

プロテインパウダーを2kg飲んだからといって筋肉量が2kg増えることなんて勿論ありません。

 

(プロテインパウダーに含まれているタンパク質の割合自体が70%程度だというのも勿論ありますが)。

 

私は、研究者でも学者でもないのではっきりしたことは言えませんが、

 

基礎代謝が多少上がったとしても太りにくくはなったとしても
内臓脂肪や皮下脂肪は使われないのではないかと思います。

 

脂肪はそう簡単には使われないでしょう。

 

筋トレ、無酸素運動しても勿論、消費カロリーというものはありますが、
それが内臓脂肪や皮下脂肪からの消費カロリーではないでしょう。

 

私は、1968年生まれです。

 

ほぼ、50才代の男性です。

 

基礎代謝は、1700kcal以上あるので決して低い基礎代謝ではありません。

 

身体の年齢は35才と表示されます。

 

でも、筋トレしてもある程度カロリーを気にした食事をしても
体重そのものは減ってはくれませんでした。

 

多少体重が減ったとしても、お腹タプタプです。

 

筋トレ、無酸素運動で消費できるカロリーは
測定のしようもありませんから何とも言えないところでもあります。

 

年齢が年齢なので、いろんな酵素や成長ホルモン、
男性ホルモンなどが減っているということも考えられなくはありません。

 

筋肉量を増やしたいとは思っていましたが、
一応ダイエットを目的とした筋トレだったので
思ったほどの体重の減少は無かったというのが
私の身体での反応だったのは事実です。

 

でも、長期的に考えれば無酸素運動を続けるべきだと思います。

 

あくまでも短期的に考えれば有酸素運動のほうが
ダイエットできるスピードは早いという実感はあります。

 

今は、それほど軽やかに走ることが出来ないのでスピンバイクを購入しました。

 

私は、やはり有酸素運動のほうが皮下脂肪や内臓脂肪は減ってくれたという印象です。

 

ネットで調べればいくらでも情報は入ってきますが、
ジョギングは30分程走ると約300kcalのエネルギーを消費すると言われています。

 

ウォーキングだとその半分の約150kcalを消費すると言われています。

 

でも、20分程度の有酸素運動では脂肪が燃焼され始めるかどうかのギリギリのところで
脂肪燃焼作用が表れ始める頃の消費カロリーにすぎません。

 

その間に使われるエネルギーは筋グリコーゲン、血中グリコーゲンからのものです。

 

有酸素運動でダイエットしたいのであれば、
20分以上程度の運動はしなければいけないというのが一般論で、
私もその位の時間は有酸素運動を続けなければ
脂肪が燃焼されていないような体感を感じています。

 

体重1kgをカロリーに換算すると何kcalになるかというと体重1kg=7000kcal程度だそうです。

 

無酸素運動でも500kcal程度の消費カロリーはあると書かれている
ネットの情報もありましたが、私の目標体重が80kgを65kgぐらいまで
落とすことなので15kgのダイエットだと105000kcalという気が遠くなるような数値です。

 

消費カロリー>摂取カロリーを基本とするのは勿論だとしても、
脂肪が燃焼してくれるかどうか良くわからない、
あくまでも短期的に考えれば無酸素運動に時間を費やすのは
個人的な感覚としてはちょっと無駄かなと思っています。

 

短期間でダイエット出来ないとモチベーションが
保てないという人には有酸素運動をお勧めせざるを得ません。

 

勿論、筋肉量を減らさないために無酸素運動も続けるべきだと思います。

 

私はスピンバイクで、有酸素運動をで試しにどれぐらい脂肪を落とせるのか行ってみました。

 

筋肉分解の可能性があることなので、
同じことはお勧めしませんが、
一週間程度連続でスピンバイクを使って
有酸素運動をしてみました。

 

スピンバイクと言っても次の日には多少の筋肉の疲れは感じます。

 

当然のようにウオーキングは勿論ジョギングよりは負荷の高い運動だと思います。

 

BCAA、L-グルタミン等は筋肉分解を最小限に抑えるために勿論摂取して行いました。

 

一週間後に体組成計に乗ってみたところ体重は72.2kg程度でした。

 

筋肉量や基礎代謝もサプリメントの摂取のおかげもあって
思ったほどは減らずに体脂肪率やBMIは改善されていました。

 

スピンバイクについているメーターの表示が正しければ、
一日1300kcal程度の運動はしました。

 

一週間で7000kcal程度ですね。

 

前述したように体重1kg=7000kcalですから、
だいたいこの程度の運動をすれば1kg程度のダイエットは可能だということが
やはり正しいのだというのが私の人体実験での結論です。

 

一日1000kcal程度の有酸素運動は、はっきり言って結構つらいです。

 

膝関節近辺への負担を特に感じますし、関節に不安のある方は

 

グルコサミンやコンドロイチンの摂取もしたほうがいいかもしれません。

 

ちょっと、ふらつきます。

 

一週間連続でスピンバイクを漕ぐのは結構大変でしたが、
有酸素運動があくまでも短期的には有効だということの
確認は出来ました。

 

ジョギングやウォーキングは結構長時間続けないと、
脂肪の燃焼は期待できないのではないかと思います。

 

一般的に言われる、
消費カロリー>摂取カロリー
ということは出来るはずですので体重の増加は防げると思います。

 

満足に走れるならHIITがいいです。

 

私は、身体が重くなりすぎてせいぜいジョギング出来るかどうかぐらいの運動しか
出来ませんのでスピンバイクを選択しました。

 

無酸素運動も確かに疲れます。

 

私が息切れするほど疲れると感じるのはスクワットぐらいで
他の身体の部位は息切れする前に筋肉の疲労が先にきます。

 

走れるうちは、やはり走るのが一番ダイエット効果というのは高いと思います。

 

ウオーキングやジョギングでは難しいです。

 

楽して短期間にダイエットする方法は、まずないでしょう。

 

筋肉分解を防ぐサプリメントを摂取しつつ
ランニングするのが一番の早道だと私は思っています。

 

当時は、体組成計など持っていなかったので
自分の身体がどのように変化していったかの確認は出来ませんでしたが、
私が一番痩せられたと思ったのはBCAAを摂取しての
ランニングと全力疾走の繰り返しでした。

 

BCAAは脂肪燃焼系サプリメントとは言いにくいかもしれませんが、
私が若いころに一番早く痩せられたと感じた運動方法とBCAAサプリメントです。

 

初めは軽めのジョギング程度で身体を慣らしていって、ランニングに切り替えて
足の筋肉が十分に鍛えられたら全力疾走も行いましょう。

 

その様に、常に体重の増加を少なくしていたために30〜40代のころでも
バレーボールやフットサルも私よりも若い年代の人に混じって行えていました。

 

時間が許せば常日頃から、運動する習慣を身につけていると後々
つらいダイエットをする必要はなくなっていくと思います。

 

私の今ぐらいの年代になって太ってしまうと本当に痩せずらくなってしまいます。

 

トップページに私が結局使わなければいけなくなったサプリメントを紹介しています。

 

それでも、短期間でダイエットするのは難しかったですし
本当にどのサプリメントが効果的だったのかすら
よく分からないぐらいになってしまいました。

 

ボディービルダーなども減量はしますが、
筋肉量が多いので基礎代謝も高いでしょうし、
プレワークアウトサプリメント、
いわゆるNO系サプリメントなどにも
脂肪燃焼効果がある成分が含まれているものを摂取していることが多いので
増量中にもそれ程脂肪は付かないと思います。

 

ボディービルダーは、軽めの有酸素運動しかしていないようです。

 

45分程度エクササイズバイクを漕いだり、
ランニングマシーンで軽めに走るぐらいのことが多いようです。

 

全くやらずに、食事を変えて(低炭水化物の食事)
トレーニングの頻度を増やすことで脂肪を減らしている人も多いようです。

 

ダイエットを早く終わらせて、筋肉量を増やすトレーニングをすることで
つらいダイエットを歳を重ねてもする必要がない身体でいられると思います。

 

私は、甘い物はあまり好きではありませんが、焼肉なんかは大好きです。

 

しかし今は全く食べていませんし、
日頃食べている調理後の肉なども脂肪の部分は食べません。

 

アルコールも全然摂取していません。

 

今後もトレーニングを続ける限りはこの食生活を続けるつもりです。

 

無酸素運動と有酸素運動でのトレーニングというと、
年齢によってどちらにダイエット効果が見られるかは
一概には言えないと思います。

 

条件が違いすぎるからです。

 

私の年齢では無酸素運動だけでダイエットするには限界がありました。

 

私は、有酸素運動も並行して行ってみました。

 

体は当然ですが80kgだった体重の時より軽く感じるのでランニングぐらいは出来そうです。

 

なんとか全力疾走できるぐらいまで頑張ってみたいと思います。

 

皆さんの年齢や運動レベルに応じて無酸素運動を選択するか
有酸素運動をするか、自分で判断するしかないと思います。

 

どっちにしても途中で投げ出すようでは、
いつまでたってもダイエットは成功しません。

 

いずれにしても、炭水化物の摂取はなるべく
控えなければいけないということは避けようがないと思ってください。

 

スピンバイクでの有酸素運動を続けたときの画像を載せます。

 

信じる信じないは皆さんの自由です。

 

BCAA、グルタミンを摂取しながら行いました。

 

体重、体脂肪率は下がりました。

 

でも、基礎代謝は下がり、筋肉量も減少してしまいました。

 

短期間でのダイエットは、やはり無理があると思います。

 

落ちた筋肉は足の筋肉だと思います。

 

私の場合足の筋肉は付きやすく、減りやすいです。

 

スピンバイクでの消費カロリーも見てください。

 

一日1300kcal程度の有酸素運動をしました。

 

 

スピンバイクのメーターは999kcalでカウントアップ
しますので300kcalとかの表示になっています。

 

体重1kg落とすのに7000kcal程度の
運動が必要とのことですのでそこそこ、
つじつまは合っているように思われます。

 


スピンバイク エアロ フィットネス バイク 静音 ホワイト エクササイズバイク トレーニング エアロフィットネス バイク HG-YX-5007フィットネスバイク バイク トレーニングバイク エアロビクス リハビリ 【送料無料】【1年保証】 母の日

 


HAIGE スピンバイク エアロフィットネス HG-YX-5007 ホワイト

 

無酸素運動と有酸素運動のバランスを考えて
無理のないダイエットを試みることをお勧めします。

 

はっきりと無酸素運動と有酸素運動の
どちらがダイエットにベストか結論が出せずに申し訳ないとは思いますが、
人それぞれある程度の試行錯誤は必要だと思います。

 

短期間なら有酸素運動に分があるとは思います。

 

私が一番ハードにダイエットしていた時に行ったトレーニングはHIITです。

 

 

スポンサーリンク