スポンサーリンク

プロホルモンとは、副作用

プロホルモンとはどのようなものでそれの危険性や
安全性はどのように考えられているか説明します。

 

多くのボディービルダーなどは、より多くの強い筋肉を増やし、
より多くの脂肪を燃やすためにアナボリックステロイドを使用したいという
誘惑を感じたことがあるでしょうけれど、
アナボリックステロイドの違法かつ
潜在的に危険な物質を使用する考えが嫌なら、
代わりにプロホルモンを使用してみようと考える人がいます。

 

プロホルモンは、いくつかのケースでは合法的であり、
いくつかの国では合理的だと考えられていて、
アナボリックステロイドに比べてリスクがより少ないと思われる
ステロイドの代替物であるプロホルモンを使用している人もいます。

 

日本では中々、手に入りずらいものだと考えている人も多いかもしれませんが、
個人輸入でものによっては簡単に入手出来てしまいます。

 

しかし、ステロイドよりもずっと安全かというと疑問です。

 

ステロイド対テストステロンブースター対プロホルモンについて考えてみます。

 

プロホルモン、テストステロンブースター、アナボリックステロイドについては、
それぞれが何であり、どのように異なるかについて多くの議論があります。

 

これはいくつかの抜本的な間違いにつながる可能性がありますので注意が必要です。

 

アナボリックステロイドは、テストステロンに似ているように設計された合成化合物です。

 

具体的には、これは同じ方法でアンドロゲン受容体に結合することを意味し、
同じ筋肉同化作用をもたらすものです。

 

これは筋肉をつくって脂肪を燃やす能力と筋肉の肥大と
男性的な攻撃性を高める体の能力を向上させます。

 

残念なことには、身体がバランスを取り戻し、
矯正するために体重を減らすことで、
いくつかの危険な副作用を招くこともあります。

 

エストロゲンの産生が増え、二次的な性行為に
マイナスな面が露呈してしまうことがあります。

 

アナボリックステロイドは、違法であることを除けば、
にきび、脱毛、気分障害、インポテンツなどを含む
多くの副作用のリスクをもたらします。

 

アナボリックステロイドは筋肉や筋肉の増強につながる可能性がありますが、
それに合わせて適切なトレーニング技術と食事療法を実行する必要があります。

 

テストステロンブースターは、単にテストステロンの自然な分泌を
増やすために身体を刺激するように働くサプリメントです。

 

これらには、「トリビュラス・テレストリス」や「トンカット・アリ」など、
経口摂取時にテストステロンの濃度をいくらか上昇させるハーブが含まれています。

 

別の例はZMAであり、それはテストステロンのレベルの上昇をもたらす亜鉛とマグネシウムのブレンドです。

 

テストステロンブースターは体内でホルモンをより多く作ることを可能としているので、
これは耐性や副作用までには至らないことを意味しています。

 

しかし、ZMAやハーブはそれ程効果的では無い場合もあります。
40歳未満の大部分の人にとっては、特に主要な効果は全く見られない可能性があります。

 

ダイエットやライフスタイルを変えるだけの場合よりも、効果が見られないこともあります。

 

プロホルモンは、ステロイドとブースターの間のいずれかにあります。

 

これらは、ホルモンやアナボリックステロイドの化学前駆体として作用する化合物です。

 

言い換えれば、ステロイド自体を作るために体が必要とする要素を含んでいます。

 

ボディビルダーがとらえているのは、これは
通常テストステロンの前駆物質を意味します。

 

プロホルモンは、アナボリックステロイドを直接服用するよりも、
一般的に効果が若干軽いため、リスクはやや低下し、
結果も若干低下します。

 

それでも、プロホルモンは依然として筋肉の強化につながり、
同じリスクのほとんどを同様に抱えています。

 

特に、19歳未満の場合は避けることが非常に重要です。

 

その場合、内分泌系に永続的な損傷を与える危険性があります。

 

アナボリックステロイドとプロホルモンの両方を違法にする
「アナボリックステロイド制御法」
として知られる行為がアメリカでは施行されました。

 

世界の多くの国では訴訟が続き、プロホルモンも禁止にしました。

 

しかし、プロホルモンの禁止には特定のプロホルモンしか含まれておらず、
いくつかは抜け穴を通ってネット上で販売されています。

 

一般的に、これらは「メチル化」ステロイドの前駆体であり、
Epistane(Havocとして販売)、superdrolおよびmasterdrolなどの物質が含まれます。

 

しかし、メチル化ステロイドは肝臓に特に悪影響があり、
損傷を引き起こす可能性があることに注意することが必要です。

 

また、メチル化ステロイドとプロホルモンを使用する場合、
肝臓の為にもアルコール飲料をを避けるべきであるということにも留意する必要があります。

 

ダイエット時は勿論トレーニング時にもアルコール飲料の摂取はお勧めできません。

 

アルコールはタンパク質の合成を妨げるので、
副作用は別としても、プロホルモンの利点を結局、
打ち消してしまいます。

 

前述したように、プロホルモンはアナボリックステロイドと同じ
潜在的な副作用の多くをもたらします。

 

アナボリックステロイドは自然のテストステロン生産の障害が含まれます。

 

したがって、プロホルモンを使用する場合は、
「PCT」または「ポストサイクル療法」を使用することもお勧めします。

 

これは、基本的には、ホルモンの操作により、
テストステロンレベルを正常に戻すことを目指しています。

 

大量の「外因性」(体外で産生される)テストステロンは、
あなたの天然テストステロンの分泌停止をもたらし、
オフ期を設けてホルモン状態を正常に戻す必要があります。

 

タモキシフェンのような物質はこれを助けることができますが、
正確な研究結果ではないことに注意してください。

 

プロホルモンはステロイドに対する「安全な代替物」であると考えられるべきではありません。

 

実際に、プロホルモンを使用することは、
メチル化された性質が肝臓へのダメージを大きくしてしまうことを意味するので、
アナボリックステロイドを使用するよりもいくつかの点で悪いともいえるようです。

 

これの使用における恩恵は、それ程多くは無いので、
本当に肝臓と天然のテストステロンの生産を危険にさらすことになります。

 

危険なプロホルモンを使用して筋肉量を増やす代わりに、
タンパク質の摂取量を増やし、運動の強度と効率を上げてみてください。

 

実際にはプロホルモンで効果が得られるものであるとは思いませんしリスクも高いです。

 

しかし、個人輸入などで簡単に手に入ってしまうので勇気のある方はどうぞ。

 

使用することに慣れているボディービルダーなどが
同じジムなどにいる場合にはアドバイスを受けて使用するべきです。

 

いずれにしても長期の継続使用は本当に危険なもののようですので、
オンオフのサイクルを設けることは特に重要なもののようです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク