スポンサーリンク

L-カルニチンとは

L-カルニチンは、天然に存在するアミノ酸誘導体であり、
しばしばダイエット補助サプリメントとして使用されています。

 

脂肪酸を細胞のミトコンドリアに輸送することによって、
エネルギーの生成に重要な役割を果たします。

 

ミトコンドリアは細胞内のエンジンとして機能し、
これらの脂肪を燃焼させて使用可能なエネルギーを作り出します。

 

人体は実際にアミノ酸のリジンとメチオニンから
L-カルニチンを生産することができます。

 

体が十分な量でそれを生産するためには、ビタミンCもたくさん必要となります。

 

人体で生成されるL-カルニチンに加えて、肉や魚のような
動物性食品を食べることによって、食事から少量を得ることもできます。

 

ビーガン(ニワトリの卵さえ食べない、かなり栄養が偏っている菜食主義者)や
特定の遺伝的な問題を抱える人々は、
十分に生成し得ることができないかもしれないものです。

 

これは、条件的に不可欠な栄養素であることを意味します。

 

L-カルニチンは、体内で生成され得る、
または動物の肉を食べることによって得られるアミノ酸誘導体です。

 

それはサプリメントとしても摂取可能です。

 

L-カルニチンは、生物学的に活性な標準的な形態のカルニチンであり、体内、
食品中、および様々なサプリメント等にも見られます。

 

カルニチンの他のいくつかのタイプがあります。

 

D-カルニチン:この不活性形態は、他のより有用な形態カルニチンの吸収を阻害することによって、
人体におけるカルニチン欠乏を引き起こし得るものです。

 

アセチル-L-カルニチン:よくALCARと呼ばれ、脳にとって最も有効な形態だと言われています。

 

それは、アルツハイマー病のような神経学的状態を治療するためにも使用されているようです。

 

プロピオニル-L-カルニチン:この形態は、末梢血管疾患および
高血圧などの血流関連の問題によく適していると言われています。

 

それは、血流を改善する酸化窒素の産生を介して作用し得るものです。

 

L-カルニチンL-酒石酸塩:これは、その速い吸収速度のために、
スポーツサプリメントに見られる最も一般的な形態の1つです。

 

筋肉の痛みや回復などの運動関連要因を補助してくれると言われている形態です。

 

ほとんどの人にとって、アセチル-L-カルニチンおよびL-カルニチンは、
一般的な使用に最も効果的であるといわれています。

 

ただし、個人的なニーズや目標に最も適したフォームを常に選択する必要があります。

 

L-カルニチンが標準的な形態ですが、アセチル-L-カルニチン、
プロピオニル-L-カルニチンおよびL-カルニチンL-酒石酸塩も取り込むことができます。

 

L-カルニチンの体内での主な役割は、ミトコンドリア機能とエネルギー産生と関係しています。

 

細胞では、脂肪酸をミトコンドリアに輸送し、
そこでエネルギーとして利用するために燃やすことができます。

 

身体のL-カルニチンの約98%は、肝臓や血液中の微量なものと共に、
人体の筋肉に含まれています。

 

一般的な健康のために、ミトコンドリア機能にとって有益であり、
病気や一般的な老化に重要な役割を果たすミトコンドリアの成長と
健康を助けるかもしれない可能性があります。

 

最近の研究では、さまざまな形態のカルニチンが心臓や脳の病気に使用される
可能性があることが示されています。

 

L-カルニチンの主な役割は、人体の細胞に脂肪酸を輸送して、
ミトコンドリアによってエネルギーを処理または燃焼させることです。

 

理論的には、L-カルニチンをダイエット補助サプリメントとして使用することは理にかなっています。

 

L-カルニチンはより多くの脂肪酸をあなたの細胞に移動させてエネルギーを消費させるので、
脂肪を燃焼させて体重を減らす能力が向上すると考えられています。

 

ある研究では、L-カルニチンが参加者に90分間のエアロバイク、
フィットネスバイク運動中に燃焼した脂肪の量に及ぼす影響に注目していました。

 

研究者らは、サプリメントを服用してから4週間は、
参加者が燃焼できた脂肪の量が確認できなかったようです。

 

しかし、9つの研究の1つの分析では、参加者がL-カルニチンを服用したときに、
平均して1.3kgの減量が確認されたとのことです。

 

これらの研究のほとんどは、肥満者または高齢者に関するものだったようです。

 

より若く、運動量の多い人におけるL-カルニチンの恩恵を受けるかどうかを
確認するためには、より多くの研究が必要であるとのことです。

 

これは、肥満者や高齢者の体重減少を助けるかもしれないませんが、
最初は食事制限やエクササイズが必要なようです。

 

一般的に言われていることですね。

 

L-カルニチンの細胞機構は減量に役立つように見えるが、
効果は小さく、研究結果は様々なようです。

 

L-カルニチンは脳機能に利益をもたらすかもしれないということも言われています。

 

いくつかの動物実験では、アセチル型の
アセチル-L-カルニチン(ALCAR)が加齢に関した精神的な衰退を予防し、
学習能力を改善することを示唆しているとの研究結果も出ているとのことです。

 

人体での研究では、アセチル-L-カルニチンを毎日摂取することで、
アルツハイマー病および他の脳疾患に関連する
脳機能の低下を改善させることができたようです。

 

アルツハイマー病または他の健全な脳状態ではない高齢者においても、
一般的な脳機能に同様の利点があるという研究結果もあるようです。

 

脳を細胞の損傷から守る助けとなるかもしれません。

 

研究では、アルコール依存症患者に1日当たり2グラムの
アセチル-L-カルニチンを90日間投与しました。

 

その後、脳機能の全ての測定において有意な改善を示したようです。

 

疾患や脳機能の問題のない健常者の長期的な効果を調査するには、
より多くの研究が必要となっているようです。

 

L-カルニチンの補給に関連した他のいくつかの健康上の利点があります。

 

いくつかの研究は、血圧を低下させる潜在的な利点と
心臓病に関連する炎症過程を証明しているようです。

 

参加者にアセチル-L-カルニチン2グラムを1日に摂取させました。

 

心臓の健康や病気のリスクの重要な指標である
収縮期血圧をほぼ10ポイント低下させたとのことです。

 

L-カルニチンは、冠状動脈性心疾患および慢性心不全などの重度の
心臓疾患を有する患者の改善を引き起こすことも示されているようです。

 

L-カルニチンがスポーツのパフォーマンスに与える影響については、
様々な見解があるようです。

 

しかし、参加者がL-カルニチンサプリメントをより多くの用量で、
またはより長期間服用した場合、いくつかの研究で軽度の利点が示されています。

 

L-カルニチンの効果は間接的で、数週間または数ヶ月かかることがあるようです。

 

短期的に効果が表れるサプリメントではなさそうなので
ある程度、短期的に結果に結びつかなくても摂取をやめていいものではなさそうです。

 

これは、スポーツのパフォーマンスを直接高めることができる
カフェインやクレアチンなどのサプリメントとは異なるもののようです。

 

(クレアチンも結果が出るにはある程度の期間が必要ですが)。

 

L-カルニチンは次の利点があります:

 

 

回復:運動後の回復を改善する可能性があります。
筋肉酸素供給:筋肉への酸素供給を増加させることがあります。
スタミナ:血流や酸化窒素の生成を増やし、パワーダウンを遅らせ、疲労を軽減することができます。
筋肉痛:運動後の筋肉痛を軽減することがあります。
赤血球の生成:赤血球の生成を増加させることがあります。
赤血球は、体や筋肉全体に酸素を運びます。

 

 

L-カルニチンは、2型糖尿病およびそれに関連する
危険因子の症状を軽減することも示されているようです。

 

2型糖尿病の患者を対象とした1件の人体実験では、
L-カルニチンは高炭水化物の食事でも血糖値の上昇を改善しました。

 

この血糖応答は、糖尿病リスクと全体的な健康の重要な指標です。

 

また、炭水化物の身体能力を改善するAMPKという重要な酵素を増やすことによって
糖尿病を改善してくれるかもしれないとも言われています。

 

研究により、L-カルニチンは運動能力に有益であり、
心臓病および2型糖尿病のような健康状態を治療するのに
役立つことが示されているようです。

 

ほとんどの天然サプリメントと同様に、L-カルニチンは、
メーカー推奨容量通りに使用されると、かなり安全で副作用はないようです。

 

研究では、L-カルニチンの安全性について、
参加者に21日間毎日3グラムを与えることで検査しました。

 

研究の開始時と終了時に各参加者について包括的な血液検査を実施し、
悪影響は認められなかったようです。

 

L-カルニチンの安全性に関する1回のレビューでは、
1日当たり約2グラム程度の用量が
長期間使用するのに安全であるようだと分かったようです。

 

ほとんどの人にとって、1日2グラム以下の用量は比較的安全であり、
重大な副作用はないようです。

 

L-カルニチンの食品による摂取は実際にはサプリメントよりも
高い吸収速度を有するとのことです。

 

ある研究によると、L-カルニチンの57-84%が食物から消費されたときに吸収され、
サプリメントでは14-18%が吸収されるようです。

 

人体には、アミノ酸がメチオニンとリジンから
L-カルニチンを自然に生成する能力があります。

 

これらの理由から、L-カルニチンサプリメントは特別な場合にのみ必要となります。

 

例えば、病気や健康状態を治療するために使用している場合などです。

 

L-カルニチンの主な食事源は、肉、魚、および牛乳などの他の動物製食品です。

 

健康な人は、体内にとって十分な量を生成することもできます。

 

人体のL-カルニチンレベルは、皆さんがどれくらい食べているか、
皆さんの体がどのくらい生成しているかによって影響されます。

 

この理由から、L-カルニチンレベルは、動物性食品を制限するため、
菜食主義者ではしばしば低くなってしまいます。

 

したがって、ベジタリアンはL-カルニチンサプリメントを服用することが賢明かもしれません。

 

高齢者はL-カルニチンサプリメントの利益を得ることもあります。

 

人間の年齢が高くなるにつれて人体のカルニチンのレベルは低下する傾向があります。

 

ある研究では、2グラムのL-カルニチンが高齢者の疲労を軽減し、
筋肉機能を向上させました。

 

他の研究によれば、アセチル-L-カルニチンは、
老化するにつれて脳の健康と機能を改善するのに役立ちます。

 

さらに、カルニチン欠乏のリスクは、
肝硬変および腎臓病のような病気になる確率が高いようです。

 

したがって、サプリメントはダイエット以外でも有益かもしれないようです。

 

L-カルニチンサプリメントの摂取により、様々な人に優位に働く可能性があります。

 

これには、肉や魚をめったに食べることのない高齢者や人々が含まれます。

 

L-カルニチンはファットバーナーとして最もよく知られていますが、研究結果は様々のようです。

 

体脂肪をエネルギーに変えてくれますので持久力が増して運動も長く続けられますし、
体脂肪が燃焼します。

 

しかし、20から30分ぐらい以上の有酸素運動はやはり、必要となります。

 

飲んでいれば痩せるなんていう代物ではありません。

 

他のサプリメントとの併用がいいと思います。

 

コエンザイムQ10やリポ酸と相性のいいサプリメントです。

 

 

 

 

 

 


脂肪を燃やすぞカルニチン!

スポンサーリンク